心の病・子供を観る

スポンサーリンク

スポンサーリンク


ムームージロコのチャイルドコーチングアドバイザーです。
あなたは子供のことをじっくりと観たことがありますか?
見ると、観るの違いが解りますか?

ジロコよ!バカにしてんのかよう!

そうは言っても、子供をじっくり見ると

あざがあるぜえ!

ひっかき傷があるぜえ!

落書きさえてるぜえ!

など

いじめにあってることに気ずくかもしれません。

顔色がわるいぜえ!

元気が足りないぜえ!

返事が遅いぜえ!

などと、普段との違いを発見するかもしれません。

じっくりと観る(観察)ことが重要といえます。

TVを見ているときの反応にも注意していく必要が感じられます。

いじめに関する番組が報道されているときに、子供が

見ないぜえ!

関心無いぜえ!

のようなそぶりに見えたら
子どもはいじめを受けているのかもしれません。

有名な人が、<愛の反対は憎しみではなく無関心>と言っていました。

子どもが話しかけても、洗濯途中だから、

揚げ物中だから、減量中だから、

あれこれ屁理屈をつけて、子供の話を聴くのを面倒くさがっていませんか?

子どもにとっては、親は自分に関心が無いノダ=愛情が無いノダ

と感じるでしょう。

その結果が心配されます。

うちの子に限って!と言い切れますか?

無関心は何事につけても、神(創造主)への態度を悔い改めていないと
ジロコ仏陀は感じます。

子どもを観るにも観方があります。

どうすんだよう!

こまった時は神に向かって、どうすんだようと問えばいいのです。
そうは言っても神のお告げはありません。

バカジロコ!まじめに書けよう!

 常に新鮮な目で観る

子どもも諸行無常で、毎日同じ状態ではありません。
同じ状態が永遠に続くなんてことはありません。

一時期天下を取ったと思われる、〇〇家具も、今や風前の灯です。

短期間天下を取っても諸行無常で、落城です。

そうは言っても、翌日落城なんてはないでしょう。

じり貧になって行くのが自然です。

給料支払いが一回でも遅れれば、

労働者諸君は脱出を試みたほうが良いでしょう。

そうは言っても、昨日の友は今日の敵!
なんていうのは、この国の国民にはあり得ないと言えます。

ところが子供は一日で大きく状態が変わる場合があるそうです。

学校で先生に褒められたゾウ!

自己に自信を持ちます。

学校でいじめられたぜえ!

自己の人世に不安を持つかもしれません。

子どもの状態は毎日変化していると自覚し

自覚と言えば、自分という人間はどのようなものかと自覚していますか?

人生の役割が、税金を払ってるだけですか?

バカジロコ!関係ないだろ!

子どもを毎日、新鮮な目で観ることを要します。

子どもの小さな変化を見過ごさないことが重要です。

ダンゴムシのように、ほっとけばいいのではありません。

ありのままを観る

ジロコは日常生活範囲ではムームーを着ています。

上からかぶるだけのワンアクションで着られます。

寝間着にもなるし

エプロン代わりにもなります。

汚い〇〇者にも見えません。

色々に使えて便利ですが

知らない人がムームージロコを見ると

変態だぜえ!

ありのままを見るとジロコは変態です。

マッ、女性用ワンピースとか、女性用ムームーなんて表示も見られます。

狂団M氏の説によると、あの世では男女とも黒いワンピースを着ているそうです。

ジロコよ!まじめに書けよ!

自分で、自分を批判しながらジロコの記事は進んでいきます。

自分で自分の批判をすることはすごいことです。

普通は、自己をすごいものだぜえ!
と、誇示するそうでうが、ジロコはバカだぜえ!
と自己評価しています。

〇〇大学名誉教授なんて絶対になれません。

マッそんなことはジロコの人生にとっては意味がありません。

金メダル獲ろうが、銅メダルだろうがジロコには興味が皆無です。

狂団M氏も、将来スポーツはなくなるだろうと預言しています。

ジロコよ!どうでもいいぜえ!

ありのままを見るだっけ。

ゲームつけの子供が、朝寝寝坊すれば、親はどうせ夜遅くまで
ゲームに熱中していたのだろうと、勝手に想像し

子どもに、

いつまでもゲームやってんじゃあないよ!
と叱るのが普通です。

前科者に関係する範囲で犯罪が起これば、真っ先に前科者が容疑者の候補になるかもしれません。

人を判断するときは、いわゆる先入観に支配されます。

子どもを見るときも同様です。

自己の先入観をどこかに移動して、新鮮な気持ちで観ることが求められます。

先入観は大人ばかりでなく、子供の能力や可能性を否定する方向に働くでしょう。

親の先入観で物事を決めつけられれば、子供は意見を言うことも
なくなるでしょう。

マッ、そこには危険性が感じられます。

大人は、自己の眼鏡で物事を見ますが

洗脳されているかもなんて思う人は
バカジロコだけかもしれません。

ジロコはの使命は、洗脳から目覚める気ずきを
与えることです。

それだけが使命です。

それ以上欲張ると、自己利益最優先思想に染まります。

それでは、和菓子の恩

正理会N氏の記事を引用します。

昔は平和云々と言ってましたが、今の時代平和なんていってれば

バカ言ってんじゃあないよ!

と、ジロコも思います。

引用~

 昭和維新の歌
2019-03-14 00:00:00NEW !
テーマ:日本人は首狩り族・武士・武将

<イメージ>

スポンサーリンク

2.26事件の時に歌われた『昭和維新の歌』というのがあります。これは軍歌ではありません。これを作詞したのは、大川周明です。大川周明は「東洋の論客」と言われた人です。東京裁判で東条英機の頭を叩いて「退出!」と言われたのです。
大川周明は東京裁判では、キチガイのフリをしていましたが、最高の頭脳と言われた人です。『米英東亜侵略史』という本があります。しっかりと物事の本質を見抜いた人です。今の世界の動乱は、みんな白人による世界支配の動乱です。
どいつもこいつも隙間をみつけて、「ここはドイツがもらった」「ここはイギリスがもらった」「アラブはフランスがもらった」と言うのです。白人は土足で他国へ出かけていき、勝手に自分の国の植民地にしたのです。中東の地図に滅茶苦茶に線を引いて、白人同士で分けてしまったのです。アフリカもそうです。白人同士で勝手に線を引いて「ここはドイツがもらった。ここはイギリスとフランス? ああいいよ」と勝手に決めたのです。アフリカや中東の人々は、たまったものではありません。
白人の侵略の世界史というものがあり、500年前から世界を考えていかないと本当の歴史などわかりません。東京裁判史観はどこからかというと、満州国建国からです。そのように歴史をぶった切ってしまうと、本当の原因がわかりません。満州国の前には問題があったのです。その前には他の問題があったのです。満州国から歴史が始まったわけではありません。
 むしろ歴史が始まったのは、白人の侵略の500年史からです。白人がアメリカ大陸へ渡ってネイティブアメリカンを1億人殺したのです。アメリカインディアンは誇り高いので、白人の命令など聞きません。
インディアンは黒人のように奴隷にできません。だから皆殺しにされたのです。いくら殺してもインディアンは、へこたれません。白人は困り果てたのです。インディアンは勇敢で結構強いのです。立派なインカ文明などあったのです。
白人は幌馬車隊を使ってインディアンをおびき寄せたのです。「ヤッホー」とインディアンがやってくると、後ろに手をまわしてインディアンの家族を皆殺しにしたのです。インディアンは家に帰ると家族はみんな死んでいたのです。仕方ないからそれ以上の抵抗を止めたのです。
白人は、そのような歴史を繰り返してきたのです。「インディアンを1億人も殺せるのでしょうか?」という人がいます。年間100万人殺して10年間で1千万人です。100年間で1億人になるのです。みんなその手で殺したのです。
インディアンが幌馬車隊を襲ったというのはウソです。実際は白人がインディアンをおびき寄せて女・子供・老人の家族を皆殺しにしたのです。白人はインディアンの土地を奪うためにインディアンを攻撃したのです。
「ここはインディアンの土地ではない。あっちへ行け。ここは白人の土地である」とインディアンを追い払ったのです。後から来た連中が何を言っているのでしょうか? インディアンの特別区はつくってあるから、あっちへ行け!」と山の中の僻地に連れていったのです。居住区といい、今でもネイティブアメリカンが生活しているのです。
アフリカもそうです。白人が地図に勝手に線を引いて、アフリカの土地を分け合ったのです。現地の黒人は植民地の労働者です。しかも、アメリカではインディアンを殺しすぎたので人口が減ってしまい、アフリカから黒人を奴隷として船で連れてきたのです。
白人の文明は奴隷文明です。人から物を奪う文明です。「どけ、お前。ここは俺たちの土地だ。あっちへ行け!」という文明です。基本的にそうなのです。
日本だけはそうはいかなかったのです。何故かというと、優秀だからです。白人は「日本人もシナ人や朝鮮人と同じだろう」と思っていたのです。日本人だけは違ったのです。手も足も出なかったのです。だから、アメリカは散々日本に嫌がらせをしたのです。
「日本人が働いてもアメリカで財産は持てない、土地も持てない」などのヒドイ意地悪をしたのです。最後は「日本に鉄鉱石をあげない、石油もあげない」と言ってきたのです。鉄鉱石とガソリンがなければ日本の産業は、立ち行かなくなります。
それで日本は、「一か八か」という機運が盛り上がってきたのです。「乾坤一擲(けんこんいってき)」という言葉があります。日本人は、嫌がらせをされてもずっと絶えていくのですが、ある時点を超えると「乾坤一擲だ、やるぞ!」となるのです。
先の戦争を仕掛けたのはアメリカと中国です。日本が仕掛けた戦争ではありません。そのような文明の本質を説いたのが、大川周明です。大川周明が2・26事件に感銘してつくったのが、「青年の歌」です。非常に良い歌です。今日貼り付けてありますので、是非見てもらいたいと思います。
難しい箇所が数箇所あるかもしれませんが、大した問題ではありません。「汨羅の淵に波騒ぎ」の、汨羅(べきら)とは、池のことを言います。その池の水がキレイで青々としていたのです。「霊魂が宿る湖」とも言われています。中国の話です。
汨羅の淵にザワザワザワと波が立つと、「大動乱が起きる前兆だ」と言われています。それと今は同じです。
♪汨羅の淵に波騒ぎ 巫山の雲は乱れ飛ぶ 混濁の世に我れ立てば 義憤に燃えて血潮湧く♪」という歌です。
「こんな世の中でいいのか!」と青年将校が義憤に燃えたのです。2・26の将校達には何の欲もありません。「成功する」という欲すらありません。これが三島由紀夫の言った「無効性の哲学」です。
無効性の反対のものは、有効性です。2・26事件の将校は無効性です。何の目的もありません。佐賀の神風連の乱もそうです。何の有効性もありません。無効性だけです。だから、日本刀だけで戦ったのです。
神風連の乱は日本刀だけで決起したのです。政府は銃をもっているから勝てるわけがありません。江藤俊平の乱も無効性です。西郷隆盛の西南戦争も無効性です。西南戦争とは、一体何だったのでしょうか? 無効性の哲学をもって決起したのです。
西郷さんはとっくに知っていたのです。何故、知っていたのかというと、「まだ殺し足りない」と言ったのです。「武士の怨念が残っているから、まだ殺し足りないぞ。このままいくと日本に恨みが出てくるから、一旦閉めてしまわないとダメだ」と西郷さんは考えていたのです。
それはそうです。武士から考えてみてください。武士の録は取り上げられて、刀は取り上げられて、身分は平民に落とされて、やっていけません。武士の恨みが日本の隅々まであったのです。
一番恨まれたのは大久保利通です。「お前が悪いのだ」と津々浦々までも武士に恨まれていたのです。西南戦争は誰に対する反乱なのかというと、大久保利通に対する反乱です。「西洋かぶれした大久保利通の言う通りにはならんぞ。我々は中心にするものは日本刀である。鉄砲をもっているけれども、そんなものはどうでもよいのだ」ということです。
もちろん、銃撃戦はありましたが、政府軍の銃のほうが新式ですから射程距離が違います。鉄砲は射程距離で決まりです。そんなことはわかっています。西郷さんは「おいどんの命をくれてやる」と言ったのです。
「こうやったら勝てる」という戦の仕方もあったのです。西郷さんは、そんなことはどうでもよかったのです。決起することが目的です。勝つために決起したのではありません。勝てないことは知っています。明治新政府に勝てるわけがありません。
では、なぜ決起したのでしょうか? 「乾坤一擲だ、怒りをぶつけろ!」それだけです。全国の不満武士は西郷さんと合流しようとしたのです。不満があるが故に集まっただけで、「こうしたら勝てる」というものはありません。これを無効性の美といいます。
2・26事件も5・15事件も同じです。2・26事件は「どうしたら勝てるのか? 勝った挙句はどうするのか?」ということは、何もありません。決起するのが目的です。天皇を抑えようとするならば、皇居に乱入して天皇を抑えてしまえばよかったのです。玉を抑えて「天皇陛下は私に従ってもらいます」と言えば、有効性になったのですが、それもやらなかったのですから、無効性です。
むしろ、「我々はどうしたらよいでしょうか?」と相談したくらいです。これが2・26事件です。だから2・26事件は強く三島由紀夫の心をうったのです。何故、安藤大尉にしても死んだのか? それは無効性です。その無効性を認めたのが三島由紀夫です。だから、三島由紀夫がやった市ヶ谷乱入事件も何の有効性もありません。
有効性がない証拠に三島由紀夫は、刀一本しか持っていません。銃も持っていませんから、殺されに行くようなものです。三島由紀夫は「それが初めて人々の心に残るのだ」という考えです。有効性だけを考えて「どちらが損か、得か?」、というのでは後世の歴史には残りません。
 「無効性であればあるほど光るのだ」という考えです。歴史に残るのです。これは言ってみると大塩平八郎の乱もそうです。勝てるなどとは考えていません。「やるぞ!」という乾坤一擲の心が残るのです。それが次のものを生んでいくのです。三島由紀夫は、その無効性を感じ取ったのです。
大川周明の場合は、思想家です。武器を持って決起するということは考えていません。「どのような哲学を完成させて、日本人はどのような哲学を持たなければいけないのか?」ということです。
 日本人の持つ哲学の中で、この無効性の哲学は凄いのです。これに日本は立ち帰らない限り日本は後進国です。中国や朝鮮など、無効性どころではありません。みんな有効性を求めてだまして殺し合っているのです。全て有効性です。
日本には無効性の哲学があります。これが世界が恐れた日本人の大和魂です。神風特攻隊もそうです。「アメリカから不合理な条件を付きつけられてやるしかない!」と決起したのです。
現代の世の中は不合理です。裁判官も正義が通らない、検察もインチキをやっています。政治家は外国とつながって、ロクなものではありません。皇室までも眞子ちゃんとプー小室が有効性を求めてしゃしゃり出てきました。まさに末法です。この恐ろしい世の中に警告しているのが、2・26事件の『昭和維新の歌』です。是非、皆さんもそのことを頭に置いて歌を聞いてもらいたいと思います。

青年日本の歌(昭和維新の歌)1930年 作詞・作曲:三上卓

1.汨羅の淵に波騒ぎ 巫山の雲は乱れ飛ぶ 混濁の世に我れ立てば 義憤に燃えて血潮湧く

・汨羅~・・・「汨羅の淵のさざれなみ 巫山の雲は消えぬれど」(土井晩翠「万有と詩人」『天地有情』)「浮世の波の仇騒ぎ」(同「希望」)汨羅は屈原入水の地、巫山の雲は男女の情事をいう。「妾在巫山之陽、高丘之阻。旦為朝雲、暮為行雨。朝朝暮暮、陽台之下」(宋玉「高唐賦」)。なお後者の故事の由来は、屈原が仕えた楚の懐王である。
・混濁の~・・・「混濁の世にわれ立てば 義憤に燃えて血潮湧く」(大川周明「則天行地歌」)/「世溷濁而不分兮」(屈原「離騒」)

2.権門上に傲れども 国を憂ふる誠なし 財閥富を誇れども 社稷を思ふ心なし

・権門~・・・「権門上に傲れども 国を憂ふる誠なし」(「則天行地歌」)
・財閥~・・・「財閥富を誇れども 民を念ふの情(こころ)なし」(「則天行地歌」)

3.ああ人栄え国亡ぶ 盲たる民世に踊る 治乱興亡夢に似て 世は一局の碁なりけり

・ああ人~・・・「嗚呼人栄え人沈み 国また起り国亡び」(土井晩翠「夕の思ひ」『天地有情』)
・治乱~・・・「治乱興亡おもほへば 世は一局の棊なりけり」(土井晩翠「星落秋風五丈原」『天地有情』)

4.昭和維新の春の空 正義に結ぶ丈夫が 胸裡百万兵足りて 散るや万朶の桜花

・正義に結ぶ丈夫が・・・「正義に結ぶ益荒雄」(「則天行地歌」)
・胸裏百万~・・・「胸裏百万兵はあり」(「星落秋風五丈原」)

5.古びし死骸乗り越えて 雲漂揺の身は一つ 国を憂ひて立つからは 丈夫の歌なからめや

・雲漂揺の~・・・「雲飄揚の身はひとり」(土井晩翠「暮鐘」『天地有情』)
・丈夫の歌~・・・「いづくか歌のなからめや」(「万有と詩人」)

6.天の怒りか地の声か そもただならぬ響あり 民永劫の眠りより 醒めよ日本の朝ぼらけ

・醒めよ~・・・「時「永劫」のふところを/出でしわが世のあさぼらけ」(「万有と詩人」)ここはそれほど明確な引き抜きではないが、当該の詩からの盗用が多いこと、及び字句の配置が似ていることから参照のあとがうかがわれる。

7.見よ九天の雲は垂れ 四海の水は雄叫びて 革新の機到りぬと 吹くや日本の夕嵐

・見よ・・・「見よ九天の雲は垂れ 四海の水は皆立て」(「星落秋風五丈原」)

8.ああうらぶれし天地の 迷ひの道を人はゆく 栄華を誇る塵の世に 誰が高楼の眺めぞや

・誰が高楼の~・・・「誰が高楼の眺めぞや」(土井晩翠「雲の歌」『天地有情』)

9.功名何ぞ夢の跡 消えざるものはただ誠 人生意気に感じては 成否を誰かあげつらふ

・功名~・・・「功名いづれ夢のあと 消えざるものはただ誠」(「星落秋風五丈原」)
・人生~・・・「人生意気に感じては 成否を誰かあげつらふ」(「星落秋風五丈原」)/「人生感意気 功名誰復論」(魏徴「述懐」)

10.やめよ離騒の一悲曲 悲歌慷慨の日は去りぬ われらが剣今こそは 廓清の血に躍るかな

・やめよ~・・・「やめよ離騒の一悲曲」(土井晩翠「赤壁図に題す」『天地有情』)離騒は屈原の詩。

~引用終わります。

無効性の哲学?

テロリストは?

野党は無効性の哲学を使ってるのでしょうか?

マッ、人生に意味などないぜえ!

といつも、ジロコは唱えています。

無効性の人世!

悔いのない人生?

世界平和を唱える人は?

般若心経と同じじゃん!

末法の今だから、世の中乱れ放題です。

サバ缶買いました?

神(創造主)が、

人類よ、いい加減にしろ!

と、怒ったら?

今年の夏は、怖いぜえ!

続くべええ!

書きやむべええ!

注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA