心の病・憲法を破棄する党

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
台風10号(クローサ)は、12日(月)15時に解析で、強風域の半径が830kmに拡大して「超大型」の台風となりました。
とニュースで言ってました。

台風に意志があるのでしょうか?

台風9号が中国を直撃したそうです。

台風10号は日本に対してどのような態度を示すのでしょうか?
画像

注)神とは創造主を言います。

日々の行いを悔い改めたほうが良いかもしれません。
その前に、食い改めればいいかもしれません。

食料自給率37%の意味するところは?

そうは言っても増すゴミは知らん顔です。

15日にちかずくと増すゴミもにぎやかになるでしょう。

日常生活で自分の言動が他者に与える影響を考えておくと
カウンセリングでも自然な配慮ができるそうです。

そうは言っても自分の行動が他者に大きな迷惑をかけても
何とも感じない不届き者が増えてきたそうです。

農作物の盗難被害が多発しているそうです。

道路に置物したり・・・

高速道路や、新幹線のレールの上に置物したら・・・

高速道路上の橋から・・・

運転は前だけ見ていては危険と言えます。

引用画像

池に有害物を投げ込み金魚や生き物を全滅させる
など
この国の国民がやってるとは思えないような行為が
目立つようになってきたようです。

心の病だゾウ!

心の闇だゾウ!

なんて言っても

〇〇人がやってるぜええ!
なんていえば罰金50万円が課される世界になろうとしています。

引用画像

増すゴミは報道せず、密かに陰謀は進行しています。

そうはさせんゾウ!
と、S氏らの集団が阻止行動をしています。

引用画像

引用画像

このまま放っておけば、この国は
○○人大国になってしまいます。

憲法を破棄して日本人大国に戻さなければならないでしょう。

引用画像

スマホゾンビや踊らされるピエロで溢れたこの国は

思考を持たず

海に行こう!

墓参りに行こう!

プールに行こう!

川で泳ぐ?ゾウ!

条件反射で行動するのみと言えます。

その結果?

引用画像

貧乏なジロコは家で草むしりをしています。

画像

画像

つまんないゾウ!

感動も刺激もないゾウ!

そうは言っても一番安全な行動かもしれません。

やまひるに食われないような注意が必要です。

憲法改正?

今まで平和なのは憲法のおかげだゾウ!
なんて思いこまされ

時給1500円だゾウ!

給食無料だゾウ!

軍備を削って税金半額にするゾウ!

なんて、選挙をバカにしたような不気味な政党に票を入れます。

不気味な政党は、今後どのように変貌するのか?

引用画像

憲法を破棄する党
なんて立ち上げても・・・

誰も票を入れないゾウ!
という国になり果てたと言えます。

ウンセラーはクライエントさんを配慮しつつ、不快感を抱かせずに話を遮るテクニックを身に付けておくことが必要です。

ジロコの記事のように、いつまでもだらだらとしゃべられたのでは

いい加減に しろ!

と言いたくなりますが

カンセリングではNGです。

「ジロコさん記事が長くなるとサーバーのレンタル料上がりますよ!」

なんていえば

「そうかあ!いい加減でやめないと。」

不快感を覚えずに記事が終わります。

クライエントさんが「TVを見てたら、熊笹がいいと言ってましたよ、デモ桑の葉のほうが、ジロコ先生熊笹のお茶・・・」

カウンセラーはカウンセリングに関係ない話をクライエントさんが続けるので、話を遮るタイミングがつかめません。

いきなり「喪黑さん、それってカウンセリングに関係ないでしょう!」

なんていえば・・・
引用画像

ジロコの記事もカウンセリングに関係ないことが多く書かれています。

時々眠気の覚めるようなタイトルを使わないと目立ちません。

ただの変態バカではその辺にゴロゴロしています。
変態バカジロコ
ゴロゴロというとダンゴムシを思い浮かべます。
引用画像
交替制転向反応はいろいろなことを示唆してくれます。

7対3の法則です。

マッ、長くなるので書きません。

捜査会議でAが確信犯だゾウ!と話が盛り上げっているときに、異論を述べようとしたときにあなたはどうしますか?

カウンセリングの場では
「ちょっとよろしいですか?今のお話の前にされていた
憲法破棄ということが気になっているのですが、そのことをもうすこし教えていただいてもいいでしょうか?」

あるいは

「申し訳ありません。先ほどあなたがおっしゃられたことでわからない点があったのですが、憲法破棄とはどういうことなのでしょうか?」

または

「お話ししている途中なのに申し訳ありません。
憲法破棄について詳しく教えていただきありがとうございます。
ちょっと気になることがあるので、後戻りしてもよろしいですか?」

クライエントさんを尊敬し、語ってくれたことに感謝の気持ちを表すことが大事です。

「憲法破棄?バカなこと言ってんじゃあないよ!

憲法があったから74年間平和だったのだゾウ!」
と今年も洗脳の結果が語られるでしょう。
増すゴミも輪をかけて平和を強調するでしょう。
引用画像
引用画像

若者の未来は
引用画像

引用画像

ジロコ仏陀は、憲法を破棄しなければ、夢も希望も幻だゾウ!
と悟っています。

憲法破棄!Constitutional destruction!
宪法破坏! 헌법파기!  ケンポウハキ!

ジロコ仏陀

しかし、末法時代のこれからは、ケンポウハキの話題が浮上するでしょう。
ケンポウハキを口にすれば、票は集まらないでしょう。

しかし、大変事が起こり、

ケンポウハキの大合唱が起きないとは言い切れません。

奴隷ケンポウなど
いい加減にしろ!

と神が感じたら・・・
<バカジロコ!いい加減にしろ!>
バカジロコ
画像を多用すると記事の位置がつかみやすく、記事の堂々巡りを避けられます。
マッ、記事上のGPSと言えます?

二枚貝の中身がないと騒いでいますが、ここでも温暖化説の洗脳を受けます。

たいへんだああ!

レジ袋廃止だあ!

プラスチックストロー廃止だああ!

レジ袋有料だああ!

誰が儲ける
の世界を逸脱しているか?

ジロコだけが疑問に思います。

温暖化説の罠とか

温暖化説の陰謀とか
証明ができないと言えます。

そうは言っても、温暖化説は証明できたのか?

人気ブログランキングから引用します。

この国でも在来種のザリガニを本格的に食べ始めたと報道していました。

そうは言っても、この国が在来種の人々で占領されてしまう危機なんて報道されません。

報道しない自由です。

だったら、国民が真実を知る機会はないじゃん!

ところがネットの普及で増すゴミの正体がわかりかけてきたと言えます。

引用〜

昭和天皇のご真影を燃やし、踏みつける行為は、朝日に報道されると「燃える」となる
← 応援クリック、ありがとうございます。

あいちトリエンナーレの「表現の不自由展・その後」に関しては、週末のテレビメディアでも取り上げる番組が多かったらしく、同じTBS系列の番組でも、展示物を肯定的に扱ったサンデーモーニングもあれば、否定的に扱ったサンデージャポンもあり、反日系メディアですら主張が二分されているようだ。

しかし、そもそも議論の前提が不十分といえるのではないか。この企画展が炎上する発端は、慰安婦ビッチ像だった。強制連行説を、謝罪とともに引っ込めた朝日新聞は、そんなことはなかったかのように、この企画展中止を「表現の自由への侵害だ」と大キャンペーンを張っている。しかし、メディアは日本国民の琴線に触れるような報道を、意図的に避けているように思われる。守旧メディアは、昭和天皇のご真影がバーナーで焼かれ、灰となったそのご真影を踏みつける展示を、全く報道しないのである。

作家・ジャーナリストである門田隆将氏は、こう指摘している。

門田隆将
@KadotaRyusho

真実を隠せば理屈はどうにでもつく。朝日は「抗議殺到で中止 悪しき前例」と題し、今後考え方が分れる企画や展示が「委縮」する恐れがある、と。だが天皇の顔を損壊し、死んでいった特攻隊員を侮辱し、日本人を「絶滅危惧種」と呼ぶ作品などには一切触れない。朝日はなぜここまで日本を貶めたいのか。

門田氏の指摘通り、朝日をはじめとする守旧メディアは、昭和天皇への侮辱的な行為はもとより、特攻隊への侮辱、日本人を「絶滅危惧種」と呼ぶ作品などには一切触れていない。何故かはすぐわかる。そういう展示物を報道してしまえば、この企画展の「表現の自由からの脱線」を、国民が知ってしまうからだ。そうすると、「表現の自由」を御旗に掲げた彼らのキャンセルが成立しなくなる。だから彼らは、あえて「事実を隠す」。自分たちの報道に都合のいい材料ばかり集め、一方的な主張を刷り込もうとするのだ。

スポンサーリンク

今回のあいちトリエンナーレ問題は、日本のメディアをチェックする上で、非常に格好の材料であると考える。ある一定の見解を予め定めておき、その見解を後押しするような材料を集め、見解を是とする知識人的な存在に擁護論を語らせるという、手垢の付いた手法がいまだに展開されている事実がある。朝日は、“一応は”、昭和天皇の肖像画について触れている。だが、その表現は、「昭和天皇を含む肖像群が燃える映像作品」というもので、「燃える」なのだ。「バーナーで燃やされ、踏みつけられる」実態とはまったく異なる。朝日の思惑が透けて見える表現だ。

メディアウオッチの重要性が改めて露呈したのが、今回のトリエンナーレ事案である。その恣意的な報道姿勢やことばの選び方に騙されてはいけない。

 終戦の日が近い。朝日やNHKの報道に“要注意”である。

〜引用終わります。

引用画像

「間抜けな日本人の墓」という展示物

これを見て、本物の日本人はどう思うか?

朝日やNHKの報道に“要注意”ということが
国民に知れわたってきたと言えます。

増すゴミは捏造機関だ!

引用画像

と思われる方が増えれば
ケンポウハキの声も上がってくるかもしれません。

それでは和菓子の恩N氏の記事を引用します。

引用〜
虚構の憲法 ⑦ 憲法破棄と核武装 
2019-08-13 00:00:00NEW !
テーマ:政治・経済・憲法

皆さんとともに、これから、憲法破棄国民運動を起こしていきたいと思います。どうぞよろしくご支援ください。僕は本当に怒っているのです。憲法破棄の問題は、だいたいわかっていただいたと思うので、今度はさらにそれをも一歩進めてみると、憲法を破棄しただけではだめです。
 日本は核武装しなければなりません。何回でもいいますが、相手が5の力を持てば、こちらは10の力を持つのです。相が10の力を持てば、こちらは20の力を持つのです。
そのシーソーゲームに勝たなければ、国防など意味がありません。「なんだ、日本はおれたちの力の半分しかない」と思ったら、役に立ちません。やるならば徹底的に、相手の力以上の軍備を持たなければいけません。
旧軍の『作戦要務令』(綱領)にいわく
「第一 軍の主とする所は戰鬪なり 故に百事皆戰鬪を以て基準とすべし 而して戰鬪一般の目的は敵を壓倒(あっとう)殲滅(せんめつ)して迅速に戰捷(せんしょう)を獲得するに在り
第二 戰捷(せんしょう)の要は有形無形の各種戰鬪要素を綜合して敵に優る威力を要點に集中發揮せしむるに在り 」
これは、有名な陸軍大学校で教えられた作戦にあたっての要務令です。考えてみれば、当たり前のことです。敵に勝る威力を持たなければ、戦争には勝てません。
だから、軍事費の制限をするなど、ふざけているのです。制限できるわけがありません。あいての軍事費がどんどん増えていくのです。あいては5倍、10倍と軍事費を増やしているのです。日本は歯を食いしばってでも、軍事費を増やさなければいけません。そうしなければ、国防の問題は解決しません。
「ああ、もうだめだ。相手が上に行ってしまった」では、済まされません。どんなことをやってでも、敵に優る威力を持つことが、国防の第一条件です。すると、国民も納得します。「日本の安全を守るためには、軍事費を出さなければいけない。皆で協力してくれ。苦しいけれども、勝ちきろうではないか!」ということです。それで、シーソーゲームです。
「やりやがったな。よし、5倍増やせ!」「やりやがったな。では、こちらは10倍増やせ!」ということですから、先に降りた方が負けです。これをやりきって、初めて国防の任務を全うしたと言えるのです。
それと同時に、わが国の国防能力も飛躍的に高まります。国防努力を考えた場合には、核の時代であるから、どうしても核の問題に触れないわけにはいきません。
核武装を対抗していかなければいけません。まず第一番に、どの時期に核を持つのかということが問題になります。これは、「One night over(ワンナイトオーバー)」で核武装しなければいけません。
なぜならばロシアがこう言っています。「日本が核武装するならば、5分で沈めてやる」と言っているのです。ロシアは、日本が核武装したならば、一斉に原爆のボタンを押すということです。ロシアのプーチンはそれをやるといっています。
それと同時に、中国は 400発の核兵器を日本に向けています。標準はすべて日本の都市に合わせているのです。ボタンを押されたが、日本がなくなってしまいます。
これは、どうしても防がなければいけないことです。それはどうすればよいのでしょうか? ある日突然、「日本は、核武装が完了しました」というメッセージを流せばよいのです。「これから国連の許可を得て核武装します」などという、ぬるいことやっているのではありません。
憲法破棄をしたら、直ちにやるのです。一夜にして、突然にして核武装国家です。「さあ、いいぞ。こっちも行くぜ」と言えるのです。北朝鮮のおもちゃの核や、中国のおんぼろ核などというものでありません。
最先端のロケット技術を持った、高性能の核兵器です。習近平のタバコをぶち抜く技術があるのです。「さあ、来い!」と蓋を開けなければいけません。これがコツです。
「作るぞ、作るぞ、作るぞ!」などと言っていると、「生意気を言うな。原爆は造るなといっただろう!」といわれて攻撃されるから、パッと造ってしまわないといけません。
具体的にはどうするのかというと、もう造っているということです。もどんどん作っているのです。自衛隊はすごいのです。発表しないだけです。発表すれば一瞬にして核保有国です。
日本の技術を持った核保有国です。北朝鮮のオンボロ核とは違います。宇宙の果てまで行って帰って来たハヤブサの技術を見てご覧なさい。こんなことは中国も、北朝鮮も、ロシアもできません。
日本はできるのです。核武装も最高に小型で、高性能です。もう持っているのです。それは、一瞬にしてやらなければいけません。瞬間に核武装の国家です。イスラエルは核武装の国家です。しかし、一回も発表していません。「これからイスラエルは、核武装国家になります」などと言ったら、中東諸国からたたかれてしまいます。気がついたイスラエルは、400発も核を持っているのです。もう手も足も出ません。
そのようなものです。一瞬で千発や2千発作るのです。一瞬にして核武装すればよいのです。それができるかどうかです。「One night over(ワンナイトオーバー)」で日本は原爆所有国になります。
これも意思だけの問題です。憲法破棄も首相の意思一つです。結果的には、「憲法破棄をやるぞ!」という意思の問題です。憲法破棄したならば、意志を持って原爆所有国になる。誰が反対しても原爆所有国になる。反対する者は逮捕する!」とやればよいのです。
憲法改正を反対する枝野幸男、志位和夫は、「平和憲法で日本は守られてきたのだ」とペラペラとウソをついているのです。日本は平和憲法で守られてきたのではありません。米軍がいたから守られてきたのです。デタラメを言うものではありません。
日本は野獣の国家に取り囲まれてきたのです。それでいいのでしょうか? この憲法を破棄、核武装に加えて、さらに威力のある、レールガンやプラズマ砲なども用意して、たっぷりと御馳走を作っておくのです。
「どこからでも来いよ」ということが日本はできるのです。僕はもうやっていると思います。いろんな情報があります。東大の地下から幕張の地下にかけて原爆の研究をやっているのです。言わないと意味がありません。
ロシアは「日本が原爆を持ったならば、日本列島を5分間で沈めてやる」などと、生意気なこと言っています。「お前のところは、1分間で沈めてやるぞ」と言うのです。国防とは、そのようなことです。
「5分で沈める? お前のところは1分で沈めてやる」というのが、戦争防止策になるとです。それ以外はあり得ないのです。「よくここまで日本を奴隷国家にしてくれたな。もう我慢ができないぞ!」ということです。
何度でも言ってあげましょう。敵国と戦争ができない国は、奴隷なのです。そうでしょう。奴隷は武器を持たないのです。ただ逃げるだけです。「お前ら!」と襲ってくると、奴隷は逃げるのです。戦士は戦うのです。「何、来い!」と戦うのです。これが戦士です。
戦争ができない、情けない国家にされて、74年間もやってきたということは、日本は奴隷なのです。どこの奴隷なのでしょうか? 日本は世界の奴隷です。まず、アメリカの奴隷です。中国は日本を奴隷にしようとしています。奴隷に国土は必要ないから、国土奪ってしまおう」と考えているのです。
日本人を抹殺して、国土を奪って中国人が日本に押し寄せてきて終わりになります。そのために枝野幸男や志位和夫や山口那津男は、「憲法を守れ」と言っているのです。これが真実です。諸国民は、良い人ではありません。人殺しです。人間を殺して、臓器売買をして、食べてしまう連中です。そんなやつらに日本は囲まれているのです。
ちなみに、北朝鮮も人間を食べます。中国人も人間を食べます。中国人は人間が大好物です。臓器売買して解体した人肉は、売られているのに違いありません。しかもでは、中国共産党幹部の嗜好品です。幹部だけが食べられる、人肉缶詰です。
悪人は、どういうわけだか人肉を好んで食べるのです。相手をみんな食い殺すのです。戦争の本質はそうです。敵をみんな食い殺して、自分たちだけが生き残ろうとするのです。敵の首を切りおとして人肉を食べてしまうのが事実です。このような、野獣の国家に日本は囲まれているのです。諸国民はどう見ても平和を愛する諸国民ではありません。諸国民は血に飢えた野獣の国家です。(⑧に続く)

〜引用終わります。
引用画像
引用画像
引用画像

引用画像
野獣に囲まれた日本!

甘いゾウ!

この国の中にも野獣がいるゾウ!

引用画像

引用画像

弱ければいじめられるのが生物の定めと言えます。

弱い子は?

いじめられるゾウ!

いじめられたら戦えよう?

武器がないゾウ!

引用画像
スマホゾンビや踊らされるピエロたちよ!
早く目を覚ませよう!

さもないと

引用画像

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームージロコ

注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA