心の病・アルフレッド・アドラー

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを、ジロコのブログです。
アドラーの心理学と言えば有名で、コンビニでも本が売っています。
アドラーは1870年、今から150年ほど前に生まれました。
150年生きてるわけはないから、今では誰かに生まれ変わっているでしょう。

オーストリアのウイーンで活躍した、音楽家ではなく
精神医学者です。

個人の教育に大きな興味を引かれ、人々が幸福で平等にともに暮らすにはどうしたらよいか?

どのような援助が必要かを、熱心に探究したといわれています。

ジロコが、この世を去った後に、人々は、ジロコのことをどう評価するのでしょうか?

変態バカジロコなんて、評価に値しないぜえ!

変態バカジロコの画像

バカが一人いなくなっただけだぜえ!

あなたは、ご自分がこの世を去った時に、周囲にどのようなことを言われるか?
考えたことがありますか?

どうでもいいぜえ!

と、思っているなら
画像
と言えます。

そうは言っても、過去の政治屋さんで、国民から褒められた人はいますか?
この国を悪くした、ワースト〇〇なんてやっていて、批判に値する政治屋さんばかりです。

欲にめがくらむのでしょうか?

ジロコよ!どうでもいいことだぜえ!

アドラーが特に評価されたのは、子供の問題についての

今までにない見識です。

どんなことだよう?
アドラーは、大人の問題行動の多くは、子供の時代にキチンとしたトレーニングを受けていない結果と考えたそうです。

だったら、子供の時代に、<反日>教育を受けたらどうなるんだよう?

それは、この記事の範囲ではありません。

子どもの時代に甘やかされたり、過保護に育てられたりすると
大人になってさまざまな問題を引き起こしやすいことを発見しました。

だったら、体罰禁止とか虐待禁止なんていうのはおかしいじゃん!

バカジロコ!いちいち感想書くな!

そして子供の問題には、家庭での親子関係が大きな影響を与えていることをつきとめました。

だったら、親のない子はどうすんだよう。

TVドラマでは、親のない子は、良い子として出演してるのかよう?

親のない子は世間から蔑視されていないか?

親が世間に知れた犯罪者だったら?

TVで辞任が話題になった親だったら?

子どもはいじめにあうのでしょうか?

〇〇者の子供だったら、誰もちかずかないのでしょうか?

バカジロコ!記事がワープしてるぜえ!

マッ、〇〇人の子供だったら、相手にしないほうが無難かもしれません。

ところでジロコが忙しくなり記事を書いている時間が無くなりました。

今日は昨日の和菓子の恩N氏の記事の引用で終わります。

引用〜

天皇の条件
2019-05-09 00:00:00
テーマ:天皇・皇族・女性天皇
公式ジャンル記事ランキング:
シニア1位

スポンサーリンク

「天皇の条件」などと、言った人はいません。僕は常に考えています。「天皇の条件とは何だろうか?」これは、非常に簡単なことです。
僕は、「新天皇は、素晴らしい天皇になりますよ」と言っているのです。素晴らしい天皇になる条件とは何か?」というと、「朕は天津日嗣の天皇である」というご自覚です。  語学ができようが、外交の能力があろうと、お世辞がうまくても、お世辞が下手でも、そんなことは天皇の条件ではありません。天皇の条件は一つです。「朕は天津日嗣の天皇である」これが、言えなければいけません。  
これは上皇さまは言われませんでしたが、だんだん元に戻っているのです。昭和天皇が人間宣言されて、平成天皇は象徴天皇の役割を果たし、いよいよ新天皇が誕生したのです。これは凄い天皇です。
天皇は、この一点をもっているかどうかです。これを帝王学というのです。弟の秋篠宮さまは、全く帝王学をもっていません。「自分は天皇という良家の次男である」というような妙な考え方になっているのです。
それではダメなのです。「朕は天津日嗣の天皇であるこの意味は、神話の昔から続いている「私は神である」という宣言です。この自覚が大事です。天皇は、「朕は天津日嗣の天皇である」これが言えなければいけません。  
すると国民は納得して国が治まるのです。それがないから国民は不安であちこちをウロウロしているのです。「神である天皇が日本にいるのだ」とわかると国民は安心するのです。国民の安寧と秩序を天皇は願っておられるのです。我々日本国民も神になっていくのです。
朝鮮人が何と言おうと関係ありません。朝鮮人が口出しすることではありません。朝鮮人が何を言おうと我らの天津日嗣の天皇です。これが日本人です。これをもっていれば立派な日本人です。
みんな天皇の存在が何だかわからないのです。「西洋の王室に見習って」と考えてみたり、天皇とはどのようなものかわかっていないのです。そんなものではありません。天皇は神なのです
その神の御自覚を持たれた天皇から見れば日本国の首相の安倍晋三などゴミみたいなものです。何故ならば、「私の先祖は2800年続いているのだ。首相と言っても出てきて20~30年だ。そんなものの言うことを聞く必要はない」ということです。
すると安倍晋三は天皇を見るのです。「朕は天津日嗣の天皇である」という御自覚が本物であれば、安倍晋三は震えてしまうのです。我々も下から朝鮮人の害毒を直そうと頑張っていますが、天皇は上から安倍首相の顔をジロリと睨むのです。
安倍晋三は震え上がってしまうのです。「そうか、俺はゴミなのだな。朝鮮人の手先になっていたのだな。ここに本物の日本国があるのだな」ということがわかるのです。天皇は即、日本国です
 「日本人とは何ですか?」というと、「天皇を見なさい。天皇こそが日本人である」ということです。他の奴らは朝鮮人のスパイになったり、ロクデモナイ奴らばかりですが、天皇陛下だけは違います。
天皇は神です。人間など信用おけません。詐欺師と朝鮮人ばかりで、ロクデモナイ奴らばかりです。天皇は神です。天皇は、日本人しか持てないのです。世界の人々は、天皇を持つことを許されていないのです。天皇は日本人だけの特権です。
それを大和魂というのです。みな、「大和魂とは何か?」ということがわかりません。大和魂とは、天皇を神と思い、一心に行動をすることです。他に何もありません。全ては天皇の中に入るのです。歴史も、文化も、教養も、あらゆるものが天皇の中に入るのです。
その流れが日本人である我々です。天皇は本家であり、本流であります。日本人ならば、みな同じです。同じ本家をもっているのが日本人です。こんな明確な理解の仕方はありません。
共産党は「天皇をなくせ」と言いますが、そんな連中は追い出せばよいのです。共産党の連中は、日本にいる資格はありません。天皇陛下に「謝れ」と言った韓国の国会議長の文喜相は、韓国に帰るとセクハラで捕まって豚箱に入れられて病気になって今では死にそうです。これは神罰です。
このことを本当にわかっている人は、考え方が若いのです。女性もそうです。このことがわかっている人は美しいのです。何が何だかわからない五里霧中の中にいるから、顔がボーとしているのです。何が何だかわからないで、這いずり周っているというのが現状です。これが一番大事なことです。
しかも世界の人々は、天皇を持ちたくても持てません。イギリス王家など、たかだか千年しか経っていません。日本の2800年の歴史から見たら、ゴミクズのようなものです。アメリカ合衆国はわずか200年、ロシアはたかだか50~60年です。
そして、韓国は70年です。中国も同じです。中心になる者は何もありません。朝鮮人は何を中心とするのでしょうか? 何もありません。大統領が中心になるのでしょうか? なるわけがありません。大統領は危機があると逃げてしまうのです。韓国の歴代大統領はみんなそうです。
戦争が始まると先に大統領が逃げてしまうのです。李氏朝鮮の王様もそうです。庶民を放っておいて、自分が先に逃げてしまうのです。庶民を置き去りにして自分だけ逃げてしまうのです。庶民は中心者がいないので、ウロウロして何をしてよいのかわからないのです。そのうち負けてしまうのです。
李承晩大統領もそうです。北朝鮮が38度線を突破して攻めてくると、李承晩は釜山まで逃げて博多まで逃げようとしたのです。朝鮮人はそのような人間です。一人で逃げてくるのです。朝鮮人は国民のことは考えないのです。なさけない奴らです。
天皇は国民のことを考えて、我らは天皇のことを考えるのです。それが日本人です。安倍晋三は朝鮮悪の固まりです。日本の上層部は、ほとんど朝鮮人で占められています。インベーダーにあっという間に日本は侵略されて、気が付いたら朝鮮人だらけです。
 経団連会長も朝鮮人です。国会議員には250名も日本籍朝鮮人がいます。NHKには、千人の朝鮮人がいます。電通には、2千人の朝鮮人がいます。川崎市役所には、400人の在日朝鮮人の公務員がいるのです。どうしてなのでしょうか?
生活保護費は日本人よりも朝鮮人のほうが多くもらっています。至る所に在日朝鮮人の教員がいます。韓国籍のままで日本の教員をやっているのです。しかも反日教育をやっているのです。ヒドイ教員は主体思想を日本の学校で教えているのです。主体思想など、ふざけるものではありません!
朝鮮人の思想」(2019年5月3日)でも書きましたが、主体思想とは、朝鮮人に中心がないから考えた思想です。主体とは中心という意味です。朝鮮人には中心がないから、全体として何をやっていいかわからないのです。
だから、主体思想というものを作り上げたのです。その主体思想の中心になる思想は、抗日パルチザンです。日本帝国主義に対抗して、抗日パルチザンが北朝鮮に籠って戦ったという伝説をつくったのです。これはウソなのです。
事実は抗日パルチザンではなくて、山賊が山にいたのです。それが日本の軍隊に追われてどんどん逃げてドロボウしたり、かっぱらいをやったのです。何が抗日パルチザンなのでしょうか? その中心者が金日成だというのです。実は、金日成はロシア領にいた朝鮮族の軍隊の中尉だったのです。金日成はロシア生まれで、「ユーラ」という名前があったのです。金日成はロシア人であり、ペクトー山とは何の関係もありません。
それで抗日パルチザンという話を作り上げて、「日本軍と戦った金日成が朝鮮人の主体である。この主体は大事にしなければいけない。全てに主体の思想が入っていなければいけない」というのが、主体思想(チュチェ思想)です。何を馬鹿なことを言っているのでしょうか?
主体思想は全てウソなのです。朝鮮人は日本の皇国史観が羨ましくて、欲しくて仕方ないのです。でもいくらたどっても、抗日パルチザンまでしかたどれないのです。その前に行くと誰もいません。これが北朝鮮です。
南の韓国は何をやったのかというと、統一原理です。朝鮮は主体がありません。だから、「キリストが韓国に降りてきた」と言ったのです。だから「キリストが降臨したのだから、韓国は神の国である」という理屈をつくったのです。
これは、主体思想と同じです。北朝鮮は革命をやった抗日パルチザンを主体にして、南は主体がないから「文鮮明がキリストの生まれ変わりだ」という理論をつくったのです。「キリストがなぜ韓国に降臨したのか?」というと、「世界中で一番可哀想で苦労した国だから、その国を幸せにするためにキリストが降臨したのだ」というのです。
「世界の民族はみな朝鮮人を崇めなければいけない」という理論をつくったのです。そんなものを学校で教育している馬鹿もいるのです。日本人を奴隷にしようとしているのです。これは思想の戦いです。日本人よ、いい加減に目覚めなさい! 魔の手はどんどんあちこちに伸びています。まるで、インベーダーの侵略のようなものです。
このようなものから脱していくのが、令和の時代です。この新天皇の時代に朝鮮人支配から脱していくのに違いありません。悪に天誅を、我らは天津日嗣の天皇を拝し奉ります。令和よ、栄えあれ!

〜引用終わります。

日本土人はスマホゾンビから抜けられるのか?

踊らされるピエロから抜けられるのか?

令和の時代が勝負時かもしれません。

続くべええ!

書きやむべええ!

ムームージロコの画像

注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)コメントが寄せられていますが、筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA