心の病・カウンセラーの態度

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
^東京オリンピックチケットが話題騒然のようです。
ラジオで抽選に外れたなんて言ってました。

国民に負担を強いておいて、抽選とはあまりにも公平感が欠如していると思いませんか?

抽選にしても、公平性が確保されているのでしょうか?

ジロコはいろいろ疑問に思います。

増すゴミの実態を知れば、何もカモが信用できなくなります。

そうは言っても

ジロコは勝った負けたが嫌いな性質だから、オリンピックのチケットには興味がありません。

当然、オリンピックには興味がないし、中止になればいいと思っています。
万一中止になったら、莫大な損害が予想されます。

チケットに想定外の理由により中止になった場合は

払い戻しいたしませんと記してあるのでしょうか?

想定外の理由とは?

そうは言っても予想したら、想定外と言えません。

予想をしても、黙っていれば想定外ですみます。

すみませんでした。と頭をさげればいいことです。

一時期TVで賑わっていたポーズです。

最近見られませんが、もうすぐ出てくるかもしれません。

オリンピック中止の損害は誰が責任を取るのでしょうか?

そう思えば早くオリンピックから絶縁したほうが無難です。

開催できたとしても、その後の負の遺産は誰が?

あの大臣はバカにされるふりをしてうまく逃げ切りました。

拍車喝采と言えます。

辞任だけでは済まないゾウ!
と、脅していた人々は?

マッ、ジロコはお利巧とは思いません。
あの大臣のほうが上手です。

野党は、やめさせたゾウ!
なんてはしゃいでいても、

やっぱり野党です。

<オリンピック?関係ないゾウ!>
という態度の人々が続出するとジロコは予想します。

未開催の場合は<オリンピック復興税>
なんてもの取り立て、損害を埋めればいいいじゃん!

負の遺産は?

認知症対策税なんてとればいいじゃん!
この国の国民は何やっても騒がないから心配ないよ!

そうでしょうか?

国民舐めんなよ!の大合唱が起こるかもしれません。

よその国では200万人のデモだそうです。

この国では三つの県の住民でやっと200万人のところもあるそうです。

200万人が立っているだけで、どのくらいの面積が必要なのでしょうか?

200万人の都市はどこか?

引用〜

日本で200万人台の都市は「大阪市」と「名古屋市」の2都市です。

東京23区(ほぼ900万人)、横浜市(350万人超)に次ぐ人口の多さです。

5位の札幌市が周辺の市町村と合併したため、200万人にかなり近づいて

きております(もしかしたら200万人都市になっているかもしれません)。

〜引用終わります(Yahoo!知恵袋)

戦うゾウ!

いつまでも戦いを忘れたレンタル猫じゃあないゾウ!

スマホゾンビも洗脳されていることに気ずき

スマホを投げ捨て・・・

マッ、死んでも治らない、スマホゾンビ

〇〇の世界征服の陰謀は着々と進行しているかもしれません。

ジロコは家族療法カウンセリングの記事を書いているつもりです。

そうは言っても、話があっちに飛び、こっちに飛び
この記事は何なのだ!

と、自分で思うほど支離滅裂です。

さてカウンセラーの態度です。

私はカウンセラーだゾウ!
なんて威張った態度をとれば誰も来なくなるかもしれません。

ジロコがカウンセラーだゾウ!

と、叫んでも

変態バカジロコじゃん!

変態バカジロコ

どのような態度をとればいいか、書いてみます。

クライエントさんを個人として尊敬する

人種差別なんてのは厳禁です。
区別も意識しないようにしましょう。

〇〇人だゾウ!
と言っても、カウンセリングの場では関係ありません。

クライエントさんに対しては、地位や身分、お金のあるなしに関係なく、平等な態度をとらなくてはなりません。

そうは言っても忖度を消し去ることは難しいと言えます。

お金持ちと、貧乏人とに対する態度は平等になりにくいのが普通です。

親が政治屋さんでも、宅配ドライバーでも関係なく平等であることです。
年齢や、問題行動、これまで育ってきた背景など関係なく、クライエントさんを尊敬する気持ちを抱いてカウンセリングに取り組みます。

この、カウンセラーの姿勢がクライエントさんに伝わるように、態度で示します。

そうはいっても、野党の子供だったら、ジロコは尊敬する気持ちが湧くでしょうか?

どんな態度だよう?

<そんなこと考えていたのかあ!>

<人間的に許せないゾウ!>

<辞任で脅すなよう!>

などと、カウンセラーの主観的な考え方で、クライエントさんを捉えてはいけません。

バカジロコのように<人生なんて意味ないゾウ!>なんて言ってれば、ネットで拡散して、開店休業になるでしょう。

バカジロコ

国会ではありませんから、批判したくなる内容であっても、
話しにくいことを打ち明けたことを尊敬し、一緒に問題を解決するような心掛けが必要です

<運転は命がけより、心掛け>のそれです。

この意味はよく分かりませんが、色々使えそうです。

例えば

<人生はお金儲けより、心掛け>とか

<頑張るよりも心掛け>

<合格するのも心掛け>

ますます意味わかんなくなったゾウ!

しかし、最近命がけで走っている二輪車が目立ちます。

サーカスの練習してんの?

法律で決められてないので取り締まりができません。

法律で決めても、物理的に取り締まりは困難です。

業界の献金は???

手の打ちようがないじゃん!

悩みにも、解決不可能というものもあります。

その場合は?

悩むだけ損だと言えます。

解決できない悩みで悩んでも意味が無いと言えます。

余命一か月だゾウ!
と宣告されたらどうするか?

ジロコには経験が無いのでわかりません。

手形決裁の金が足りない!

誰も貸してくれないゾウ!
どうすんだよ!どうすんだああ!

給料払えないゾウ!

家族カウンセラーの出る幕ではありません。

余談ですが、給料が一回でも遅れたら
会社が終末期に来ていると言えます。

義理人情はほっといてさっさと逃げだしたほうが身のためです。

ジロコは過去に<手形で給料をもらいました>が、結果は当然不渡りでした。

義理人情に浸かり、一か月間もボランチェアをやってしまいました。

貧乏人にとって、一か月間無給はしんどいものがあります。

貧乏に輪がかかります。

<ジロコよ!関係ない話になってるゾウ!>

それでは和菓子の恩N氏の記事を引用します。

前回は妄想がすごすぎると感じたのでパスしました。

引用〜

中東動乱から、ハルマゲドンは始まる ①
2019-06-21 00:00:00NEW !
テーマ:第三次世界大戦・ハルマゲドン・黙示録

スポンサーリンク

ヨハネの黙示録は、宇野正美さんをはじめとして、高原剛一郎先生も言っています。「聖書予言とは切っても切れない。聖書の予言どおり世界が動いている」と言っています。
僕は必ずしもそのようには思えません。聖書の信奉者は、「聖書の預言通りに世界が動いている」というのです。聖書は、「この世は神が創った」と言います。だから、終わりも神が終わらせるのです。文明が始まって終わるまでの文明だと考えているのです。それが神のプログラム通りなのだと言っているのです。
聖書を読むと、それが全てわかります。特にその中で出ている預言書は、「ヨハネの黙示録」といわれる預言書です。これには、終末の世界が書かれているというのです。「世界の終りの日は中東から始まる」と書いてあります。
かなり当たっている面もあります。中東から戦争が始まって世界大戦になるのです。それで、ハルマゲドンが起きてくるのです。今、まさにそのようになりつつあるのです。インの問題は中東問題です。
イラン・サウジアラビア・イスラエル、中東の問題が凝集しているのです。何がそんなに問題なのでしょうか? 「あれは、宗教戦争だ」と言っていますが、本当は違うのです。
本当は、「人の物が盗りたい」というドロボウ合戦ですイランは、「数百年にわたって、石油が出続けるであろう」と言われる油田をもっているのです。イランの油田をいくら掘っても石油が出てきて終わりがありません。サウジアラビアもそうなのです。
石油に関しては、僕たちの子供の頃は騙されていました。理科の先生が「石油は後、15年しかもたない」と言っていたのです。とんでもない大嘘だったのです。今では石油は何百年も出続けると言われているのです。
石油はいくら掘ってもなくなるものではありません。石油とは、一体何でしょうか? 石炭の場合は、木の形をしています。木が炭化したものが石炭だと言われていますが、石油は動物の死骸か、海の場合は珊瑚か夜光虫だと言われています。それが石油になったのだと言われているのです。
アメリカのシェールガスは石から石油が採れるのです。「イランの石油はいくら掘ってもなくならない」と言っているのです。だから、イランの石油が欲しいのです。石油を盗ってしまえば、一生楽に暮らせるのです。
「石油を手に入れる」ということは、お金が湧いてくるようなものです。それは誰でも欲しいのです。喉から手が出るほど欲しいのです。みんな石油が欲しいのです。イランの石油は、日本も買っていますが、中国も、韓国も買っています。
世界中の石油をイランが出しているようなものです。そんなよい所は欲しくて仕方ないのです。では、どうするのかというと、「因縁を吹っ掛けて、石油を盗ってしまおう」ということです。
アメリカの頭の中では全て出来ているのです。「このように喧嘩を吹っ掛けて、石油を盗ってしまおう」と考えているのです。
全ての戦争の原因は、「人の物が欲しい」ということです。今の中国もそうです。人の物が欲しいのです。沖縄が欲しい、尖閣列島が欲しいのです。尖閣列島には、豊富な資源があるのです。だから、中国は欲しいのです。
そして、中国は日本列島丸ごと欲しいのです。「人の物が欲しい」というのが、戦争の一番大きな原因です。ということは、強盗団だということです。「人の物が欲しい」と言うのですから強盗です。「後ろから背中を刺して殺して、奪ってしまおう」ということです。
昔、シルクロードを通るキャラバンは、ラクダに乗って隊列を組んで品物を運んだのです。するとドロボウが待っているのです。ここから、品物を売る土地まで到着できればよいのですが、その途中で強盗団に殺されて品物は奪われてしまうのです。
だから、砂漠を歩く商人たちは、武装していたのです。強盗団が襲ってきたら、商人たちは戦ったのです。そうでないと、自分も殺されて品物は全てもっていかれます。それを保障してくれる政府などありません。砂漠のど真ん中で誰が自分の命と品物を保障してくれるのでしょうか?
誰も自分の命を保障してくれません。自分の命は自分で守らなければいけません。砂漠のキャラバンは全て武装していたのです。
海から船で行けば、海賊がいます。船が船を襲ってくるのです。イギリス人は、人の船を襲って財産を全て奪ってしまうのです。船を攻撃するのです。その目的は財産を盗るだめです。他に何の目的もありません。
イギリスの海軍は、即海賊です。海賊は、即商人です。3つの役割をもっているのです。人の船を襲って品物を強奪する時は海賊です。強奪した品物を高く売る時は商人です。今度は、本国に帰れば海軍です。オランダにしても、スペインにしても、ドロボウ艦隊です。
日本人が教わる歴史と事実は全然違います。楽しい航海かと思うと、とんでもありません。皆、命がけで航海をしたのです。
海を行く場合も、砂漠を行く場合も、みな武装しているのです。世界を見渡した場合、武装していないのは日本だけです。こんなことはあり得ません。両手両足を椅子に縛りつけられたままで、「日本はこれで行け! 欲しいものは、何でもあげなさい」と言われているのです。
それでも日本はアメリカに反撃してしまったのです。この繁栄の裏には、アメリカがあるのですが、アメリカに反撃したのですから日本は凄い国なのです。中国は日本が欲しくて仕方ないのです。「凄い高速道路をもっているな、ヨダレが出るぜ」「何、新幹線を持っている? 時速300キロだと? ヨダレが出るぜ」と思っているのです。日本の物はみんな、欲しいのです。中国は「日本は中国のものだ」と言っているのです。
香港はアヘン戦争で英国が盗ったのです。盗ったけれども、「借りておく」と言ったのです。英国もなかなか良心的なところがあって、租借地というのです。「盗ったのではなく、借りているのだ。100年間借りますよ」ということで、香港を借りたことになっているのです。
英国人の総督が統治していたのです。ところが、100年経ったので、「中国に返しますよ」と言って香港を中国に返したのです。「その代わり、条件があります。一国二制度です。中国の政治体制を香港に持ち込んではいけない」と英国が言っているのです。
英国は、「俺たちが香港をつくったのだから、俺たちのやり方を見習ってやっていくように」と言ったのです。お互いに合意して香港は中国に返還されたのです。すると、中国は早く香港を盗ってしまいたいのですが、香港は盗れないのです。
「何とかして盗りたい。どうしたら盗れるのか?」と毎日、考えているのです。香港は人口700万人、「東洋の真珠」と呼ばれていたのです。英国が治めていたので、民主主義が根付いているのです。
それを汚い中国人が魔の手を伸ばしてきたのが、今回の事件なのです。中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案をめぐってのデモです。デモの主催者側の発表では、200万人がデモに参加したのです。当局の調べでは、100万人です。でも、凄い数です。10万人のデモが始まったら、国家転覆です。
日本でも、樺美智子さんが死んだ時の国会周辺のデモは、約10万人だったのです。10万人の人間がゲバ棒をもって、「ワッセ、ワッセ!」と国会の門をへし開けて通り、国会の周りをグルグル回って取り囲んだのです。「ワッセ、ワッセ!」と10万人も押しかけてきたら、もう治まりません。
政治家をぶち殺すか、引きずり出すかしないと治まりません。遂に国会に乱入して樺美智子さんを踏み殺したのです。西部邁さんは、その委員長をやっていたのです。10万人でも凄いのに、それが100万人のデモと言ったら凄い数です。
中国は、「香港を盗りたい、日本を盗りたい」と思っているのです。中国人は強欲です。みんな盗りたいのです。「そんなことは止めなさい!」と言っても、中国人には人の物と自分の物の区別がつかないのです。
習近平は、「みんな俺の物だ」と言っているのです。「一帯一路で、中国の道をつけたところは、中国の領土だ」と言っているのです。チベットもウイグルも「俺の物だ」と言って、盗ってしまったのです。
チベットは軍隊がないから、チベット人を殺して、「ここは頂き!」と言って奪ってしまうのです。それで、新しい政府をつくり、ダライラマを追いだして、新しいダライラマを見つけてきて、「こいつが国王だ」と言ったのです。中国は、チベット人を何百万人も殺しているのです。
坊さんは、それに抗議して100人くらいの人が焼身自殺をしているのです。何しろ、簡単に人間をぶっ殺してしまうのです。国際政治はそうなのです。強姦、殺戮、強奪は当たり前です。もうやりたい放題です。戦争とは、そのようなものです。
戦争に勝った場合は、相手の財産は全て自分の物なのです。そうなのです。女も子供も自分の物になることが戦争です。だから、この世から戦争がなくならないのです。「人の物が欲しくない」と意識が変わった時に戦争は終わるのですが、「人の物が欲しい」という連中が大勢いるのだから戦争はなくなりません。(②に続

〜引用終わります。

この国は十戒など関係ないゾウ!
という、野獣の国々に囲まれています。

ライオンがいつ獲物を襲うか?

と機会をじっと待っています。

<戦いを忘れたバカな奴らめ!戦うゾウ!なんていえば社会から消去されるおかしな国だぜええ!>

<戦えないから、金ばらまいて機嫌取ってるだけじゃん!>

と国際社会から思われているのでしょうか?

リベートが欲しいだけじゃん???

国内から崩していけば、武器は不要だゾウ!

ひそかに陰謀が着々と進んでいるのでしょうか?

あからさまだゾウ!
引用画像

神がこのように言っていても、<神などいないゾウ!>と
引用画像
悔い改めることをしないのでしょうか?

だったら、神の怒りが・・・

スマホゾンビやってる場合ではないでしょう。

そいはいっても洗脳されて思考停止されたスマホゾンビ自身の責任ではありません。

マッ、この国には思考停止していない人々がまだまだ存在します。

引用画像

オリンピックなんて騒いでいる場合ではないぜえ!

ジロコ仏陀はそのように感じます。

マッ、この国は国民が皆認知症になるでしょうから

武器を使わず、他国に占領されるでしょう。

ジロコ仏陀の画像

続くべええ!

書きやむべええ!

®ムームージロコの画像

注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)コメントが寄せられていますが、筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA