心の病・亡国一直線

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
ゲノム編集が盛んにおこなわれているといわれています。
遺伝子をいじくりまわして、人間に都合の良い生物にしたて上げるそうです。

だったら人間も、ゲノム編集して、戦わないようにすれば
戦争はなくなるかもしれません。

ゲノム編集して、某団体の一員に。

全人類を操るゾウ!

世界制覇じゃああ!

今でも神は全人類を支配しているのかもしれません。

神は世界平和だとか、人類皆平等なんて考えていないでしょう。

戦いだゾウ!

平和でいたけりゃあ、戦えよ!
と、思っているのかもしれません。

テロリストは、平和は戦いで勝ち取るものだと言ってますが

最近では意味不明のテロ?が頻発しています。

動物の世界は毎日が戦いと言えます。

この国は、レンタル猫の集団ですから
戦うゾウ!
と言えば、社会から葬られます。

おかしいゾウ!
なんて誰も言いません。

そのような態度でこの国はいいのでしょうか?
神はどう思うのでしょうか?
こんな国は永久に寝てればいいじゃん!???
画像
成敗じゃあ!
となるかもしれません。

パネルで覆った醜い地球を嫌って?
太陽の熱を勝手に吸い取って?

太陽が顔を出しません。

どうすんだよう!
と言っても、誰にもどうすることができません。

人間の力では自然は制御できません。

自然に意志があるのでしょうか?

今度は思いっきりあおってやるゾウ!
と、太陽がおもって・・・

日本列島は連日40度を超す暑さで

連日数百名の・・・

<バカジロコ!妄想はやめろ!>
妄想性認知症症候群+統合失調症の疑いがある
変態バカジロコです。
変態バカジロコ

精神疾患だから無罪だぜえ!

なんていってると、精神病棟に永久拘束される恐れがあります。

国名が変われば、方針も違いますから、政府にたてつくやつは
皆、拘束です。

敵国の言葉がつかえても意味を成しません。

味方だゾウ!

と言っても

息しなくなったゾウ!

無期拘束だったらまだましです。

消えたゾウ!

どこへ?

犯罪を立証できません。

この国の名前が変わったら怖いゾウ!

<バカジロコ!なんのこっちゃああ!>

人気ブログランキングから引用します。

引用〜

2019年 07月 23日
自民を変えるのなら特定の主張への票が重要

人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
———

昨日書きましたが改めて吉本におけるダウンタウン派閥の影響力。

この6月で組織改編があって吉本興業取締役から子会社の取締役に異動などがありましたが、以下こんな感じです。

吉本興業HD会長 大崎洋 元ダウンタウンマネージャー
吉本興業HD社長 岡本昭彦 元ダウンタウンマネージャー
吉本興業副社長 藤原寛 元ダウンタウンマネージャー
よしもとエリアアクション副社長 新田敦生 元ダウンタウンTマネージャー
吉本ゲームズ取締役 木本公敏 元ダウンタウンマネージャー
日本音楽事業者協会専務理事 中井秀範 元ダウンタウンマネージャー

昨日書いたとおり、松本人志は大崎と岡本が責任を取って辞めなくて良いように
かつ、反社との付き合いを会社が持っていることをうやむやにすべく立ち回りました。

そして岡本社長の会見でみそぎが済んだということにしてすべて片付ける算段だったのでしょう。

しかしながら、岡本社長のあまりに情けない会見内容で
松本人志の計算が大きく狂った感があります。

松本にとっては自分にとって極めて都合のよい構造から
さらに自身の社内での影響力が維持するように立ち回ったと見るべきでしょう。

吉本ホールディングスの会長大崎、社長岡本。
吉本興業の社長岡本、副社長藤原と。
大崎の派閥が要所を押さえているのです。

ダウンタウンの仲間が要所を押さえているという派閥の構図があるわけです。
岡本社長は会見でもなぜか松本人志には「さん」付けを徹底していました。
自分のところの社員の一部だけさん付けなんて普通の企業ではまずありえません。

加藤浩次がこれまで10年続いたこの会長と社長のままではだめだとキレていたのは
こういう人脈構造がある事を把握しているからでしょう。

というか吉本の中の人達がこういう状態にあることを知らないはずがありません。

吉本の闇営業の件は話が方々に飛び火して複雑化して見えますが、

・宮迫達が反社と関係を持っていた事は社会的制裁を免れない話で会社として処罰はすべき

吉本興業自身が反社と付き合っていた事をごまかしている

・闇営業は1人ではなく複数の芸人に広がっていて吉本興業の会社としてのコンプライアンスが問われるべき

・吉本興業はあえて契約書を作らないでタレントと契約をしてきたが今後も契約書は作らない、口約束でも契約になると大崎会長。

吉本興業自体の体質の問題から出ている部分と
宮迫らの闇営業(これは宮迫達が嘘をついていたことも含めて処罰されてしかるべき話)
という話にが絡まっている形です。

そして吉本興業の方はというとそもそもの闇営業を生んだ体質をどう改善させるのか
今後の取り組みは具体的にどうやっていくのか
会長と社長は責任を取らずにその地位にしがみつく事だけを考えて
このあたりをうやむやにしたまま逃げようとしているわけです。

松本人志は会長と社長が責任を取って辞任しないで済むように
ワイドなショーでうまく宣伝をしたつもりだったわけですが、
昨日の岡本社長のぐだぐだ会見で大きくその計算が狂っています。

岡本社長が会見で話をすり替えたりごまかしたりする腹芸が
あそこまでダメな人だということは計算していなかったのでしょう。

テレビ局の幹部と特定の芸能事務所の人が癒着していたり、
そういうのは今のテレビ業界では状態化しています。

ですがテレビ業界は電波独占によって競争はありませんし、
お互いがお互いの不正や捏造報道をかばい合うという状態になっているので
お互いが仲良く腐敗しあうこの体制から抜けたくないのでしょう。

そうした腐敗した業界だからこその一つの事例だと考えた方が良いと思います。

では、まずはこちらの7月19日の毎日新聞の社説から
一部抜粋します。

—–
【「京都アニメ」放火惨事 夢絶たれた犠牲者を悼む】

~~
 事件当時、3階建てのスタジオでは約70人のスタッフが働いていた。現代のアニメは多くの作業がコンピューター化されているが、それでも多くのスタッフが机を並べ、資料や原画など可燃物も多かったはずだ。

 そんな場所でガソリンなどが燃え上がれば、対処はできまい。逃げ場のない室内で猛煙に巻かれた被害者のことを思うと、胸がふさがる。

 一方で、たとえガソリンによる放火でも、あっという間にビル全体が炎と猛煙に包まれてしまったのは不可解だ。2001年に発生した東京・歌舞伎町の雑居ビル火災では44人が亡くなったが、防火扉が固定されていた不備が明らかになった。

 今回の火災で、防火扉の設置や作動状況はどうだったのか。消火設備は備わっていたかなど、詳しい検証が待たれる。多くの人が出入りする場所では、不測の事態にも備えるべく防火策の再点検を進めたい。
—–

日本の特撮なんかでよくあるのですが
採石場とかでヒーローの近くで爆煙が上がるシーンを見たことがないでしょうか?
あれはちょっとの火薬(発火用)にせいぜい数リットルのガソリンでもって行っています。
昭和の特撮だと10リットルとか20リットルとかでもやってたような規模の爆発シーンもありますけど。

いずれにせよ、ガソリン40リットルもまいて火をつけたら
爆発的な燃え方をするんです。

言い方は悪いですがそんな事をされたら
多少の延焼対策なんて全く意味をもちません。

ただ一つ言えるのは三階建てだから非常階段の設置が必要なかったということ、
前の週に屋上からたばこの吸い殻を捨てた人がいて
屋上に出られないように施錠されてしまっていたこと、
外部からの侵入ができないように窓に柵をはめていたことなど
最悪な結果をもたらすように不幸が重なっていたと言っていいでしょう。

そしてこの日はNHKが取材に来るからとのNHKからの依頼で
玄関のセキュリティを切っていた事
犯人が容易にスタジオ内に入り込んで犯行を行うことができました。

この件でNHKはこういう報道をしました。

明らかに嘘です。

むしろこれで
「なんでNHKはNHKが取材に行くので玄関の出入りをできるように依頼していた」
という事実を隠そうとするか・・・ですね。

今回の犯人の犯行はあまりにタイミングが良く、
燃えているところにNHKの取材班が到着するという形になりました。

NHKの中の人で情報を漏らしたりしている人がいなかったのでしょうか?
そう疑われてもおかしくない捏造です。

日頃から捏造報道が当たり前になっているので
いつもの感覚で嘘をついたという事なのかもしれませんが、
それであればやはり
「国民からお金を巻き上げて国民の財産である電波を独占し続けている」
なんて企業にふさわしくはありませんので、
NHKは完全民営化か解体で電波は自由化させたほうがいいでしょう。

今回の参議院選挙でN国党が政党要件を得ましたから、
なおのこと国会でNHKのこうした問題も含めて提起しやすくなりました。
反NHKの民意は少なくない事がはっきりしたわけですから、
NHKは捏造報道や偏向報道を辞めた方が良いでしょうけど、
もう今更路線変更できるような人材も残っていないでしょうね。

ついでにいえばパチンコ議員の尾立が落選したこともうれしいニュースです。
逆に山田太郎が54万票も集めたという事実も大きいところです。

パチンコ業界なんぞよりもオタク層の方がずっと価値ある票田だと見せたわけです。

某DV評論家のM氏はれいわ新撰組を推していましたが、
その理由が反増税の影響力を見せつけることで
議論の軸を緊縮から財政出動にシフトさせると、
令和時代の新しい政策議論の軸になっていくはずだとか意味不明なものでした。

れいわ新撰組の政策を見れば一貫性がなく、
ウケのよさそうなことを良い散らかしているだけなので
経済政策としても失格です。

国費で全部補填する奨学金徳政令
国費で不足額を補填する最低時給1500円
すべての世代が初期費用なしで安い家賃で住める公的住宅の拡充
一次産業戸別所得保障
など。
わざわざれいわ新撰組のHPでは

—–
お金配ります
~デフレ脱却給付金・デフレ時のみ時期をみて~

この政策ならば、確実にデフレ脱却は出来ます。
一人あたり月3万円を給付。二人ならば月6万円、4人ならば月12万円。
インフレ率2%に到達した際には、給付金は終了、
次にデフレ期に入った際にまた再開します。
—–

なんて書いています。
お金で票を釣っていると言われても文句が言えない内容です。
某DV評論家にいわせればれいわ新撰組の経済政策は全く正しいということらしいですが
極端なバラマキ政策を支持したからといって
政策議論の軸が緊縮から財政出動にシフトするなんて
そんな簡単にできるはずがありません。

財務官僚がこの理論の穴を突っ込まないはずがありません。
日々政治家を説伏して緊縮財政はで世の中を埋めようという部署を作っている財務省ですよ?
穴だらけの極論なんてかえって
「あれは論外だから相手にしてはいけません」
と財務官僚が政治家に吹き込んで回りやすくなるだけでしょう。

自民党を動かしたかったら自民党に「票になる」
と思わせなきゃいけません。

その点で山田太郎54万票は非常に大きな意味がありました。
警察官僚の天下りのための表現規制機関を作ろうという動きよりも
表現規制に反対する方が票になるとわかれば
自民党は勝手にそちらにシフトしていきますよ。

自民党というのはその大きさゆえに党内でいろいろな主張が飛び交い続けているわけです。
表現規制によるチェック機関を作って警察官僚の天下り確保するよりもずっと票になる
ということを見せつけたのですから
表現規制という動きはかなり弱くなるでしょう。

同様にリフレ派の意見が強くなるような投票結果が見られれば
流れは少しずつ変わっていくでしょう。

すくなくとも立憲民主党のようにすねに傷だらけで
それがゆえに国税庁を持っていて独自の調査ができる財務官僚にとっては
いくらでも不祥事を見つけてその事実を突きつけて金玉をホールドできるような連中の言う
「消費税増税廃止」なんてのよりよっぽど効果があります。

というか立憲民主党にしても共産党にしても
消費税増税反対というのなら法案を出せばいいでしょう。
出せるのですから。
でもずっと出さないでいるという事実こそがすべてです。

さて、お次は産経の記事から。

—–
本紙ソウル支局に男2人が無断で侵入し撮影】
 【ソウル=名村隆寛】18日午前11時半ごろ(日本時間同)、韓国ソウル市内の産経新聞ソウル支局に、韓国メディアの代表兼記者を名乗る男とビデオカメラを持った男が許可なく侵入、「産経新聞はインタビューに応じろ」と要求した。

 ソウル支局員は編集業務中で、男らは「ここが産経新聞ソウル支局です」などと支局内で実況中継し、その様子を無断でビデオカメラで撮影。支局員が制止し、退去を求めたが拒み、その様子も撮影し続けた。

 室内への無断侵入や業務妨害を受けたソウル支局では警察に通報。男らは最近の日韓関係や産経新聞の報道を批判する抗議文を支局前の廊下で読み上げた。男らは約30分間、支局内や支局前で大声で日本や産経新聞を批判したが、駆け付けた警察に同行し、取り調べを受けた。

 男らはソウル支局がある建物1階で警備員から入館を拒否されたが振り切り、上階の支局に突然現れた。男らは警察内にいる様子を同日、動画サイトで公開した。
(2019/7/19 産経新聞)
—–

今や韓国では反日行為=愛国的行為ということでなんでもやればヒーローになれます。
かつて靖国神社に放火した男も韓国では英雄扱いされ、
韓国政府は英雄となった彼を犯罪者として日本に引き渡したくないという事情により、
日本との犯罪者引き渡し協定を無視して逃がした事がありました。

この記事で注目すべきは警備員がこんなヒーローになりたいというだけの
程度の低い動画配信者程度のようなのを入館させたことです。

結局、「反日行為は愛国行為、愛国無罪
その極端な同調圧力があるので警備員が警備の職務すら務めないのですから
こんな国でどうやったって安全を確保することは無理です。

かつてコンクリートブロックで日本大使館職員を襲った男を英雄扱いし、
その男が後にリッパート駐韓米国大使の殺人未遂事件を起こしました。
しかしながらリッパート大使を襲った後も英雄のような扱いをされました。

彼の国は国と国との約束を守らないだけでなく、テロが英雄扱いされるのです。

スポンサーリンク

こんな国に旅行に行くだけでも危険ですよ。
こんな最中に目黒区議会の非自民系の人達が視察という建前で韓国旅行をするようですけど。
引用終わります。

NHKの存在是非を国民投票で問うゾウ!

オリンピック期間中は、震災時同様に、食べ物や、生活用品が
消えるゾウ!

どうすんだよう!

物流トラックに赤色ランプとサイレンつければああ!

選手送迎車もつけるゾウ!

たいへんだゾウ!
道路が緊急車両で満杯で身動きできなくなったゾウ!

だからやめときゃああよかったんだああ!

誰が責任を???

このさい、オリンピック開催の是非を
国民投票で決めたほうが身のためです。

 

なぜ?どうして?
国民に責任を押し付けるためだゾウ!

国民投票で反対が多かったら?

捏造すれば済むことじゃん!

この国が、このような〇〇化になっているようです。

当たり前だゾウ!

国会議員は・・・・・
先を続けると
怖いゾウ!

韓国の航空機が滑走路に無断侵入!
この時期このようなことをおこしたのは?
万一着陸してくる飛行機にぶつかったら?

ニュースを引用します。

引用〜

アシアナ機、那覇空港で滑走路無断進入 JTA機が着陸やり直しに
7/22(月) 19:33配信

アシアナ航空のA321(資料写真)=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire
7月21日午後1時14分ごろ、那覇空港で韓国のアシアナ航空(AAR/OZ)の那覇発ソウル(仁川)行きOZ171便(エアバスA321型機、登録記号HL8256)が管制官の指示に従わず、滑走路に進入するトラブルがあった。この影響で、着陸体勢に入っていた日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)の久米島発那覇行きNU212便(ボーイング737-800型機、JA01RK)が着陸をやり直すことになり、到着が定刻より13分遅れた。国土交通省航空局(JCAB)は、航空事故につながりかねない「重大インシデント」に認定した。

国交省によると、管制官はOZ171便に対し、滑走路(RWY18)の手前で待機するよう指示していたが、OZ171便が滑走路に進入。これを受け、管制官は上空で着陸体勢に入っていたNU212便にゴーアラウンド(着陸復行)を指示し、着陸をやり直した。国交省は22日、アシアナ航空に再発防止を指示し、韓国の航空当局である国土交通部にも同社を指導するよう要請した。

〜引用終わります。(Yahoo Japan ニュース)

引用画像

猫でも祈ってる?

だったら、この国のレンタル猫は?

ラジオを聞いていたら、猿(動物)は、食べ物を探し
一日中はいずり回るそうです。

ところが動物園に入ると、食べ物は自動的に手に入るので
やることが無く、寝ているだけだそうです。

ジロコは瞬間、この国の〇〇ホームを思い浮かべました。
衣食住満足しても、寝ているだけ。

年金で生活ができても

やることが無いゾウ!
朝から酒飲んでたら、入院したゾウ!

図書館通いもきついゾウ!

パチンコで生活費がなくなったゾウ!

生活できる年金に意味があるのでしょうか?

若者が、年金地獄だゾウ!
引用画像
なんてなり、テロを起こすゾウと!

全国各地の○〇ホームを襲撃?

ところで、現在の〇〇ホームの警備状況は?

<ジロコよ!何の記事書いてんだああ!>

自分の記事をっ書くスペースが足りません。
それでは和菓子の恩N氏の記事を引用します。

引用〜
豚の夏祭り
2019-07-24 00:00:00NEW !
テーマ:政治・経済・憲法

※今回の選挙は、「豚の祭典」です僕には、どいつもこいつも豚にしか見えません。

豚というのは、何でも食べます。生き物も食べるし、糞でも食べるし、肉でも食べるし、何でも食べてしまいます。
豚の頭の中は食べることしかありません。頭に浮かんでくることは、食べ物のことです。餌を求めて、ブーブーと鳴いて探して歩くのです。猪もそうですが、鼻が長いのです。ということは、相当な嗅覚があるのです。
人間の何千倍の嗅覚があるのではないでしょうか? 少しでも食べ物の匂いがすれば寄っていき、バクバクと食べてしまいます。木の革も食べれば、草も食べるし、何でも食べてしまいます。豚はプクプクと太るのです。
豚を狙っているのが人間です。豚を捕まえて殺して鍋に入れて食ってしまうのです。の豚が集まって、何年に1度、集まってお祭りをやるのです。これを「豚の祭典」といいます。
ブーブーブーブーと豚が集まって、凄い祭典です。豚が赤い着物を着て、白い着物を着て、みんな集まって踊りまくるのです。それが今回の選挙です。今回の選挙は、「豚の祭典」です僕には、どいつもこいつも豚にしか見えません。
「何故、豚というのだ、失礼だぞ!」という人もいるかもしれません。失礼でもなければ、何でもありません。当然のことです。国政の一番大事な根本は、国の安全です。それが政治の課題として一番大事な課題です。
それをわかっている人が誰もいません。一番大切なことがわかった人は、豚ではありません。わからないで食い物だとか、生活だとか、老後だとか、くだらないことを言ってまわっているのです。
もちろん、これらは大事な要素です。生活、保険、老後も大事ですが、全ては国防あってのことです。国を守られなければ、こんなものは何の意味もありません。誰一人としてそれを言っていません。
だから豚だと言っているのです。「豚は、頭の中には食い物のことしかわいていなのだな」とわかるのです豚が集まって「選挙だ、選挙だ!」とわめいているのですから、“豚の夏祭り”です。
もう一度、みんなで考えましょう。政治の一番大事なことは何でしょうか? 第一番目は、国民の安全と生命を守ることです。この上に立って、全てのものがあるのです。これは自民党も立憲民主党もありません。
国の安全は全ての党に共通したことです。本当は国防について、意見が割れるということなどないはずです。我が国は不思議なことに国防について意見が割れるのです。全く奇妙なことです。
アメリカは、共和党も民主党も国防については、意見が一致しているはずです。日本はそうではありません。国防が一致していません。馬鹿ばかりです。しかも、国会議員の中に、「国防第一だ」と考えている人もいません。
国防は二の次、三の次、「おまけに国防」という意識です。そうではないでしょう。国防が政治の中心です。その中心の部分をやられてしまっているのです。脳軟化症のような状態です。日本は一番大事な部分を犯されて脳軟化症になってしまっているので、豚がブーブー鳴いて餌を食いまくり、根本が見えなくなってしまっているのです。
この中心になる法律を憲法というのです。国民の生命と財産を守るために憲法をつくるのです。豚は優先順位憲法上、何よりも優先する課題が国防です。豚は優先順位がわからないのです。国防はやるのですが、おまけの、おまけのようなものです。そんなことで国が守れるのでしょうか?
我が国を懐柔するためにGHQがつくったのが憲法です。狙いはそこだったのです。国民の頭の中に爆弾を入れて脳を破壊したのです。そして、国の中心である天皇も破壊してしまおうとしたのです。
天皇がなくなってしまうと、どうなるのかというと、我々はバラバラの集団になってしまうのです。バラバラの集団が一つにまとまれるのは、天皇がいるからです。その天皇を「亡き者にしよう」とする働きはずっと続けられてきたのです。
今日において、これも遂に効果を現したのです。秋篠宮さまは、プー小室の婚約を解消したとは言いません。おかしいでしょう。何故、皇室にこんな事件が起きてくるのでしょうか?
皇室も中心たるものがわからなくなってしまったのです。わからなくさせられてきたのです。プー小室の問題は、簡単な問題です。プー小室は、多分、眞子ちゃんとだいぶ前からメール交換していたのに違いありません。
示し合わせて、ICUに来たのではないかと僕は思います。ICUで知り合ったというのはウソで、前から知っていたのです「俺はICUにいるから来いよ」ということです。多分、そうだと思います。
そこで、「皇室の女が来た」とみんながざわめき立っているときに、色男のプー小室が「俺がひっかけてやる」と立ち上がって、眞子ちゃんをひっかけたのです。眞子ちゃんは完全にプー小室に引っかかったのです。
早い話がナンパされたのです。早い時期にやってしまい、眞子ちゃんに男の味を覚えさせたのです。それで離れられなくなったのでしょう。これは事件です。一般平民で、皇室に入る資格もない男が、皇女さまに手をかけたのですから、完全な事件です。
まして、プー小室が悪い奴で、眞子ちゃんと結婚して生活が立ち行かなくなったら、今度はソープランドに売りとばしたら、どうするのでしょうか? そのような可能性も十分にあるのです。これは、プー小室事件というべきです。一刻も早く解決しなければいけません。
本質を見抜けば簡単です。国会で憲法論議や国防に関する議題が一つも出ないのでしょうか? ひどい例が、「防衛費を削って、給食費を無償化しろ」と福島瑞穂は言ったのです。馬鹿な奴です。これが豚です。
自分がいるところを守り、敵を入れないようにして生活が始まるのです。そのことを一言も言わないで、生活のことだけを言っているのです。まさに豚です。日本列島、豚の楽園です。
選挙は豚同士が集まって、「福祉が一番大事だ!」「教育をタダにしろ」「年金の支払いを早くしろ」「老後を保障しろ」などと、お金を使うことばかり考えているのです。何を馬鹿なことを言っているのでしょうか?
国が考えることは、そんなことではありません。国防を考えることが国の仕事です。何故、そのようなことが言えるのでしょうか? 周りに敵がいなければよいのです。敵がいないのに「国防だ!」と言っていたら頭がおかしいのです。
日本の周りは敵だらけではないですか。中国は明らかに「日本を侵略する」という明確な意思を持っています。中国の列島第一線というのがあり、日本列島がスッポリと入っているのです。沖縄も全て入っているのです。それは全て中国領土だと考えているのです。
「必ず日本は中国のものにする」と中国は宣言しているのです。尖閣列島や沖縄だけの問題ではありません。「日本列島を中国のものにする」とハッキリと言っているのです。世界に嫌がられながら着実に中国は、領土を拡大しています。侵略して逆らう者はぶっ殺すのです。
14億人いる巨大な中国が、隣にいるのです。本当は1日足りとて安心できる日はありません。国会議員はよく安心して高枕でグーグー寝て、自衛隊に任して自分達は知らん顔ができますね。自衛隊の将軍が「中国は必ず日本を侵略します。そのために第一列島線を引いたのだ。日本列島までが中国の領土だ」と言っているのです。
「中国の領土だ」と主張している中に日本列島は、スッポリと入っているのです。明確に言っているのです。最初は日本列島を侵略して自治領にするのでしょう。台湾もそうです。台湾は中国のものではありません。いつの間にか、「中国領だ」と言いだしたのです。
沖縄も中国領だ。日本も中国領だ」と言って、侵略して獲得していくのが中国です。本当は、1日たりとて、安心して寝られないはずです。何故、それを考えないのかというと、面倒だからです大変なことですから、それを考えないようにしているのです。
考えることは、目の前の食べ物です。豚なのですから、それしか興味がありません。国民が反対しようが、国防はやらなければいけないことです。日本列島の完全武装化です。これを絶対にやらなければいけません。
そのためには、憲法改正です。今の憲法ではそんなことができるはずがありません。憲法改正に反対しているのは、公明党、立憲民主党、共産党、国民民主党、社民党、みんなそうです。この連中は、頭がおかしいのではないでしょうか?
日本の国はどうなってもよいのでしょうか? すると「尖閣列島なんか、中国にあげればいいじゃないか」とホリエモンが言っています。「竹島は韓国にあげればいいじゃないか」と山本太郎は言っています。もうそのように言っているのです。この連中には、国土という意識がないのです。
もう一度言います。政治家の一番大事な仕事は、国土を守り、国民の生命を守ることですということは、日夜国土と国民を守るために頭がいっぱいになっていなければいけません。
他の教育や福祉などは付録みたいなものですから、開いた時間にやればよいのです。国防が第一です。命あっての物種ですそれに気が付かない豚にされた日本人。頭が脳軟化症の日本人。政治家は豚の集合体です。馬鹿ばかりです。
安倍さん、これでいいのでしょうか? 安倍さんはハッキリしたことを言いません。ちょうど、今回の選挙は、「豚の夏祭り」と僕が名付けてやったのです。国民は早く豚を脱却して人間まで戻らなければいけません。

〜引用終わります。

引用画像

引用画像

引用画像

政治屋さんの目的は?

政治屋になることだゾウ!

画像

悔い改めない人々は神の成敗を受けるのでしょうか?

思考を停止した国民は?

この国も神の・・・

怖いぜええ!

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームージロコの画像

注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)コメントが寄せられていますが、筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA