心の病・遊戯療法の流れ

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
子どもと親が一緒にカウンセリングに初めて訪れるのが
普通ですが、最初からいきなりプレイルームに入るのではなく
最初は通常のカンセリングルームに招き入れます。

子どもを担当するカウンセラーと、大人を担当するカウンセラーーの二人で挨拶します。

カウンセラーが一人しかいないカウンセリングルームでは
信頼度がいまいちかもしれません。

カウンセラーの自己紹介から始まり・・・
ここでは個人情報を開示しないよう注意が必要です。

子どもがある程度慣れてきたら、親から離れてプレイルームへ向かいます。

子どもの分離不安が強い場合、無理に引き離そうとすると
カウンセラーに強い不安、不信感を抱くので
子どもが安心してプレイルームに向かう工夫を要します。

どうすんだよう?

①親の所在を明確にすること

②親はカウンセラーと大切な話をしていること

③親の話しが終わるまでプレイルームで過ごすこと

この三つを子供に説明しておきます。

プレイルームに入ったら、プレイルームでのルールを説明し
終わりの時間になったら必ずプレイルームを出なければならないことを伝えます。

プレイルームには、様々な年齢の子供に対応できるよう

積み木やパズルなどの知育玩具

ぬいぐるみや人形、ままごとセット、自動車や電車のおもちゃ

トランプ、オセロ、将棋

粘土、絵画セット

おもちゃの楽器など
あまり身体を動かさないもの

柔らかボール、トランポリン、おもちゃの刀

おもちゃのバット、パンチング人形など
身体を動かして遊ぶものなど

多種多用にそろえている必要があります。

お金かかるぜええ!

遊戯療法の終了

遊戯療法の終了時間になったら、直ちに子供をプレイルームから退出させなければなりません

子どもの意志に関係なく退出させます。

強制退出です。

クライエント一人を先に退出させます。

次回の予約を確認し、その時にクライエントに
次回の日時を伝えることで、クライエントの解決意識が高まります。

プレイルームは元に戻すようにかたずけ
子どもが手や身体に触れたものは除菌剤などで除菌する必要があります。

感染症には充分な注意と対策を忘れないようにしましょう。

カウンセリングに行ったら、インフルエンザになったぜえ!
ということにも注意が必要です。

遊戯療法についてはこのくらいにしておきます。

最近では、自分の恩師といえるような方が少なくなりました。

自己利益最優先思想にぞまりきった人々だけがジロコには目につきます。

お金さへあれば?
寿命が延びる?

どんな意味がある?

神(創造主)への態度を悔い改めよ!
とジロコの頭の中で声がします。

そんな中で和菓子の恩N氏はジロコの恩師と呼べるかもしれません。

あなたには和菓子の恩がいますか?

あるいは和菓子の恩といえる人物ですか?

それでは和菓子の恩N氏の記事から引用します。

引用ジロコ・陰陽ジロコ・コピッペジロコ・ジロッペ

引用~

テーマ:天皇・皇族・女性天皇

スポンサーリンク

眞子内親王殿下の婚約問題は、さすが皇族です。凄い教訓を残してくれました。見事です。眞子内親王殿下が天皇になる可能性もあるのです。それは女性宮家が創設された時です。女性宮家が創設されると眞子内親王殿下は第一に天皇になる可能性が出てきます。
すると「どうなるのか?」と言う問題を体でお示しになられたのです。「こうなりますよ」ということです。女性宮家が創設されると皇族の女性が天皇になります。現代では皇族の女性は結婚してしまうと平民になります。
女性皇族が平民になる時の臣籍降下の費用は1億5千万円です。それをもらえなくなり、皇族として残るということです。女性宮家が出来ると眞子さまが天皇になる可能性が出てきます。今の順番からいっても、皇太子殿下が次の天皇になり、秋篠宮さまが次の天皇になります。ここまではよいのです。
女性宮家が創設されると、次の天皇は愛子さまにいくのですが、愛子さまが成長しないと、眞子さまになる可能性があります。そのような位置にいるのです。女性宮家がなければ悠仁親王に次の天皇がいくのです。
女性宮家になると悠仁親王の姉の眞子さま、佳子さま、愛子さまは天皇になる可能性があるのです。これは絶対にダメなのです。この問題でよくわかったでしょう
竹田恒泰さんも、「この問題はハッキリとダメだ」とやっと言いました。「小室圭はどうしようもない馬鹿男・詐欺男・チンピラだ」と言われています。
では、チンピラが眞子さまにくっついたのでしょうか? 眞子さまはどうしようもないチンピラを選んだのです。女性宮家が創設される前に眞子さまがチンピラとくっついて、臣籍降下をしたとしても、女性宮家が創設されると眞子さまは皇族に復帰するのです。するとプー小室も皇族になってしまうのです。すると、眞子さまと一緒に天皇になってしまう可能性も出てくるのですから、これは大問題でしょう。
普通は、「眞子さまは、臣籍降下をするのだから誰がくっついても構わない」と思うでしょう。例えば、大臣の野田聖子もそうです。野田聖子の夫は山口組のヤクザです。大臣の夫が山口組のヤクザとは、どのようなことなのでしょうか?
ということは、「山口組のヤクザが内閣に入った」ということと、同じことです。まだ、天皇にならない女性皇族がつかんだ男は、どんな男であろうとその女性が天皇になった場合は、「天皇並び」になってしまうのです。
天皇ではありませんが、「天皇並び」=「同じですよ」ということです。そうなってしまうのです。その中にプー小室が並んでしまったら、どうするのでしょうか? 「女性宮家はダメですよ」ということを、眞子さまは示してくださったのです。
「私は好きな男を選んだ。好きな男はチンピラでした。チンピラを天皇にするわけにはいかないでしょう。皆さん、どうですか?」このように疑問を投げかけているのです。
まして、虎ノ門ニュースの司会者の一平ちゃんが面白いことを言っていました。「生みの苦しみですね」と言ったのです。最後の言葉がこれです。これは深い意味があるのです。眞子さまは、子供を身ごもったのではないでしょうか?
僕は「これだ!」と思ったのです。子供をはらんでいたのではないでしょうか? だから慌てて婚約の記者会見をしたのです。プー小室は天皇になるとは思っていません。「眞子さまが体調を崩された」という段階がありました。あの段階で降ろしているのではないでしょうか?
「夢よ、もう一度」とプー小室は眞子さまと子づくりに兆戦しようと思うのですが、周りが「ノー! プー小室、近寄るな!」と言っているのです。とんでもない野郎です。竹田恒泰さんも公然とプー小室の批判をしだしました。プー小室は、とんでもないクズ男です。
普通で言うと、クズ男を選んだ眞子さまもクズ女ということになってしまいますが眞子さまは、さすがに皇族でそれを示されたのです。「女性宮家をつくると、私と小室さんのようなことになって、小室さんが天皇になるのですよ。これでよいのですか?」と見本を示されたのです。これは意図的にではありません。神様の配慮です。
「女性宮家創設」と言っている馬鹿がまだまだ大勢います。必死になって、「国民の70%が女性宮家の容認だ」と言っているのです。そんなことを言ったら、今度はこの問題を出されてしまいます。
 女性宮家をつくったら、眞子さまを見て御覧なさい。こんなチンピラとくっついているのだから、プー小室が皇族になるのです。あわよくば、女性皇族にくっついていれば、天皇になる可能性もあります。その夫は「天皇並び」になるのです。これでよいのでしょうか? 女性宮家が出来て、眞子さまが天皇になるとプー小室が「天皇並び」になるのです。
こんなチャライ男が天皇になってよいのでしょうか? これを言われてしまうと、女性宮家を引っ込めざる負えません。「男女同権だ」とか、「外国はみんなそうなっている」など、関係ありません。我が国は違うのです。
竹田恒泰さんは、「男性天皇が天皇を引き継ぐということは、女性差別だと言う馬鹿がいますが違うのです。男性を排斥しているのです。男でしか天皇になれないということは、女性を排斥しているのではありません。男子を排斥しているのです」と言われていました。
 女性天皇をつくるということは、天皇と全然違う血の男子が入ってくるのです。これは絶対にダメなのです。朝鮮人どもは、天皇を壊そうとしているのです。とんでもないことです。その見本を眞子さまが示されたのです。「私が天皇になったらどうしますか?」ということです。
小室プーちゃんは、天皇になるのです。皇居のお立ち台から皆さん手を振るのですよ。その後ろに天皇並びのお母ちゃんが出てくるのです。「皇太后並び」として出てくるのです。「並び」ですから皇族と変わりありません。
馬鹿ババアと、バカ息子が皇居のお立ち台に立って、新年挨拶で国民に手を降るのでしょうか? 「これはダメですよ」というモデルケースを目に見える形で国民にお示しになられたのです。これは神事です。神様の神事が目に見えたでしょう。
女性宮家など目に見えないとわからないのです。それを目に見える形で眞子さまがお示しになられたのです。もう「こうなる」と目に見えてしまったのです。
眞子さまは自らを犠牲にして「チンピラがくっついたらこうなりますよ」という姿をお示しになられたのです。「私が貧乏人のプー小室に嫁ぐのはよいとしても、女性宮家を創設してプー小室を天皇並びにするということを国民は賛成しないでしょう」ということをお示しになられたのです。私もそう思います。
この恐ろしいプー小室問題は解決しました。もう再び出てこないことを願います。

~引用終わります。

続くべええ!

書きやむべええ!

注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA