心の病・自立力の育成

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
子育ての記事を書いていますが、他ジャンルの引用文が増えてきました。
引用文の内容からタイトルをつけると、過激になるかもしれません。

子どもを無力と捉え、過剰な援助によって子供の一生を支配しようとすれば、親は長期間にわたり、子供から必要な存在として頼られます。

そうは言っても、子供が自力で問題を解決できるように援助していけば、自力で生き抜くことができ、親は不要となるそうです。

親は生きていても、いつかは子供にとって不要になるのかもしれません。

その意味でも、人生に終焉はあるのでしょう。

万一200年も300年も生きていれば?
疲れるぜえ!

子どもの自立を支援できる親は、当然親自身が自立していて、やがて子供が離れていくことを恐れない人でしょう。

人間の子も、動物のように巣立つようです。

マッ、最近は巣立てない子が多いといわれています。

子どもの人生を支配することに、自分の生きがいや、存在感を持つのではなく、

親にはそれなりの生き方、人生があるということでしょう。

ジロコがいつも、人生に目的は無いぜええ!
と言っていますが、人生には役割があります。

人生の目的なんていうと、自己利益追求最優先になります。

人生の役割と言えば、ジロコは、国民が洗脳されているのかな?と疑問を持っていただければと、そのきっかけになればとバカな記事を書き続けています。

TVの言ってることはみんな真実だぜえ!

洗脳されていませんか?

真実を悟って仏陀になっていただければいいのです。

仏陀はオレオレ詐欺なんてやらないでしょう。

国民が皆仏陀になれば、この国は変わるでしょう。

皆が、自己利益最優先主義で突っ走れば・・・

ところで自立というのはどんなことでしょうか?

自分で立つから自立だぜえ!
では説明が足りません。

それは自分の力で生活を続けられることであり、そうは言っても困ったときに、自己解決が無理だなと思えば、弁護士さんや、アドバイザーさん、占い師さん、カウンセラー

その他いろいろな方面に、援助を求めることができる能力です。

自分で解決できなければ
助けてくれー!

ペパプじゃなくてヘルプだぜえ!

と援助を求めることができないと、犯罪者になる恐れがあります。

食べるもの無いぜええ!

金無い是エ!

コンビの強盗やるぜえ!
数千円~数万円のために自己の人世に傷をつけます。

罪を償ったぜえ!

なんて言っても
世間の風は冷たいぜえ!
です。

罪はどんなことをしても償うことは不可能でしょう。

人生を終焉させれば償った?

甘いぜえ!

神(創造主)への態度を悔い改めよ!

ジロコよ!関係ない方向に行ってるぜえ!

ところが赤ちゃんにも、そうは言っても赤ちゃんは誰かの生まれ変わりかもしれません。

生まれつき才能がある人は、才能があった人が生まれ変わったのかもしれません。

ジロコよ!妄想の世界に向かってるぜえ!

赤ちゃんは、一歳半を過ぎたころから、おとなのやることを何でも真似したがります。

大人がライターで火をつける場面は絶対に見せないことです。

悲惨な実例がたくさん存在します。

家にライターさえなかったら?

人世なんてちょっとのことで暗転します。

そうは言っても神(創造主)への態度を日々悔い改めていれば安心と言えます。

うまくできなくてもコップで飲もうとしたり、スプーンを持って食べたがり、親が手伝おうとするといやがることもあります。

赤ちゃんには自分でやりたいという欲求があり、生まれた時から何もやりたくないということはないそうです。

援助という言葉は紛らわしいのでサポーという語句を使います。

サポートとは、子供が自発的にすべきことを、親が指図することとは違います。

自立した大人になるためには、成長に合わせたヘルプとサポートが必要です。

子どものやりたい気持ちや、好奇心は人が自立して生きていくために、生まれた

時から備わっているのです。

ジロコは生まれ変わる前の人物の能力がそのまま引き継がれるのではないかと、妄想します。

芸術家が生まれ変われば、芸術に才能を発揮する子供になるでしょう。

将棋の天才が生まれ変われば、小さい頃から将棋の天才になるのかもしれません。

その意味では、生きている間の努力は無駄にならないのかもしれません。

貧乏人が生まれ変われば?
子どもの貧困になるぜえ!

生まれた時から運命が決まっていることと関係がありそうです。

バカジロコ!妄想だぜえ!

親の役割は、子供が成長する環境を整えることだといわれています。

ある時期にさしかかれば、親は、子供の人生は子どもに任せることが重要といわれています。

いつになったら子離れできんだああ!
いい加減にしろ!

子どもは親の所有物だぜええ!
なんて言ってると、子育てを間違うかもしれません。

時期が来たら子供の人生は子どもに任せることが、子供が自立して生き続けるには必須事項でしょう。

医者になんかならないぜえ!

教師になんかならないぜえ!

貧乏人の子は派遣労働者だぜえ!

点々と職を変えるぜえ!

マッ、親は関係ないゾウ!

〇〇になることを強制されたら〇んでやるぜえ!

ところがどこかの国では、一人っ子が先に終焉したら
残された高齢者が収入がなく、絶命の危機が話題になってるそうです。

ジロコよ!関係ないゾウ!

今日の記事はここまでです。

物足りないのでコピッペします。

ジロッペです。

ジロッペなんていうと動物程度の思考力しかないと思われます。
紙っぺらのような人間だぜえ!

吹けば飛ぶぜえ!
吹~け~ば~♪ 飛ぶよ~♬
ムームージロコのカラオケ教室なんてやってみるか?

人気ブログより引用します。

引用~

南鮮で三菱重工業の資産差し押さえへ ~ 日本政府は南鮮へ痛みを伴う対抗措置を
← 応援クリック、ありがとうございます。

昨日の参院予算委で、自民党の有村治子氏が質問に立ち、南鮮海軍の火器管制レーダー照射事案について、岩屋防衛相を質した。有村氏は「日本のラインから謝罪を求めるという言葉は出ていない。何故、やられた方なのに謝罪を求めるということを言わないのか。もう少し、私たち国民にわかるようなかたちでお話しください」と、いま国民が大いに問題視している南鮮との外交について質問したが、その際の岩屋防衛相の答弁は、国を憂う国民に脱力感を与えるようなものだった。

「強く抗議をし、再発防止を求める。えー、そういうことでですね、私どもの主張は先方にしっかりと伝わっているという風に考えております。」

私がテストの採点者であったなら、岩屋氏のこの回答には零点を付けるだろう。有村氏は「伝わっているとすれば、何故彼らが『日本の対応は無礼だ」と言い、そして日本に対して謝罪を求めると言い続けるのか、大変不可解だ」とため息を漏らすようなコメントを残したが、国民の多くは同じ気持ちだと思う。私たち国民が知り得ぬ水面下の会話や米国などからの圧力があるのかもしれないが、少なくとも、これらの南鮮の発言は、自衛隊や防衛省ではなく、国と国民が侮辱されたというのが実感だ。防衛省はかろうじて、海自の観艦式に南鮮軍を招待しないという報復措置は見せたが、必要なのは南鮮とともに、日本国民に対するメッセージだ。岩屋防衛相の対応は、国民の理解を得るという点においては落第である。

三・一なんちゃって解放記念日以来、おまつり気分なのが南鮮だ。朝鮮半島の東側に位置する蔚山(ウルサン)では、3月1日にあわせ、日帝強制徴用労働者像なるものが出現したそうだ。場所は公園内という公共の場で、除幕式には同市の市長も参加したというから、市公認のシロモノであるようだ。そういえば、首都ソウルの市議会では「日本製品不買条例案」なるものが俎上に上がり、同市市長が、市庁や区庁で使用されている日本製品を国産品で代替する検討を示唆していた。市庁や区庁などと小さなことは言わず、半導体も含めたあらゆる物品を対象にした不買・不使用運動をやってもらいたいものだ。

日帝強制徴用労働者像なるもの(蔚山)

さて、昨年末から問題が俄か先鋭化した、朝鮮半島出身応募労働者(いわゆる徴用工)の訴訟問題に関し、南鮮国内で遂に具体的な措置が動くようだ。

三菱重の資産、差し押さえ着手へ=徴用工訴訟で韓国原告側
【ソウル時事】韓国最高裁が三菱重工業に賠償を命じた元徴用工らの訴訟で、原告弁護団は4日、同社の商標、特許など韓国国内資産について、強制執行(差し押さえ)の手続きを近く開始すると表明した。
原告弁護団は声明で「三菱重工業は、われわれが期限として提示した2月までに交渉要請に応ぜず、信頼構築と和解の機会を自ら放棄した」と批判。「今や他の道はない」と宣言した。
原告側関係者はこれまで2回にわたり、三菱重工業の本社を訪れ、2月末までに同社から協議に向けた「誠意ある回答」がなければ、資産差し押さえなどを検討すると警告していた。

スポンサーリンク

最初の一手は南鮮側に出させるべきだろう。彼らが三菱重工業の資産を僅かでも差し押さえれば、日本にとって対抗措置の理由ができる。そしてその対抗措置は、南鮮側に痛みを感じさせるものでなければならない。南鮮が中共に強く出られないのは、華夷秩序や事大主義である前に、苦痛を味わうからだ。南鮮が米国に従ってTHHAD配備に動いた時の中共は、手段を択ばぬ対抗措置に出た。こういう苦痛を、日本も与えなければならないのだ。

こちらが甘く出ればつけあがるという南鮮の習性は、いやというほど経験しているはずだ。企業の戦後賠償訴訟は三菱重工業の後にも続く。それらの訴訟も踏まえ、今後彼らが日本に対して法秩序を逸脱せぬよう、また、無礼な物言いをしないように、日本は強硬な対抗措置を取るべきだ。対南鮮外交に関しては全く評価できない安倍内閣は、失地回復するチャンスを逃すべきではない。

~引用終わります。

半島の住民の性質、体質があちこちで暴露され始めています。

そうは言っても、みんな金をもらっていたなんて本が発売されています。

世は自己利益最優先思想が蔓延してるぜえ!

神(創造主)への態度を悔い改めよ!

和菓子の恩N氏の記事から引用です。

引用~

韓国は王家を維持できた①
2019-03-06 00:00:00NEW !
テーマ:朝鮮人問題・日本籍朝鮮人

(左)安倍晋太郎(1924年(大正13年)4月29日 – 1991年(平成3年)5月15日)
(左真ん中)李 玖(り きゅう、1931年12月29日 – 2005年7月16日)は、朝鮮王子・李王垠の第2子
(右真ん中)李 垠殿下(大韓帝国の皇太子)
(右)李(梨本宮)方子さま

韓国皇太子李 垠殿下と梨本宮方子さまは結婚することになりました。これはお見合いでもなく、恋愛でもなく、強制的に結婚させたということです。新聞に先に載ってしまったのです。 方子さんは自分の結婚を新聞で知って覚悟を決めたのです。学習院に通っていた時に、まだ李 垠殿下と会ってもないのに、髪の毛は真ん中で分けて朝鮮スタイルで学校へ行ったのです。「私は朝鮮人になって生きる」という腹が決まったのです。
方子さんは、「私は朝鮮人になって生きる」と決めたのです。決意のある方子さんを学習院の学友もいじめることはできませんでした。これが方子さんです。方子さんは李 垠殿下と結婚して、非常に夫思いだったと言われています。
李 垠殿下に尽くして、「どんなことがあっても自分が守る」と決めていたのです。方子さんの覚悟は立派だったのです。李 垠殿下と方子さんの最初の子供は李 晋(りしん)といいます。安倍晋三の(晋)です。李 晋(りしん、1921年8月18日-1922年5月11日)は毒殺されたと言われています。
有る日突然、死んでしまい、正式な発表は消化不良です。消化不良などというところをみると、下血したのかもしれません。血を吐いて死んでしまったとしたら、毒殺という説も消えていません。
そこまではよいのです。次男に李 玖(り きゅう、1931年12月29日 – 2005年7月16日)が生まれたのですが、どうもこの話はこのままでは終わりません。
毒殺されたと偽って、李 晋(りしん)を元関東総督だった大島義昌が責任をもって預かったのでしょう。大島義昌の孫が本堂静子です。本堂静子と安倍寛が結婚したのです。安倍寛には子供がいないから、養子にしたのだと思います。そうすると辻褄があうのです。
そうなると、安倍晋太郎(1924年(大正13年)4月29日 – 1991年(平成3年)5月15日)が朝鮮人だというのは当たりません。半分は日本人です。方子さんの血が入っているからです。
すると、安倍晋三には皇族の血が入っているとも言えます。安倍晋太郎と方子さんは、ソックリです。安倍晋太郎、李 玖(り きゅう、1931年12月29日 – 2005年7月16日)、方子さんの三人を並べてみてください。下がり眉でソックリです。
方子さんと李 垠殿下の間に生まれたのが、安倍晋太郎だろうと思います。だから、安倍晋太郎は安倍家の子供になっているのに、「俺は朝鮮人だ」と言っていたのです。安倍家のお手伝いさんは「パパはなぜ自分のことを朝鮮人だというのはわからなかったけれども、死んでわかった。棺桶の死体を見て長い手足を見てこれは日本人の体系ではないと思った」と言っているのです。それを週刊誌の記者に語っているのです。
日本の安倍晋三新首相の父親、安倍晋太郎(1991年死亡)元外相が普段からこのように言ったと、世界日報(セゲイルボ)が日本の「週刊朝日」を引用して報道した。
この週刊誌は10月6日付カバーストーリーで「安倍晋三研究-家政婦が見た安倍、岸3代」という見出しで安倍首相家門の内側を特集報道した。

岸と安倍の家門で家政婦として40年を過ごした久保ウメさん(80)は、週間朝日とのインタビューで安倍首相の父親、安倍元外相が告白した家庭の内部を比較的詳しく伝えた。
久保さんは「パパ(安倍元外相)は誰にも言えないことを私には言ってくれた」とし「(安倍元外相死去直後)入棺のとき、この人の骨格を見ながら本当に日本人の物ではないと思った」と説明した。それとともに「頭からつま先までまっすぐに横になっていたが、完全に韓国人の体形だ。(安倍元外相)自らも『私は朝鮮(人)だ。朝鮮』と言っていたが、この人は朝鮮人だと思った」と回顧した。また「(政治家として周辺に)人気が高く、よってもう少し元気に活動する時間があれば、北朝鮮問題も解決したと思う。安倍元外相の死は国の損害だった」と惜しんだ。

安倍元外相は生前に安倍家の起源は10世紀くらいまで韓半島北で中国大陸にかけて存在した渤海(パルヘ)国に始まったという考えを持っていたが、日本での安倍家の起源は明らかではないと報道した。安倍家の起源について久保さんは「安倍家の本流は青森県だ。安倍元外相が朝鮮だと言ったが、これは今の北朝鮮ではなく、その北と吉林省の下側にあった渤海」と「11世紀平安時代の武将だった安倍が今の安倍家の祖先と一致する」と説明した。
安倍晋三首相の母方の父である岸信介元首相も安倍首相を非常に惜しんだと付け加えた。
久保さんは安倍首相が生まれる前から東京の岸元首相の自宅で家政婦として過ごし、今はそこを出て東京に住んでいる。
1924年生まれの安倍元外相は毎日新聞記者時代の1956年当時、外相だった岸元首相の個人秘書となり、その娘の洋子さんと結婚、1991年5月、首相(自民党総裁)を目前にして病気で死去している。
 安倍晋太郎の子供は安倍晋三です。岸信介は安倍晋太郎が李 垠殿下の子供だとわかっていたのです。それで安倍家に入れたのですから、嫁さんは自分の娘をつけたのです。それで朝鮮との関係がさらに深くなったのです。
 李 垠殿下の子供が岸信介の娘の婿さんになったのです。名前は安倍と名乗っていますが、その子供が安倍晋三です。かなり血が濃いのです。そのような理由で安倍晋三は朝鮮人と仲がよいのです。下関では、「朝鮮のプリンス」として有名です。
密航してきた朝鮮人ではなくて、朝鮮のプリンスです。それをみんな知っているのです。だから、パチンコ業界は安倍晋三を後押しして、総理大臣にしたのです。安倍晋太郎も総理寸前まで行ったのです。
安倍晋太郎は大蔵大臣をやっていて、総理大臣の寸前で病に倒れたのです。その彼岸を達成するために安倍晋三が総理大臣になったのです。普通は総理大臣になどなれません。朝鮮人人脈が安倍晋三を担いだのです。
安倍晋三は誰に担がれているのかよく知っているから、朝鮮人に甘いところがあります。朴 槿惠政権の時に、10億円の従軍慰安婦の手切れ金を本当は払わなくてよいのに、年末のドサクサに紛れて払ってしまったのです。その金は全く払う必要はなかったのです。そのお金は絶対に返ってきません。(②に続く)

~引用終わります。

恩を仇では返せないのがこの国の国民の性質と言えます。

マッ、例外もありますが。

親の影響は代代に及ぶのでしょう。
それで、貧乏人の子は貧乏なノダ!

マッ、じたばたしないで人生をあきらめたところから幸運が芽生えるかもしれません。

狂団M氏は人生のハンドルを手放せ!

なんて言ってます。

ジロコにもその影響は出ています。

金メダルもらって意味あんの?

それとも自己利益最優先思想でガツガツやりますか?

ネギカモになるゾウ!

それはどうしようと個人の勝手だゾウ!

ゾウさんも生まれた時に決まった運命を歩んでいるのかもしれません。

神(創造主)への態度を悔い改めよ!

続くべええ!

書きやむべええ!

注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA