心の病・評価は厳禁

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
ノーベル賞受賞の優秀な先生が、学校教育に本気の怒り!

なあんてニュースが出ていました。

そうは言っても今は国民が
政治に本気の怒りを感じる時と言えるかもしれません。

スマホゾンビや、踊らされるピエロには関係ないゾウ!

彼らは、怒りを感じることはないのでしょうか?

またまた無職者の事件が発生しました。

<無職者の犯罪の根本原因>

なんてニュースで出ないのでしょうか?

バス停一か所に二人警察官を配置するのでしょうか?

警察官が足りないゾウ!

税金足りないゾウ!

児童安全だ税なんて、税金とりゃあいいじゃん!

<バカジロコ!まじめに記事書けよ!>

カウンセラーはクライエントさんを評価してはいけない
いう記事です。

そうはいてもこの国は、他人の評価が好きな性格です。

TVを見ていても、野党は他人の評価が存在目的のように
変態バカジロコは思います。

ジロコは、他人に評価されなくても、変態バカと自己評価します。

変態バカジロコ

そうは言ってもジロコは神の罠にはまって変態バカになってしまったのだから

そのまま変態バカを続ければいいことです。

自分を変えようなんてばかなことはしません。

マッ、生まれた時に決まった運命でしょうから、悩んでも無駄と言えます。

しかし、カウンセラーが悩んでも無駄だゾウ!
なんて言ったら、開店休業です。

ネットで拡散すれば大変なことになる世の中です。

あの大統領も、なぜアメリカがよその国のタンカーを守らなければならないのだ?
と言っているそうです。

同盟の不公平さに気ずきつつあるのでしょうか?

日本を守っている?のに、沖縄から出ていけ〜!

なんて、やっていたら、本当に出ていくかもしれません。

で、沖縄は?

やってみないとわかりませんが?

想像はつきます。

マッ、それを言うと現実になるかもしれませんので、ジロコはシラーです。

ジロコの悪い癖で、問題をあおって?

あとは知らないゾウ!
です。ズルッペジロコです。

マッ、みんなズルッペして生きているこの国ですから
批判には当たらないでしょう。

ラジオで、他人と比較する人生はやめましょうと言っていました。

ジロコを他人と比較しても意味がありません。

妄想性認知症症候群+統合失調症なのかもしれませんが
ジロコは日本土人で〇〇人ではありません。

安心の日本製の人間です。

犯罪者の国籍はすべて明らかにすべきであります。

国民は真実を知る権利があります?

国民の代表者?が言ってるようです。
引用画像

そうは言ってもこのような画像も存在します。
引用画像

この国には他国のスパイがゴロゴロしていますので

国民に真実を知らせることは危険な行為と言えます。

国家には秘密がありますが、国民がそれを知る意味は見出せません。

国家の秘密?

なんて記事書かれたら、大変なことになります。

<バカジロコ!いつまで愚だ愚だ書いてんだああ!>

バカジロコ

では、記事を終わります。

なんてやったら、非難喝采かもしれません。

カウンセラーは<評価>する存在ではありません。

あなたはジロコを評価できる人物ですか?

そうは言っても世間には評論家などという方々が存在します。

有識者なんていってますが

国民は無識者だゾウ!と言ってバカにしていませんか?

無思考と無意識は違います。

評価にはどうしても、自分自身の価値観が入り込みます。

それによって下された評価が正しいものかどうかはだれにもわかりません。

マッ、神のみがしる!と言っていいでしょう。
ジロコ邸の玄関前画像

多くの評価は、自分の人生経験で培われた価値観がベースになっているため、多くの偏りがあります。

今までの経験、知識、常識が役にたたなくなったという
末法時代の現代ですから、そのような観点からの評価が必要かもしれません。

そうは言っても、私が宇宙を創ったなどと言ってれば、
精神異常が疑われます。

ジロコは神の子だと言ってますから、精神異常は疑われません。
が、バカジロコですから、煮た豆から芽が出たゾウ!

なんて言われても

あ!そうかあ!
と、思うだけです。

集団で訴訟を!なんて言ってる人は冗談が通じないのかもしれません。

そうは言っても〇〇人のように
何事も冗談だゾう!
なんて、冗談じゃああありません。

評価をクライエントさんに突き付けて<あなたの問題は〇〇だ!
>と伝えたくなる人がいるようですが、カウンセリングの場面で、
カウンセラーが優位に立つ必要は皆無です。

人世でも自分が優位に立つ必要はないとジロコは思います。

ジロコの変態バカを世界中に見せればいいのです。

変な上下の関係を築く必要もありません。

カウンセラーとして生きていくためには、まず自分自身という存在を冷静に見直す必要があるそうです。

冷静に見直しても、ジロコは変態バカの域を出ません。

世間の人々が、こんなバカジロコでもセッセせっせと記事を書いて、
国民よ、目を覚ませといっている?

俺だったらもっとましな記事が書けるぜえ!

私だってもっとましな記事が書けるぜえ!


国民が自信を持って記事が書けるようになります。

国民が皆記事を書いて

この国はおかしいゾウ!

と、炎上すればいいのです。

ジロコはそのためにも、せっせせっせと記事を書いています。

金儲けのために、あくせくしているわけではありません。

スポンサーリンク

この国の悪口を書いてお金儲けをしている人もいるそうです。
この国をなくそうと企んでいる政治屋さんもいるそうです。

個人の勝手だゾウ!

なんて言っていても、国が無くなれば・・・

試験や面接のような<評価される場面>では、誰もが緊張するものですが、カウンセリングの場面は、批判や判断を恐れることなく、ネガティブと受け取れる感情も安心して話せる雰囲気を心がける必要があります。

クライエントさんがカウンセラーに恐怖感を抱いてしまうと、問題の詳細を話すことに抵抗を感じるようになり、必要なことを隠して報告するだけでなく、カウンセリングに来なくなってしまうこともあります。

ネットで拡散すると

そして誰も来なくなった!

なんてなったら、廃業や転職を考える必要があるかもしれません。

住所不定無職に転落したら、這い上がることは困難といえます。

この国では住所不定無職者が目立ちますが、誰も取り上げて問題にしません。

見返り勘定が無いためかもしれません。

クライエントさんがどんな問題を抱えていようと、クライエントさんを評価せず、クライエントさんを尊敬する態度で接することが強要されます

ジロコは、ジロコにお金をくれる人は、皆尊敬します。

あなたは、こんな安い給料じゃあやってられないゾウ!
という考えで、日々会社に行っていますか?

あるいは、会社に行ってるだけで楽に暮らせるゾウ!
と、思っているでしょうか?

<ジロコよ!記事に関係ないゾウ!>

今日はここまでです。

人気ブログランキングから引用します。
選挙が近いので、関係のある話題を選びました。

引用〜

トランプの「日米同盟破棄」発言を、日本人の真の覚醒に利用せよ
← 応援クリック、ありがとうございます。

元モーニング娘。の市井紗耶香という人が、参院選に出馬するそうだ。どこから出るかといえば、立憲民主党である。尊敬する政治家はレンポウだとのコメント。「ポイントを的確に押さえた切り込み方が気持ちいい」のだそうで、“政治に関心を持つ政治音痴”であるようだ。「今からでも間に合うので出馬は止めた方がいい」と申し上げておきたい。

その立民党は野党5党派が共同で安倍内閣不信任決議案を提出したが、あえなく否決されている。こういう茶番劇で税金を使われるのは甚だ迷惑というところだ。日本にはもっと重要な課題がある。そのひとつが、外交・安全保障である。立民党のようなどうでもいい野党がパフォーマンスに集中する中、今日、驚くべきニュースがブルームバーグ経由で伝わってきた。トランプ米大統領が、日米同盟の破棄を漏らしたというのである。

トランプ大統領、日米安保破棄の考え側近に漏らしていた-関係者 (ブルームバーグ)
トランプ米大統領が最近、日本との安全保障条約を破棄する可能性についての考えを側近に漏らしていたことが分かった。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。トランプ大統領は日米安保条約が米国にとって不公平だと考えている。

関係者によれば、トランプ氏は同条約について、日本が攻撃されれば米国が援助することを約束しているが、米国が攻撃された場合に日本の自衛隊が支援することは義務付けられていないことから、あまりにも一方的だと感じている。旧条約から数えて60年余り前に調印された安保条約は、第二次世界大戦後の日米同盟の基盤となっている。

大統領は条約破棄に向けて実際に措置を取ったわけではなく、政権当局者らもそのような動きは極めてありそうもないことだと話している。トランプ氏の個人的な会話の内容だとして関係者らはいずれも匿名を条件に語った。

万が一条約破棄となればアジア太平洋地域の安全保障に役立ってきた日米同盟を危うくする。日本が中国および北朝鮮からの脅威に対して防衛するため別の方法を見つける必要が生じ、新たな核軍備競争につながるリスクもある。(以下略)

さて、これが本当なら、日本の安全保障を根底から揺るがす一大事である。戦後の日本の安全保障環境は、日米同盟によって支えられてきた。米国が日米同盟を破棄するなら、日本は警察予備隊から自衛隊が発足した1954年あたり ――  年前まで遡って、国防を組織しなおさなければならなくなる。共産党の志位は、「本当にやめるというなら結構だ。一向に痛痒(つうよう)を感じない」と述べたそうだが、日本の安全保障に責任を持たなくてよい政党とは、かくも楽なものである。

さて、発言は我が国にとって大いに刺激的なものだが、発言の主を考えてみればさほど驚くに当たらない。発言の主はトランプ大統領である。彼は、既成概念や既存のシステムを否定し、破壊することで求心力を集めてきた政治家であって、言葉は過激だし、交渉事の前には必ずハードルを上げる発言をする人物だ。ただし、トランプは本気で日米同盟の破棄など考えていないだろう。中共の覇権主義に対抗するためには、日米同盟は米国にとって必要不可欠な機能なのだ。

しかし、仮にこの発言が事実だとすれば、日本は真の意味での独立を目指し、戦後、棚上げしてきたことすべてに、改めて取り組まなければならない。先ずは、米国の一部で「不公平」と言われる集団的自衛権の一部容認からフルスペックへの転換だ。どの道、憲法改正は必須である。防衛費のGDP1%枠など、無用の規制になる。また、軍需産業の勃興も必要だし、将来的には核保有の是非も検討されるべきだ。米国が日本から引くということは、南鮮からの撤退をも意味する。周りが核保有国で、日本だけが丸腰のままであるわけにはいかない。

トランプの刺激を大いに活用し、日本人が本当に目覚めるべき時である。

〜引用終わります。

スマホゾンビも

踊らされるピエロも、

いい加減に、目を覚めないと

たいへんなことになるかもしれません。

沖縄から、アメリカ軍がいなくなってしまえば

たちどころに、どこかの国に占領されるかもしれません。

敵の言葉が喋れて、味方だゾウ!

なんて言っても無駄でしょう。

ライオンやゴジラや熊や怪獣がせめて来たら

平和だゾウ!

なんて言っても意味がありません

銃などの武器で自分の身を守ることが必須です

それとも、平和だぜえ!
なんて言って、食われてしまいますか?

ジロコだったら戦います。

平和は戦いで維持できるものです。

<ジロコよ!危険な思想だゾウ!>

続くべええ!

書きやむべええ!

®ムームージロコの画像

注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)コメントが寄せられていますが、筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA