心の病・子供の話しの聴き方

スポンサーリンク

スポンサーリンク


ムームージロコのチャイルドコーチングアドバイザーです。
子どもの話しの聴き方?
親をバカにしてんのかよう!

と批判を浴びそうです。

そうは言っても、野党は批判の嵐でゾウさんの政権打倒なんてやってるみたいです。

目的がゾウさんの政権打倒!
で、倒れたら誰が代わりに?

悪夢のなんとか再来?

ジロコよ!記事に関係ないぜえ!

批判をするしか役目がないのか?

竹島は?

尖閣諸島は?

北方領土は?

フテンマは?

ニュースで韓国籍の男を逮捕と報道されていました。

増すゴミも韓国籍であることを報道しないとやばいぜえ!
という姿勢になってきた感がします。

やはり韓国籍か?と,
この国の国民は納得します。

国営?TVのドラマ出演者が覚せい剤?

ピエロのような名前にしたから、ピエロにされてしまった?

両脇犯罪者って何でしょう?

電気グループなんていうからジロコは電気屋さんのグループかと思っていました。

それはさておき。子供の話しの聴き方です。

単に音を聞いているのは聞くです。

聞く HEARING  听力  청력

TVを見ながら、家事をしながら、健康器具でカロリー消費しながら

ながら聞きです。

そうは言っても、~をしながらでもOK!

なんてものが流行ってる現代です。

仕事をしながら・・・

家事をしながら・・・

TVを見ながら・・・

ところが、子育ては~ながらでは不十分です。

ながらでは、単に声が聞こえているだけで、何も意味が理解できません。

ジロコの頭の中で常に虫が鳴いています。

耳鼻科に行けば?

そうは言っても、後何年?

子どもの話しに、アッそう!

これでは子供は話す意欲がなくなります。

どうせ私のことなんかどうでもいいのだ!

聴くとは

聴く LISTENING 听 듣기

外国語も、聞くと、聴くでは異なるようです。

子どもに対して、ながらではなく意識を集中して聴くことを要します。

✖聞いてるぜえ!

〇聴いてるぜえ!

それでは聴き方です。

勝手に判断を加えない。

ジロコの記事は勝手にジロコの感想や主張が入ります。
関係ないゾウです。

子どもの話を聴いていると、いちいちああでもない、こうでもないと意見や主張を言い出したくなります。

それはやめて、じっと子供の話を終わりまで聴きましょう。

話の途中で、それは違うぞ!あれも違うぞ!

間違ってるぞ!これだ!あれだ!

といちいち余計なお世話をしていると、

子どもは自分で考えたり、判断することをやめて、親の言った通りやってればいいんだろう!

と投げやりになる場合もあります。

子どもはもしかしたら親よりも優秀な解決方法を自分自身で見つけるかもしれません。

カウンセリングの場合にクライエントさんの話を最後まで
黙って聞くことと同じです。

世の中基本は同じです。

金儲けのために複雑怪奇にしているのでしょう?

言葉の裏にあるメッセージを受け取る
人は思ってることと、言うことが一致しているわけではありません。

政治屋さんのように、油断して思ってることを言ってしまえば、
非難喝采になる場合が多いと言えます。

ジロコも思ってることはちょぴっとしか言いません。

思ってることそのままいえば、世間から非難喝采を浴び、ネットで炎上するかもしれません。

子どもも同じで、子供の声の調子や表情などで、子供の本心を見抜きます。

見抜けなければ、質問してみてください。

子どもが、頑張るゾウ!

なんて言っても表情を見れば本心かどうかがわかるでしょう。

徹底して聞き役に回る。

子どもは、話すことにより気分が落ち着き、ジロコは記事を書いていると気分が落ち着きます。

話すことは、子どもが自力で前に進んでいくエネルギーを獲得することになります。

エネルギーが不足すると、閉じこもりなどの恐れがあります。

いじめに対しても弱くなります。

しっかりと聴くことは、子供の自立、自己規制につながるサポートです。

何かをやりながらではなく、子供としっかり向き合って聴きましょう。

自己規制が身に付けば、将来問題を起こすことは少ないと思います。

親に言われたから規制してるぜえ!

では、不安が残ります。

法律で規制してるぜえ!
と、
いっても

それがどうした!
と、行動する人も見られます。

どこかの国では法律なんて関係ないぜえ!のようです。

親と子の子育て関係は、カウンセラーとクライエントの関係と似ている
と言えます。

そういえば、一生懸命アナウンサーを育てても、あっちのほうが待遇がいいぜえ!
と、
逃げ出すそうです。

恩を仇で返す?

そうは言っても、自己利益最優先思想に染まりつつ、あるいは染まり切ったこの国ですから、恩知らずとは思っていないでしょう。

恩を受けたという感情がないのかもしれません。

マッ、経営者側にも言えますが。

そうは言っても、最近アナウンサーの語りミスが目立ちます。

目立つように、わざとやってるのでしょうか?

タレントなの?

アナウンサーも見受けられます。

アナウンサーが一般人と結婚なんてニュースでやってます。

アナウンサーは皇族並みの身分なのでしょうか?

そうは言ってもこの国では、皇族が他国籍の貧乏人と結婚?

なんて賑わっていますが、本質が理解されていないようです。

諸行無常が常につきまといます。

ジロコよ!どうでもいいぜえ!

貧乏ジロコなんか世間は無視だぜえ!

マッ、ジロコは無視されても、世間を騒がせてやるゾウ!

なんてことは考えつかないし、実行もしません。

イライラしても、記事を書いて、イライラを解消しています。

飲みに行っても、イライラが増す場合もあります。

マッ、どうでもいいゾウ!

それでは和菓子の恩N氏の記事を引用します。

引用~

本質に迫れない日本人 ②
2019-03-13 00:00:00NEW !
テーマ:日本人は首狩り族・武士・武将

スポンサーリンク

日韓併合の問題を考えてみましょう。韓国は植民地ではありません朝鮮人に「韓国は植民地にされた!」と言われて、日本人が引いてしまうから、「植民地にしやがったな」「朝鮮人を虐殺しやがったな」というウソの話を受け入れてしまうのです。
朝鮮半島には何も無かったのです。迷信だらけで上下水道の区別もなく、汚いドブ川で顔を洗い、ご飯を炊き、父と娘が父子相をして娘をはらませて、嫁がせていたのです。朝鮮人は迷信が好きで豚の頭を拝んでいたのです。
しかも両班が威張っていたのです。白丁を拷問して、白丁には名前もなく、お墓を造ることもできなかったのです。日韓併合前は、そのような社会構造だったのです。それが問題の本質です。誰のおかげで韓国は近代国家になれたのでしょうか?
朝鮮人は近代精神はもっていませんが、一応、形は近代国家になったのです。でも、朝鮮人は土人(山葡萄原人)のままですから、すぐに土人の性質が出てくるのです。それが問題の本質です。
日本人は朝鮮人に喚かれて「お金を払えば済むだろう」と思ったのです。それが日韓基本条約です。朝鮮人にお金など払ったら、それでは済みません。朝鮮人は「お金をもっとくれ!」と何度でも日本人を脅かしてくるのです。
ヤクザと同じです。一つの問題を解決すると、「あの時はお前、俺に世話になっただろう? ちょっとこれをやってくれよ」と来るのです。それでズルズルと引きずり込まれてしまうのです。朝鮮人と同じです。
日本人は朝鮮人を何処まででも突っぱねなければいけなかったのです。では、朝鮮に置いてきた50兆円と言われている財産をどうしてくれるのでしょうか? みんな財産を朝鮮に置いて日本人は帰ってきたのです。日本人は何も持たずに闇市のドサクサの時代に帰ってきたのです。
日本人は韓国に家をつくって、学校も造って、全て韓国に置いてきたのです。その財産をどうしてくれるのでしょうか? 朝鮮が「独立したい」と言うのであれば、日本に金を払いなさい! それが手切れ金です。「日本が投資したのですから、財産を返しなさい」と言えばよいのです。何故、政治家はそれを声高にして言わないのでしょうか? 政治家はワイロをたっぷりと韓国からもらっているので何も言えません。そこに問題の本質があるのです。
それも「植民地にした」ということからきているのです。朝鮮人は「植民地にしたのだから、当然のことだろう」と言うのです。朝鮮は植民地ではありません。何故、それを主張しないのでしょうか?
文盲の50%もいる白丁に対して、字を教えて学校に行かせて、道路を造り、鉄道を敷いて、橋をかけて、東洋一のダムをつくってあげて、チッソ工場をつくってあげたのです。まさに文化大恩の国、日本です。
それを土足で踏みにじったのは、朝鮮人です。朝鮮進駐軍をつくり、日本人ぶち殺してきたのです。何故それを言わないのでしょうか? 朝鮮人は「日本は憲法改正しないでそのままにしておいたほうがよい」と思っているのです。朝鮮人のやりたい放題です。日本人は抵抗しないのですから、ひっぱたき放題です。
日本の上空では年間900回もロシアや中国に領空侵犯されているのです。「出て行け(Get out)」としか言えないのです。何を馬鹿なことをやっているのでしょうか? それが本質ではありません。日本の領空に入ったら撃墜です。決まっています。それが本質です。
例えば、自分の家に帰ったら知らない男がお茶を飲んでいたとします。「貴方誰よ?」と言うと、見知らぬ男が「ここは俺の家だよ」と言うのです。そこで、警察に通報したり、賊に対して「出て行け!」という戦いが始まるのです。空でも同じことです。
何が「日本の空から出ていってくれ」なのでしょうか? しかも「出ていってください」です。そんなことで国家を守ることができるのでしょうか? 日本人は左翼史観の教科書により「日本人が悪い」と洗脳されて教育はますます荒廃して、問題を追及できません。
問題を追及すると憲法の問題から始まり、「朝鮮は植民地であったのかどうか?」という問題に返ってくるのです韓国は植民地ではないのに、お金を払うと朝鮮人はどんどん調子に乗ってきて、従軍慰安婦問題が出てきて、徴用工問題が出てきたのです。全てウソです。
この朝鮮人のウソを直視して、議論して、撃退していけばよいものを、どうしてわき道にそれるのでしょうか? 議論にならないから、本質がみえてこないのです。日本人は本質を見ることを怖がります。
僕がやっていることは、本質を見抜くということです。「この問題の本質はこうだ!」と言っているのです。本質がわかれば、みんなわかってくるのです。
「国土とは何か?」この問題も僕は前から言っています。国土とは、「ここから、ここまでが俺の国だ」という区域を決めます。中に住んでいる人々が国民です。今度は国の特徴があります。我が国は天皇から始まっている国であり、玉は天皇です。この3つを守ることが日本国を守るということです。
それが犯された場合は戦うのが当然です。それがあって初めて「国」という概念が成り立つのです。朝鮮人にひっぱたかれても「私の国は平和憲法ですから抵抗しません。どうぞ、好きな物をもっていってください」と言うので、竹島は韓国に盗られてしまったのです。中国も尖閣列島でそれをやろうとしているのです。北方四島もロシアから返ってきません。
「これは日本の国土だろう」とハッキリと言えばよいのです。日本の政治家自体の議論が腰砕けですから、日本の主張ができないのです。それを直していくことが正理会の使命です。本質を見抜く人間になっていかなければいけません。
本質を見抜く人間は詐欺も、だましも引っかかりません。本質がわからないから詐欺に引っかかりだまされるのです。結婚詐欺もそうです。みんな本質を見抜く目がないのです。「本質を見抜く目を養い、そこに日本人は強さを発揮してもらいたい」と僕は思うのです。

~引用終わります。

本質を見抜く目

真実を知ろうとする意欲

神(創造主)への態度の悔い改め

そのようなことが求められているとジロコは確信します。

続くべええ!

書きやむべええ!

注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA