心の病・子供に対するカウンセリングとは

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
カウンセリングはオーダーメイドと同じで、同じ事例はほとんどありません。
悩みを抱えたクライエントに合わせ、個別に相談援助を行います。

クライエントは当然一人一人に個性があり、それぞれが異なった悩みの問題を抱えています。

そのため、解決方法にも決められたマニュアルはありません。

これがカウンセリングで最も難しい点です。

チャイルドカウンセラーは子供と接する機会が多く、子供のクライエントは集中力や会話力など、発達上の個性が色濃く出るため、一人ひとりに適した、オーダーメードのアプローチ法を取る必要があります。

クライエントとカウンセラーの協同作業

カウンセリングは、クライエントとカウンセラーが問題解決に向けて一緒に考える<協同作業>で進めていきます。

一般的には「クライエントに解決方法を教えてあげたほうが
そのクライエントのためになるのではないか?」

と、考える方も多く、特にクライエントが子供の場合苦しんでいる姿を見てしまうと、「早く解決してあげたい」と感じ
アドバイスしてあげたい気持ちになる方もいます。

しかし、解決方法を教えてしまうと、クライエントの「自分で解決する力」が育っていきません。

解決方法を教えてあげることで、一時的には問題が解決し
クライエントの心が落ち着くことがあるかもしれませんが

クライエントが自分で解決する力が育たない、ということは
今後同じような問題が起こった時に、カウンセラーなしでは解決できないという状況に陥りやすいと言えます。

アドバイスや提案をして表面的な問題解決をすると
スピードは速いし、クライエントからの信頼も得やすいのですが、一番大切なことは

カウンセラーと一緒に考え、協同作業で解決に向かうこと
で、クライエントの自分で解決する力が育っていくことです。

苦しんでいる人のために、なにかしてあげたくなる気持ちはわかりますが、自分で解決する力を身に付けてほしいという気持ちで関わることが、最終的にクライエントのためになります。

カウンセリングは、クライエントの今後の人生に必要な
解決力を育てる方法を一緒に考えていく作業であることを肝に命じる必要があります。

それでは和菓子の恩N氏の記事を引用します。

引用~

スポンサーリンク

昔、崇徳天皇(第75代)がいました。この天皇は新院になるのですが、その地位を捨てさせられて、讃岐の国へ島流しになったのです。都を恨んで死んだ天皇です。
この天皇は血を出して血書を書き、髪の毛は伸ばし放題、爪も伸ばし放題、お風呂も入らず、悪鬼のような形相で呪い死んだというのです。
どのようなことを呪ったのでしょうか? 崇徳天皇は舌を噛み切って「日本国の大魔縁となり、皇を取って民とし民を皇となさん」「この経を魔道に回向(えこう)す」と予言されたのです。これが崇徳天皇の呪いです。このようなひっくり返った世の中がくるのです。
さて、今何が起きているのでしょうか? 崇徳天皇の予言が当たってきているのです。恐ろしいことです。皇室会議の連中が女性天皇にしようと必死で動いています。「2年以内に女性宮家を創設して、実現するだろう」と言われています。
変な陰謀があるのです。もし、こんなことになったならば、女性宮家は平民の男子と結婚をしてもよいのです。結婚した男性は「天皇並び」になるのですから、準天皇です。すると崇徳天皇の予言が当たったことになるのです。
 「日本国の大魔縁となり、皇を取って民とし民を皇となさん」と言うのです。なるほど、これは当たってしまいました。秋篠宮さまは、平民的なことを言われています。平民であるかのような発言をしています。プー小室は大魔王でしょうか?
考えてみると、皇太子様が天皇に即位されて新天皇になられます。新天皇が病気になられたり、崩御された場合は、次の天皇は秋篠宮さまです。皇嗣(こうし)となっているのですから、単なる弟ではなく、天皇になる皇位継承権をもっているのです。
秋篠宮さまに何かあったら誰が次の天皇になるのかというと、悠仁親王です。もし、悠仁親王が知恵遅れか、障害者だったら天皇になれるのでしょうか? 秋篠宮さまの次の天皇は悠仁親王しかいません。当然、悠仁親王が天皇になります。
妙なウワサがあり、悠仁親王はあまり人前には出ません。さて、どうするのでしょうか? 宮内庁は焦っているのに違いありません。次の天皇になる男子がいません。女系天皇論はその話から出てくるのです。
女性宮家の創設をすると、今までは女性皇族は結婚すると臣籍降下(しんせきこうか)ですから皇族ではなくなるのです。ところが、女性宮家を創設すると、結婚しても女性の宮様になります。宮様とは、天皇になる位を持った人です。
それが女性宮家の創設です。すると秋篠宮さまのお子様を見ると、長女が眞子さま、次女が佳子さま、長男が悠仁親王です。男系天皇ならば、悠仁親王に次の天皇を継承するのですが、女性宮家をつくるとどうなるのかというと、天皇の孫の中で長女の眞子さまに天皇が継承されるのです。そうなるのです。
女性宮家を創設すると、眞子さまが女性天皇になるのです。考えられるでしょうか? するとプー小室は、天皇の夫になるのだから、「天皇並び」になるのです。プー小室は、「天皇並び」の待遇になるのです。「並び」ということは、天皇扱いです。あのプー小室が天皇扱いです。
プー小室は、そこまで読んでいるのでしょう。皇室典範ができるまでに婚姻を遅らせようとしているのかもしれません。女性宮家の創設はずっとやってきている問題なので、後2年以内とよんでいるのです。すると皇居の一般参賀で皇族のお立ち台にプー小室が立って、日本国民に手をふるのです。笑ってしまいます。これで日本は終わりです。
天皇の問題はこのような問題があるのです。まさに崇徳天皇の予言の通りです。「皇を取って民とし民を皇となさん」まさに崇徳天皇の予言が実現してきました。しかも、朝鮮人のプー小室が天皇陛下になるのです。冗談ではありません。
この話がバレたら、国民は怒り狂います。今日も他の人のブログに書いてありましたが、「天皇は皇太子が天皇になり終わる」というのです。そう言っているのです。
愛子さまも女性宮家になるのです。「愛子さまは東大に入れるくらい頭が良い」と言われています。頭の良さは人格とは違います。知能がよくても狂っている人もいます。一番狂っていないのは眞子さまです。
そこで朝鮮人のプー小室が眞子さまにくっついて天皇として君臨するのです。日本人にとって、こんな屈辱はありません。何かが動いているのです。悠仁親王は2回も交通事故に遭っています。車が追突されて、しかも護衛は一人しかいません。
悠仁親王に天皇はまわらないのです。皇太子様で天皇は終わってしまうのです。旧宮家の復活以外に方法はありません。みんな、この問題を真剣に考えましょう。プー小室が皇室のお立ち台に立つのでしょうか? そんなことが許せるでしょうか?
プー小室のババアとプー小室が並んで日本国民に手をふるのです。そんなことが現実に起こったら、日本人は気が狂います。ババアも皇族気取りです。天皇の母親になるのですから、たいそうな名前がつくのでしょう。皇太后などと名前がつくのでしょう。勘弁してください。
もうそこまでいけば、陰謀はすぐに成立します。「愛子さまは廃嫡だ」と消してしまえばよいのです。皇太子様は「愛子は廃嫡ではない。頭が良い」と言えば、女性天皇が自分の娘にくるからいいと思っているのです。何を考えているのでしょうか?
世にも恐ろしや、崇徳天皇の呪いです。このような恐ろしい呪いがかかっているのですから、宮内庁はもっとしっかりしなさい! 男系宮家を復活しなさい! 旧宮家を復活させなさい! 旧皇族の復活です。それをやらなければ、このような問題が出てきます。
何故、女性天皇のほうに話をもっていくのでしょうか? 女系天皇になったら選ぶ相手は朝鮮人でもシナ人でも選べます。伝統ある日本をここで終わらせてよいのでしょうか? 簡単な方法です。旧宮家を復活させればよいのです。それだけの話です。
女性宮家をつくる労力と、旧宮家を復活する労力とどちらが大事なのでしょうか? この問題はすぐに解決します。現在でも天皇の直系の男子は120名もいるのです。そこから選べばよいのです。
しかし、恐ろしいですね。天皇の予言は効いてくるのです。まさに崇徳天皇の予言通りです。平民プー小室が天皇になろうとしているのです。皇族のお立ち台にプー小室が立って、ババアが皇太后になって、日本国民に手をふるのです。冗談ではありません。
崇徳天皇はそれだけ皇室から苛められたのです。どのくらい怒ったのかというと、想像を絶する怒りです。「絶対にこの呪いをかけてやる!」その呪いに従っているのです。
竹田恒泰さんも肝心な時に発言しません。もっと大きな声を出して発言しなければいけません。天皇になるべき血筋の人が「職業ラーメン屋」などと言っている場合ではありません。「だから私は関係ない」と思っているのでしょうか? 本当の平民になってしまったのでしょうか? 竹田恒泰さんには、発言してもらわないと困ります!
これは大変な問題です。大変なからくりと大陰謀がこの中に潜んでいるかもしれません。

~引用終わります。

大きな陰謀?

ジロコ仏陀にはわかりませんが

時の経過とともに明らかになっていくでしょう。

国民よ目を覚ませ!

続くべええ!

書きやむべええ!

注)引用文以外は筆者の感想です。

©2019 riter-jiroco.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA