心の病・終了際に新しいもので遊び始める

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
小学4年生のミキさんはジロコのプレイルームで継続してカウンセリングを受けています。
最近ミキさんが、最近終了間近かにそれまで遊んでいたものをやめて、新しいも

ので遊び始める傾向が出たきました。

ポートゲームなどの時間のかかるゲームばかりです。

ジロコが終了時刻になったことを告げると
「もう終わりなの、途中なんだからもうちょっといいじゃん!」といい
しぶしぶ終わりにするようになりました。

このような場合にカウンセラーはどう対応したらよいのか?

どうすんだよう?

〇 時間通りに強制終了し、延長したいというクライエントの気持ちについては次回話し合う約束をして、クライエントの気持ちを受け止める場を作る

✖ 一度クライエントの要望に応じて時間を延長してしまうと
次回からも延長することになるので、

カウンセリングの時間外にクライエントと関わりを持たないようにしないといけません。
カウンセラーとクライエントの関係は、カウンセリング時間中のみです。

それ以外は赤の他人と思えばいいでしょう。

売り手と買い手の関係ではないことをキッチリ理解することが重要です。

Q 遊びを途中で強制終了させることは、子供に悪影響を与えないのかよう?

A 遊びを通じて普段は表現できないクライエントの気持ちが表れるため、途中でやめさせないことは重要ですが
それ以上に、カウンセリングの枠を守ることが重要です。

途中で終わらないように、終わる時間の約束をしておくことが必要です。

Q 遊びを途中で遮ってしまうと、子供から嫌われてしまうのではないでしょうか?
信頼関係が崩れてしまわないでしょうか?

A カウンセリングの原点はクライエントのためになる支援行為です。

子どもの願望を全てかなえることが、子供のためになることではありません。

時間を延長したい気持ちを受け止め、クライエントが自分の意見を聴いてくれる場なのだと伝われば、信頼関係は崩れません。

それでは和菓子の恩N氏の記事から引用です。

この問題は、この国がどのようになるか?

という大きな問題であるとジロコも考えます。

国会では何ら話題に出ません。

TV中継を見ると、重箱の隅を突っついて
大騒ぎをしているとジロコは思います。

モリカケの騒ぎはなんだったのだ?

引用~

プー小室と眞子さま問題
2019-02-08 00:00:00
テーマ:天皇・皇族・女性天皇

この問題を調べていると見えてくる問題があります。まず、世間はプー小室の母親が婚約者にあてた手紙を見て怒ったのです。プー小室の母親は、詫びる気持ちもなくて、「贈与されたお金だ」と開き直ったのです。
あの手紙を見て秋篠宮さまも怒ったのです。こんな手紙でプー小室の母親の借金問題が終わるわけがありません。凄く激怒されたのです。調べていくうちに、「なんだ、眞子も一緒にやったのか?」ということになったのです。
あのプー小室の母親の言い訳の手紙は、眞子さまが一緒に書いたのです。プー小室と眞子さまがメールでやり取りしながら、「このような文章にしましょう」と二人で練り上げた文章だったのです。あの文章を否定すると眞子さまも否定することになってしまうのです。
秋篠宮さまは「あの文章を眞子が書いた?」とわかった瞬間に笑って、苦渋に満ちたお顔になり、また笑っているのです。「これは仕方ないな。早く終結してしまおう。それには結婚させるしかないな」。もうそのように思っています。
それで「借金問題は解決した」と本人が言っているのです。その解決の方法は、借りたお金の400万を借りた本人に返して「これで勘弁してください」という方法と、眞子さまを巻き込んで「プー小室が皇室に入ったら、私が面倒を見るから」と言っているのでしょう。
そうなると、プー小室の母親の元婚約者は「もういいや。これは無かったことにしよう」となり、それで話がついてしまったのです。貸している側が「これはもう言わないことにしましょう」ということになったのです。
そうなると、秋篠宮さまは攻撃できません。「プー小室はダメだ」という材料が全て無くなってしまったのです。だからそこで眞子さまの知略に気が付いて「眞子もたいしたものだな」と思ってしまったのです。
この手紙を書いて、プー小室の母親がお金を借りていた本人と話をつけてしまい、「返してもらわなくていいです」と言ったら、もう借金問題はありません。そのような話をつけてしまったのです。
すると秋篠宮さまはどう思うのかというと、「そうだ、これは早くやらなければいけない。新天皇陛下の即位式は5月1日ですから、それまでに結婚させてしまおう」ということです。眞子さまは喜んで「さすがお父様。お父様、有難う!」と言われて、秋篠宮さまは苦渋に満ちた笑顔になってしまったのです。こんな結末です。
馬鹿が馬鹿を呼んで、もう誰からも尊敬されません。「そんなことはどうでもいいよ。とにかくプー小室とくっつけて娘が幸せになってくれればいいよ」ということです。これが解決策です。
国民の感情は全く無視です。僕が言っていた通りです。この問題を借金の問題にしていたらそうなります。借金問題にしてしまったら、借金を返したら終わりです。他にも「お金を出す」という人が大勢います。
小林よしのりも「400万円くらいなら出してあげるよ」と言っています。小林よしのりは、皇室が嫌いなのです。「皇室なんてロクなものではない」と思っているので、皇室をぶっ壊す側に回ってしまっているのです。小林よしのりは、今は「反天皇論」です。共産党的な考え方になっているのです。
秋篠宮さまのやり方を見ていると、国民は反天皇になってしまいます。多くの人が皇室から離れます。「皇室なんていらないよ、何の価値もない。国民の上に乗っかり君臨しているだけだよ」となってしまいます。それではダメなのです。
それが秋篠宮さまは、全然わからないのです。どうして皇室が馬鹿にされるかわからないのです。少なくとも皇室の御姫様が1万円もないプー太郎と、どうして一緒になるのでしょうか? 結婚してどうやって皇女を養っていけるのでしょうか?
眞子さまが「私はお金があるから養ってあげる」と思っているならば、プー小室はヒモではないですか。ヒモを皇室の中に入れて、小室のババアが皇太后になるのでしょうか? 考えてみてください。「皇太后並び」とつきますが、皇族扱いです。
秋篠宮さまがダメなのです。皇室の尊厳、日本の歴史ということ、「日本の皇室は外国の王族とは違うのだ」ということすら何もわかっていません。だから「眞子の好きな人を選んでいい」と言うのです。それは皇族の言うことではありません。
皇族でなければそれでいいのです。好きな人と一緒になってよいのです。少なくとも眞子さまの立場は皇族なのだから、ちゃんと権威をもって立派な人と一緒にならなければいけません。秋篠宮さまはそのようなことを言っていないし、教えてもいません。
秋篠宮さまは、娘に「好きな人と一緒になっていい」と言って、プー小室のことを「いい青年だ」と言っていたのです。プー小室の何処がいい青年なのでしょうか? お笑いです。こんなプー太郎と眞子さまが結婚した瞬間に多くの日本国民が離れていきます。
「新天皇の即位式の前にやってしまおう」と言うのですから、2月~3月の間にまとめてしまおうと思っているのです。秋篠宮さまにしたら、プー小室に言うことが無くなってしまったのです。
プー小室をお金で攻めていたからです。「こんな借金問題は解決してからきなさい」と言っていたのです。それでプー小室の母親の手紙が公表されたのです。「なんだ、この手紙は、全然反省していないじゃないか」と言っていたのですが、眞子さまが「私も一緒に考えました」と言うので、秋篠宮さまは「おまえが考えたのか?」と聞いて、腰が抜けてしまったのです。それで顔が苦渋に満ちた顔になってしまったのです。
「もういいや、可愛い娘だから。もう何を言ってもいいよ。お前が幸せになってくれよ。お前は小室でいいんだろう? では、親が引き離すことはしなくていいじゃないか。好き同士が一緒になれよ」と秋篠宮さまの心が変わった可能性が強いのです。
それで世間は納得しません。あとは暗殺部隊が勝負に出るかもしれません。眞子さまの相手はプー太郎です。そのように考えている奴が出てくるかもしれません。
それがなければ、間違いなくこのままご結婚です。僕も調べてみましたが、そのようなストーリーです。これでわかりました。眞子さまがあの手紙を一緒に書いたなど、誰も知らなかったことです。
あり得ざることです。みんなガックリきてしまい、「なんだ、しょうがないや。秋篠宮さまの家庭問題だな」ということになってしまったのです。家庭問題ではありません。これは皇室問題です。皇室と家庭は違います。そんな違いもわからないのでしょうか?
そのような行動を秋篠宮さまがとるということは、「天皇はいらない」ということです。天皇の権威は何によって認められているのかということを、秋篠宮さまは認めていないのです。
皇太子様は眞子さまの結婚に猛反発すると思います。大変なことです。下手をすると天皇が終わりになってしまいます。そのように考えられていると思います。安倍さんは、新天皇の即位式まで秋篠宮さまが口出して、怒っています。
秋篠宮さまは「国家のお金を166億円使い新天皇の即位式をやるのは馬鹿げている。宮廷費を使えば7億円くらいで収まる」というのです。その考え方は一体どこからくるのでしょうか? 新天皇の即位式は、国民の儀式です。何故、私的な儀式にするのでしょうか?
そのような考え方では、ドカンとぶつかってしまいます。秋篠宮さまは、おかしいのです。国家は国家がまとまる玉体が欲しいのです。玉体は玉体なりの行動をしなければいけませんが、秋篠宮さまは庶民の行動をしています。
まさに崇徳天皇が「日本国の大魔縁となり、皇を取って民とし民を皇となさん」と言われた予言がズバッと当たっているのです。皇室問題は、この予言もからんでいるのです。僕は眞子さま問題を今のところはそのような分析をしています。

スポンサーリンク

~引用終わります。

人気ブログからも引用します。

引用~

朝鮮半島の隣人が我が国にとって良い隣人であったためしはないが、最近の朝鮮半島の二つの国は、悪い隣人どころか敵国という表現が適当だと思わせる状態にまでなっている。北朝鮮は言わずもがなだが、間接的に同盟関係にあった南鮮は、特に文在寅が政権を取って以来、北との宥和のために「敵としての日本」を最大限に利用しているかに思える。

文在寅だけが問題ではない。青瓦台は既に北朝鮮勢力に乗っ取られ、その頂点に立つ文在寅自身が、満面の笑みを浮かべつつ、金正恩の使いっ走りをする有様だ。文在寅が蒔いた反日共闘の種は、着実に発芽し、南では反日・親北の方向に全体主義化が進む。日本で良く叫ばれる「権力の監視」などという機能は既に機能せず、反日を唱えれば売れるメディアは、後先考えずに日本を悪者として描く。

そういう背景があって、南鮮の政治家連中の反日も饒舌になる。昨日、ブルームバーグに看過できぬ記事が掲載された。南鮮国会の議長である文喜相のインタビュー記事だ。文は、7年前に李明博が発言し、日本国民を激怒させた「天皇謝罪要求」を、再び繰り出した。虫唾が走るこの記事を、全文引用する。

従軍慰安婦問題は天皇の謝罪の一言で解決される-韓国国会議長 (Bloomberg)
韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は、日韓間の長年の懸案である従軍慰安婦問題が日本の天皇による元慰安婦への謝罪の一言で解決するとの見解を示した。

文在寅大統領に近い文議長(73)は7日のブルームバーグとのインタビューで、「一言でいいのだ。日本を代表する首相かあるいは、私としては間もなく退位される天皇が望ましいと思う。その方は戦争犯罪の主犯の息子ではないか。そのような方が一度おばあさんの手を握り、本当に申し訳なかったと一言いえば、すっかり解消されるだろう」と語った。

日韓関係が悪化する中、天皇に関する発言は日本の国民感情に悪影響を与える可能性がある。慰安婦問題を巡っては、2012年に韓国の李明博大統領(当時)が同国訪問を天皇が望むなら、日本の植民地支配と戦って亡くなった人々に心から謝罪する必要があると語ったことがある。

日本政府は慰安婦問題の最終的な解決のために2015年に韓国政府と交わした合意で、「当時の軍の関与の下に多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から日本政府は責任を痛感している」と表明している。

文議長は「それは法的な謝罪だ。国家間で謝罪したりされたりすることはあるが、問題は被害者がいるということだ」と語った。

日本の首相官邸にコメントを求めたが、現時点で回答は得られていない。慰安婦問題のほか、元徴用工訴訟での日本企業への賠償、韓国軍艦船による自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題などが相次ぎ、日本政府は日韓関係が極めて厳しい状況にあるとの認識を示している。

原題:South Korea Lawmaker Seeks Imperial Apology for Japan Sex Slaves(抜粋)

南鮮が日本のよき友人であったことはないが、今日の冷えた日韓関係のトリガーになったものを挙げるとすれば、李明博の「日王謝罪要求」発言がそのひとつだろう。2012年8月、李は「日王が痛惜の念などという単語ひとつを言いに来るのなら、訪韓の必要はない。日王は韓国に来たければ、韓国の独立運動家が全てこの世を去る前に、跪いて謝らなければならない」と発言した。それまでの韓流ブームがメディアから相手にされなくなり、新大久保の活況も消えた。文喜相がその事態を知らないわけはないだろう。歴史認識における天皇陛下の利用は、踏み越えてはいけない線なのだ。

文喜相は今上陛下を「戦争犯罪の主犯の息子」と呼んだ。日本は穏健な文明国だが、それでも、個人的にはと前置きするが、このようは発言は宣戦布告に等しいと感じる。日韓合意の破棄などという不届きな行いすら、生易しい問題に思えて来る。これは、天皇を敬愛する日本国民の精神に対する侮辱なのだ。

ちなみに再度指摘しておくが、天皇陛下が自称慰安婦らの手を握って謝罪されたところで、「すっかり解消される」などということはあり得ない。起こり得ないことだが、仮に起こったとしても、彼らはそれを利用するのみだ。いわゆる慰安婦問題は、南鮮民族にとってはメシのたねだ。彼らはこれで、永遠にメシを食い続けることしか考えない。

文喜相は、今上陛下に対し、自称慰安婦の手を握りながら、「昭和天皇が犯した罪」なるものに対して謝罪せよと言っているのだ。この発言を許すことはできない。文喜相からの謝罪は当然、文の日本への入国禁止と、南鮮への強力な制裁を、日本政府に求めたい。

~引用終わります。

続くべええ!

書きやむべええ!

注)引用文以外は筆者の感想です

お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA