心の病・ぼっち席

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
ボッチというとワンコかな?と思うかもしれませんが
独りぼっちの、ボッチです。

ワンコはポチなどという名前が多くありました。

ジロッペなんて自分で言ってるのはバカジロコだけです。

少子化と騒がれていますが、
未婚若者の4割に結婚願望なし!恋愛は面倒という声多数
といわれています。

相手に気を使ってまで生きていきたくないのかもしれません。

身体は家の外に出ても、心はいつも家の中に引きこもっているのかもしれません。

だったら表に出ていくのは心を持たないゾンビじゃん!

そうなのです。

心を持たず、思考を停止し、スマホをいじってる
スマホゾンビです。

<バカジロコ!若者バカにしすぎだゾウ!>

また

尊敬やユーモアももちろん大事ながら、ともに過ごす上での経済力や金銭感覚に重きを置く女性が増えてきたのかもしれません。

貧乏な男には目も向かなくなってきたのかもしれません。

だったら住所不定無職は?

この国の実態を知られたら、国際社会からソッポを向かれるかもしれません。

せっせせっせとお金をばらまかないと・・・

円安が急激に進行し、一ドル360円になったら?

輸出企業は生産が追いつきません。

あの大統領が、関税200%だゾウ!
とやるかもしれません。

世界はたった一人に左右されていると言っても過言とは言えません。

末法時代に現れた救世主か?悪魔か?

じっと行方をみていくしかありません。

そうは言っても、この国のゾウさんとは桁違いな人物と言えます。

当然野党とは比較の対象にはなりません。

ライオンとネズミを比べるようなものです。
ライオンとチワワを比べるようなものです。

この国でいくら優秀で名誉や財産が有っても対打ちできません。

1ドル、360円?
あり得ないゾウ!

それにしても、この国は住所不定無職者の犯罪が目立ちます。

そうは言っても政治屋さんも増すゴミも知らん顔です。

おかしいゾウ!

というのはバカジロコだけです。

バカジロコの画像

いつまでも知らん顔をしていれば・・・
画像

これからは、ボッチで生きていくのがいち番無難な生き方といえるかもしれません。

感動も絶望もない?ボッチ暮らし

家族間の争いは皆無です。

少子化云々を問題にしている場合ではないかもしれません。
日本人は、神から絶滅人種に指定されたのでしょうか?
引用画像

十戒を舐めてんのかよう!
と、神が怒ってるのかもしれません。

愚かの人間どもよ、神に勝てるわけはないゾウ!
と、怒っているかもしれません。

もう助けないぜえ!???

地球に穴をあけて
早いゾウ!

そうか!地球に穴をあければ、近道ができるじゃん!

そうは言っても海の水が入ってきます。

地中の熱を取り出し発電すればいいじゃん!

山の水は?

たいへんです!トンネル内に水が溢れ・・・

窒息?感電???

あるいは、

大変です!

走行中乗客が一人残らず消えました!

その後リニアに乗る人はいなくなったそうです。

誰がお金はらんんだああ!

リニア維持税とれば済むじゃん!

誰ものらないリニアに、国民は税金を払い続けるのか?

スマホをいじる暇があれば、考えてみればいいでしょう。

マッ、ジロコはそれまでは生きていけないかもしれません。

2000万円持ってないと老後はいきていけないゾウ!

といったとかどうかで、相変わらずごっこの領域を逸脱できません。

万一、ジロコが生きていても、リニア新幹線には絶対に乗りません。

穴倉をまっしぐらで速いゾウ!
なんて有頂天になっていれば・・・

だったらどうすんだよう!

簡単です。

十戒を守ればいいだけです。
引用画像

ジロコの家の庭に、見知らぬニャンコが時々います。

ニャンコは神の使いかもしれませんから、追い出さずに知らん顔をしています。

引用画像

食べ物はあげません。知らん顔です。

この国は子供の貧困で賑わっていても、政治屋さんや増すゴミは知らん顔です。

引用画像

ジロコの家は生物にとって住みやすいのかもしれません。

画像

自分の土地だと言っても、人間に対して対抗できるだけであって
生物に対しては対抗力を持ちません。

神が創った生物に対抗することは、神に対抗することと言えます。

除草剤や、殺虫剤をかければ、地球に対してやっていることと言えます。

田畑を掘ってもミミズ一匹も出てこない現状を
誰もがおかしいと言いません。

おかしいと思われるジロコだけがおかしいと言います。

変態バカジロコの画像

森林を伐採して、太陽光パネルだらけにすれば、神は怒るでしょう。

金儲けはいい加減に しろ!

ソーラーパネルは負の遺産としてのこるでしょう。

早めに盗んでもらったほうが無難かもしれません。

盗犯が人助けになる時代が到来するかもしれません。

リニア開通だゾウ!
なんて言って、地球をいじくりまわせば

たいへんなことが起こるかもしれません。

温暖化などは、地球上にどんどん植物を植えれば済むかもしれません。

あるいは温暖化は自然現象で、騒ぐのは金もうけの陰謀かもしれません

個人宅にも植物を植えることを法制化すればいいのです。

100平方メートル以下の狭い土地には住宅を建ててはならない。

斜面に住宅を建てたりソーラーパネルを設置してはならない。

住宅は、敷地面積の30%は植物を植えなくてはならない。

既存の森林は、木を伐採してはならない。

現状は、緑がつぶされ、どんどんソーラーパネルが設置されていきます。
人類の心と同じでどんどん地球が醜くなっていきます。

野党の醜さも、ますます目立ってきます。

斜面とは何度以上だよう?

30%以上に何本植えればいいのだよう?

ごっこの域を出ません。

バカな人類め!

そ〜らみたか!

と、神が罰を与えるかもしれません。

どんな罰かは怖くて書けません。

神の恐ろしさを知ればいいのです。

そうは言っても宗教団体の神ではありません。

画像

これは〇〇〇〇教の神ではありません。

創造主の神です。

お間違いのないように。

ジロコは先祖教です。

自分の周りには、人類始まって以来の先祖霊がまつわりついているという思想です。

思想と言えばこの国は思想を停止した?
シマホゾンビで溢れています。

ジロコが〇〇でラーメンを食べていると、隣の席の男が、スマホをいじりながらラーメンを食べています。

お宅のお子さんがスマホをいじりながらご飯を食べていたらどう思いますか?

親もやってるゾウ!

怖いですね、家庭の食卓で家族全員がスマホをいじりながら食事をする。
そんな場面を数十年前に想像できたでしょうか?

そのような過程で(家庭で)育った子供は将来どうなるのか?

時が過ぎないとわかりません。

そうは言ってもジロコが書いてる子育ての原則はアドラーらが書いているものですから、実証されていると言えます。

変態バカジロコの単なる妄想ではありません。

<ジロコよ!タイトルのぼっちはどうなってるんだあ!>

〇〇〇ボッチを笑うな!なんて本が出版されていましたがどうなったんでしょうか?

大ヒットだそうです。

10万部くらい売れてるそうです。

家庭なんて不要だゾウ!

ひとり気ままに生きるゾウ!

バカジロコもそうじゃン!

だったら社会に何の意味があるのだ?

家に閉じこもっていればいいじゃん!

生きることに意味がない!

死ぬことにも意味がない!

意味があると思うのは洗脳されているからかもしれません。

少子化を問題にすること自体が意味がないのかもしれません。

そうは言っても政治屋さんにとってだけ意味があるのかもしれません。

<バカジロコ!いい加減に しろ!>

子育ての原則:脅さない〜の続きです。

子どもの問題に対処するために親が脅しを使うと、その時だけは問題が収まるかもしれません。

野党が好きな<辞任だけでは済まないゾウ!>の脅しも、
対象が辞任しても結果は変わらないと言えます。

AさんがBさんに替わっただけで、なんら意味が見出せません。

そうは言っても野党に政権が変われば、悪夢の再来かもしれません。

しかし、そのような態度は子供に間違った経験をさせてしまうそうです。

子どもが親をうまく操作するという構図ができてしまうと、ほかのだれかとの他者関係でも、この操作法で接してしまいます。

これでは他者との関係がうまくいきません。

親の脅しが、結果的に子供の他者関係の構築を妨害し、苦しみを抱かせることになります。

社会が怖いゾウ!

他人が怖いゾウ!

家に閉じこもれば安心だ!

子どもの問題に対応する際に、まずは親と子どもで話し合ってみることが必要です。

コミュニケ―ションの省略や、効き目がすぐ出る脅しは、子供の将来にとってプラス事項とは言えません。

親と子供がお互いを理解し合い、お互いが納得できるような、事項や決まりを設け、コミュニケーションを円滑にできるような関わりを持ちましょう。

とアドラーらが言っています。

学校の校則なんて、生徒を拘束するためのものではなく、学校と生徒でよく話し合って校則をきめるべきとジロコは考えます。

この国の憲法も、いつまでも占領された気分ではなく、
国民がよく話し合って新たな時代にふさわしい憲法に
改正する必要性を、変態バカジロコは感じます。
変態バカジロ

いつまで占領されごっこやってんだよう!
<バカジロコ!思想が危険すぎるゾウ!>
そのうち、個人も観察処分の対象になるかもしれません。
そうは言っても四六時中国家にアリバイを証明してもらっているので、犯人に間違えられる心配はなくなります。
しかし、観察処分を受けるゾウ!
なんて人々が増えてきたら・・・
自分で自分を観察するしかありません。
ジロコ仏陀が言ってることはわけがわかりません。
バカジロコですから、バカなことばかりいっています。
それだは和菓子の恩N氏の記事を引用します。

引用〜
日本平和神軍の思想将校
2019-06-19 00:00:00NEW !
テーマ:思想戦・思想・地政学・民族地政学

画像 セキュリティ上の理由によりこのファイル形式は許可されていません。

※日本平和神軍は思想将校です。(平成11年靖国神社にて)
左ー元陸上自衛隊二尉 高橋、真中ー旧軍陸軍少尉 森下功、左ー元航空自衛隊三佐 菅原明

スポンサーリンク

僕が20年前につくった「日本平和神軍の目的は何か?」というと、思想将校を養成するためのものだったのです。
20年前は自虐史観、左翼思想が全盛期で、「左翼に非ずんば、人に非ず」というように、「日本の悪口を言わない奴は人間ではない」という時代です。どうしてそうなったのかというと、完全に洗脳されてしまったのです。
洗脳している連中は、共産党、民主党、社民党などです。中核派など陰に隠れた組織もあります。あらゆる組織が潜りこんで日本人を洗脳したのです。洗脳が効きすぎてしまい、20年前は左翼全盛期の時代だったのです。その時代に僕は荒野に一人立って考えたのです。
僕は、「これではダメだ。この日本人に本当の歴史を教えなければいけない。何が日本人といえるのか? 日本人にとって何が正しくて、何が間違っているのか?」ということを徹底的に考えぬいて勉強をしていたのです。
その結果、結論が出たのです。日本人の思想将校を養成しなければいけません。思想将校だから「日本平和神軍」と言っても、本当はスーツでよかったのです。「思想将校の義礼的な服装をつくる必要がある」と考えたのです。
日本平和神軍は武力をもって戦うのではありません。思想をもって戦うのです日本平和神軍とは、日本を追い込む邪悪な思想と戦う思想将校です。思想とは、大変重要な意味をもっているのです。一旦、これに絡めとられてしまうと、身動きが出来なくなってしまうのです。
その例が、鳩山由紀夫です。未だに韓国へ行きペコペコ謝っているのです。何を謝っているのでしょうか? 日本は悪いことなど一つもしていません。そこから物を考えなければいけません。
思想将校は、そのように考えるのです。「何故、日本は戦争をしたのか?」というと、それは大東亜の解放のためです。天皇陛下は、「開戦の詔勅」で、そのように言われています。太平洋戦争という名前は後からアメリカがつけた名前です。
我々日本人は、「大東亜戦争」と言ったのです。当時、アジアの国々は全てヨーロッパの植民地になっていたのです。植民地になっていないアジアの国は、日本とタイを除いて、何処にもなかったのです。
「アジアの国々を解放しなければいけない。西洋の侵略主義から脱却しなければいけない」。その意識が東南アジアの人々にはなかったのです。だから、白人の奴隷にされてしまったのです。それに先立って「大東亜を解放する」ということが、大日本帝国の戦争の目的だったのです。
大東亜戦争の何処が悪いのでしょうか? 日本が戦ったおかげで、東南アジア諸国はみな独立できたのです。フィリピンも、インドネシアも、インドも、マレーシアも、ベトナムも独立できたのです。あれは日本人の血で勝ち取った独立です。東南アジア諸国民こそ、日本人に足を向けては寝られないのです。これは、物の考え方です。
思想将校は、そのような歴史を明確に知って、反論できなければいけません。「お前、何を言っているのだ。日本人は感謝されることはあっても悪口を言われる覚えはない!」と言わなければいけません。
日本の悪口を一番言っている国は何処でしょうか? それは、韓国です。朝鮮人は一番日本にお世話になっているのです。日韓併合により朝鮮人は五等国民から一等国民になったのです。朝鮮の教育・衛生・工場・交通機関の整備など、全て日本がやってきたことです。朝鮮人は日本人に一番感謝しなさい!
それなのに朝鮮人は、「日本が朝鮮を植民地にしたのだろう、謝れ!」と生意気なことを言っているのです。日本人は馬鹿だから、「すみませんでした」と謝ってしまったのです。だから、朝鮮人に「日本人は声を小さくしろ。俺たちを植民地にしたのだろう! 決して大きな声をあげてはいかんぞ」と言われているのです。
「大きな声」とは、「日本が正しかった」ということです。「絶対にそれは言わせんぞ!」と喚かれて、日本人は朝鮮人に思想的に抑えられてしまったのです。
戦後は、「そうではない」という論客が大勢いたのです。その人達は、すべてパージされてしまったのです。生意気なことを言う論客の大川周明や、優れた人が大勢いたのです。その人達は、みんな公職追放令でパージされて、発言できなくなってしまったのです。
そのスキに共産党のアカがどんどん伸びてきたのです。自虐史観を言うとGHQから、「そうだ、お前はなかなかいいぞ!」と誉められたのです。「日本が侵略戦争をしました」と言うと、「そうだ、そう言うのだ!」とGHQに言われたのです。
共産主義者はますます得意になって、東大の総長ですら、「日本が悪かった」と言いだしたのです。原爆を落とされたことですら、「原爆のおかげで戦争が終わったのだから、ル・メイさんに感謝しましょう」と言う馬鹿なことをいだしたのです。
これも思想戦です。戦前は、「世界を救う日本民族」という思想だったのです。それが負けたことにより、「日本人くらい悪い民族はいないのだ」と言われてしまい、日本人は腰が抜けてしまったのです。
戦後、朝鮮人はやりたい放題で、悪逆非道なことをやりつくしていたのです。本当にそうだったのです。歌舞伎町の一等地は朝鮮人のものです。銀座、新宿、新橋、赤坂、吉祥寺の一等地は、みな朝鮮人が持っています。
朝鮮人が日本の一等地を買ったのでしょうか? 朝鮮人が土地を買うわけがありません。「ここは俺たちの土地だ!」と縄張りをはって、日本人の地主をぶっ殺して、日本人に成りすましたのです。
戦後、日本の警察官は武器をもっていなかったのです。拳銃も持っていなかったのです。朝鮮人が暴動を起こしても何もできません。朝鮮人が暴動を起こして占領した場合、警察はヤクザに頼むしかなかったのです。
新宿には、小津組というヤクザがいて、神戸には山口組の田岡さんがいて、警察が「親分、助けてくれ」と頼みにきたのです。ヤクザは武器を隠してもっていたのです。警察の署長は、「親分、助けてくれ。その代わり捕まっても面倒を見るから」と頼み込んでヤクザが朝鮮人と戦闘をしたのです。
新宿では小津組と朝鮮人の機関銃の抗争があったのです。「どけどけ日本人ども、ぶち殺してやるぜ!」と言っていたのです。朝鮮人は、「朝鮮進駐軍」という看板をつくり、「第三国人」という腕章を巻いて、日本刀を持ち、拳銃を持ち、自動小銃をもち、完全武装をしていたのです。それでは勝てるわけがありません。警察は拳銃もなかったのです。
その後で、日本人は徹底的に思想教育をされたのです。まるで北朝鮮が理想の国であるかのように、「北朝鮮はパラダイスである」と新聞にも書かれていたのです。パラダイスだから、多くの朝鮮人は北朝鮮に帰ったのです。
朝鮮人と結婚した多くの日本人女性も北朝鮮に行ったのです。どんな未来が待っていたのでしょうか? みんな強制収容所に入れられたのです。早い話が日本人女性は人質に取られてしまったということです。
当時、10万人の朝鮮人が北朝鮮に帰国したのです。日本人妻は、全て人質です。それをテコにして、「日本人女性の生活をよくするから、お金を出せ」と強請られたのです。それで、日本政府は北朝鮮にお金を出してきたのです。日本政府がお金を出さないと、見せしめで強制収容所に入れられてしまうのです。
朝日新聞は、「北朝鮮は地上の楽園」とやってきたのです。これも洗脳です。僕はそのようなウソ史観に腹が立ち、日本に思想将校というものを養成する必要があったのです。自衛隊は武器を持って戦う軍隊であるから、思想教育など行っていません。
民間は武器をもって戦うのではありません。思想将校を出して、「徹底的に論戦できるという人間をつくる」という目的でつくったのが、日本平和神軍です。今から20年前のことです。
今や、日本平和神軍の活動が実って日本全国の津々浦々までも右の思想が優先しています。この右の思想が優先されていない連中がいます。それが政治家です。こいつらは、利益のために「日本第一思想」ということを言いません。
政治家は、「儲かればよい」と考えているのです。「我々は洗脳にドップリとつかります。その代わり、日本精神などとは言いませんから、是非、お金をください」政治家はこのような立場です。
教科書で、少しでも朝鮮人問題を書けば、「バツ、不採用!」と言われてしまいます。文部科学省は、「日本の戦前はよかった」などという教科書は、「不採用!」です。竹田恒泰さんも、普通の教科書をつくっているのに、「不採用!」です。
何故かというと、官僚どもが歴史を歪めているのです。頭の良い連中ばかりですから、事実ではないとわかっているのです。自分たちの地位の保全のために、正しいことを言わないのです。これが、GHQの洗脳の流れです。
我々思想将校は政府から独立しているので、正しいことが言えるのです。そのほうが、夢があります。日本人のための思想教育をやるのです。「立派な日本人をつくっていく」ということが、今でも正理会の主流の考え方です。
正しい物の考え方と、「立派な日本である」ということを教えていかなければいけません。「日本は立派な歴史を持たない」と言うと、朝鮮人のようになってしまうのです。朝鮮人には歴史はありません。我々日本人は、歴史をもっているのです。歴史があるから、「正しいか、悪いか」ということが出てくるのです。
歴史が無い国家には、「正しいか、悪いか」などありません。歴史など見ないのです。どうせ、過去は白丁です。だから朝鮮人は上だけを見て「どちらに力があるのかな? こっちにつく!」と考えているのです。
朝鮮人には思想はありません。大きい方へつくのですから、思想など邪魔なのですからないほうがよいのです。だから歴史もない、何もないのです。その朝鮮人が日本でのさばって、朝鮮人の世界観を日本人に植え付けているのです。
残念ですが、政治家のほとんどが朝鮮人です。我々は政治家とは一線を画しているのです。政治家を治すしか、方法はありません。その世直しの一貫として、佐々木千夏先生が区議会議員になったのですから、これからどんどんやっていきます。
現実の政治もやるけれども、正理会の目的は思想将校の養成です。是非、この思想将校に賛同される方はご援助ください。皆さんのご応募を待っています。

〜引用終わります。

この国のスマホゾンビに思想はあるのか?

聞いてみないと真実はわかりませんが

あなたに思想はありますか?

なんて質問すれば・・・

ジロコの20年ほど前の和菓子の恩です。

その頃N氏は、政治に口に出せばつぶされると言っていました。

今は平気で口出しできるようになったようです。

2~3年の短期で物事は変わらないと言えます。

貧乏人が簡単に金持ちになれるという話は

全て罠と思ったほうが無難です。

あれから20年くらいたちますが、ジロコの貧乏は変わりません。

貧乏で、変態で、バカなジロコです。

貧乏の変態バカジロコ

そうは言っても神様が決めたことだから
それがどうしたと生き抜いています。

長い年月をかけ続けないと物事は変わっていかないと言えます。

だったら諸行無常と矛盾していないか?

ドラマでも言ってるじゃん!

この世は矛盾の塊だゾウ!

なぜ?

真実を偽って国が存続してきたせいかもしれません。

これからは真実を明らかにして

この世から矛盾を一掃すればあ!

と、ジロコ仏陀は主張します。

ジロコ仏陀の画像

大乗仏教だろうと、小乗仏教だろうと
そんなことは関係ありません。

南無網だ―ボーなんて言ってれば・・・

高齢化の真実
少子化の真実
消費税の真実
政治屋さんの真実

バカジロコの画像

続くべええ!

書きやむべええ!

®ムームージロコの画像

注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)コメントが寄せられていますが、筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA