心の病・運命を変える②

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
生まれた時の運命を変えるにはどうしたらよいか?

そうは言っても自分の現在の運命がいいのか悪いのか?
判断が困難と言えます。

明日はどうなるか?

誰にもわかりません。

マッ、一つの判断基準として、堂々巡りができているか、いないかでしょう。

つまらないと思う人生でも、堂々巡りが続いていればOkかもしれません。

もっと、刺激や感動がある人生があるぜえ!

なんてあおられて、ネギカモにされ、地獄に行くのが関の山と言えます。

引用画像

この国は、この画像のような国民が増え続けているそうです。

堂々巡りが続けられば、ありがたいと思えばいいのかもしれません。

<バカジロコの記事を読むと、人生に夢も希望もなくなるゾウ!>

と言われているかもしれません。

バカジロコ

マッ、死んだ魚が生き返るなんて話より、真実性があると確信します。

狂団M氏から届いた冊子のコピッペの続きです。

前回までは社会的欲求まで書きました。

引用画像

定年退職して、生活は困らなくても<やることが無くて、時間をつぶすだけの人世>なんてなれば、社会から必要とされているとはいえません。

悪く言えば粗大ゴミです。

あなたは粗大ごみとして、何歳まで生きるのですか?

なんていえば、政治屋さんだったら野党の餌食になります。

政治屋さんには慎重な言動が求められます。

戦いを口に出せば、社会から葬られる?

恐怖の国になったぜええ、と、バカジロコだけが思います。

人生は、増すゴミの餌食にならないよう、慎重な行動が求められます。

そうは言っても、世間に目立つゾウ!

という、人もでてくるのが現実です。

生物多様性が当たり前ですから

規則で縛っても無駄かもしれません。

しかしそのように目立ったとしても

単なる一過性と言え

すぐに世間から、忘れ去られます。

定年退職後も、社会と関わりを持つことは重要と言えます。

七億円も持ってれば、使うだけです。

七億円を30年間で使い切れば、一日何万円使えるか?

あるいは年率7%(ジロコはあり得ないと思いますが)に投資すれば、年に、7億円×7%=4千9百万円

年4千9百万円の配当になります。

月にすると408万円です。

あなたは毎月408万円の配当が入れば何をしますか?

<バカジロコ!グダグダ言ってんじゃあないよ!>

バカジロコ

前回までは、低次欲求まで書きました。

マッ、一般の〇〇人には、低次欲求が終点と思われます。

バイショウだゾウ!百年蒸し返すゾウ!

引用〜

承認の欲求

自分の所属する組織が見つかると、このレベルに上がります。

承認の欲求とは、組織に所属したからには、そこで価値ある存在と認められたくなります。

人から尊敬され、名声も得たくなります。
会社員なら当然出世を目指します。

ところがマズローは、承認の欲求にはレベルが二つあるといいます。
他者から認められたいと思うのは低いレベルと言っています。
高いレベルの承認の欲求は、他人からの評価よりも、自分自身の評価が重要しされるようになってくるのです。

それを自己満足とか言ってバカにする人がいますが、
マズローは逆です。

自分を自分自身で認めるほうが大事なのです。

〜引用終わります。

ジロコは、自分が変態バカとわかっています。

 

そうは言っても、神(創造主)の罠に落ちて変態バカになってしまったので、自分を変える気などありません。

巷では、自分を変えようとかうんぬんの本が目に付きますが

自分を変える必要なんてないじゃん!

と、ジロコ仏陀は思います。

ジロコ仏陀

<ジロコよ!変態画像貼りすぎだゾウ!>

所属する団体がナイゾウ!
なんて言ってると、集金団体(宗教団体)の誘いに乗りやすいと言えます。

<信者をどんどん集めるゾウ!>なんて、がんばったりします。

 

広報誌を無給で配ったり、セッセせっせとお金集めに奮闘します。

社会に参加してるゾウ!

ジロコの記事は宗教団体に関係ないので

マッ、それはそれでいいでしょう。

ジロコへの他人の評価はどうでもいいのです。

自分で変態バカとわかっていますから問題はありません。

そうは言っても、政治屋さんの団体は一体何なのだ?

と、ジロコが思うだけでなく、一般国民もそのように思うかもしれません。

変態バカジロコ

もうすぐ投票日だゾウ!

と言っても

雨はいつまで降り続くか?

次に進みます。

家族療法カウンセリングの記事は小休止です

引用〜

己実現の欲求

マズローは言います。以上4つの欲求がすべて満たされたとしても
人は自分に適していることをしていない限り、すぐに新しい不満が生じて、落ち着かなくなってくると。

つまり、自分がしたくないことをして、人から認められても
それは永続きしないということです。

この自己実現の欲求というのは、自分の持つ能力や
可能性を最大限発揮し、具体化して自分がなり得るものに
ならなければならないと欲求だというのです。

これが実現すると、すべての行動の動機が、
この欲求と結びつくようになるのです。

こういう人をマズローは<自己実現者>と呼びます。

彼によれば、これら5つの欲求すべてを満たした

<自己実現者>には、以下の特徴が見られるといいます。

自己実現者の特徴

プラスの方向で生きるようになる

周囲の人と関係を快適にする

自発性にあふれる

素朴さ、自然さが充満する

個人的な欲求を超越する

絶えず新鮮である

至高なものに触れる神秘的体験がある

心が広くて深い

ユーモアセンスがある

創造性に富む

文化の超越

以上がマズローの法則です。

実は、書いている私も圧倒されました。

私は自己実現しているのだろうか?・・・
と、
皆さんの中にも、自分はどのレベルだろうと
考えた人も多いと思います。

次のページから私の意見を書きます。

〜引用終わります。

ジロコは変態を自己実現しているんかもしれません。

こころの隙間を広げますと言ってるので

かつての、喪黑さんの

<心の隙間を埋めます>

とは、正反対のことを言ってます。

心の隙間を埋めたら、ストレスが通り過ぎることができず

たいへんなことになるかもしれません。

心がスキマだらけだと、ストレスがどんどん通り抜けていきます。

たいていのことには

それがどうしたあ!

で、THE ENDです。

みんながジロコの悪口言ってるゾウ!

なんて言われと

それがどうした!

どうでもいいことです。

あなたは、どうでもいいことに悩んでいませんか?

もっと白く?

もっと細く?

<バカジロコ!いい加減に しろ!>

記事がアドリブに入ると、止まらなくなります。

 

まあ、現代では、自己実現者になるのは困難と言えます。

自分に適している仕事なんて、そうやすやすとあるんものではありません。

何が自分に適するかを判断するのも困難と言えます。

そうは言っても、嫌な仕事を無理やり好きにはなれないのが普通です。
ゴキブリが嫌いな人に、ゴキブリを触ってみろよ!
と言っても、触れません

生活のために、仕方なく会社へ行ってるゾウ!
なんていうのは、ましなほうで

世間が怖いから、家に閉じこもるゾウ!
なんていう人も、100万にいるといわれているこの国です。

自己実現者になれなくても、落ち込む必要は皆無と言えます。

ジロコなんか創造性が皆無で、妄想性が強すぎます。

文化なんてのはジロコには縁がありません。

ナマズが<ぶんか、ブンカ>なんて言ってる漫画が思い浮かぶだけです。

引用画像

マズローの5段階の欲求は常識程度として記憶しておけばいいでしょう。
今日はここまでです。

増すゴミが、韓国への輸出規制を強化したゾウ!
と、
あおってます。

韓国も怒って、対抗措置だゾウ!
なんてやってるそうですが、

単に韓国への輸出の優遇措置をなくしただけだそうです。

仲良しのうちは優遇措置がありますが

仲が悪くなれば優遇措置をなくすのが
人間の当然の心理と言えます。

対抗措置と言えるか?

バカジロコだけが疑問に思いますが

人気ブログランキングに、気になる記事がありましたので引用します

長すぎるので、省略部分もあります。

引用〜

半導体材料の対韓輸出を規制・徴用工問題に対抗?優遇措置の除外は制裁ではない・輸出禁止にしろ!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

本政府は、半導体材料の輸出について、これまで韓国に対して施してきた優遇措置をやめ、通常どおりの手続きをさせる。

韓国に対する異常な優遇措置をやめるだけなので、韓国経済に大きな悪影響は無い!

半導体材料や半導体製造措置などを輸出禁止にしろ!

5月1日、釜山の日本総領事館前で日本に謝罪を求める市民団体=名村隆寛撮影

 

政府は、韓国への輸出管理の運用を見直し、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレー部分に使われるフッ化ポリイミドや、半導体の製造過程で不可欠なレジストとエッチングガス(高純度フッ化水素)の計3品目の輸出規制を7月4日から強化する。いわゆる徴用工訴訟をめぐり、韓国側が関係改善に向けた具体的な対応を示さないことへの事実上の対抗措置。発動されれば、韓国経済に悪影響が生じる可能性がある。7月1日に発表する。

産経新聞は「発動されれば、韓国経済に悪影響が生じる可能性がある」と述べているが、今回の記事の内容だけだと手続き免除の優遇措置をやめるだけなので韓国経済に大きな悪影響が生じるとは考えられない。

また、産経新聞は「計3品目の輸出規制を7月4日から強化する」と述べているが、輸出を禁止するわけでもなく大幅に減らすわけでもなく、単に韓国への手続き免除の優遇措置をやめるだけなので韓国への輸出数量が大きく減るわけでもない。
韓国経済に大きな悪影響が生じる可能性は殆どない!

やはり、同じ3品目については、輸出を禁止したり、輸出数量を大幅に減らしたりしない限り、韓国経済に大きな悪影響が生じることはなく、全く制裁にはならない!
>輸出を規制する3品目は、いずれも軍事転用が容易だが、これまで韓国には手続きの簡略化など優遇措置を取っていた。日本政府はこれを7月4日から契約ごとに輸出許可に切り替える。

上記についても、これまで韓国に対して施してきた優遇措置を通常どおりに戻すだけだから、「制裁」と呼ぶには程遠い!

もともと外為法第48条は、軍事転用可能な貨物を輸出する際には、経済産業大臣の許可を受けなければならないとしている。

日本は韓国を特別に優遇して輸出許可の申請を免除してきたが、通常どおりの手続きをさせるだけのことだ。
外為法第48条第1項
国際的な平和及び安全の維持を妨げることとなると認められるものとして政令で定める特定の地域を仕向地とする特定の種類の貨物の輸出をしようとする者は、政令で定めるところにより、経済産業大臣の許可を受けなければならない。

民生産業用であっても、軍事転用される可能性のある貨物については、輸出する前に経産省の許可を受けなければならない。

例えば、エッチングガス(高純度フッ化水素)は、半導体製造に必要な物質だが、濃縮ウランの精製などで軍事転用される可能性があるため、外為法では「軍事転用可能な製品」のリストに含まれている。
もともと韓国は日本の領土を不法占拠して日本国民の生命や財産を侵害する敵国なのだから日本は本来は韓国と国交断絶するべきなのだが、断交しないばかりか上記「外為法第48条」による経済産業大臣の許可までも免除するという信じられないような優遇措置にしていた!

このような韓国(敵国)に対する異常なまでの優遇措置をやめて、本来必要な経済産業大臣の許可を受けさせるだけだから、制裁でも何でもない!

>許可の申請や審査には90日間程度を要することになるという。

「許可の申請や審査には90日間程度を要する」というが、エッチングガス(高純度フッ化水素)など半導体製造に必要なモノの輸出禁止や輸出制限については前々から取り沙汰されており、韓国企業は既に大量入手を済ませておくなど対応済みと考えられる。

半年前に日本政府が韓国に対して契約ごとに輸出許可の申請をさせることに切り替えていれば一定の効果はあったと考えられるが、今頃手続きを増やすだけでは韓国企業には殆ど損害が発生しない!

対抗措置をするなら、韓国が対応を済ませる前に輸出禁止などを実施しなければ、あまり意味がない。

韓国が何かやってから半年以上経ってから、韓国に対する異常な優遇措置をやめて通常どおりの手続きをさせるだけでは、全くと言って良いほど制裁の効果はない!

他に、制裁手段は、山ほどある!

韓国に対する制裁としては、次のような具体策が考えられる。

――――――――――
韓国への防衛協力の即時停止

NOビザの廃止

留学生ビザの廃止

スポンサーリンク

日本で食中毒を頻発させている韓国からの海産物(ヒラメや貝類や海苔など)の輸入規制
韓国からの輸入品に対する関税引き上げ

「フッ化水素」などの半導体製造などに必要な物質の禁輸

半導体製造装置や工作機械などの禁輸

韓国企業資産や韓国政府資産の差し押さえ

韓国のカントリーリスクの引き上げ

みずほ銀行と三菱UFJ銀行が韓国の貿易決済用の銀行に対して供与している「クレジットライン」の廃止(韓国の貿易の「信用状」の保証をやめる)

自衛隊による竹島奪還

日韓断交(国交断絶)
――――――――――

最高の効果が期待できるのは、【日韓断交】だ!

〜引用終わります。

ニュースで、人手不足で食品が値上がりしたと洗脳していました。

労働者が、そんな仕事はやらないゾウ!

これも気に入らないゾウ!

と、人手が足りないことを逆手にとって

わがままをいいはじめたのが、本当の原因かもしれません。

外国人労働者が急増すれば

わがままを言っていた労働者は当然排除されます。

労働者諸君は、調子に乗り過ぎないほうがいいと

ジロコ仏陀は警告します。

〇オ〇から韓国製が無くなっていきます。

<ジロコよ!どうでもいいことだゾウ!>

安心の日本製が見直されたのかもしれません。

増すゴミがかってに制裁したゾウ!

騒いでいるだけかもしれませんが

この国の国民に
制裁したゾウ!

世論誘導しているだけだゾウ!

変態バカジロコだけが思います。
変態バカジロコ

次は和菓子の恩N氏の記事を引用します。

引用〜

トランプの最大級の暴言
2019-07-02 00:00:00NEW !
テーマ:国際政治・国際情勢・世界のニュース

トランプ大統領は、「将来、この片務的な日米安全保障条約を解消する可能性がある」ということをほのめかしていました。
日米安全保障条約がなくなることはない」と明言しておいて、「将来は内容を改造する必要がある」ととらえたほうがよいでしょう。
「どのように内容を改造するのか?」というと、とにかく、「今の条約は片務的である」と言っているのです。片務的とは、一方通行ということです。アメリカばかりに負担をしいて、日本が全然負担をしてくれないと言っているのです。
例えば、日本が攻撃された場合、米軍が助けるのです。すると米軍の兵士は死ぬのです。血を流すのです。その場合、日本も一緒になって戦争をするのですが、米軍が関係ないところで攻撃された場合、日本は米軍を守るために戦争をしません。
アメリカ兵の血は流れても、日本人の血は流れません。トランプは、すぐにこのようなことを言うのです。朝堂院大覚先生も言われていましたが、本当にそうなのです。「アメリカは同盟国として信用おけるのでしょうか?」そのような問題が出てくるのです。
ハッキリ言うと、全く信用はおけません。アメリカは今まで同盟国を全て裏切って、自分の販路を拡大してきたのです。同盟国を簡単に切り捨てるのです。「ノリエガとの条約を見てみろ」と朝堂院大覚先生は言います。ノリエガはアメリカとの条約がありながら、最後は麻薬王として捕まり、牢獄の中で死んだのです。
ゴ・ディン・ジエムという南ベトナムの初代大統領がいました。これも裏切ったのです。条約が結んであるのに、敵方と話をつけて裏切ったのです。「サイゴンから手を引く」とアメリカが言って、ベトナムは共産国になってしまったのです。みんなそうです。アメリカは裏切るのです。
しかも、手痛い形で裏切るのです。韓国もそうです。韓国の場合は、韓国が悪い面もありますが、同盟は解消です。「日本も手ひどくやられるのではないか?」そのように朝堂院大覚先生が言われていますが、僕もその意見に賛成です。
同盟などというものは、守られた試しがありません。ロシアとの関係もそうです。ソ連時代に「お互いに戦争はしません」という条約がありながら、いきなり日本の形成が不利だとわかるとソ連は、いきなり軍隊を入れてきたのです。60万人の日本兵を捕虜として連れていき、シベリアで強制労働をさせられたので、半数以上は死んでしまったのです。ソ連は、日ソ不可侵条約を結んでおいても、そんな条約は、「へ」とも思っていません。
同盟に頼るということは、根本的に間違っているのです。僕が昨日言ったように、「覚悟を決める時代」です。
戦争をすれば、草食動物のように1割は死んでも仕方ありません。後の9割が生き延びる方法を考えなければいけません。日本人の1割というと、1千300万人です。太平洋戦争の死亡者の数は、約400万人です。だいたいその数の3倍は、「死んでもやむを得ない」と腹をくくらなければ、国というものは守れません。
その腹が決まらなければ、何処かの国の属国となって生きるしかないのです。属国になってもダメなのです。それがまた裏切られるのです。属国になって「ご主人様」と言って、ポチをやっていればよいのかと思いますが、それではいけません。どんどん縛り上げられてしまうのです。属国でも生きられません。
残った道は自活です。同盟などというものを頼らないで自活するということが大事です。自分の力で憲法を改正して軍を持つ以外、日本の未来はありません。アメリカと一緒にいても、アメリカの世界戦略に巻き込まれてしまいます。
例えば、アメリカと中国が裏取引をすると、日本は浮いてしまうのです。いつ、そうなるかわかりません。習近平は「ハワイまでは俺たちが統治する。アメリカはハワイから東を統治してくれ」と言っています。今はアメリカは、「とんでもない!」と言っていますが、いつ「O・K!」を出すかわかりません。
トランプは、日よって変わるのだから、「その条約を吞もう」と中国とアメリカで条約ができてしまったら、「もう日本はいらない。好きにしてくれ」ということになってしまうのです。アメリカも日本の基地を全て引いてしまう可能性もあるのです。
そうなると日本はひどいことになるのです。滅茶苦茶です。そうならないようにいつも考えていくのです。一番大事なことは、自助努力です。自助努力がない国は、自国を守れないのです。自ら「自分を守る!」というやる気がないと国は守れません。
「日本が攻められた」と日本人が逃げ出したあとに、「アメリカ人がドンパチやって、日本人を守ってくれる」という考えは甘いのです。日本人が真剣に戦う姿を見て、同盟国のアメリカが加担してくれるのです。
第一撃は日本が受けなければいけません。北朝鮮もトランプがいきなり訪問して、どんな形でまとまるのかわかりません。
日本はどうしても憲法を改正して、自分の力で国を守るのです。これができなければ日本国は終わりです。
それが証拠にもう終わっているのです。日本国を自分の力で守る気がなければ、国という概念が壊れているのです。もう日本国はその時点で負けているのです。もう国ではありません。外国の取りたい放題です。
自分で自国を守る気力が無いということは、「さあ、日本を売りまーす! 九州をどうぞ、四国もあげますよ。中国地方もどうぞ。関東平野もどうぞ、東京もどうぞ。欲しい人みんなにあげまーす!」と言っていることと同じことです。
それでなくても、よだれをたらしている野獣が日本を襲うようにして日本は盗られてしまいます。野獣のほうも、「口出しするな、俺が取るのだ! お前ら、引っ込んでいろ!」という争いになるのです。
「北朝鮮、韓国は手を出すなよ。日本は俺が頂くのだ!」というのが、中国です。ロシアも「バカヤロウ、俺ももう黙っていないぞ。北海道までいたたくぜ!」となるのです。事実、そのような条約になっているのです。
連合国がソ連に頼んだのです。「参戦してくれ」とソ連に言ったのです。するとソ連は「条約があるから嫌だよ」と言ったのです。「日本の北海道をあげるから」と言われて、ソ連は攻めてきたのです。ソ連は「北海道はもらえるものだ」と思ったから、軍を入れてきたのです。
条約など一気にひっくり返ってしまうのです。だから、自分で努力して守らなければいけません。結果的には自分で自分の身を守らないと、警察も自衛隊も信用おけないのです。
そのようなときになったら、1割くらい死んでもよいのです。これが一番大事です。もし、1千300万人死んでも、日本が生き残ればよいのです。運悪く自分が死ぬ側に入ってしまうかもわかりません。
それでもよいのです。その人の魂は、残りの9千万人が引き受けてくれるのです。事実、その人の意識は日本人ですから、1億3千万人が日本人です。その内の1割が消えるだけですから、もし自分が消える側に回っても、その時はやむを得ません。残りの9千万人が残れば、復讐してくれるのです。このようなことです。
これは軍隊の原理と似ています。軍隊は制服を着せるのです。制服を着せて鉄砲を持たせると、心理状態が変わってしまうのです。「俺はこの中の一員だ」と意識が変わるのです。食べるものも一緒、寝るところも一緒、同じ制服です。その内の一人になってしまうのです。ところが、守るものがないと個人です。自分は自分です。
軍隊という組織に入ってしまうと、自分が何百万の1になってしまうので、死ぬのが怖くなくなってしまうのです。1対1だと怖いのです。ところが、「俺は一人ではないぞ。俺が消えても1億分の1が消えるだけで、後の9千900万人は残るのだ」ということです。そのような考えになるのです。
それが本当です。戦争に行った兵隊は我々が思っているほど、怖くないのです。銃をもっているので、相手も自分を殺せるけれども、自分も相手を殺せるのです。それで恐怖が半分になるのです。
武器を持たないで、一方的に殺されるならば、恐怖しかありません。でも、自分が銃を持っていれば、相手も自分を殺すかもしれないけれども、自分も相手を殺せます。「お前も殺すぞ」という気持ちになれば、恐怖は半減するのです。
そこで軍隊という組織に入ると、「俺は1万分の1か。俺が死んでも9千人が残って復讐するのだからいいのだよ」と思うから、死んだ顔は苦渋に満ちていません。あっさりしたものなのです。
部品が死ぬようなものです。全体は生きているのです。そのような考えにならないと、国は守れません。「一人たりとも命が大事だ」などと言っていても、敵が襲ってくるのですから、そんなわけにはいきません。
敵国が日本を襲いにくるのです。その場合はやむを得ないと覚悟をしなければいけません。それにもかかわらず僕の悪口を言っている連中は、怖いのです。そのようなことを考えたくないのです。
万が一にも考えたくないのです。攻撃されればそうなるのです。それは怖いのです。だから、「そんなことがあるものか!」と悪口を言うのです。「どうしようもないゴミみたいな考えだ」などと言って、現実を見ないようにしているのです。
それが正解です。信じるものはありません。条約は信じられません。アメリカも信じられません。中国も信じられません。アメリカがくれた憲法で日本は軍隊を持てず、戦争もできずに、もがき苦しんでいるのです。
「憲法改正」というと、すぐに「戦争は止めろ」と言うのです。日本が侵略戦争などするわけがありません。日本を侵略する敵と戦うだけです。こちらから出かけていき戦争をするなど絶対にあり得ません。「憲法改正反対!」という連中は、それを強調しないのです。卑怯者です
アメリカとの条約が片務的なのは当たり前です。アメリカは何回戦争をしてきたのでしょうか? 日本の侵略戦争は、一度もありません。それが同等の条約など結べるわけがありません。
トランプは、「日本も血を流せ」と言っているのです。怖いのは、アメリカの侵略戦争に加担して先兵となって自衛隊が血を流すことです。それにはきちんと歯止めをかけなければいけません。
安倍さんはズルズル引きずられて、気が付いたら米軍の雇い兵です。まず、自衛隊を出すのです。トランプはそれを狙っているのです。だから「自衛隊も血を流せ」と言っているのです。
とんでもありません。アメリカの侵略戦争のために自衛隊は一人も血を流してはいけません。また、加担してはいけません。それをキチンと言えるだけの政治の力を持たなければいけませんが、安倍晋三にはそれは無理でしょう。それを言えるだけの力はありません。

〜引用終わります。

雨が一か月間降り続ければ?

そんなことあり得ないゾウ!

誰もが考えたくありませんし

考えるのはバカジロコだけです。

ジロコが記事を書いているときに、ドン!

という音がしました。

ジロコの白熊コートをかけていたハンガーの頭の部分が千切れて

床に落下したのです。

〇オ〇で買ったハンガーですが安心の日本製ではなかったのでしょうか?

マッ、追及しても意味ありません。

荷重オーバーだゾウ!

画像

占いの世界では、これを外因と呼んで

何か不吉なことがあるといわれていますが

自分が意識していないときにおこった事象は

単なる偶然で、何の意味もありません。

<ジロコの人世と同じじゃん!>

 

いつまでも生き続けたいと思うから

2000万円ないゾウ!

と悩むのかもしれません。

戦うゾウ!

と言えば、悩みはなくなるでしょう。
バカジロコ

来年のオリンピックは開催できるか?
悔い改めない人類に?
引用画像

画像

神(創造主)は裁きを下すのでしょうか?

そのうちわかるでしょう。

続くべええ!

書きやむべええ!

®ムームージロコの画像

注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)コメントが寄せられていますが、筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA