心の病・カウンセリングに遅刻

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心の明かりをジロコのブログです。
チャイルドカウンセリングの記事を書いてるつもりですが
過去記事の堂々巡りしてんじゃあない?
ジロコもそんな気がします。

ジロコはプレイルームで中学2年の西川勇太君のカウンセリングの準備をしています。

勇太君は、中学1年の夏休みが終わったころから学校を休みがちになり、とうとう不登校になってしまいました。

夏休みが終わると問題が発生しやすいといわれています。

夏休み廃止にすればいいじゃん!

バカなジロコは思います。

まっ、不登校は不幸じゃないぜ!
なんていう人もいますが
学校が楽しいところではないのかもしれません?

心配した母親が、

ところで父親というのは仕事をしているだけで
心配はしないのですかね?

亭主元気で留守がいいなんてCMの影響があるのでしょうか?

父親は家にかえって来なくても、給料さへ運んでくればいい?

家族ってなんなのだ?

悩む人が多くなりそうです。

勇太君と母親が一緒に、ムームージロコの心理カウンセリングルームに来談し、母親はジロコ以外のカウンセラーにカウンセリングを受けています。

勇太君はムームージロコのプレイルームで遊戯療法をやっています。

今日のカンセリング時間を15分すぎているのに勇太君は来ません。

連絡もありません。

交通事故か犯罪にあったのか?

こんな時にクライエントとどう関わればいいのか?

どうすんだよう?

 クライエントが遅刻した場合は、前回のカウンセリングでクライエントに心理的負荷をかけ過ぎたどうか検討します。

学校行かないでどうすんだよう?

一流大学に入り、一流会社に就職し?

ジロコにいわせりゃあ
それがどうした!
です。

ジロコも昔学校で、担任に「成績悪いといい会社に入れないぞ!」といわれました。

ジロコは一部上場の有名な会社に入社しましたが
その後は放浪の人生です。

その会社も今では経営危機に至っているそうです。

企業が存続していくことは楽ではありません。

ところがジロコの人生は

楽だぜえ!

つまらない人生でいいのですか?

なんて言われても

それがどうした!

これでいいのだです。

つまらない人生のどこが悪い!

人生は、これでいいのだと自己満足すれば

悩むことがなくなるかもしれません。

マッ、これ以上の自己開示はカウンセラーとして
禁止事項です。

なぜ遅刻したのか?クライエントの心情をもとに考えることが必要です。

 単なる遅刻だぜえ!
であまり気にしない。

これでは単細胞カウンセラーと言えます。

単なる遅刻と考えず、自己のカンセリングを振り返り
反省すべき点を反省し、クライエントが来るのを待ちます。

Q 電車が遅れた、時計が遅れていた、自転車がパンクした
など、不可抗力による遅刻の場合は時間を延長してもよいのでしょうか?

A どんな理由でも延長はしないほうが良いです。
一度延長してしまえば、あらゆる理由を言って遅刻することが考えられます。

どこかの国の実情からも言えます。

親戚が急死、財布を忘れた、スマホを落とした
時間を勘違いした、などなど

カウンセリングの枠が崩れ、カウンセラーに負担を及ぼすと
カウンセリングに悪影響がでることがあります。

カウンセラーなんてやってられん!
となったら本末転倒究竟等です。

Q クライエントが遅刻をしてきたら、理由を聴いていいでしょうか?

A 前回のカウンセリングを振り返り
クライエントがカンセリングに負担を感じたかどうか考えます。

そのうえで遅刻したくなる理由を率直に話しあいます。

そうすれば、クライエントも安心するでしょう。

マッ、前回のカウンセリングを振り返るのは

神(創造主)への態度を悔い改めよ!
のようなもので、カウンセラーとしての自信喪失の
危険性も考えられます。

自分はカウンセラーに向かないのかな?

だったらどうすんだよう?

ジロコなんてコピッペしてるだけじゃん!

バカジロコ、コピッペジロコ、ジロッペ

それでは和菓子の恩N氏の記事を引用します。

この問題は、この国にとって大変重要な問題と思い
ジロコはセッセせっせとコピッペしています。

ジロコよ!コピッペで本ができるぜえ!

引用~

崇徳天皇の呪い ①
2019-02-09 00:00:00NEW !
テーマ:天皇・皇族・女性天皇

スポンサーリンク

プー小室に関して様々な情報が錯綜しています。その中でハッキリとわかってきたことがあります。眞子さまとプー小室が関係をもったのは、大学2年生の頃らしいのです。その状態で、プー小室が結婚を申し込んでいるらしいのです。
何も経済力がない学生の身分でよく皇女に結婚が申し込めたものです。ここからして、プー小室の頭がおかしいとわかります。異常だと思います。普通ならば、学生の身分で何も経済力のない男が結婚など申し込めません。おかしな奴です。
その時点で肉体関係を迫って出来てしまったから、「婚約」と言っているのです。普通は、経済力も財産も何もない男が皇女に向かって「結婚したい」と言ったら相手にされません。手をつけておいて二人だけで話をつけておかないと、結婚の約束などできません。
その時点で眞子ちゃまは、プー小室が関係をもってしまったのだとわかります。その時は、大学2年生です。そのようなことが読めるのです。プー小室は婚約話が紆余曲折をしても「絶対に離さない」と言っているのです。
今はスマホがあるからダメなのです。アメリカにいようが、何処にいようがピッピッピッと話が出来てしまうのです。意思疎通が出来るのです。眞子さまはプー小室と関係をもってしまっているのだから、他の男のことは考えません。もうこのままいこうと思っているのです。
テレビでは、「小室さんの人権と眞子さまの人権はないのだろうか? 自由恋愛しているのだから、そのような自由はないのか?」と、このようなことを言っていました。ハッキリと言ってあげます。皇族に人権などありません。
普通の家庭でも本人同士が自由恋愛でくっついても、上手くいかない場合もあります。ある程度、家柄が近くないと結婚生活は無理なのです。チャタレイ夫人の恋人の話しと同じです。庭師と貴族の女性がくっついても上手くいくはずがありません。
普通の家庭でも家柄を大事にするのは当然です。収入の金額によって、物の考え方も全て違うのです。上流階級の全然違う考え方の人間が労働者とくっついても上手くいかないのです。そのようなことです。労働者以下の男がプー太郎の小室圭です。それが皇女と結婚したら、上手くいくはずがありません。
プー小室にしたら眞子さまを情婦にしたということです。「何でも言うことを聞く、こいつはもう俺の奴隷だ」と思っているのです。だから眞子さまと裏でヒソヒソと話し合っているのです。
今回のプー小室の借金問題の返答も、眞子さまと二人で書いたというのです。これもビックリ仰天です。あの変な文章を「眞子、お前も書いたのか?」と秋篠宮さまは驚かれるやら、怒るやらです。どう表現してよいかわからないのです。
今度は、ババアが「借金の直談判をしたいから天皇に合わせろ」と言っているのです。天皇裁可は大変な問題です。天皇が一度裁可されたことは、変わりません。「結婚を許す」と言われたのだから、「結婚しなければいけない」という人もいます。
天皇が裁可されても、過去には二度ばかり歴史がひっくり返ったこともあります。そのようなことを言っている人もいます。
天皇からしてみれば、プー小室はあまりにも身分違いです。身分違いということを全く意識されていなかったのです。だから、「結婚してもいいよ」ということを言われたのだと思います。これは天皇に引き下げてもらわなければいけない点です。裁可は天皇に責任があります。
「あれは間違いでした。軽くボーイフレンドが来て一緒になりたいというので、いいですねと言ったのです」、こんな感じだと思います。プー小室はとんでもない野郎です。
何故ならば、これは皇室問題です。皇室とは、日本を代表するものです。単なる良家のお嬢さんの結婚とは違います。国民の全てに関係してくることです。そのような意味で、「二人の結婚の意思を配慮しなくていいのですか?」と言っているテレビのコメンテーターは、馬鹿なのです。
皇族であるが故に国民の感情に配慮しなければいけません。それが皇族の使命です。国民全てが「反対!」と言っているのに、押し切って結婚するなど、やるべきではありません。もし、そんなことをやったら、眞子さまは国民の信頼とプー小室を天秤にかけて、プー小室を取ったということです。これは大馬鹿者です。
もし、そんなことをやれば秋篠宮さまの権威も傷つき、天皇の権威も傷つきます。何でもかんでも自分の思い通りにして、「国民のことなどどうでもよい。誰が何と言おうと、私はこの人と一緒になるのだ」と思っているならば、もうそこから皇室の皇女である資格はありません。
皇室は国民のことを考えて、国民は皇室のことを考えて、それが麗しい関係です。「国民の感情はどうでもよい」などという考えは間違っています。そのように言うと、皇室の自由意志などありません。
皇族は、子供の頃からその自覚を与えていかなければいけません。それを秋篠宮さまが怠ったのです。「好きな男と一緒になっていいのだよ」「好きな宗教を信じていいのだよ」と言っていたら、皇室の権威がなくなってしまいます。
皇室は宗教から生まれているのです。日本神道という伝統的な宗教を保っているが故に天皇は天照大神としていらっしゃるのです。それが「何を信じてもいいよ。学校はキリスト教大学? 行っていいよ」そうなってしまっているのです。
何処に権威があるのでしょうか? おかしいのです。皇族は「権威」ということをもっとしっかりとわからなければいけません。それがわからないと、このような問題がまた出てきます。
しかし、この眞子さま問題は良いこともあって、二度と女性宮家創設と言わなくなります。「プー小室の問題を見ろ! 女性宮家をつくると、こうなるのだぞ」という非常に良い教訓です。そのように考えればよいのです。
皇女が一文無しのプー小室を選ぶなど、まさに崇徳天皇の呪い「皇を取って民とし民を皇となさん」が効いている証拠です。(②に続く)

~引用終わります。

神(創造主)への態度を悔い改めよ!です。

日本神道!

たいていの事業所には神棚があります。

ジロコの家にも神棚があります。

神をも恐れぬ不届き者め!

最近多くなったと聞きます。

崇徳天皇の呪いでしょうか?

続くべええ!

書きやむべええ!

注)引用文以外は筆者の感想です

お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA