心の病・甘やかしの真理②

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
自動運転の電車が逆走しました。
責任は誰がとるのでしょうか?

自動運転車の未来を暗示していると、ジロコ仏陀は推理します。

愚かな人間は神の領域を超えるゾウ!

とやっているみたいとジロコ仏陀は思いますが
武器や車が売れないと、世界経済は立ち行かない?

ジロコ仏陀には、人類の終焉が見えるような気がします。

単なるバカジロコの妄想であればいいのですが

画像

行き着く先は?

いい加減にしろ!

と、神(創造主)が怒るかもしれません。

地震が来る前に長期間避難して、万一地震が来なかったら

その損失は誰が補償してくれるのでしょうか?

休業補償だゾウ!

避難している間に、ライバル企業に顧客ごっそり取られたゾウ!

誰もいないから盗み放題だゾウ!

<バカジロコ!いい加減に しろ!>

バカジロコの画像

親がどのような態度をとればよいか?

この記事は家族療法カンセリングについて書いているつもりです。

親が子供を甘やかせてしまう背景には、<子供を守りたい>

<よい親でありたい>という感情があるそうです。

この国の国民も、良い国民でありたいと、ほとんどの方が思っていますので国の治安が守られています。

いい国に生まれたゾウ!

と、この国に生まれたことに感謝が必要と言えます。

そうは言っても世の中を恨む人は出てきます。

過去の恨みが永代に渡り続くのかもしれません。

生まれた時に人生が決まっているのに、成功本などにあおられて

モットいい人生?に変えようとセッせセっせ、あくせくあくせく

しているのがこの国の国民性と言えます。

無駄な努力やめればあ!

と、ジロコ仏陀は嘆きます。

人世なんて運任せ、神様(創造主)の意志に任せておけばいいのかもしれません。

わかりやすく言えば、人世なんて投げれば悩みは生じないかもしれません。

問題が起きても、神様のシナリオ通りやってるのだから責任を感じることはないでしょう。

そうは言ってもジロコ仏陀は<子供だけが生きがい>なんて人生、辞めたほういいと思います。

諸行無常が宇宙の法則と言えますから、生きがいを自分以外に求めるのは、危険な行為といえます。

自分に生きがいを求めても、二人に一人が癌になると、脅されて?いる時代です。

生きがいなんて求めないほうがいいかもしれません。

<ジロコよ!そんなこという仏陀はいないゾウ!>

ジロコ仏陀の画像

ジロコは集金団体の仏陀ではありません。

神の手下の仏陀です。

ジロコには生きがいなんてものはありません。

生きがいが無いので、自分で人生を終わりにする必要もありません。

バカジロコは生きがいが無くても生きていける人間であり、仏陀でもあります。

<変態バカジロコじゃん!>

変態バカジロコの画像

そうは言っても人畜無害と言えます。

力学的や物理学的に害は及ぼしません。

人世に夢や希望は不要と言ってますので、

精神的な害については?わかりません。

煙草の害と同様かもしれません。

喪黑さんと比較してみればあ!

ジロコは絶望のない世界にいるゾウ!

ジロコは妄想性認知症症候群+統合失調症なのでしょうか?

精神鑑定をしてみないとわからないでしょう。

親が子供を守りたい、子供から愛されたいという感情は
普通といわれています。

子どもを虐待するのは?

この記事には関係ありません。

ダンゴムシの3割が交替制転向反応をしないことと
同じ原理かもしれません。

だったらどうしようもないじゃん。

神(創造主)に問えばいいでしょう。

画像

神様どうして虐待する人を創ったのですか?
と、問えばいいのです。

そうは言っても、子供に今だけの刹那的な幸せを与えることや
親の欲求を満たすための行動ではなく、長期的な役割を担っていることを、常に意識していなければなりません。

今さえよければいいゾウ!

なんていう考えは、政治屋さんの考えにぴったり同じだと
ジロコ仏陀だけが感じます。

個人の感想ですから罪にはならないでしょう。

ジロコ仏陀の画像

最近は、大人も子供も他者とのコミュニケーションが取りにくくなっているといわれています。

スマホゾンビにされてるからでしょうか?

ほとんどの人々が他者との関係の中で、自分の価値を見つけることが難しくなっているといわれています。

<ジロコなんか価値ないゾウ!ただの変態バカじゃん!>

変態バカジロコの画像

親の態度はどうあるべきか?

ジロコでも仏陀ですから、説教めいたことは言えます。

末法の現代で、家族を持ち、親として子どもを育てるときは
社会に適応して生活ができ、自分で幸せになるだけの力を
つけるための子育てが必須と言われています。

どこかの政治屋さんが言ったように、数多く子供を産めば・・・

子育てに失敗した場合のしっぺ返しをどうするんだあ!

と、ジロコ仏陀は警鐘を鳴らします。

野菜の栽培などどは違いますから、短期的な考えではなく

長期的な視野で子供の幸せを願うべきといわれています。

そのために子供の行動を常に見守り(監視ではありません)

親としての行動はこれでいいのか?
画像
お互いの行動が将来にどんな影響があるのか、知る必要があるといわれています。

川崎の事件では、どのような子育てがされていたのでしょうか?

今自分が子供を甘やかしているという事実が、愛する子供の将来に
どんな影響があるのかを、親は理解しなければいけないそうです。

アドラーらが言ってるそうです。

甘やかしの意味を親が理解したうえで、親はどのように対応すべきかを考えながら子供と接することが親には求められるそうです。

ジロコにはわかんないゾウ!

アドラーらの言うことはジロコには珍ぷんかんぷんなのかもしれまえん。

<あたりまえだゾウ!バカなジロコにわかるわけないじゃん!>

甘やかしは、将来子供に問題を生む可能性があります。

だったら虐待はどうなるんだよう!

親も子どもも、人生が終わったに等しくなるでしょう。

そうは言っても親を非難してもカウンセリングがうまくいくとは限りません。

スポンサーリンク

親の気持ちも理解しながらカンセリングを進めることが重要です。

ところで、この国もペットボトルの処分に困ってるそうです。

一時期処理工場を国内に建設する動きもありましたが
その頃、中国がペットボトルを買い取っていたのです。

そのため、大金をはたいて、国内に処理工場を建設する
バカは?いなくなりました。

そして

中国はペットボトルいらんゾウ!
になりました。

この国は大慌て?

ペットボトルの処理が追い付かないそうです。

目先の利益に翻弄されて・・・

マッ、この国はそういう性格なのでしょう。

行き当たりばったり?

出たとこ勝負?

博打が好きな性格と言えます。

<バカジロコ!いい加減にしろ!>

そうは言っても、ペットボトル税なんてものが出るゾウ!

いまになって、プラスチックごみで騒いでいます。

金儲けの種になるゾウ!

またもや、陰で笑ってる人が出現します。

それでは和菓子の恩N氏の記事を引用します。

引用〜

政治家と信義 ②
2019-06-01 00:00:00
テーマ:政治・経済・憲法

安倍さんは消費税の問題を「上げる」と言ったり、「下げる」と言ったりどうするのでしょうか? 萩生田光一が出てきて、「本当に景気が悪いならば消費税はあげません」など、何のために言っているのでしょうか? それはジャブです。萩生田は安倍晋三の子分ですから、ジャブを飛ばして国民の反応を見ているのです。「俺がこのように言ったら、世間はどのような反応をするかな?」と見ているのです。
「そうだ」という意見が多ければ、「消費税は上げない方がよい」と判断するのです。ところが、財界は消費税を上げないことに反対です。「消費税を上げろ」と経団連は言っているのです。今まで反対を言っていた連中が「消費税を上げろ」と言っているのです。
消費税を上げたら物価が上がり、物が売れなくなって、税収が下がります。それでは困ります。何故、こんなことを進めているのかというと、消費税は一番お金がとりやすいのです。一旦、消費税でお金を取る法案を通しておけば、最初は3%です。3%から、5%に上げて、さらに3%上げて8%です。今度は10%にするのです。グングングンと消費税を上げれば、楽に税金が取れるのです。
それで最終的には25%ぐらいの消費税を考えているのです。どんどん消費税を取りやすいようにしているのです。タバコもお酒も税金が上がっています。ここにもウソがあるのです。
自民党と公明党の民主党の三党が集まって、「このお金は特別財源で、高齢者や福祉などの弱者救済のために使う」と言ったのです。安倍晋三は間違いなくそう言ったのです。それが今では8%の消費税を取っていますが、3千億円しか福祉に回していないのです。後の税金は一般会計で使ってしまったのです。これもウソだったのです。
だいたい2%上がると2兆円の税収が増えるのです。10%上げると税収は10兆円増えるのです。それが福祉に使われているならばよいのですが、使われていないのです。3千億円しか福祉で使っていないのです。それもウソだったのです。みんなウソです。
安倍晋三は、多分下げようと思っているのでしょう。すると上げようと言ったことがウソになります。ずっと国民の反応を見ていて、「財界は上げろと言っているけれども、まずいな。ここで消費税を上げたら次の選挙で落ちるな。憲法改正できない」と思っているのです。
ぎりぎりまで「消費税を上げます」と言っておいて、「消費税を上げるのを止めます」と言えば、ドーンと人気が出ます。そこで衆参両院選挙で戦って勝とうというのが安倍晋三の腹なのです。
そのようなウソつきの政治家はダメなのです。国民に対して信がありません。「やる」と言ったらやるのです。「これは、こうだからこのような正義を通すのだ」という信がない政治家はダメなのです。
安倍さんは、口が軽くてペラペラしゃべり、みんなウソでまとめていくのです。上から下まで全てそうです。親分がウソつきだと、下まで全てウソつきになるのです。アメリカのトランプ大統領に言っていることと、国民に対して言っていることは全て違うのです。
トランプ大統領に対しては、拉致問題などどちらでもよいのです。そのように言っていると思います。本気になってやろうとしていません。国民に向かっては「拉致問題は、最大の心を痛めている問題です」と言うのです。
安倍晋三は拉致問題のために何かやったのでしょうか? 本当に解決するならば、やることは沢山あります。戦争をするわけにはいかないので、ちゃんと特使を出してお金で解決するしか方法はありません。それは秘密にやらなければいけません。
「お金を何兆円出すから、拉致被害者を解放しろ」と言わなければ解決しません。小泉元首相が北朝鮮に行った時には、1兆円の約束をしてきたのです。「そうしたら帰してやる」と北朝鮮側から言われたのです。そのお金は結局、払わなかったのです。小泉純一郎は、国民に対してそんなことを言っていませんから言えないのです。
すると北朝鮮は「小泉純一郎はウソを言ったのだな」と、怒っているのです。朝鮮人同士で、ウソの言い合いです。北朝鮮は「お前、1兆円くれると言ったじゃないか。それはどうしたのだよ。それから、5人の人間を北朝鮮に1回帰すと言っただろう。1回帰して1兆円払って国交正常化になるはずだったのだろう」と怒っているのです。それに味をしめた北朝鮮は、今は「3兆円よこせ」と言っているのです。
このまま放っておくと、10兆円まで行ってしまいます。安倍晋三は10兆円のお金を裏で出すのでしょうか? そんな余裕は日本にはありません。1兆円ならばなんとかと思いますが、10兆円など出せません。
そこに政治家が、「北朝鮮の利権は俺がもらうぞ!」とみんな群がっているのです。亀井静香も早々とお金の匂いを嗅ぎつけて北朝鮮に行っているのです。猪木も、他の国会議員も動いているのです。3兆円のお金を北朝鮮に払ったら、大変です。日本の政治家に1割バックしても、3千億円入ってきます。その3千億円を担当者の政治家でわけようという魂胆です。
だから「俺も仲間に入れろ!」と亀井静香は言っているのです。「北朝鮮の利権は、俺も仲間に入れろよ」と言って、政治家が群がっているのです。仲間に入れるとお金を配らなければいけませんから、分け前が減るのです。そのような話です。そのようなことでもやっていかない限りは、拉致問題は解決しません。
北朝鮮は強盗団です。人質を取って、「お金を払えば解放してやる」と言っているのです。小泉純一郎が訪朝した時には、500億円払っているのです。そのお金は誰が出したのでしょうか? 創価学会が出したと言われています。
500億円払って「会見しましょう」と言っているのです。それで北朝鮮は、「1兆円くれ」と言ったのです。そのような話です。
そこに知恵者が出てきて、それを処理するのが政治家です。それなのに「俺にもワイロをよこせ!」など、情けない政治家です。それではダメなのです。ウソをついた政治家はダメなのです。
安倍さん、本当に大きなことをやろうと思ったら、ウソは止めなさい。国民はウソだということを知っています。正々堂々とやるのです。そうすれば、国民はわかってきます。「ああそうか、こうだから北朝鮮にお金を払うのだな」、或は「憲法改正しないと、国が守れないのだな」とわかるのです。ハッキリ言えばよいのです。ウソで固めようと思ってはいけません。安倍ちゃんよ、ウソは止めなさい。

〜引用終わります。

この世の真理がわかると、人生に夢や希望を持つことがいかにばかばかしいかがわかります。

そうは言っても人生の目的は、生きることですのでそのような態度が望まれます。

明日はもっと良くなるなんて、本の表紙が目立ちますが

ザケンナよ!

明日はもっと悪くなるゾウ!

国民よ!洗脳から目覚めよ!

スマホを捨てて、人間に戻れ!

ジロコ仏陀は警告します。

続くべええ!

書きやむべええ!

®ムームージロコの画像

注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)コメントが寄せられていますが、筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA