心の病・親の責任

スポンサーリンク

スポンサーリンク


ムームージロコのチャイルドコーチングアドバイザーです。
親は成人した子供の責任を持つ必要があるのでしょうか?
親の責任とは、子供が自分で責任を取れるよう、自立した子に育てること。
といわれていますが、自立できなかった場合は、自立できるまで責任を持たなければいけないのでしょうか?

子どもが何歳になっても、親は子供から要請されれば金銭補助をしなければならないのでしょうか?

オレオレ詐欺対策はこのような観点から考えていかないと、永久に撲滅はできないと、ジロコは思います。

いまだに、年7%の配当だぜえ!
とやっているようです。

本当だったら、国の年金資金を運用すればいいじゃん!

年金資金がうん億円投資されました。

なんていえば、安全性が担保されるかもしれません。

年10%というと、怪しいぜえ!
と感じます。

年5%なら?
かったるいぜえ!

なぜか、年7%といわれると真実味を感じます。

七に魔力があるのでしょうか?

賃貸オーナー(大家さん)の年利回りは、うまくいって平均7%だそうです。

うまくいかなければ、地獄を見ます?

マッ、貧乏ジロコには関係ない話です。

そうは言っても顛末が楽しみです。

こりない人々なんて動画作ればいいかもしれません。

マッ、顛末が見ものです。

ジロコよ!記事に関係ないゾウ!

子どもの帰りが遅いときに、何をやってたんだあ!

と尋ねた時に、「塾が長引いたゾウ!」と答えたと仮定します。

しかし、本当は塾に行かず、友達と遊びまわっていたとしたらどうでしょう?

人間としてたまにはズルッペして羽を伸ばしたくなるのは当たり前で、ストレス解消法にもなります。

そうは言っても、国会では奥地という言葉を使っただけで、審議が明後日の方向を向いています。

年収う4000万円以上ですから時給に換算すると

時給一万円以上になるでしょう。

奥地が云々と言ってれば、時給一万円以上です。

介護?

時給1000円のレベルと言えます。

この国の国民はばかばかしくてやってられんぜええ!

になるのが、正常と言えます。

ボランチェアでやるばいいじゃん?

ソウさんの奥地発言に増すゴミも悪乗り?しています。

辞任だぜえ!

なんやこの国、奥地というとやめなきゃあならない?

そんなことより、問題が山積してないか?

マッ。政権打倒が目的ならしかたありませんが

打倒後、悪夢の?

それでは無効性の哲学と言え、テロリストとの違いが分かりません。

野党は無効性の哲学思想でテロリスト?

国内に続々誕生するテロリスト?

この国を無きものにしようと企んでいるのか?

バカジロコ!危険だぜえ!

子どもが塾を欠席、友達と遊ぶ、帰りが遅くなる

家庭ごとに異なりますが、そんなことはどうでもいい問題です。

奥地発言と同じで、そんなことを問題化するのは、国会のレベルがあまりにも低すぎるからでしょう?

問題は、子供が嘘をつくことです。

何が問題か?

問題の入り口はなにか?

ここでは嘘をついたことを見逃してはいけません。

マッ、どこかの国はウソつきで有名ですから、国際社会も納得です。

半島が統一したら、

うそつき半島と呼べばいいかもしれません。

そうは言っても、子供が平気で嘘をつく癖が膨張していったら、

うそつきのラベルを張られ、社会的信用が失墜し、人生に大きな影響を与えることの可能性を否定できません。

TVドラマを見ていても、前科者が真っ先に浮かびます。

施設に入っても罪は消えません。

罪を償うことなどできないのです。

ドラマで罪を償ったなんて言ってますが

罪は償ないできず、何代にもわたって引き継がれます。

神(創造主)の履歴に永久に残ります。

これからは、人間に点数付けが始まるそうですから、点数にも影響を及ぼすでしょう。

クレカも作れないぜえ!

スマホも買えないぜえ!

車も買えないぜえ1

家も買えないぜえ!

あらゆる点で不利益を受けるかもしれません。

親は、子供に譲れない一線を引き、子供がそれを超えたら

マッ、国境線のようなもので、それを勝手に超えたら
どうなるか?

国によっては、銃撃だぜえ!

と同じように、が一線を越えたら、絶対に見逃してはいけないといわれています。

昔は親が叩いたりして、体に覚えさせたといわれています。

今では?

体罰禁止だぜえ!

だったらどうすんだよう!

譲れない一線は、父と母、叔父、叔母などの間で統一しておく必要があります。

38度線のように統一が必須です。

誰か一人が子供に甘い態度を示すと、子供は混乱します。

「ばあちゃんしかわかってくれない!」

などと、自己の行為が正当だと思うかもしれません。

どこかの国はウソを平気でついて、約束を平気で破り

もしこんな友達がいたら、所業無常で、誰もが相手にしなくなるのは当然です。

誰もが振り向いてくれないぜええ!

悪さするゾウ!

勝手にするばあ!

ところが、この国の政治屋さんは

勝手にすればあ!とは言えません。

なぜ?

ジロコよ!危険だぜえ!

本音が出てしまうジロコの、記事書き心理療法です。

心の中に抑えていたものを文字によって噴出、イライラを解消する療法ですが、文字の使い方では、危険な行為になります。

〇〇を仕掛けたゾウ!
なんてやれば、拘束されるでしょう。

また、一線についてのルールも家庭内の大人たちで決めておくことが重要です。

例えば

嘘をつく

弱いものをいじめる(しかしこの表現はおかしいぜえ!
強いものをいじめることができるのか?)

国会では、弱いものが、強いものをいじめかかっています。

増すゴミも同調して、あおってます。

あお~げば~♫ とお~とし~♪

最近では尊い恩師などというものが見られなくなりました。

マッ、教師も労働者諸君ですから、尊くなくてもいいかもしれません。

自己利益最優先思想に染まってしまった国ですから、

尊いという概念がなくなったのかもしれません。

そうは言っても、ゾウさんは尊い〇〇〇なんて言葉よく使ってます。

意味を理解しているとはジロコには思えません。

奥地と言ったことを盾に、政権打倒!

なんてやってますが、ゾウさんには勝てません。

世間の笑いものになるだけで、〇〇のレベルの低さが目立ちます。

そうは言ってもジロコには、政治屋さんはごっこをやっているだけと感じます。

フテンマ移設するゾウ!ごっこ

北方領土返還させるゾウ!ごっこ

拉致問題解決するゾウ!ごっこ

奥地発言で追いつめろ!

とにかく時間を稼げばいいぜえ!

ジロコよ!国会侮辱罪で拘束されるゾウ!

お金や物を盗む

約束を破る

など

この国の国民として、大切なルールを破った場合、キチンと叱り、なぜそれが悪

いか説明する必要があります。

そうは言っても、なぜ観察処分になっているのか、説明されているのでしょうか?

なぜ、容疑者なのか説明されているのでしょうか?

お前しか考えられないぜええ!

普段からルールをキッチリ守る生活をしましょう。

そうは言っても国民が納得できないルールや、ジロコだけが納得できないルールもあります。

だったらどうすんだよう!

守るしかありません。

いやならよその国行けばいいじゃん!

それでは、和菓子の恩N氏の記事を引用します。

引用~

秋篠宮さまが「私は新しい時代を見ることはないだろう」と言われています ②
2019-03-28 00:00:00NEW !
テーマ:天皇・皇族・女性天皇

スポンサーリンク

秋篠宮さまの考え方は貴族ではありません。皇族が会う人は貴族ですから高い教養を身につけています。もちろん、貴族としての責任をもっています。「なんだ、秋篠宮さまは貴族としての自覚をもっていないのか」と思われてしまいます。
まして眞子ちゃんの婚約者の母親に保険金殺人事件のウワサがあるだけで世界の大ニュースです。秋篠宮さまはこの問題を解決するためには、「自らの命を絶とう」と考えているのでしょう。「新しい時代を僕は見る必要がありません」と言われているのです。
「死ねば新天皇はみないですむでしょう」という意味です。それはそうです。死んでしまったら、新天皇を見ることもありません。だから警戒を怠ってはいけません。
プー小室は悪人だから、秋篠宮さまの苦悩は何とも思いません。自分の姿は隠しているのです。保険金殺人の問題を質問されたら参るので、小室佳代も姿を隠したのです。外国に行っていればわかりません。これは、皇室の乗っ取りを企む平成最後の大事件です。
こんな悪い事件はありません。眞子さんもしっかりハマっています。だから「小室家を調べることは止めてくれ」と言っているのです。眞子ちゃんは、わかっている上で悪人に愛情を注いでしまっているのです。
それがわかっているからプー小室は、眞子さまに向かって「眞子!」と呼び捨てにしているのです。「お前は俺の女なのだぞ」という意味です。皇女に向かって呼び捨てをしているのですから、全く自分の下女扱いです。
皇室ポルノ事件です。プー小室は佳子さまにも手を付けているのではないかと僕は思っています。プー小室は秋篠宮家に何回も遊びに行っているのです。あのスケベ野郎は、佳子さまにも目を付けていただいているのではないかと思います。そのくらいの悪党です。
絶対にプー小室を皇族に近づけてはいけません。そこで小林よしのり氏は、「婚姻は本人の自由だから、好き同士ならば一緒にしてあげればいいではないか」と言っているのです。憲法ではそうなっています。「二人婚姻の意志を示しているならば、家柄が違うから、貧乏人だからなどの理由で、止めてはならない」と言うのです。
「貧乏人だろうと、本人がよいと言っているのですからいいじゃないか」と言うのが、現代の憲法の解釈です。おかしいのです。何故、小林よしのり氏もそのようなことを言うようになったのでしょうか?
小林よしのり氏が20年前に書いた『戦争論』があります。「これは非常によく書けた本だ」とみな誉めています。「あれはやむにやまれずやった戦争なのだ」ということをよく書いています。みんな「名著だ」と言っています。それがしばらく経って、『天皇論』を書いたのです。天皇論を書いているうちに、天皇が嫌いになってしまったのです。
小林よしのり氏は、「天皇などいらないよ」とガラリと変わってしまったのです。「天皇は日本の中心だ」と言っていたのが、「天皇などいらない」と言うように変わってしまったのです。何故、そのように変わってしまったのかと考えてみると、小林よしのりは天皇について調べていくうちに膨大な疑問が出てきたのです。
崇徳天皇にしても、承久の乱では3人の天皇が島流しに遭います。「一体、天皇の歴史とは何だろう? とても尊敬するべき対象ではない。まして、神聖天皇とは言えない」と多分、思ったのだろうと思います。
竹田恒泰さんも統一教会からお金をもらい鎌倉で3年間猛烈に勉強したのです。何をやったのかというと、天皇の歴史を猛烈に勉強したのです。『怨霊になった天皇』という本を書いたのです。
一教会は、「天皇とはどのようなものか教えてやる。自分で調べろ」ということを竹田恒泰さんに対してやったのです。調べた結果、結論が出てきます。とてもではありませんが、幸せになった天皇はいません。みんな不幸になっているのです。竹田恒泰さんも言われています。
小林よしのり氏はもっと進んでしまい、「天皇を尊敬する必要などないのだ。天皇などなくてもいいのだ」という論になってしまったのだと思います。
僕は、それは違うと思います。どこの王族でもみんなそうです。親子で殺し合い、兄弟で殺し合い、権力争いをしてきたのです。それにもかかわらず、日本人は皇室を2800年も維持してきたのです。これは大変なことです。このような解釈をしなければいけません。
天皇は陰謀があり、殺人があり、島流しがあり、不幸なことが起きてきましたが、2800年も皇室を維持してきたのです。そこに価値を置かなければいけません。
例えば、フィリピンのドゥテルテは自分で拳銃を持ち「犯罪者はぶっ殺してやる」と言って、5万人くらい殺しています。それでも犯罪者は一向に治まりません。自分が何百人もこの手で殺したのです。それをやっても治まらないのです。
日本の場合は何もしないで、治まっているのです。不思議な国です。だからドゥテルテも「天皇陛下をご尊敬申し上げる」と言っているのです。皇室は2800年続いているのですからこそ、殺されたり、島流しに遭った天皇がいるのです。
小林よしのり氏は単純に「皇室はいらない」と考えてしまったのです。皇室はそんな単純なものではありません。
誰がやっても国は治まりません。普通は、二代目か、三代目で国が滅びてしまうのです。日本は2800年間様々なことがありながら天皇を維持してきたということが、日本民族の誇りです。そのように考えていかなければいけません。
それはともかくとして、プー小室の事件は平成最後の大事件だと、国民は自覚しなければいけません。

~引用終わります。

平成最後の云々は使い過ぎだぜえ!
と、バカジロコだけが思います。

やがて、人類最後の・・・

増すゴミなどの洗脳の渦中で育ってきた、中高年にとっては

いままでの常識や、知識は洗脳から生まれたものか?

踊らされるピエロだったのか?

疑問を持つ必要性をジロコは感じます。

国営?TVや国営?ラジオの言ってることは正しいぜえ!

サバ缶どんどん食えば健康になるぜえ!

と今でも思ってる方はどうでもいいでしょう。

なにかおかしいゾウ!

子どもの貧困?なぜだ!

子どもはお金を稼げないから

なぜ大人の貧困といわない?

国民の貧困だぜえ!

日本国民が貧困なら、世界の笑いもの?

ゾウさん!笑われたら困るゾウ!

人手不足?本当か!

外国人労働者受け入れ?なぜだ!

この国の国民の雇用は?どうなる!

無職の犯罪者が多い?なぜだ!

無職者が多いから人手不足では?知らんぜえ!

消費税増税?なぜだ!

と、常に問を発している方は

神(創造主)への態度を悔い改めていると

画像

ジロコ仏陀は確信します。

踊らされるピエロよ、目を覚ませ!

考えて生きよ、ゾンビになるな!

ジロコ仏陀は常に警鐘を鳴らしています。

国の予算101兆円、パチンコ売上50兆円!

異常だぜえ!

ジロコも異常だぜえ!

続くべええ!

書きやむべええ!
注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA