心の病・褒め育てる

スポンサーリンク

スポンサーリンク


ムームージロコのチャイルドコーチングアドバイザーです。
ジロコが電気圧力鍋に興味を持ち、検索していたらプロが選んだ云々と出ていました。

プロが使うわけではないので関係ないぜえ!です。

バカジロコが使うので、スイッチポンで簡単に使えるものがいいと思います。

何でもかんでも複雑怪奇にして

設計者の自己満足だぜえ!

早期に買い替えるように作れよう!

使う人のこと考えているの?

なんか政治屋さんに似ていると思いませんか?

無償化?

自己満足!

ゾウさんを褒める野党議員は見当たりません。

ソウリ、よく頑張っていますね!

褒めれば、政治の流れが変わるかもしれません。

マッ、反対を唱えていれば、金になる?
末法時代と言えます。

褒めるとは、あいての良いところを認め承認するという意味があるそうです。

承認ってなんだよう?

正当性を認めて肯定の意志を表すことだそうです。

子どもが物事を達成して喜んでいるときは、一緒になって

よくやったぜえ!

頑張ったゾウ!

と喜び、抱きしめてあげると、子供はモチベーションは上げるといわれています。

子どもには、褒め生かし、褒め育ての実践が必要でしょう。

当然、承認には人を動かす力があります。

道路使用の承認とか、通行禁止道路通行承認とか社会的な制裁解除の力もあります。

子どもに対する承認にも、明るい言葉で声をかけたり、ありがとうと感謝の気持ちを伝えるなど、・・・

そうは言っても、ありがとう一日100回もいう必要性はジロコは感じません。

ありがとうを一日100回言っていれば、人生が変わるか?

試しにやってみても損はないと思います。

・・・日常的な言動から始めればよいでしょう。

家族なんだから、いちいち声にしなくても、考えや、感情は伝わっているぜえ!

いっても

甘いぜえ!

オートロックなどで世間と絶縁される傾向が強まっていく、末法の現代ですから、

そうは言っても、オートロックで孤立すれば、犯罪の餌食になった場合、犠牲になりやすいと言えます。

オートロックなんて死角だらけで、安心とは言えません。

手口は書きませんが、誰でも入館できます。

プロの犯罪者なら、いとも簡単に入れます。

オートロックの危険性を十文認識する必要性をジロコは感じます。

素人が防犯防犯なんて言っても、プロの犯罪者には太刀打ちできないかもしれません。

ジロコは在宅中は、ほとんど玄関ドアは開放しています。

近所から、玄関内は丸見えです。

金目のものは何もありません。

近所から、ジロコの家は、金目のものが何も無い是エと

社会に口コミで知れ渡るかもしれません。

それよりも

変態だぜえ!

と、いわれてるかもしれませんが、20年もたてば
人間は慣れます。

バカジロコがムームー着てるぜえ!

くらいにしか思わなくなります。

人畜無害だぜえ!

と思われているでしょう。

そうは言っても社会にとっては
ジロコは有害だぜえ!

しかし、神様のバックアップがあれば安心です。

泥棒が、来たら好きなもの持ってけばあ!
です。

強盗に入られたら、逆らわずに、好きなもの持ってけばあ!
とか

あらかじめ、番号を控えた、強盗さん用札束を用意しておけば
人生を続けられる可能性は高いと思います。

強盗さんがきたら、おとりの金庫におとりのお金を入れておいて
「金庫に300万円あるぜえ!持ってけばあ!」

と言って、おとなしくしていれば安全でしょう。

そこで騒げば・・・

やはり転ばぬ先の杖は必要でしょう。

ジロコの家は、福の神が入ってこられるようにドアを開けているのです。

そうは言っても、時々飼い主のいない土生の猫が勝手に上がり込んでいるときもあります。

時々買ってきた肉などがなくなるときがあり、本当の認知症になってしまったのかなあ?

と思っていたら

猫が持ってんたんだああ!

国民がマスクやバリアを?使っていますので、コミュニケーションに障害が出やすいといえ、子供にはいちいち
親が子供を大切にしていることを、声を出して伝えなければなりません。

最近、生活場面でほとんどの人がマスクをしています。

ジロコは不気味に感じます。

空気清浄機能付き、お面なんてものが発売されるかもしれません。

花粉やウイルスから、あなたを完全防御!

なんて

そうは言ってもそれでは、この国は本当の仮面劇場になってしまうでしょう。

しかし、仮面をかぶっていれば、おもてなしの表情を、無理して作らなくてよいので、ストレスは大幅に激減して、心の病は急減するでしょう。

おもてなしだぜえ!と使用者が強制するなら

労働者諸君は、時給2000円以上と法制化すればいいでしょう。

時給2000円未満の労働者は、おもてなしの心使いは不要だぜえ!
と、バカジロコだけが思います。

コンビニに行くと

「いらっしゃい!トイレ使うならなんか買ってけよ」

「108円だぜえ!カードないなら、小銭用意しておけよ!」

「いつまで駐車してんだよう!ここは無料休憩所じゃあないぜえ!」

心に思ったことを言っていれば、ストレスは激減します。

おもてなしを押し付ければ、この国はストレス大国になります。

もうなってるぜえ!

そうは言っても、最近「またどうぞお越しください」なんて言葉は聞かれなくなりました。

ざまあみろ!です。

マッ、券売機がしゃべってる店もありますが、機械ですから、ジロコはなんの感情も湧きません。

いちいち感情が湧いていたら、ストレスが生じます。

基本的には、ジロコは無感動主義です。

感情が浮かびにくいので、洗脳される危険性も低いと言えます。

マッ、つまんない人生と言えますが

これでいいのだです。

無効性の哲学なんて蔓延したら?

怖いぜえ!

来年のオリンピックは?

オリンピックのために国民の犠牲を強いられます。

おかしいいゼえ!

と、バカジロコだけが思います。

神(創造主)はどういう態度をとるのか?

ジロコよ!記事に危険性が出てきたゾウ!

黙っていても親の感情は、子供にもわかる?

そうは言っても双方が逆方向に感じ取っていたら、大変なことになるかもしれません。

チャイルドコーチングにおいては、親が子供の良いところを、心の中で認めるだけではなく、言葉や態度に表して、子供に伝えることが重要です。

褒めるには3つのポイントがあります。

人世で成功するには?

どんなポイントがあるのでしょうか?

狂団M氏から、黄色い封筒が届きました。

表にジロコの会員番号が記されています。

ジロコは狂団M氏の会員です。

そのせいで、ジロコは妄想性認知症症候群になってしまったのかもしれません。

被害者の会を作り損害賠償を?

なんてやっても、損害額は立証されません。

因果関係を証明するのも困難です。

原告の請求を却下するで THE END

法的措置をとっても簡単に賠償を勝ち取れるわけではありません。

賠償命令が下っても、簡単に賠償はしてもらえません。

~連絡なき場合は不本意ながら法的措置を取ります。

なんて詐欺メールが来ても

とればあ!

と相手にしないことです。

新手の詐欺がどんどん出てくるでしょうから、相手にしないことです。

ジロコよ!何の記事書いてんだよう!

運命を受け入れると、運命が味方する」そうです。

そうは言っても運命に逆らうことはできませんから
なんのこっちゃあ!
になります。

同じ時間に生まれた人は、運命がそっくりだそうです。

ところが、

M氏の記事を引用します。

引用~

運命は神様が作ったとしたらどうでしょうか?
その可能性は十分に大きいと思います。
だって運命ですよ、神様以外に誰が作れるのでしょう。
あなたのためにわざわざ作ってくれた運命を
「運命で決まっているなんてイヤだわ」と邪険に考えると
それは神様を否定したのと同じだと思いませんか?
自由だと思っている人たちと同じで、神様は自分を否定されたことで
その人のバックアップをやめると思います。
運命を受け入れることは大変
ところが、その運命を受け入れることは大変です。
なぜなら、生きていく意味がなくなってしまいそうだからです。
自分の人生が自分で作るとすれば、自分という存在意義がありました。
でも、運命に従うなら何も自分が自分である必要はありません。
つまり、ぼくが今提起している問題は、生き方をガラリと変える提案でもあるのです。
運命を受け入れると逆転が起こる

スポンサーリンク

~引用終わります。

紙面の都合で次記事に続きます。

神様のバックアップが必要ならば、ジタバタしないで、ハンドルを手放し
自動運転に任せましょう!

自分で人生を変えられると思えばジタバタすればいいでしょう。

マッ、結果は自己責任となりますが。

なんのこっちゃあ!

和菓子の恩、N氏の記事を引用します。

引用~

日本国とは、何ぞや? ①
2019-03-18 00:00:00NEW !
テーマ:天皇・皇族・女性天皇

<イメージ>
※僕は竹田恒泰さんを見て本当にわかりました。「戦争になったらどうしますか?」と聞かれて、竹田恒泰さんは「僕は二等兵になって行きます!」と言ったのです。即答です。戦争を恐れてなどいません。「これが天皇の血筋だな」と僕はわかったのです。

この問題を語る前に、国家というもについて語っておかなければいけません。国家とは何だろうか? 皆さんは国家を空気のように考えていて、国家など考えないで毎日を送っているのです。
国家というものは霞みたいなものです。国難にぶつからないと国家というものの正体はわかりません。
「国家とは、何だろうか?」というと、言えることは、国家とは、「人工物(Artifacts)」です。それを皆わかっていません。よく運営されている国家は、気が付かせないのです。国家が存在していることすらもわからないのです。
しかし、国家は確実に存在しているのです。電車が走り、ビルが建ち、船が走り、飛行機が飛びます。そのような状態が起きてくるのです。これは自然現象ではありません。国家とは人工物です。
これが国家に対する非常に大事な認識の第一歩です。人工物だからちょっと手を抜くと壊れてしまいます。国家が壊れるなどということを皆信じていませんが、壊れてしまうのです。
国家とは、壊れやすい宝物のようなものですから、ちょっと油断して目を離すとガッチャンとガラスが割れるように崩壊(Collapse)してしまいます。壊れかけた国を見てみなさい。韓国はガッチャンと割れてしまいます。北朝鮮もガッチャンと割れてしまいます。国は人工物だということを意識していないからです。
日本は恵まれた国であり、国家が存在することすらわかりません。これは一番よい統治の方法です。「おい、俺の言うことを聞け! 言うことを聞かない奴は、強制収容所にぶち込むぞ!」というのが北朝鮮です。それは国家ではなく、奴隷国家です。
日本は統治されていることも、気が付きません。上手く社会が回っているのですから、日本は凄い国家です。ということは、最高の人工物です。だから、皆で大事にしていかなければいけません。「ああ、日本は本当によい国家だな」と気が付いて大事にしていくのです。
国というものは何かというと、ヤクザの縄張りと同じです。今、日本でヤクザをやっている連中は、日本の国家が何百年・何千年に渡ってやっていた統治方法です。ヤクザは縄張りを決めて、「新宿3丁目は俺の縄張りだ」と言うのです。
そこから上がってくる花代・みかじめ料は名前がつきますが、取るものは税金です。地図を見るとビックリします。細かく縄張りが分けられているのです。歌舞伎町だけでも300くらいの組が入っています。
道路に屋台が立っても縄張りでやっているのです。「ここからここまではこの組、あそこからあそこまではあの組」となっているのです。新宿のような狭いところに組事務所が300あります。それでひしめき合っているのです
ヤクザは縄張りを決めて、税金ではないけれども、みかじめ料という税金を取り立てるのです。そこに誰かが侵入してきた場合は、戦闘になるのです。ヤクザで言うと抗争です。抗争になると、親分が組を代表します。「これは俺の縄張りであるから、侵入することは許さんぞ」と言うのです。
これを年がら年中やっているのがヤクザです。縄張りを広げるということは、収入が増えるということです。ヤクザは縄張りが欲しいです。縄張りが増えるほど収入が増えます。ヤクザが取っているものは税金です。
国家は堂々と税金を取りますが、ヤクザは税金とは言えないので、「みかじめ料・用心棒代」などと言って、一つのパチンコ店から100万円くらい取っているのです。縄張りから相当な収入が上がるのです。
ヤクザとは縄張りがあり、縄張りを守る組員がいて、親分がいて●●組の事務所があります。それで成り立っているのですから、国と同じです。国とは、そのようなものです。大昔、「ここからここまでは俺がもらった」という親分が地方にいたのです。親分のことを豪族といいます。
それを神武天皇が潰していったのですから、戦争です。「私に従いなさい。従えば、家来にしてやる。従わなければ成敗する」というのが、神武東征です。神武天皇「どうだ、従うか?」豪族「はい従います」或は、「従いません」と言ったら、「では、成敗だ!」ということです。ずっと戦争をやってきて、この国を造ったのです。ヤクザのやっていることは、これと同じことです。
日本の場合は、2800年も前からやってきたので、立派な国が存在しているのです。国が出来ればそこに特権階級がいるのです。所謂、貴族です。天皇がいて、貴族が回りを固めて、天皇を守るのです。
ヤクザの親分を子分が守ることと同じことです。親分の悪口など言ったら、殺されます。「親分の方針は我々の方針とは違います」「俺の考えはこうだ。親分より俺のほうが正しいのだ」などと言った瞬間に殺されるのです。
親分を守る兄弟分、叔父貴分が沢山いるのですから、生意気な奴はその場で殺されてしまい、死体が出なければよいのです。埋めるなり、海に沈めるなり、火葬するなり、死体が消えてしまうのです。ですから、殺人罪は成立しません。
殺人罪は死体があって成立します。麻原彰晃が焼却炉をつくったのは、死体を焼くためです。死体を溶鉱炉にぶち込んでしまえば、殺人罪は成立しません。それで殺してしまうのです。
国も同じです。天皇に逆らう者が出てくるのです。貴族は天皇を豪族から守るのです。豪族を抑えこんで反乱者をやっつけるのです。それでも反乱者は出てくるのです。それは次から次へと現れてくるのです。それとの戦争で国を造っていくのです。
「国とは何か?」というと、そのようなものです。では、「神武天皇はどのような性質だったのか?」と思うと、僕はよくわかります。竹田恒泰さんを見ていて、よくわかったのです。
竹田恒泰さんが出てこないと皇室の顔は出てきません。竹田恒泰さんが、いろんなことをしゃべったので、「ああそうか、皇族とはこのような人間なのだな」とわかったのです。僕は感心したのです。
まず、第一にものすごく勇気があります。これが天皇の血統です。何物も恐れません。自分の死すらも恐れません。そして頭が良いのです。そして仁があります。人を思いやる優しさがあります。これが天皇の本質です。
YAP遺伝子といいますが、天皇の遺伝子はこれでなければいけません。プー小室のようなウソつきは、天皇の血筋にはいません。天皇は凄く男らしいのです。竹田恒泰さんを見ていればわかります。
僕は竹田恒泰さんを見て本当にわかりました。「戦争になったらどうしますか?」と聞かれて、竹田恒泰さんは「僕は二等兵になって行きます!」と言ったのです。即答です。戦争を恐れてなどいません。「これが天皇の血筋だな」と僕はわかったのです。
皇族は今までしゃべらないので、我々はわからなかったのです。天皇は戦争好きで、勇気があり、何ものも恐れません。そして、頭がよいのです。竹田恒泰さんを見てわかります。ものすごく頭の良い人だとわかります。(②に続く)

~引用終わります。

生きていく意味がなくなってしまう?

ジロコは、生きていく意味などないぜえ!
と言っています。

あなたには、生きていく意味が必要ですか?

動物園の動物のように見世物になって生きていきたいですか?

神(創造主)から与えられた使命を実行すればいいでしょう。

どうやったら神からの指令がわかるのだ?

それは神に問うてみればいいでしょう。

問を発することです。

そうは言っても、求めよ、さらば与えられんとは関係ありません。

続くべええ!

書きやむべええ!

注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA