心の病・はかない夢?

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
また交番が襲撃されました。計画的にやられたそうです。

犯罪者が罠を仕掛けてくれば、今までの経験、知識、常識では対処できないのかもしれません。

それにしても犯人は交番の動きが事前にわかっていたのでしょうか?

今までは犯罪を犯して逃げ回るなんていうパターンが多かったようですが、最近の交番襲撃は国家や社会への挑戦なのでしょうか?

それにしても防刃チョッキが中国製だったのか?

あるいは韓国製?

安心の日本製だったら?

犯人はテロリストになったつもりでしょうか?

それとも孤独死がいやで、誰かを道ずれにしようとしているのでしょうか?

子育てに問題があったのか?

それとも〇〇人?

今後移民や難民が押し寄せれば、比較的安心なこの国も
危険と隣合わせになるとジロコ仏陀は予想します。

安心の日本から

地球上もっとも危険な国に変身?

だったら

シェルターに閉じこもればいいじゃん。

このような自然な風景の地下にシェルターを創れば

関係者以外には存在を知られません

画像

この場所は変態〇〇〇のコンビニの裏ですから

コンビニにシェルターの出入り口を創ればイイのです。

甘いゾウ!

あの国みんなシェルター入って自滅したゾウ!

そして日本は消滅しました。

<バカジロコ!不謹慎だゾウ!>

バカジロコの画像

今朝6時半ごろ、犯人が確保されたと報道されました。

厳しい取り調べを受けるでしょう。

そうは言っても防犯カメラに対する、国民のアレルギーがどんどん消滅していきます。

個人の行動も四六時中監視カメラで監視されるようになるでしょう。

十戒を正しく実践して生きていけば心配はないでしょう。

引用画像

(6)殺すなかれ

(7)姦淫するなかれ

(8)盗むなかれ

の三つは最低限守る必要があります。

そうはいっても、最近は(6)の事件が目立ちます。

画像

悔い改めが足りません。

リニア新幹線の話題を最近聞きません。

やめたほうがいいゾウ!
という声が多くなってきたのでしょうか?

オリンピックは関わり合いにならないほうがいいゾウ!
という人が増えてきたような気がします。

負の遺産も膨大な額になり、国民の負担が急増します。

辞任に追い込まれたふりをして、大臣をやめた方は
お利巧と言えます。

今後オリンピックの話題がどんどん減っていくような気がします。

リニア新幹線もやめたほうがいいゾウ!
という声が聞こえます。

民医連の記事を抜粋して引用します。

民医連て医療関係の団体じゃん!

リニアに関係あるのかよう?

引用〜

南アルプスに大穴を空ける巨大プロジェクトに、日本弁護士連合会、自然保護協会、日本科学者会議などから次々と「再検討」「凍結」「中止」を求める声明が出されています。

自然豊かな、昔ながらの田舎の風景でしょう」と長野県民医連・伊藤文徳事務局次長。
この村に衝撃が走ったのは、昨年一一月のこと。JR東海が公表したリニア建設計画で、村内にトンネルを掘るための斜坑口が四カ所設けられ、掘り出した残土を運搬する大型車が一日最大一七三六台、一〇年近くにわたって往来することが明らかになったのです。
「一七三六台と言えば、一日一〇時間の作業だと仮定しても、一分間に三台です。狭い生活道路を大型車が占拠する形になる。住民の生活に多大な影響をあたえます」

JR東海から生活道路を確保するための具体策が提示されるまで、「工事実施計画」を認可しないように、国に求めました。しかし国は、意見書を無視する形でJR東海の着工を認めてしまいました。

工事は始まっていますが、問題は山積みです。その一つが、トンネル工事で発生する大量の残土の問題。品川―名古屋間で発生する残土は、六三五九万立方メートル(東京ドーム五一個分)にも及びますが、野口さんは「八割は置き場が決まっていない」と指摘します。
「海や谷を乱暴に埋め立てれば、動植物の生態系も破壊され、大雨や地震などによる土砂災害を誘発する危険もあります」
さらに山の地下にトンネルを掘ることで、水脈が分断され、水の流れが変わってしまうこともわかっています。JR東海は、トンネル工事で静岡県の駿河湾に注ぐ大井川の水量が毎秒二トンも減少すると予測しています。下流にある七市の生活用水・農業用水がまるまるなくなってしまう計算です。

トンネル工事が予定されている東濃地区(岐阜県)には日本最大のウラン鉱床があり、放射能に汚染された土が掘り出される可能性もあります。
リニア建設予定地を抱える自治体から「環境保全協定を結ぼう」という提起がされていますが、JR東海は拒否しています
路線全体の八六%がトンネルであるにもかかわらず、地震などの自然災害や停電・脱線などの事故が発生した場合の対策も不十分です。日本自然保護協会は、「断層が動いたときに、地盤の変位を止めることは現在の土木技術では不可能」「いくつもの活断層を横切る本計画は人命を軽視した計画であり看過できない」と強く警告しています。
さらに、リニア新幹線から発生する電磁波を長期間あびることによって人体にどれほどの影響があるのか、心配する声もあがっています。消費電力は在来新幹線の三~五倍。野口さんは「国全体で省エネルギー社会に向かっているのに、この流れにも逆行している。昨年六月に出された『環境大臣意見』でも、『これほどのエネルギー需要が増加することは看過できない』と指摘しています。JR東海の葛西敬之名誉会長が、再三『原発再稼働』を主張していることも考えあわせれば、原発再稼働とリニア計画はセットで推進されているのではないでしょうか」と話します。
「もしリニア建設計画が破たんしたらどうなるか。民間企業とはいえ、公共交通を担っているJR東海を国はつぶせないでしょう。そうなれば、税金による穴埋めがおこなわれ、国民にツケがまわってくる可能性もあります。だからこそ、問題を明らかにしていく国会論戦と、国民世論による監視が必要です」と辰巳さんは話します。

国民的な議論が必要
民間企業であるJR東海が「自己負担で建設」するにもかかわらず、安倍首相はリニア中央新幹線を「国家的プロジェクト」と位置づけています。また、国土交通省の「新たな『国土のグランドデザイン』」(昨年三月)には、「リニア中央新幹線により首都圏・中部圏・近畿圏が一体化」「世界最大のスーパー・メガリージョン(超巨大都市圏)の形成による国際競争力強化」が打ち出されています。
最終的には大阪まで通そうという、九兆円の巨大プロジェクト。「国費を投入してでも、できるだけ早期に大阪まで開通させるべき」と主張する関西選出の国会議員もいますが、「それではますます国の事業なのか、民間の事業なのかわからなくなる」と辰巳さん。
辰巳さんは「本当にいまリニア中央新幹線が必要なのか。リニア建設に投資するお金があるなら、在来線の地震・津波対策や、ホームドアの設置・無人駅の解消など、他にやるべきことがあるはずです」と。さらに、「リニア建設では、駅前開発など地元自治体の負担も大きい。建設工事で地方が一時うるおったとしても、完成すれば東京一極集中が加速して、ますます地方が衰退することになりかねない」と指摘します。
「リニア建設予定地の住民にも、ほとんど情報が知らされないまま、計画だけがすすんでいます。国民不在でていねいな議論もないまま、目先の利益だけを追求して子々孫々に禍根を残すことがあってはならない」と前出の伊藤さん。
野口さんは「着工したと言っても、用地買収や本格的な工事はまだこれからです。計画の詳細と問題点を知らせていくことで住民の関心を高め、中止を求める運動は広げていける」と前を向きます。

〜引用終わります。

オリンピックにも言えますが、この国は国民の意思など関係ありません。

オリンピック開催の是非を国民投票で決めたのでしょうか?

マスコミはオリンピック開催の賛否を世論調査したのでしょうか?

リニアは民間企業の問題だから関係ないゾウ!

ジロコ仏陀は、この国は誰かの陰謀で物事が進んでいると感じます。

原発差し止め訴訟は却下だそうです。

前例を作れば・・・

ジロコ仏陀の画像

よその国では200万人のデモで陰謀?を阻止したそうです。

スマホゾンビや、踊らされるピエロも、目を覚まして真剣に考える必要があると、ジロコ仏陀は警鐘をならします。

この国では200万人のデモなんてあり得るのでしょうか?

思考をしない、あるいは思考を停止した人々が溢れたら?

誰かの思うつぼになります。

投票率が下がれば下がるほど、集金団体や、宗教団体の組織票が幅を利かせます。

組織の人々は、皆投票に行っても投票率が上がると不利になるのです。

極端に言えば、投票率40%として、投票数4万人、そのうち90%が組織票なら
4万かける90%=36000票で、組織票以外はたった4000票!

組織の候補は当選確実となります。

投票率80%なら、組織票は36000票で それ以外は44000票となり、組織の候補は当選確実とは言えなくなります。

 

いかにして投票率を上げるかではなく、いかにして投票率を下げるかでセッセ琢磨している人たちがいると想像されます。

スマホで投票なんてことは、この国ではあり得ないと言えます。

万一投票率が100%近くになったら

組織票が無力になり

この国は大きく変わるかもしれません。

そうは言っても政治屋さんの姿勢が変わらなければ

何も変わらないかもしれません。

センキョ行ったて何も変わらないゾウ!

なんて、やってれば、永久に何も変わらないでしょう。

それでは、子育ての原則の続きです。

脅さない!

脅さないというと、ジロコはすぐに<辞任だけでは済まないゾウ!>と
野党の態度を思い浮かべます。

野党ってその程度なんだ?

と、思われる方も多いと思います。

子供が言うことをきかないとき、強制的に言うことをきかせようとするときがあります。

この国の性格にも似ています。

国家が決めたことだゾウ!

言うことをきけ!

親に余裕がなく、大声で怒鳴る、批判するといった言動だけではなく
褒美で釣る等の言動を選らんでしまいがちです。

50億円やるから、〇島をくれよう!
なんて言われて、50億円もらったのでしょうか?

怒鳴りや、批判、褒美を与えるが脅しにあたります。

<辞任だけでは済まないゾウ!>も脅しと言えます。

スポンサーリンク

親がそうした行動に出れば、子供は親のいうことを聴きいれて
その場はうまく切り抜けられることが多いのですが、長期的な子育てや成長といった目からは、自滅的な選択と言えるそうです。

50億円もらっていれば、〇島をいじくりまわされても
文句は言えません。

そうはいっても、いまさら50億円返すゾウと言っても

なんのこっちゃああ!

根拠は?

子どもを脅していうことをきかせようとすると、さらに言うことをきかなくなってしまうそうです。

また、脅しを繰り返すことで、親のパターンを子供は読むようになり
自分の要求が通らなければ、代わりにご褒美をもらおうと交渉をするようになります。

子どもが交渉人!

いや、うちの子は公証人役場へ勤めてるよ!

日本語を使いまわすこの国の国民は優秀と言えます。

バカジロコでも、文字の違いが解ります。

バカジロコの画像

規則正しい行動はパターンを読まれ、犯人には好都合になります。

堂々巡りの人世でも、毎日が規則正しいワンパターンだっから危険と言えます。

例えば、平日、主人が昼頃帰ってきたら?

何事もないかもしれませんが

TVドラマのように・・・

やめようワンパターン行動!

特にカウンセラーは、他人の運命を左右すると言えますから

待ち伏せには注意が必要です。

建物の角を曲がったら?

人生の曲がり角だった!

車を運転していて、カーブの途中に人が道路に寝ていたら?

マッ、地位や身分の高い人は自分で運転しません。

例えば、泣いていた子供を納得させようと、飴を与えていると、いつしか飴が欲しくなると泣くようになり、飴やそれに代わるものが無いと

納得しなくなります。

子どもは自分の欲求を通すために、親にどんな働きかけをするか
知っているのです。

だったらどうすんだよう!

次回に続きます。

それでは和菓子の恩N氏の記事を引用します。

引用〜

西部邁の思想
2019-06-17 00:00:00NEW !
テーマ:思想戦・思想・地政学・民族地政学

故・西部邁さんがこのように言っていました。「もし、金正恩のような民衆を虐殺する独裁者が現れたら、僕はテロを起こして必ず殺す」とあの年で言っていたのです。これが西部邁の強さです。
全学連で何万人も率いた男ですから、西部邁の話は魅力があるのです。そのようなところが、普通の評論家や識者とは違うのです。平和の左翼ではなく、「必ずテロを組織して、そいつを襲撃する!」と言うのです。
何となくわかるでしょう。西部邁はそのようなところが、普通の識者と言われる連中とは違ったのです。大したものです。西部邁の自殺について、僕も書いたことがあります。西部邁は、シュペングラーの『西洋の没落』がテーマです。西洋の本をよく読んだのです。英語も堪能です。必ず、英語の語源を言っています。プロレタリアートや、ブルジョワや、市民など、どのような語源から出てきたのか説明しています。そのようなことを言うと、聞いている人はみな納得してしまうのです。そのような上手いところがありました。
西部邁は、「もう日本の没落は始まっている」と言うのです。この本の結末は、「文明の没落の時には、2つのものにすがる。猛烈な勢いで科学技術にすがる。それからもう一つは猛烈な勢いで宗教にすがる」というのです。
文明の没落の前に「もっと技術が欲しい。もっと新しい技術はないのか?」というグループと、「やがて神が現れる。今の文明が終わり、神の世が来るのだ」というグループが出てくるのです。それが文明の没落だと言うのです。この辺りのことを西部邁に教えてあげる人がいればよかったのです。
そうではありません。没落とは、いつもあるのです。「この時代が終わった」という考えではダメなのです。区切りをつけて、「これが西洋の文明の始まりで、これが文明の最期なのだ」というのではなくて、常に人間は腐敗しているのです。
力とは何かというと、一つのところに人間が集まるから力になるのです。民主主義とは数です。西洋の政治の根本は数なのです。数を正義とするのです。正義が別にあるという考えではありません。人間の数をつかんだ者、そこに正義があるのだという考え方です。これがデモクラシーの考え方です。民主主義以外に正義はないのです。独裁者は、「俺が神だ」ともってくるのです。「俺が神なのだ。従わない者は殺す」ということです。独裁者は本当に殺すのです。
我が国の天皇とは何かというと、「天皇」という文明の現れです。他の国は王様があったにしても有名無実です。実際は、権力を持ちません。日本の天皇というのは、権威はあるけれども権力はありません。そのように言っても実際は、立派な権力が身に着いているのです。
天皇は物凄い権力をもっています。「天皇には権力がない」と言っても、もの凄い権力をもっているのです。天皇が出てきて「一言」発言すれば、「はっはー」となるのです。「天皇の政治的発言はいけない」と言われても、天皇が「これは私の意見である」と言われたら、どうすることもできません。みな「はっはー」と言って従います。
実はもの凄い権力が天皇には身に着いているのです。この文明が日本は、2800年も続いているのです。西洋の王様とは違います。日本の天皇は精神性と唯物性の2つをもっているのです。
タイやカンボジアへ行くと仏教の精神性が中心になっている文明です。科学技術はあまりありません。中国は昔から凄い発明をしてきているのです。漢字の発明、青銅器の発明、船の発明もそうです。木造船で400メートルある船も作っていたのです。
火薬の発明も、石弓も中国です。石を詰めて、お城の中に飛ばすのです。だから、どんなに城壁を高くしてもダメなのです。お城の中に届いてしまうのです。絹織物も中国です。儒教もそうです。中国文明は奥深いのです。悪いもののあれば、良いものもあります。中国は、どちらかというと物質文明です。
日本の天皇は、精神文明と物質文明の両方をもっています。精神の中心である天皇と、国家統合の元である大将軍としての天皇です。いつの時代ももっているのです。だから、ジンギスカンは源義経だったのに違いありません。何故ならば、天皇の資質は戦争が大好きです。天皇の遺伝子は戦争が大好きです。それから、残虐性もあります。人殺しに対して何のためらいもありません。人殺しを反省しないということです。何とも思いません。
ここまでは、他所の国の大王と同じ性格です。違うものが一つあります。これが「仁」なのです。他所の王になくて、天皇にあるものが「仁」なのです。だから、仁徳天皇のように今の天皇陛下のお名前には、徳仁(なるひと)さまですから「仁」がつくのです。それが違うのです。
秦の始皇帝は何の慈悲もありません。ジンギスカンも全く仁はありません。「ブッ殺せ!」と国を科学的に襲うのです。非常に科学的です。ジンギスカンは最初から、物質主義者です。「逆らう奴は殺してしまえ!」「あちらの物をこちらに持って来い!」というのですから、完全な唯仏論者です。だから、中国共産党が共産主義にはまったのも一理あるのです。共産主義は唯物論です。
日本人は唯物論ではありません。神としての天皇がいるのです。これでは、唯物論になりようがありません。我々日本人は神につながっているのですから、唯物論が出てくる余地がありません。そのような違いがあります。
みんな「天皇」と言うと、「お優しい方」だと思っていますが、本当は「お残虐な方」なのです。人殺しを何とも思いません。竹田恒泰さんを見たらよくわかります。「これが天皇の性質だ」とよくわかるのです。竹田恒泰さんは、仮面を取ってしまい、天皇が裸で出てきたようなものです。見ていると「これが天皇だ」とわかるのです。竹田恒泰さんは、戦争など全然恐れていません。戦いに対して恐れがありません。「二等兵になっても戦う」と言っているのです。そのようなことです。
日本文明は西洋文明とは違うのです。シュペングラーは、「西洋は没落して終わりに近づいているのだ」と言ったのですが、日本だけは残るのです。日本には天皇の文化があるのです。物質文明だと終わってしまうのです。
だから、「中国は終わる」と見たほうがよいのです。中国は物質主義者です。唯物論者が共産主義を頂いているのだから、中国は終わるのです。彼らは根本的に間違っているのです。人間はアメーバから進化したものではありません。
猿から人間になったのでもありません。人間は最初から人間です。では、誰が人間を創ったのでしょうか? これを与えてくれた存在がいるのです。自分の体といっても、神の毛一本はえません。「貴方に癌があります」と言われて、癌は自分のものですが自分でコントロールできません。
「自分をコントロールしているのは俺ではないのだな」ということがわかればよいのです。この自分というものは、誰かに創られたものであり、自分が創ったものではありません。そう思えば人間の命に尊厳を感じます。
貴方も「神が成ったものだな」とわかるのです。日本人は「神が成った」といいます。西洋人は「神が創った」といいます。これが違います。人間は「神が成った」ものですから、人間の後ろには神がいるのです。貴方の後ろには神がいるのです。その神とは霊体のことです。
まだ肉体をもっていません。それが肉体を持つと、「こうなりますよ」という設計図があり、それが作動すると生命が生まれてくるのです。唯物論者は、それが全く見えないのです。「殺してしまえばよいのだよ。100人いたら、50人にしてしまえばよいのだ」という見方です。
そのような見方がもう終わると言っているのです。それを西部邁は敏感に感じ取り、「そんな終わりの時代は見たくない。だから俺は先に逝っちゃうよ。まだ日にちまでは言えないけれども、来年逝っちゃうのだよ」と言っていたのです。
司会者に「西部さん、何処へ行くのですか?」と聞かれて、「そうだな、ソクラテスとかいる、良い人がいるところだよ。こんな馬鹿な奴らを相手にしているよりも、仲良く話しているほうがよいのだよ」と言っていたのです。まさにそんな心境だったのだと思います。

〜引用終わります。

人間は神から借りているものかもしれません。

神様はレンタル屋さんか?

だったら、自分の意志で自分を勝手にいじくりまわすのはやめたほうがいいかもしれません。

ジロコは神の罠で変態バカにされたものでしょう。

だったら変態バカを続けりゃあいいじゃん!
画像
常に、ご自分の生き方を神に問うてみればいいかもしれません。

神を信じない方は?

引用画像

そうは言っても集金団体の神には用心が必要です。

金集めてるだけじゃん?

と感じたら・・・

引用画像

このような態度で人生を続ければいいでしょう。

変態バカジロコの画像

続くべええ!

書きやむべええ!

®ムームージロコの画像

注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)コメントが寄せられていますが、筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA