心の病・きょうだい喧嘩がひどすぎる

スポンサーリンク

スポンサーリンク


ムームージロコ® のチャイルドコーチングアドバイザーです。
この国が崩壊する悪夢をジロコは見ます。

妄想性認知症症候群のジロコだから当然かもしれません。

これはフィクションです。
始めます。

ジロコはフィクション作家になったのか!

いよいよ攻撃が開始されます。

その国の国民に海外避難指示が出ました。

日本へ行くゾウ!

船が足りないゾウ!

飛行機の燃料が無いぜええ!

ペットボトルいかだでいけえ!

貧乏人め!
こっちは、潜水艦で大陸へ逃げるぜえ!

この国に溢れる数千万人の難民!

全員移民だぜえ!

永住するゾウ!

生活保護だぜえ!

ほとんど全員が生活保護となります。

却下するゾウ!
なんていえば、数万人の移民が押し寄せ
建物が崩壊されます。

重機や燃料は不要です。

ほうかいな!

ゾウさん!どうすんだよう!

消費税50%にすりゃあいいじゃん!

この国の自国民は
ばかばかしくて働いていられんゾウ!

お金がある人はどんどん国外脱出です。

残された貧乏人は?

地獄だぜええ!

ジロコのフィクションこれで終わります。

これでも、ジロコのバカさが証明されています。

マッ、現実にも、その国の女性は日本の男性と結婚して日本に住み続けられるそうです。

残された、その国の男性諸君も地獄を見るぜえ!

とジロコは、預言します。

この国は移民大国になり果てます。

前例があるぜえ!

裁判でも前例が効力があるそうです。

判例とか言われているそうです。

その国の残された国民は?

いっそのこと消滅だぜええ!

そのために〇〇作ったノダ!

ノダなんて言うと悪夢の・・・

ジロコよ!妄想やめろ!

まじめに書けええ!

そうは言っても、モリソバとかカケそばで騒いでいる政治屋さんに、この国の未来を託せるか?

ジロコだけが疑問に思います。

目的はゾウさんを批判するだけ?

いや、違うゾウ!

もっと裏があるゾウ!

ジロコよ!危険だからやめろ!

書き始めたら止まらない、ジロコの®記事書き心理療法です。

とまらない♫ とまらない♬ 〇〇〇ーの〇♩

CMソングにジロコは洗脳されています。

国会でも与党と野党は仲良しになれません。

仲良くして、この国の未来を真剣に考えてほしいとジロコは思います。

ゾウさん大変ですね!

非難の集中砲火を浴びて、耐えに耐え
普通の子供だったら〇〇します。

ソウリになる人は、資質が一般人とは異なるのでしょう。

優秀なカウンセラーがついてる?

それとも自己カウンセリング?

この国でも、きょうだいで喧嘩が絶えない家庭もあります。

7億円も遺産があれば、仲よくできるわけがありません。

俺は一円もいらないぜええ!

なんていえば、認知症だぜえ!

バカジロコ!勘違いだぜえ!???

 

一つ違いの弟がいる小学生です。和令君と呼びます。

サプリの反対のリプサという会社も実在します。
ネーミングが安易すぎる?

ここでは関係ありません。

CDSとかドイツ銀行が話題になっています。

債権を保険対象にして、保険料をもらう商法です。

住宅ローンにおまけでついてくる、保証会社の債務保証とは異質なものだそうです。

保証料高いぜえ!
そうは言っても債務者が困っても、払わなくてもいいゾウ!
にはなりません。

保証会社に債権が移り

保証会社が取り立てに来ます。

保証の意味がどこにある?

ジロコだけがおかしいぜえ!と思います。

CDSは保証契約ではなく、保険とおもえばいいそうです。

ドイツ銀行が、7500兆円もの保険を請け負っているそうです。

どこかがこけたら・・・

消費税増税どころではなくなるそうです。

本物の恐怖です。

リーマンショックをはるかに超える???

貧乏人にも関係があります。

北朝鮮も潜水艦を作り始めたそうです。

攻撃ではなく脱出に使うのでしょうか?

いよいよ攻撃が?

ロシアも電話での講義は無効と言ってるそうです。

そうは言ってもこの国は、モリカケとかで盛り上がったり、
忖度で盛り上がっているようです。

この国の未来は安泰なのか?

オリンピックなんかやってるときじゃあないぜ!

ジロコ仏陀はつぶやきます。

また、本音を吐いて、辞任に追い込まれた人が出たそうです。

本人はもともとやめたかったのかもしれません。

そのような職種は、本音を言えば辞められる?

退職代行を使う必要がありません。

政治屋さんは国民の代行業者でしょうか?

替わりに仕事に行ってくれたほうがましだぜえ!

なんて言っても、国民の仕事では年収4千万円を稼ぐのは困難です。

俺の仕事は年収200万円だぜえ!

替わりにやってくれええ!

忖度はあるに決まっているでしょうが、暗黙の了解事項で
口に出して言えば、野党の攻撃材料になるでしょう。

世の中には、思っていても絶対に言ってはいけないことがあります。

バカジロコでも言ったりしません。

法律で規制されてるわけではありませんが、人道上の問題に関するものもあります。

口に出すことも、書くことも厳禁です。

この国は忖度の上で成り立っていると、バカジロコは思っています。

政治屋さんは本音を言ったらおしまいと肝に命じておく必要があるとバカジロコは思っています。

ジロコの本音とジロコの記事は乖離している場合が往々にあります。

ジロコよ!タイトルの記事書けよ!

きょうだい喧嘩で、犬のように噛みついたり、物を投げたりするため、両親が心配して、子ども本人が相談をしました。

ところで遺産が7億円もあれば、きょうだいで仲良く分けるのでしょうか?

BAD例 労働者諸君の先生です

和令「弟がすごくむかつくんです。」

先生「むかつくんですか・・まず弟を大事に思うことがどんなに大切か答えてみなさい。」

和令「・・はい・・でも思いつきません。」

先生「どうづるつもりですか?いったい?」

和令「どうするって言われても・・」

先生「二人しかいないきょうだいなんだから・・、
どうしたいですか?」

和令「・・・」

解説
先生は和令くんに対し「弟を大事にすることがどんなに大切か答えてみなさい。」

スポンサーリンク

といった漠然とした明確な答えのない質問をしています。

子どもにとっては答えようのない質問と言えます。

ジロコも答えられないぜえ!

現実にも、事件があれば「命の大切さを・・」なんて言ってますが、漠然としていてジロコには意味がわかりません。

試験問題で、「命の大切さを400字以内で述べよ!」

なんてやっても、ジロコは解答用紙に、「ばかかあ!」
と書くでしょう。

GOOD例   ジロコ先生が対応しています。
和令「弟がすごくむかつくんです。」

先生「そうなのですか。」

和令「はい」

先生「むかつくって言いましたけど、喧嘩はするんですか?」

和令「そうですね・・喧嘩は良くしますね。」

先生「毎日なの?それとも一日おきくらい?」

和令「毎日じゃあなくて一日おきくらいかなあ。」

先生「そうですか。最近の喧嘩はいつですか?」

和令「昨日の晩です。もうすごくって・・」

先生「すごかったんだ!弟は何をやったんですか?」

和令「ティッシュの箱投げられて!もう最悪!」

再び解説

先生は「最近喧嘩になったのは、いつですか?」と
具体的な質問をしています。

こどもも答えやすいといえ、問題が具体的に見えてきます。

漠然とした質問は答えにくいため、その後の会話が展開しにくいと言えます。

子どもとコーチが出会って間もないころは、コーチが漠然とした質問をしても、

子供が答えられないのに、さらに漠然とした質問を上書きし続ずけると、子供は話しにくくなります。

具体的な質問は子供が記憶をたどれば返答ができるので、
子どもにとっては負担が軽いと言えます。

相談に来るだけでも子供にとっては負担です。

大人のあなたが困ったときに、カウンセラーや、弁護士さん
アドバイザーさん、占い師さんなどに、気軽に相談に行けますか?

そうは言っても、現実には相談していれば・・・

なんてケースも見られます。

子どもが相談に来た時点で、子供には大きな負荷がかかっていると想定したほうが良いでしょう。

負担の堂々巡り、上塗りをしないよう、具体的な質問をするように心がけましょう。

親の言動が子供に負担をかけていないか?

ここでいったん記事が切れます。

和菓子の恩N氏の記事の引用になります。

引用しようとしましたが、〇〇人の悪口ばかりですので
今回はやめます。

人気ブログから引用します。

引用~

塚田国交副大臣の辞任における、野党の「南鮮型アプローチ」
← 応援クリック、ありがとうございます。

忖度発言の塚田国土交通副大臣が、発言の責任を取るかたちで辞任した。この事案は、「下関北九州道路」をめぐって「安倍総理と麻生副総理に忖度した」と塚田氏が発言したことに端を発したもので、事案そのものは極めて安っぽい。こういうウケ狙いの失言は、国会議員が地元や地方でやるケースが多いが、塚田氏も御多分に漏れず、「下関北九州道路」が自身の手柄のような見栄を張るプロセスで生まれたものだと推察する。このネタはあまり興味がなかったのでブログにしなかったが、この辞任に関する野党の反応がバカバカし過ぎるので、少しだけ書いておく。

この失言は極めて程度が低い。従って、辞任は必然だろう。そもそも、忖度というキーワードが野党にとってはキラーコンテンツになるのだ。森友問題に関し、安倍総理の直接的な関与を証明できない野党は、忖度させる総理/忖度する現場という構図で、政権を批判している。森友は今では完全に賞味期限切れなのだが、塚田氏の「安倍総理と麻生副総理に忖度した」という発言は、まるで野党が政権を批判するために描いたシナリオのコピーだ。冗談でも慎むべきもので、この発言によって忖度というキーワードが再び日の目を見ることになる。

案の定、野党は、蒔かれた餌に食いついている。

立民(支持率3%) 長妻代表代行
「辞任で済む話ではない。辞任で幕引きにするわけにはいかない。簡単に済まされる話ではない」

民民(支持率1%) タマキード代表
「辞任は当然だ。政権の長期化により、権力の私物化がまん延している可能性がある。後半国会でしっかり追及する」

共産(支持率3%) 小池書記局長
「辞任は当然だが、辞めて済む問題ではない。政治を私物化して恥じない安倍政権の体質がむき出しになった発言だ。かばっていた安倍総理大臣の責任も問われる。」

まさに言いたい放題の状態だ。この野党の連中は、その直前まで塚田氏の辞任を要求していたのだが、いざ塚田氏が辞任する意向を決めると、「辞任で済まされる話ではない」という。これはいわゆる南鮮型アプローチだ。問題を追及する側は、その問題で攻める相手方の存在が必要なのだ。だから、相手方が辞めますと言っていなくなっては困る。彼らにとっては問題を長期化させることが条件であり、辞任という要求が満たされたとき、「辞任で済む話ではない」とゴールポストを動かす。
数字には諸説あるが、国会は1日開くごとに3~4数億円かかると言われている。しかし野党らは、たかが数億円の案件である森友を追及するために、国会を年単位で闘争の場とした。不正が許されないのは当然だが、そのような問題は別の会でやればよく、国会が森友で埋め尽くされ、血税が浪費されるのは愚の骨頂だ。野党の支持率が上がらないのは、国民がこの「愚」の部分に気づいているからで、追及は結構だが、やるなら国会の一部で、ということにしてもらいたいものだ。

~引用終わります。

野党に政権を任せたら

悪夢が再び?

バカジロコにはわかりません。

国民の審判を持てばいいぜええ!

画像

今日の記事はジロコのつぶやきが多いぜええ!

バカジロコ〇ね!

続くべええ!

書きやむべええ!

注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA