心の病・代替案③

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
家の中にいれば熱中症にならないゾウ!
なんていう甘い考えが危険だそうです。

「2018年の夏は梅雨明けが速かったせいもあって平均気温も高く、夏季全体としてみると記録的な猛暑になった。同じ年の救急搬送された人を年齢別でみると、48.1%が65歳以上の高齢者だ。また、熱中症を発症した場所では、敷地内全ての場所を含む住居が40.3%で最も多く、2位の仕事場10.8%を大きく引き離している。 」〜引用終わります。(石田雅彦 ライター、編集者8/5(月) 16:18 )

この記事によると、家にいる65歳以上の高齢者が
熱中症の危険が最も高いと言えます。

閉じこもっているから熱中症にはならないゾウ!
と思っても

甘いゾウ!

と言えます。

600mlのペットボトル4本に水道水を入れ、一日4本2400mlの水分を摂取するようにジロコは心がけています。

炭酸飲料は糖分が多いので、極力避けるようにしています。

引用画像

しかしこの画像の危険とは何に対して危険なのでしょうか?

命あっての物種ですから、熱中症で人生が終わったなんてのは
避けたいものです。

オリンピックでは持ち込まれる、ペットボトル飲料の中身はチェックしないのでしょうか?

持ち込み禁止にして、会場内で売れば、ボロ儲けができます。

引用画像

例えば
「危険物が持ち込まれる恐れがありますので、ペットボトル等の飲料の持ち込みは禁止させたいただきます。
会場内の自販機や、販売所をご利用ください。」

なんちゃって!

えっ、コンビニの倍の値段がついてるゾウ!

販売業者の選定は、表向きは入札とします。

当然裏がありますから・・・

お金が集まるところに群がる黒い闇・・・

この国は闇が多いと思いませんか?

夜道は気をつけろの闇ではありません。

そうはいっても、気をつけようなんて意識もなくなっているのが
この国の国民と言えます。

スマホをいじりながら歩いていれば、後ろから・・・

引用画像
周りの国々がこの国を乗っ取ろうと企んでいるといわれています。

狼に取り囲まれた子羊がこの国の状況とジロコは感じます。

憲法を変えて、戦える国にするゾウ!
なんて関心がある人は、世論調査で極少数です。

○〇〇会などにはほとんどいないそうです。
そうかよう!

平和と叫んでいればいいゾウ!
マッ、8月15日が見ものです。

この国の態度が示される?

世論調査によると
年金など社会保障への関心が大半だそうです。

この国が永久に存続すると思っているのでしょうか?

あるいは、永久に存続すると思い込みたいのでしょうか?
存続の有無さえ関心にないのかもしれません。

思考停止だゾウ!

思考を停止していることが、敵にわかれば助かるかもしれませんが

敵国の味方だゾウ!
なんて言って、敵国の言葉をしゃべれば?
スパイだゾウ!

成敗じゃああ!

公共の電波を使ってそのようなことを言ってる人がいるそうです。

引用画像

Bの味方は、Aの敵
Aの敵は、Bの味方?

そうとは言い切れません。

〇国の味方は、〇国の敵
〇国の敵は、〇国の味方?

実名を入れないと意味がわかりません。

しかし実名を書くと、次のような恐れがあります。
引用画像
今後このような風潮になるでしょうから
実名を書く場合は慎重さが強要されます。

罰金50万円だゾウ!

<バカジロコ!いい加減にしろ!>

隅田川にはフタがないゾウ!

東京湾にもふたがありません。

娘さんの学校知ってるゾウ!

不登校で学校行ってません。

不登校が一番安全と言えます。

あの時学校へ行かなければ・・・

 

お子様が、今日は学校行きたくないゾウ!
と言えば
行かないでいいゾウ!
というのが、正解かもしれません。

家族療法カウンセリングの記事がなかなか出てきません。
前回は、代替案の途中でした。

カウンセラーがどれだけ受動的で良い質問を投げかけても、
クライエントさんから代替案が出てこない場合もあります。

そんな時には条件付きではありますが、カウンセラーからいくつかの提案をするときがあります。

これはクライエントさんが問題の本質を理解できていること、IPと家族が互いに与えている影響をしっかりと把握していることが前提です。

カウンセラーは、クライエントさんを混乱させないように、2~3つ程度の提案の中から、クライエントさんに選んでもらう形を取ります。

日韓貿易戦争?なんて言われていますが、
この国が親切にしてやってるのに、それを恩を仇で返すような行為が見られるので、キチンとやってください。

と言ってるだけで

「わかりました。キチンとやります」
で、普通の人はTHE END です。

ところが、相手が普通の人でなかったら?

そこに問題が生じます。

「お前が金を貸したせいで、俺は不幸になったゾウ!
どうしてくれんだよう!バイショウ!バイショウ!」

法律で決まってるから万引きはするなよう!
と言っても、「ホウリツ?ホウリツ?何それ?」

そのような性質の国民ですから、だましだまし
付き合うか?

面倒くさいから、付き合うのをやめるゾウ!
のどちらかにはっきりと決めればいいじゃん!

代替案を決めるのは、カウンセラーではなく
クライエントさんです。

代替案を決めたら「行動を変化させる」ということをクライエントさんと
約束します。

そうは言っても〇〇人のように

「約束は破ることに意味がある」なんていう人も
いますから、

「これならできるかもしれない・・・」
なんていう提案を実践してみます。

そして、自身がその行動を起こすことに納得するという過程は非常に大切です。

日本の国旗を焼いたり、日本の製品をフンずけたりする画像が見られますが、正常な人間がやることとは、ジロコは思えません。

変態バカなジロコでさへ、そう思いますから、この国の国民も
「なんてバカな国なんだ!」
と感じでいることでしょう。

そうは言っても、この国の国民はそんなバカなことはしません。
一部にいたとしても、元をただせば、〇〇人だゾウ!
変態バカジロコ
引用画像

猫でも願っているそうですから、この国の国民も願っているのでしょう。

カウンセラーはクライエントさんをしっかりと勇気ずけながら
行動に変化が見られるように援助します。

勇気ずける際には、クライエントさんと家族の長所をしっかりと伝えてください。

クライエントさんは行動を変えることに不安を感じる場合が多いので
不安に寄り添いながら、代替案を提示して、クライエントさんを支えることが重要です。

あの国の長所は?

考えても見つかりません。

この国は美しい日本と言われています。

あの国は?

引用画像

あの問題でも、仲裁役といわれている国は口出ししません。

〇〇人の本質を見抜いたのかもしれません。

人間はある日、突然宇宙から降ってきた?のかもしれませんが
〇〇人は動物から進化したといわれていますから
根本的に違いがあるのでしょう。

しっかりと区別する必要性をジロコ仏陀は感じます。
引用画像
人間として認めてもらいたいのかもしれません。

だったら、人間らしく行動すればいいじゃん!

買わないゾウ!

売らないゾウ!

立ち入り禁止だゾウ!

フンずけるゾウ!

燃やすゾウ!

あなたはそういう国に、ノコノコと出かけていくのですか?

マッ、どこへ行こうと個人の勝手です。
人世自己責任だゾウ!

今日はこれで終わります。

人気ブログランキングから引用します。

引用〜

川崎市・在日特権条例が成立したらどうなるか?

在日朝鮮人達が大手を振って、日本人は怯えて暮らす街になる。

←ブログランキング応援クリックお願いします!

川崎市が12月議会で成立を目指す条例は、『ヘイトスピーチを許さない川崎市民ネット』や川崎クラックが必死になってパブリックコメントを川崎市に出すように呼びかけています。

ヘイトスピーチを許さない川崎市民ネット
@Kawasaki_AR

7月24日
#拡散希望 [パブコメ]市民総意で実効性ある差別禁止条例を制定するには、市や市議会を後押しする圧倒的な数の賛成意見が必要です。「刑事罰付きのヘイトスピーチ禁止条項を支持する」「条例に賛成」の一言でも

〆切8/9(金) 詳細

C.R.A.C.K.
@crac_kawasaki

7月31日
「川崎市 ヘイトスピーチに対する罰則付き条例」 パブリックコメント提出の際の参考となる《意見の例》が提示されています。 “意見はひとつずつ送ってください。違う論点なら複数カウントされます。”
https://t.co/Og89t44ruZ?amp=1
これを見るとどうしてもこの日本人を差別する条例は成立させたいようです。こんな連中に勝手な事を許してはいけない。

今日は農作業で疲れたので、余り文字も正直書けないので、かつて川崎駅前で演説した内容を再度紹介します。

これはまだ終わってはいません。今回、川崎市は彼らの言うことを聞いて条例の成立を図ろうとしていますが、こちらの事件が動き出せば条例どころの騒ぎではなくなります。

12月の市議会で福田紀彦・川崎市長が条例を成立させようと目論んでも、今後の状況次第ではそれどころではありません。

3つほどあります。

1.民間会社を虐めて倒産に追い込んだ「火災船撤去事件」と「不正入札事件」は正式に裁判となりました。12月迄には2回ほど裁判が行なわれますが、川崎市はスキャンダル発覚で福田市長は苦境に立たされます

2.公園の使用不許可問題の国家賠償は3回開かれるでしょう。川崎市は我々の裁判闘争に果たして勝てるのか? 形勢フリとなれば、条例の成立も危ういものとなります。

3.我々が在日の妨害者を訴えた告訴案件が動き出せば、このような人達の進める条例の危険性を無視出来ないはずです。

パブリックコメントのURLは
↓こちらです。
http://www.city.kawasaki.jp/templates/pubcom/250/0000108585.html
私と私の仲間、そして日本第一党神奈川県本部は言論の自由を守る為に戦い続けて来ました。ここでこの条例が成立したら、間違いなく全国に伝播されます。その流れを川崎で絶対に止めなくてはなりません。

さて機関紙の第2弾は明日完成します。近く発送となります。

一面は「川崎火災船撤去事件」の真相は再度裁判へ

二面・三面は不正入札問題を徹底究明・川崎港湾局と㈱シュウホウ

四面 川崎を相手取った国家賠償裁判の第一回の報告会

尚、二面・三面に関してはまったくブログには書いていません。購読者に先ずはお知らせ致します。この戦いの為に資金が必要となりますが、それはこの購読代金でカンパして頂きたいと思います。 年間購読料は3600円となります。

スポンサーリンク

申込みはメールにてお願いします。fukushimaseto@gmail.com

〜引用終わります。

引用画像

言論の不自由化に向かってまっしぐらの感です。

言論なんかしないから、関係ないゾウ!
スマホゾンビや
踊らされるピエロには関心がないと想像されます。

引用画像
引用画像

和菓子の恩N氏の記事を引用します。

引用〜

間もなく8月15日を…
虚構の憲法 ①
2019-08-06 00:00:00NEW !
テーマ:政治・経済・憲法

 

画像省略
※三島由紀夫はバルコニーに出て演説をしたのです。「諸君!」第一声がそれです。すると自衛隊員はビックリしたのです。お昼ちょっと前です。いつの間にか頭には、「七生報国」の鉢巻が巻かれていたのです。

昭和45年11月25日、自衛隊市ヶ谷駐屯地の門前で5人の侍が車を降りました。車の中から制服姿の5人組の男が降りてきて、見事な軍服である。フランス人が好みそうな軍服である。
三島由紀夫は、腰に軍刀を下げていた。スッと正門を入ろうとするので、門番が制止して、「三島先生、お腰のものは何ですか?」と聞いたのです。すると三島由紀夫は、「ハッハッハッ、これは君、今日の練習のための指揮刀だよ」と言うと、門番は「ハッ、そうでございますか!」と言ったのです。
そして誰にもはばかられることなく三島由紀夫は正門から堂々と入っていったのです。もう覚悟は決めてあったのです。彼らの胸の内は一つで、「憲法を改正する。さもなければ死だ。命を懸けなければ憲法は変わらない」ということを、楯の会の連中は知っていたのです。
総監室に入り、益田総監に軍刀を見せたのです。軍刀の銘は、関の孫六です。三島由紀夫はこれを見せて、「良い刀でしょう」と言ったのです。すると益田総監は、しげしげと刀を見て、「良い刀ですね」と言ったのです。
すると楯の会の2人がパッと立ち上がって、益田総監を椅子に縛り上げたのです。「しばらくご不自由ですが、ここにいさせてもらいます」と言って、ドアにソファーを立てかけてバリケードをつくり、誰も入れないようにしたのです。
そこで三島由紀夫はバルコニーに出て演説をしたのです。「諸君!」第一声がそれです。すると自衛隊員はビックリしたのです。お昼ちょっと前です。「誰だ、あれは? 文士の三島由紀夫らしいぜ」とわかって自衛隊員が急にさわがしくなってきたのです。
「ええかっこするんじゃない。バカヤロウ! 文士は文士らしくしてろ!」「何格好をつけているんだバカ。ここは自衛隊だぞ。お前ら出て行け!」という怒声が三島由紀夫に浴びせられたのです。
三島由紀夫は、「多分、そうなるであろう」ということは、覚悟をしていたのです。いつの間にか頭には、「七生報国」の鉢巻が巻かれていたのです。「諸君、これだけ言って僕の言うことを聞いてもらえないならば覚悟のほどをお見せする」そのような演説をして、バルコニーの中に入ってしまったのです。
益田総監をほどいて、三島由紀夫は「切腹をする」と言ったのです。三島由紀夫はジェラルミンのケースの中に短刀を1本持っていたのです。それを出して、「よし、切腹する。介錯してくれ」と三島由紀夫は、「えぃー、やー!」と見事に腹をかっさばいたのです。
ところが切腹というものは、短刀をあまり深く腹に刺すと筋肉が硬直してしまうのです。あまり深く腹に短刀を刺したので、首が後ろにのけぞってしまったのです。それを森田必勝が介錯したのですが、刀が首の上の頭蓋骨に当たってしまったのです。首に刀がいくはずが、頭に当たってしまったのです。3回目で首を斬り落としたのだと言われています。
森田必勝は、古賀正義が一刀のもとに首を斬りおとしたのです。1970年(昭和45年)11月25日にそのような事件があったのです。三島由紀夫の死から、49年が経って、この問題の本質は忘れられています。「三島由紀夫はホモだった」「三島由紀夫はサドだった」「三島由紀夫はマゾだった」など、いろんなことが言われているのです。
本質は一つです。「この憲法の問題はここにある。この憲法を改正しない限り、日本は再び蘇らないであろう。後、何十年かけて滅びてしまうのに違いない。だから、自衛隊の諸君よ、この憲法を改正しないでいいのか?」ということを三島由紀夫は言ったのです。
特に憲法第9条では、自衛隊を否定しています。「二項 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」と言っているのだから、自衛隊の戦力は否定されているのです。
自分達が否定されている憲法を、守ろうとする諸君は一体何なのか? 自分を否定するものを守るなど、論理的におかしいのです。「だから、僕と一緒に立とう!」と言ったのです。それすら、理解できなかったのです
三島由紀夫がずっと考えてきたことがあります。「もし、この日本を改革できるとするならば、もうこれは自衛隊しかないのだ」ということを考えていたのです。選挙で憲法が変わるなど、絶対にあり得ません。そこまで洗脳が進んでしまっているのです。
 事実、三島由紀夫ですらおかしな点があるのです。「憲法を改正する」と言っていたのです僕に言わせたら、それは間違いです。憲法は改正ではなく、破棄です。三島由紀夫は「憲法を改正する」というところにいってしまったのです。
何故、「憲法を改正する」という言葉が出てくるのでしょうか? ということは、三島由紀夫もかなり洗脳されていたのです。GHQが憲法をつくり、24年も経っていたのです。いつの間にか終戦が敗戦になったように、洗脳が効いてきて、「憲法改正」になってしまったのです。
果たして「憲法改正」で良いのだろうか? これから、この問題を書いていこうと思っています。三島先生ですら、「憲法改正」です。僕はそう思いません。この憲法は破棄である。この憲法がある限り、日本は絶対に立ちあがれません立ち上がろうとすると、ガーンと憲法に押さえつけられてしまうのです。
何をやっても、杖をついて立ち上がろうとすると、パーンと杖を蹴っ飛ばされてしまうのです。するとゴロゴロと倒れてしまうのです。立ち上がれないように、転んだままでいるようにつくられたのが憲法です。
「憲法を守れ」と誰が言っているのでしょうか? 東大法学部の連中、最高裁の判事、識者、「この憲法があるが故に戦後、日本は繁栄してきたのだ。日本が戦争しないできたのは、この憲法のおかげだ。有難い憲法さまだ」と、神様のように日本国憲法を大事にしてきたのです。
本当にそうなのでしょうか? 昭和21年11月3日に憲法は公布されてから73年経っているのです。「この憲法がどのような毒を持っているのか?」ということが、骨身にしみてわかってきたのです。
まず、「日本国の周りには、どのような国があるのでしょうか?」ということが、認識の第一です。「平和を愛する諸国民」は、どこにいるのでしょうか? 
「憲法は有難い」と言っている連中は、この問題に答えてみなさい。「平和を愛する諸国民」は、どこにいるのでしょうか? 中国が「平和を愛する諸国民」なのでしょうか? 中国は、日本に原爆を400発向けているのです。
尖閣列島を盗ろうとして、南沙諸島を勝手に埋め立てて、フィリピンから島を奪い、第一列島線を勝手に引いて、日本を飲みこもうとしている中国は、共産主義帝国です。これは、「平和を愛する諸国民」なのでしょうか? 見て御覧なさい。中国はチベットでダライ・ラマを追放して、何万人というチベット人を虐殺しているのです。チベットは仏教国ですから、大人しい無抵抗な国民です。それを毎日虐殺しているのです。
ウイグル自治区では、何百万人を強制収容所に叩きこんで、片っ端からウイグル人を殺して、臓器売買をしているのです。この醜い中国が、「平和を愛する諸国民」なのでしょうか? 中国共産党の歴史をちょっと見ればわかります。
毛沢東は何人の人間を殺したのでしょうか? 自国民を約6000万人殺しているのです。6000万人を殺すことにより、中国共産党は実権を握ったのです。6000万人の自国民を殺したのです。これが、「平和を愛する諸国民」なのでしょうか?
天安門広場では、平和を求める学生たちを約3万人戦車で轢き殺したので、死体がグチャグチャになり、ミンチの山です。これをやったのが中国共産党です。今、「天安門事件」と中国でネット検索すると絶対に出てきません。自国民に知られるとマズイのです。でも、そんなことはみんな知っています。そのようなことをやっているのです。
ということは、一帯一路で中国の傘下に入れば、同じようなことがやられるということです。まず、知識人達が邪魔なのです。資本主義的な知識をもっているから、そいつらをみんなぶっ殺すのです。
それで青少年だけが欲しいのです。何故かというと、まだ頭が純真で資本主義で固まっていないからです。ところが、30歳、40歳、50歳の人間はドップリと資本主義に染まっているから、これはもうダメです。殺すしかないのです。みんなぶっ殺してしまうのです。
純粋な青少年だけを残して、これが共産主義思想で成長すればよいのです。成長する過程では、中国共産党の主席に従ってもらわないと困るのです。そのような国です。
北朝鮮はあちこち騙しながら水爆をつくり、遂に何百発持っているのです。その水爆を日本に向けているのです。「アメリカには向けませんから、よろしくお願いします」など、汚いことを言っているのです。
しかも、人民軍は飢えていて、履く靴もありません。ボロボロの運動靴を履いて、冬の雪の上を駆けずり回っているのです。しかもご飯も給料もありません。兵士のお腹の中は回虫だらけです。北朝鮮人はやせ衰えて、韓国人よりも10センチ身長が低いと言われています。栄養状態が悪くやせ衰えているのです。
北朝鮮のどこが「平和を愛する諸国民」なのでしょうか? しかも、金正恩は側近を100名以上処刑しています。自分の彼女も処刑して、叔父さんのチャン・ソンテクも処刑しているのです。しかも、高射砲で殺して、「肉一片すら、北朝鮮にいる場所はいない」ということです。高射砲で殺して、火炎放射器で肉を焼けば、人間のバーベキューが出来るのです。
そこにお腹を空かせたドーベルマンを飼っているのです。ドーベルマンをパッと放すと、人間のバーベキューを全て食べてしまうのです。こんなムゴイことを自分の叔父さんにやっているのです。これはキチガイです。殺人鬼以外の何者でもありません。(②に続く)

〜引用終わります。

降って湧いた?人間ではなく、動物が進化した人間の形をした
猛獣なのでしょうか?

引用画像

怖そうには見えませんが・・・

過去の一大文明も、地震と洪水で一夜にして海に沈んだそうです。

この国も、地震と洪水で一夜にして・・・

引用画像

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームージロコ

注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA