心の病・最低記者?増加

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
ニュースで最低記者が増加とやっています。

引用〜

闇営業会見で見えた「世間のひんしゅくを買う“最低記者”」が増え続ける理由
7/25(木) 20:12配信
中略
このようなあきれた質問が出てくるのにも理由がある。

それはバラエティ色の強い情報番組のスタッフが記者会見に臨んでしまうからだろう。

 スタッフが面白い質問をしている様子を番組で流そうと考えてしまうからだろうが、そもそも記者会見は“ウケ”を狙うところではない。また記者が自分の存在をアピールする場所ではないということだ。

ベテランの芸能レポーターの石川敏夫氏は宮迫・亮の会見を見てSNSでこう語っていた。

取材記者の質が落ちてるな、と感じた。中にはスマートで上手というより的確な質問をする優秀な記者もいたが、質問にもなっていない記者という名前だけの奴もいる。(中略)ふたりに説教してどうするのよ。あったことを的確に聞けよ。最低な記者に腹が立ってるよ》

芸能人の不祥事が発覚して、謝罪会見が開かれると、まるで鬼の首を取ったように責めたてる記者もいる。政権の会見時でもそれくらいやってくれよ、と感じている人は多いだろう。

昨年1月の小室哲哉氏の引退会見では、涙ぐみながら氏の引退を惜しむ“ファン目線の発言”をしていた女性記者がいたが、たとえファンだとしても記者としてはどうなのかとはなはだ疑問を感じてしまったのは私だけではない。

会見の内容が全編生中継されるようになって、それまではカットされていたような無意味な、あるいは不適切な質問まですべて世間の目にさらされることになった。

だから今、質問の精度、強いては記者の質を問う声が増えている。記者会見の成否は主催者側の責任だけではなくなったと言えるのではないか。

〜引用終わります。『文/佐々木博之(芸能ジャーナリスト)』

記者が個人の感情をあらわにして質問をしている?

正義の味方のつもりで責め立てる?

国民の代表だゾウ!
引用画像

中立とは言えません。

引用画像

被害にあった人に
「今どんな気持ちですか?」

「おめえら記者を〇してやりたいゾウ!」
バカかおめえら!

マッ、増すゴミと言われる理由が分かる気がします

TVなどでは、勝手に憶測をしゃべって世論誘導しています。

しかし、今回の選挙前はなぜか、シラーとしてました。
○〇新聞は特に目立ちます。
引用画像

ところで、家族療法カウンセリングの記事が中断したままです。

いい加減に、再起しないと、心の病では見出しが合わなくなります。

そうは言っても、ジロコがぐずぐず書いていることは、心の病の遠因の一つと言えます。

人生の目的がわからない?

生きている意味がわからない?

君たちはどう生きる?

生きていても意味がない?

そのようなことを考えていると、集金団体の引き寄せに
引き寄せられます。

<なんのこっちゃああ!>

般若心経など、意味のないことを意味があると考えていたら

悩みが生じるかもしれません。

引用画像

人世なんか意味ないゾウ!
と言ってます。

意味がないから、意味を勝手に後付けして

本を出せばいいでしょう。

そうかあ?
そうだゾウ!
と、感じればいいことです。

バカジロコ

クライエントさんを理解するです
ジロコの記事は突然ワープするので、理解しがたいと言えます。

そうは言ってもジロコは記事書き屋ではなく、単なる心理カウンセラーで、真理を悟った仏陀でもあります。
ジロコ仏陀
クライエントさんを理解するです

理解といっても、履歴書に書いてあるようなことを知ることではありません。

あなたはご自分のことを理解していますか?

クライエントさんとある程度の信頼関係を築き、クライエントさんが悩みを打ち明けてくれた段階で、より深くクライエントさんの問題を理解するように向き合います。

打ち明けてくれそうになったら、カウンセラーはクライエントさんのことを理解しようと始めます。問題となっていることの情報はもちろん
クライエントさんの情報も集めておく必要があります。

そうは言っても、情報収集ばかりに熱中してしまうと、かえって信頼関係を損なうことがあります。

「ジロコは探偵さんかよう?ムームージロコの探偵事務所なんて名前にかえればいいじゃん!」

なんて思われたら、信頼関係が崩れます。

あくまでクライエントさんのために理解するという姿勢を大切にすることが重要です。

取調室のつもりで、根掘り葉掘り問いただすのは考えものです。

カウンセリングの流派によっては、幼少期のことや過去のトラウマ体験など、そのクライエントさんの膨大な過去の中から
ポイントを見つけ出し、そこから問題解決を図りますが、

家族療法では「現時点」の状況に焦点を合わせ
問題解決の糸口を探ることになります。

この点は特に注意が必要です。

カウンセリングに時間をかければ、カウンセラーの収入増になるかもしれませんが、複数のクライエントさんと並行して面接を行う場合、
一人ずつ過去の出来ごとまで聴いてしまうと、それだけで膨大な時間がかかります。

できるだけ早期に問題解決に取り組むために
情報収集では

IPが示す問題について

他の家族がIPをどう認識しているか

典型的な家族の一日の過ごし方
の3点を中心にヒアリングをしていきます。

マッ、今日はこの程度にしておきます。

TVでは、時間稼ぎのために京アニの事件をグダグダ報道垂れ流ししています。

遺族の悲しみが増すだけだゾウ!

関係者の悲しみや、無念さが増すだけだゾウ!

増すゴミは、悲しみ増幅器の役割を果たしています。

そっとしておけばいいじゃん!
ジロコ仏陀はそのように思います。

あの日NHKが来なければ・・・
後の祭りです。

意味のないテロと、意味のある?テロとの二つがある?

だったら意味のないテロなんて防ぐのは困難と言えます。

意味のないテロの事例なんて、ジロコはいくつでも書けますが
実行する人が出てくるので?書きません。

日常茶飯時、どこでテロが起きてもおかしくない国になってきていると言えます。

引用画像

国民の半数が統合失調症と言われている国から、どんどんこの国にやって来ていますから、この国も統合失調症の人々で溢れかえるでしょう。

ジロコのように物理的害を与えなければいいのですが
そうはいきません。

判決を言い渡す!
「被告は精神疾患のため無罪!」

何をやっても無罪だゾウ!

この国の人間はモラルとか、道徳観を待ち合わせていますが
野獣のような性格の○〇人は、何を言っても理解ができないでしょう。

この国は〇〇と野獣の世界です。

熊さん食べないでよう!

ワニさん食べないでよう!

ライオンさん食べないでよう!

なんて言って、熊さん、ワニさん、ライオンさんが
言うことをきくわけがないでしょう。

世話をしている飼育かかりでさへ・・・
それが事実なのです。

この国の国民はいつになったらわかるかなあ?
引用画像

この国では今後テロ?が多発するかもしれません。

どうすんだよう!
画像
悔い改めるしかないでしょう。

何度も言いますが、集金団体の神ではありません。
創造主の神です。

神などいないゾウ!
と、思う人は
引用画像
マッ、この国の国民はレンタル猫ですから
猫への態度を悔い改めればいいかもしれません。

神に問うてみればいいのです。

神に願ってはいけません。

なぜ?

それでは人気ブログランキングから引用します。

引用〜
米国は日韓への不介入を表明 ~ 日本はWTOで徹底的に戦え
← 応援クリック、ありがとうございます。

米国のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が、南朝鮮を訪れている。昨日24日、ボルトン氏は青瓦台で、南鮮の国家安保室長である鄭義溶(チョンウィヨン)と会談したが、その後ろには「亀甲船」の模型が置かれていたそうだ。

「亀甲船」とは、彼の国が、豊臣秀吉が主導した朝鮮半島侵攻を防いだ象徴とされる船で、朝鮮水軍の総司令官で、国民的英雄かつ抗日の象徴である李舜臣将軍が考案したものとされる。しかし、この「亀甲船」はフィクションだ。月刊Hanadaで対談した、百田尚樹氏と有本香氏が、この亀甲船と李舜臣に言及している。

百田 ちなみに、露梁海戦で明・朝鮮軍は亀甲船を使って日本軍を攪乱したと言われていますが、これもフィクションです。
当時の亀甲船の図面や書き残した資料などは一切ありません。完全な韓国側の作り話です。

有本 ところが、日本の一部の歴史教科書や学習参考書には亀甲船や、ご丁寧に李舜臣の銅像まで載せているものがあります。
もちろん、それらが史実に基づいているのであれば話は別ですが、いまの韓国側の願望に基づいたフィクションまで混じっている。
言い換えれば、日本の教科書が「朝鮮史観」で書かれ、子供たちに教えられているんです。
これは非常に問題だと思いますね。

これもひとつの「ウリナラファンタジー」だ。秀吉は、朝鮮の宗主国であった明と朝鮮連合軍と戦ったが、その宗主国編纂による「明史」には、「豊臣秀吉による朝鮮出兵が開始されて以来7年、明は10万の将兵を喪失し、100万の兵糧を労費するも、明と朝鮮に勝算はなく、ただ秀吉が死去するに至り乱禍は終息した」と書かれているそうだ。歴史の捏造は彼らにとって苦を伴わない作業だが、抗日の象徴を捏造して創作しなければ国が持たないという、プライドだけは高いが弱小国家の悲哀ともいえる。捏造される側の我々はたまったものではないことは、言うまでもない。

スポンサーリンク

さて、そのボルトン氏。朝鮮への旅行の前に、日本に滞在していた。現在、日韓の間に横たわる諸問題についての興味深いコメントを、“外交関係者”がリークしている。

補佐官「米は日韓対立仲介せず」 河野外相に会談で伝達(共同)
ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が河野太郎外相と22日に会談した際、元徴用工問題や半導体材料の輸出規制強化を巡り対立が深まる日韓関係について、米国として積極的に仲介する意思はないと伝えていたことが分かった。日本政府関係者が24日、明らかにした。外務省幹部は取材に「日本は仲介を求めない」と明言した。米国は日韓の橋渡しに動かない公算が大きい。
関係者によると、河野氏は22日のボルトン氏との会談で、韓国との関係悪化について「元徴用工問題で国と国との約束を破り、仲裁手続きにも応じない韓国に責任がある」と説明。輸出規制強化は正当な措置だと訴えた。

青瓦台が切望しているのが、この「米国の仲介」だ。日本に対して拳を振り上げたまではよかったが、彼らにはその拳をどうやって下ろしたらよいかがわからない。条約破りは外交上の禁じ手だ。国内法を理由に条約を無視したり破ったりはできない。火病を起こせばいつもは引く日本が、今回ばかりは一歩も引かない。かといって、拳を自ら下げれば、反日を国是として醸成した国内世論が黙ってはいない。だから、米国に仲介をしてもらい、着地点を見出したいのが彼らの本音だと、私は思う。
画像省略

米国の日韓への不介入は、日本にとっての朗報だ。日本との間で問題が起きると、彼らはかならず第三者を巻き込もうとする。米国の不介入が動かなければ、舞台はWTOだ。本来はバイの関係で解決すべき問題だが、WTOに持ち込まれた以上、日本も徹底的に対抗すべきである。どうせ底が見えた日韓関係だ。どれだけ長引いでも困らない日本は、相手をねじ伏せるぐらいの気概を持って外交戦に臨んでもらいたい。
〜引用終わります。

引用画像

次に和菓子の恩N氏の記事を引用します。

引用〜

ホルムズ海峡波高し! ①
2019-07-26 00:00:00NEW !
テーマ:警察官・防衛・自衛隊・国防

※ホルムズ海峡

ホルムズ海峡の封鎖は昔から言われています。宇野正美さんは、20年前から言っています。「ホルムズ海峡が封鎖されたら日本に石油が入ってこなくなるので大変な問題だ」と言っていました。
しかし、これが現実になってきました。もうドローン合戦とか、機雷合戦がチョロチョロと始まっているのです。まだ、無人機を落とすだけだからいいのですが、そのうち、人が乗った戦闘機を攻撃したら大変なことになってしまいます。
この世界情勢で最近、一番変わったことは、イスラエルで石油が出たことです。これで流れが随分変わっています。イスラエルは石油が出なかったのです。ところが石油がついに出たのです。
神の恵みか知りませんが、石油が出てしまったのです。これで中東の流れはだいぶ、変わってくるのです。イラン、サウジアラビア、イラクで石油が出ます。イスラエルから石油が出たことにより、世界の流れが変わってくるのです。
とにかく、ホルムズ海峡を閉められると、ほとんどの石油が入ってこなくなるのです。そして、中国も石油が入ってこなくなるのです。韓国も石油が入らなくなるのです。
アメリカという国は大したものです。こんなことは50年も前から予測していたのです。アメリカ国内の石油は全て閉鎖したのです。蓋をしてしまい、アメリカ国内の油田は動いていないのです。これは中東の石油が枯渇してもアメリカの石油だけは使えるようにしているのです。
それがいよいよ、動きだしてきたのです。するとアメリカ国内の石油は全てまかなえるのです。それどころか多少の余裕があって、日本など周辺諸国に輸出できる量もあるのです。
するとアメリカは石油を完全にコントロールできる状態になってきたのです。今までは、サウジアラビア、イランに石油を握られていたので、あまり強いことも言えなかったのですがアメリカは、地政学的に見ると中東の石油を壊すでしょう。
もういらないのです。石油の値段を上げたり、下げたりするのを自由にできるのはアメリカです。アメリカから石油が出るのですから、「ちょっと減産して、石油の値段を高くしよう」と自由にできるのです。いくらでもコントロールできるのです。
今までは、サウジアラビアなどの産油国と話し合いをしなければいけなかったのです。中東は中東の利益で動くから、そう簡単にはいかなかったのです。今度はストレートにアメリカが石油の利権を握ることになるのです。だから、「戦争をしてもよい」と思っているのです。
この石油地帯で戦争をしたら、大変なことになります。石油が燃えて、世界動乱が始まってしまいます。「アメリカは、動乱に陥らないぞ」という自信があるのです。
国というのは、そのくらいずるくないといけません。アメリカの用意周到さは凄いのです。自国の石油は使わないのです。
日本も、「用意周到」と言えばそうです。お米が収穫できると、玄米のままでお蔵に入れてしまうのです。3年分備蓄をするのです。今年収穫したお米もお蔵に入れて、3年前の備蓄米から食べていくのです。だから、新米は食べられなかったのです。
新米を収穫した1日だけお祝いで新米を食べて、あとはしまって、古米から食べていたのです。それが用意周到ということです。すると飢饉があっても、2年分の備蓄米があるのですから、大多数の人間が助かるのです。
江戸時代は備蓄米があるのに、なぜ飢饉で多くの人が死んだのかというと、大阪の米相場で備蓄米を売り払ってしまったのです。だからお米がなくなってしまったのです。本来は備蓄米があるから、2年くらいお米が収穫できなくても、国民は生き延びることができたのです。用意周到とは、そのようなことです。
しかし、今の日本人は能天気になってしまいました。僕の年代もそうです。「もう戦争が終わって、新しい時代が来たのだ」という意識が強かったのです。「第二次世界大戦が終わって、世界から戦争がなくなるのだ。これでよい時代が来るのだ」という風潮があったのです。
「アメリカとソ連も核を持っているので大戦争は起きない、世界は平和になったのだ」という実感があったのです。いつの頃からか、それが崩れてきたのです。インドが核保有国になり、パキスタンも核保有国になり、イスラエルも核を400発持つ、核保有国になったのです。
中国も核保有国です。自転車に乗っていた中国人が、日本の援助でだんだん豊かになっていつの間にか核保有国です。中国は15億人ですから規模が違います。何を作っても売れる国です。
15億人の市場があるのです。鍋1個作っても、15億個売れてしまうのです。本来、中国は輸出などしなくても、国内で消費ができるのです。それがきな臭くなってきて、北朝鮮も原爆をつくったのです。
その恐ろしい世界情勢の変化に韓国はついていけなくて、文在寅のようなキチガイを大統領に選んで、ダッチロールしているのです。「北朝鮮とくっつこうか、アメリカに泣きつこうか」とプラン・プランとやっている状態です。
日本もその点では大したものです。「憲法違法だ!」と言われながらも、自衛隊を着実につくってきたのです。これは、旧軍人がいたからできたのです。旧軍人は「国を守るために軍隊がなければならない」とわかっていたのです。軍隊は、「敵にすぐる威力がなければダメなのです。
旧軍の『作戦要務令』(綱領)にいわく
「第一 軍の主とする所は戰鬪なり 故に百事皆戰鬪を以て基準とすべし 而して戰鬪一般の目的は敵を壓倒(あっとう)殲滅(せんめつ)して迅速に戰捷(せんしょう)を獲得するに在り
第二 戰捷(せんしょう)の要は有形無形の各種戰鬪要素を綜合して敵に優る威力を要點に集中發揮せしむるに在り 」
戦闘は、軍備の時点で、すでに勝っていなければいけません。敵が「5」出したら、日本は「7」です。敵が「7」出したら、日本は「10」です。敵が「10」出したら、日本は「15」です。それでほとんど決着がつくのです。敵が陸軍3個師団だしたら、日本は陸軍5個師団だして対応するのです。
敵よりも多い人数で当たって、それを集中的に打ちこんでいけば戦争は勝てるのです。そのような軍人精神が旧軍にはあったのです少なくとも自衛隊の立場を考えると規制されたままで備えはしなければいけません。
軍人は偉いのです。旧軍人がみんな海上自衛隊に入ったのです。それで自衛隊をつくってきたのです。いつの間のか海上自衛隊は、世界第2位です。それにもかかわらず、核で日本に狙いをつけている国が沢山出てきてしまったのです。
中国、北朝鮮、ロシアの核は日本に向いているのです。日本の国土が何回も焼き尽くされて、猫の一匹いなくなるまでやられてしまいます。日本は狙われているのです。北方四島は戦争が終わってからソ連に盗られたのです。
戦争が終わっているのにも関わらず、北方四島を盗られてしまったのです。竹島は李承晩が来て、「竹島は韓国がもらっておく」と線を引いて自分たちの領土にしてしまったのです。それで「この中を通る者は許さん」と言って、日本人の漁民をみんな捕まえてしまったのです。4千人捕まったのです。それで、人質にとって日本の漁民を50人くらい殺してしまったのです。
日本は憲法があるから、何もできなかったのです。李承晩は「九州をくれ。九州に韓国という国を造ります」と図々しいことをGHQに言ったのです。さすがにGHQも「それはダメだ」と言ったのです。(②に続く)

〜引用終わります。

どうにもできないから、知らん顔しようぜええ!
そうだゾウ!

原発やめて火力発電にするゾウ!

防衛費削って給食無償化するゾウ!

攻めてきても話し合えば大丈夫だゾウ!

敵国の言葉が使えれば、味方と思われるゾウ!

戦いを口に出すのはやめようぜええ!

貧困大国日本

引用画像

レンタル猫国家日本!

貧乏小国〇国にも舐められてしまいます。

引用画像

日本国民借りてきた猫だぜええ!

何もしないゾウ!

怖くないゾウ!

それにこんなのが実現したら
引用画像
〇国や〇〇人を批判したら、罰金50万円だゾウ!
こんなことあり?

そうは言っても政治屋さんは一言も口に出しません。

当たり前だゾウ!
この国の国民ではないゾウ!

ジワジワと蝕れる貧困大国日本!

国民はいつになったら目覚めるか?
引用画像

ゾンビよ!
早く目を覚まさないと人間に戻れないゾウ!

続くべええ!

書きやむべええ!

®ムームージロコの画像ムームージロコ

注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)コメントが寄せられていますが、筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA