心の病・時間前に来談

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
小学2年生の阿倍次郎は、ムームージロコのカンセリングルームのクライエントの一人です。

次郎君は家族以外の人前で、自分の意見を言ったり発表することが苦手で発言を強要すると泣き出してしまいます。

担任から報告を受けた母親は心配して、ムームージロコのチャイルドカウンセリングルームに相談にやってきました。

しばらくは次郎君のカウンセリングは母親と一緒に来談者中心療法でやってました。
そうは言っても話すことへの照れ、から自分の気持ちをうまく表現できません。

そこでジロコはプレイルームで遊戯療法をやることにしました。

プレイルームには次郎君の気を引くおもちゃがたくさんあります。

沢山あるので、何で遊ぶかが即決できず、いつも20分くらい迷っていて、実際に遊ぶ時間が短く、もう終わっちゃったといつも残念そうにしていました。

今日は予約時間の20分前にきました。

早く遊びたいという気持ちで、次郎君は目を輝かせています。

さて、この場合はカウンセラーはどのように対応したらよいのでしょうか?

プレイルームが空いてんだからすぐ遊ばせればいいじゃん!

時間が長くなるのでカウンセリング料金を追加すればいいじゃん!

などと、カウンセラー以外の人は考えるでしょう。

しかし、カウンセリングの場合は開始時間までクライエントを待たせておかなければなりません。

予約時間外にカウンセリングを行うと、カウンセラーはいつでも話を聴いてくれると思い込み、
カンセリングの枠が壊れてしまいます。

カウンセリングの枠を壊さないことが強要されていますので
時間を必ず守ることは必須事項です。

カウンセラーの権威や、価値評価も低下する恐れがあります。
時間に関してはお役所仕事の感覚でいればいいでしょう。

カウンセラーは親切な話相手ではないと、思われても枠を壊さないように常に意識していることが必要です。

まして、ボランチィアではありませんから、プロ意識を常に持つことです。

決められたカウンセリング時間以外はクライエントと接触してはいけません。

巷でクライエントを見かけても、身を隠して見つからないようにしなければなりません。

次郎君、お母さんとお買い物?
なんて声掛けはNGです。

カウンセラーが遊ぶものを決めときゃあいいじゃん?
遊戯療法は遊ぶことが目的ではありません。

クライエントが自分で考え、決めることが重要であり
遊びを通したクライエントの自己表現が重要です。

ムームージロコのプレイルームなんていうと
お子様の遊び場か?

と思われがちですが、心理カウンセリングの場であることをカウンセラーは意識することが重要です。

マッ、カウンセリングの枠は掟と言ってよいでしょう。

決められたことは守るというのがこの国の国民の性質と言ってもいいかもしれません。

約束は破ることにある、なんて言ってれば誰からも相手にされなくなります。

それでは和菓子の恩N氏の記事の引用です。

引用~

プー小室と眞子ちゃんに怒り心頭
2019-02-07 00:00:00
テーマ:天皇・皇族・女性天皇

スポンサーリンク

小室のババアはこのようなことを言っています。「私のところにはこの問題を解決するために400万円くらいのお金なら融資しますと言ってきている人が大勢います」と言っています。
小林よしのりも「400万円くらいなら、僕は融資します」と言っています。暴力団系の組長が「お金を払ってあげるから、早く皇室に入りなさい」と言ってきているのです。このババア、怒り心頭です。
だいたい、秋篠宮さまも皇室を間違えています。この問題はお金の問題ではありません。それを「金銭問題だ」と言うから、「では、お金を払えば終わりだろう。これで借金はなくなりましたよ」と言われたら、文句を言うことがなくなってしまいます。
この問題の本質は金銭問題ではありません。何故、そんなことがわからないのでしょうか? だいたいプー小室は日本の教育を受けていません。それはそうです。カナディアンインターナショナルスクールに中学・高校と通っていたのです。何処で日本の勉強をしたのでしょうか?
プー小室が日本の歴史の勉強をしているわけがありません。国際基督教大学は、本来は牧師になる人が勉強しにいく学校です。そこで日本の歴史を教えているのでしょうか? 教えているわけがありません。プー小室は日本の歴史を何も知らないのです。
プー小室が言ったことが正しいのです。「私には日本国も皇室も、何の関係もない」と言ったのです。そのように思っているから、プー小室は皇室の権威ということがわからないのです。
日本の歴史がわからなければ、皇室の権威はわからないのです。だから、平気で皇女に手を出したのです。プー小室は手も出し、足も出したのです。怒り心頭です。恐れ多くも皇室に手を出したり、足を出したりする馬鹿が、何処にいるのでしょうか?
プー太郎の朝鮮人に違いないから、そのようなことをやるのです。そんな連中しかいない、国際基督教大学になぜ眞子さまを編入させたのでしょうか? それもおかしいのです。秋篠宮殿下、しっかりしてください。どのような教育をしているのでしょうか?
皇室とは、国民のためのものです。皇室は国民を思い、国民は皇室を思っているのです。だから上手くいくのです。それを眞子さまがプー小室のことだけを考えて、ズベ公のような行動をするのではありません。
何故、ズベ公なのかというと、みんなが迷惑しています。こんな結婚を誉める奴は誰もいません。みんな大反対です。それを金の問題に絞り込むから「お金を返せばいいだろ。もうお金を返して和解しました」と言えば終わりになってしまいます。そんな問題ではありません。
「1万円もない」と言っている男がなぜ、皇室の皇女に手を出せるのでしょうか? 「結婚する」ということは、男性が経済的に自立出来ていて、「僕の範囲内で養っていけます。だから結婚させてください」というのが常識です。
職もない男が「皇室の皇女を嫁にくれ」と言えるのでしょうか? そこにプー小室の人格が滅茶苦茶で、最低の人間性が現れているのです。そこで眞子さんが「どうしてもプー小室と結婚したい」と言っているならば、眞子さんも頭がおかしいのです。
国民の感情を逆なでしているのです。もうじき、5月には新天皇が誕生するのに、何という馬鹿なことをやっているのでしょうか? 眞子さんのやっていることは、天皇を怒らせて、宮内庁関係者を怒らせて、国民を怒らせているのです。眞子さんは自分だけの幸せを考えればよいのでしょうか?
では、最初から皇室など資格がないのです。そのような子供を育てた秋篠宮さまは反省してください。新天皇が誕生するおめでたい時期に何を馬鹿なことをやっているのでしょうか? 信じられない馬鹿さ加減です。
皇室の顔に泥を塗り、国民の怒りをかっているのです。朝鮮人とウワサされているプー小室となぜ眞子ちゃんがくっつくのでしょうか? どこの家でもそんなことはしません。日本神道の宗教観や皇室に対する歴史観など、秋篠宮さまは何も知らないのでしょうか? そうなります。皇室の破壊を企んでいるのでしょうか? そのように言われてしまいます。
世界に冠たる2800年の歴史をもった天皇というものが、どのようなものか秋篠宮さまはわかっていないのです。国とはどのようなものか知らないのです。僕が教えてあげましょう。国というものは「民」がいて、治めていく「地域」があります。それだけではありません。国を治めていくためには、「玉体」がいるのです。天皇は玉体にあたります。そのようなこともわかっていません。天皇は玉体です。だから国民は天皇を大事にするのです。
天皇は国民を大事にするのです。天皇と国民と地域がそろって日本国です。それをわからずして、眞子ちゃんは何という愚かなことをやっているのでしょうか? プー小室と眞子ちゃんが結婚したら、皇室は尊敬できなくなります。それは国民の本当の声です。
こんな恐ろしいことをやると眞子ちゃんは、皇室破壊の魔女と呼ばれます。もっとしっかりしてください! 貴方達は日本国の中枢になるのです。根本が腐っていると尊敬できなくなります。こんな馬鹿なことを眞子ちゃんがやっていると僕も尊敬できなくなります。
金が一銭もない男と「何が何でも結婚したい」など、こんなことを考えている眞子ちゃんは、頭がおかしいのではないでしょうか?
国民の税金から1億5千万円のお金をもらい、プー小室と結婚して、そのお金でプー小室を養おうと考えているのでしょうか? それどころではありません。女性天皇をつくろうとしている連中から見ると、眞子ちゃんは天皇になるのです。
女性天皇ができたら、眞子ちゃんが一番近い立場にいます。その立場に準皇族としてプー小室が入るのです。そんなものを国民が天皇として崇められるわけがありません。新年の一般参賀の日にプー小室がお立ち台に立って手を振るのでしょうか? あのババアが皇太后として手を振るのでしょうか? ふざけるのもいい加減にしなさい! 
精神科に行ってきなさい! 眞子ちゃんは国民全てのことを思っていなければいけません。それが一人の男の奴隷になるようなことがあってはならないのです。眞子ちゃんが奴隷になるのは、無職の一文無しのプー太郎男です。甘い言葉に誘われて大馬鹿者です。
眞子ちゃんは詐欺野郎、女たらしと結婚するのでしょうか? 怒りに堪えません。それは僕だけの意見ではありません。日本国民にそのような人々が増えています。反省しなさい!

~引用終わります。

崇徳天皇の呪いを忘れてはいけないそうです。

神(創造主)に対する態度を悔い改めよ!

怖いですね、この国はどうなるのでしょうか?

来る2020年が見ものですね。

続くべええ!

書きやむべええ!

注)引用文以外は筆者の感想です

お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA