心の病・青少年期の悩み②

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
家庭内暴力とは、ある家族成員がほかの家族成員に対し、暴力をふるうことを言います。
育児不安や育児ストレスが暴力に発展して児童虐待を行っている場合や、偏ったジェンダー規範(性の役割)による夫婦間暴力など、その背景は様々です。

近年では、女性から男性への暴力や暴言が問題としてあげられることもあります。

また、子供が親に暴力を向ける場合は、これまでの人生の挫折経験を親の責任に関連ずけ、不安や焦りを暴力という形で表現するケースがあります。

家庭内暴力の支援については、特に暴力が続く可能性がある場合、クライエントの命を守るためにも福祉の専門機関や警察などに相談する必要性を伝えることが必須です。

家庭内暴力の被害者は、暴力を受け続けたことで自尊心や自己決定する力が低下しており、専門機関への相談を拒否することがあります。

何よりも、クライエントの命を守ることが最優先なので、守秘義務よりも、通告義務を優先します。

また、親への不満を暴力で表す子供についての相談を受けた場合は、子供が暴力に訴えるまで押さえ込んだ気持ちと、これまで口にできなかった気持ちを受け止められるような関わり方を要します。

自傷行為

自傷行為とは、自分の体を自分で傷つける行為のことです。
カッターや先の尖ったもので、自分を傷付けるの行為だけをさすわけではなく、自分を傷つける目的とした性行為や、暴飲暴食などの異常な食行動も自傷に入ります。

思春期から青少年期にかけてよく発生する行為が、手首を切るリストカットです。

子どもによって背景は様々ですが、ストレスを適切に発散できず、攻撃性が自分に向かうだけでなく、友達の自傷行為をまねることが集団に伝播することもあります。

自傷行為はアピール目的であることは少なく、誰の手も借りずに、辛さや、苦しさに耐え苦痛を克服するための孤独な対処法です。

何らかの苦痛が存在するサインと言えますので、注意を要します。

自傷行為そのものは深刻化すると命を落としかねないため
それを、注目を得るための行為と、軽く受け取らずに
子どもが本当に目を向けてほしいことを察知する関わり方が重要です。

問題が表れているクライエントだけでなく、クライエントの問題と密接にかかわる人達にも支援が必要です。

子どもと関わるときに特に注意すべきこと

始めてあった人の第一印象は非常に重要といわれています。
第一印象が良ければ、その後の信頼関係をスムーズに築くことができます。
第一印象が悪ければ、関係を築くことに時間がかかることがあります。
子どもは大人より第一印象を感じやすいので、親しみやすく
拒否感を生まないようにするために、支援の前に、親しみやすさを意識しなければならないといわれています。

よい第一印象のために、下記3点を注意します。

①服装、髪型は清潔感があり、派手な印象を与えないもの
マッ、魔法使いや、仏陀風、占い師さん風、変態風などでなく、その辺を歩いている人のようでいいでしょう。

②声のトーンと、話すスピードが重要です。

③話し方・・・馴れ馴れしくしすぎると、抵抗を感じる子供もいます。一定の距離をたもちつつ、子供を待つ姿勢で関わります。

子どもは感情をもった一人の人間であることの意識を常に持つ必要があります。

無理に心を開かせようとすると、以降のカウンセリングが困難になってしまう場合もあります。

チャイルドカウンセラーなのに子供の心が開けない!
と焦りを感じる場面が少なくはないでしょう。

しかし、そこで無理に子供の気持ちを探ろうとしたり、心を開いてもらおうと媚びを売ったりすると、子供は安心して心を開くことができなくなります。

なぜ子供が心を開かないか?

それには原因があります。

カウンセラーが本当に信用できる人間か?

試している

心を開くための勇気を持とうとしている

子ども一人ひとり心情が異なります。

心は力任せに開かれるものではなく、相手に向けて自然と開いていくものです。

子どもがなかなか心を開いてくれないな、と感じても

焦らず、こちらを向いてくれるのを待つ姿勢がカウンセラーとして強要されます。

子どもと関わるときの基本であり、大切なことです。

チャイルドカウンセラーは肝に銘じておく必要があります。

それでは和菓子の恩N氏の記事の引用です。

引用~

スポンサーリンク

朝鮮人は、一般のテレビ局も電通も朝鮮人枠をつくらせたのです。朝鮮人は、「これはいいことを思いついた!」と思ったのです。「みんな朝鮮人枠で朝鮮人を入れよう。市役所にも入れよう!」と各地方自治体に押しかけて「朝鮮人を入れろ」と迫ったのです。
すると役所は、「憲法で外国籍の人は採用できない」と言うと、「お前、差別だな。何故、朝鮮人を差別するのだ!」今度は、このように出てくるのです。「差別は許さんぞ!」と朝鮮人が喚きだすのです。
役所は「そうではありません」と言うと朝鮮人は「何人か採用してやれよ。事務職にしろとは言わない。家政婦や看護婦になら朝鮮人を入れてもいいじゃないか! お前のところは差別して朝鮮人を入れないのか?」と迫ったのです。朝鮮人は役所に「看護婦何名、現場要員を何名入れろ」とねじ込んでくるのです。
しばらく経つと「何故、朝鮮人は職員になれないのか?」と朝鮮人が喚くのです。すると「規約があってなれません」と言うと、「こんなに朝鮮人が働いているのに一般職にどうしてなれないのか?」と喚いてくるので、役所側が折れて「では、一般職には入れますが、幹部にはなれません」ということで、朝鮮人を一般職に入れてしまったのです。
 また、10年も経つと「何故、管理職になれないのだ? 同じ役所で何十年も頑張っているのだろう? 何故、俺たちだけ幹部になれないのか?」とねじ込んできたのです。川崎市では裁判になってついに幹部職に朝鮮人が就いてしまったのです。
川崎市役所は別枠で在日朝鮮人を400人も入れてしまったのです「我々は差別されている民族だから毎年、別枠で朝鮮人を入れろ」と言われて、川崎市役所では400名も在日朝鮮人がいるのです。朝鮮人のやり方は全てそうです。
そのようにして大学も朝鮮人はねじ込んできたのです。「我々は差別されているのだから、不利だ。不利だから特別枠をつくれ。早稲田大学は100名の朝鮮人枠をつくれ。無試験で入れるようにしろ!」と言うのです。
「わかりました。その通りにします」と、早稲田大学が落ち、慶應義塾大学が落ち、立教大学が落ちてしまい、主な大学はみんな朝鮮人枠がつくられてしまったのです。
永ちゃんの子供も帰国子女ですから、上智大学へ入学したのです。帰国子女の枠があり、一般の入試とは違うのです。それと同じです。「試験は受けるけれども、無試験で朝鮮人をこれだけ取れ」という朝鮮人枠があるのです。東大もそうなっているのです。
 朝鮮人は利権をつかむと、どんどん上へ行ってしまうのです。東大教授にも朝鮮人がいます。姜尚中も朝鮮人枠です。姜尚中は早稲田大学卒ですが、東大教授です。朝鮮人枠があったから東大教授になれたのです。
今度は学長です。ついに立教大学の学長に朝鮮人がなってしまったのです。朝鮮人はまだまだ侵略の矛先は緩めません。官庁、政治家、マスコミ、放送局にも朝鮮人がいます。弁護士資格は、朝鮮人の場合は別枠らしいのです。それで朝鮮人は弁護士になってしまうのです。兵庫県では朝鮮人が弁護士会会長になってしまったのです。
検事にも判事にも朝鮮人が入っているのです。その一つの原因は、「朝鮮を植民地にしたのだろ! 俺たちを日本人と同じに考えてはいかん。別枠で考えろ!」ということです。全ての問題は「植民地にしただろう」ということから出てきているのです。
これが、文在寅が言った新年の挨拶です。「日本人は朝鮮人に対して、もっと謙虚にならなければいけない」と言ったのです。それは「日本人は生意気なことを言うのではないよ。朝鮮人がこうだと言ったら、こうなのだ。お前達は俺たちを植民地にして散々苦しめただろう?」こうくるのです。
すると日本人は黙ってしまうのです。「従軍慰安婦も日本人がつくったのだろう、謝れ!」これが朝鮮人の手口です。日本人を謝らせて、どんどん一流会社にも入りこみ、銀行にも朝鮮人枠があります。銀行は枠の統一体です。創価学会も「三菱UFJ銀行に何名入れる」という枠をもっています。
 朝鮮人の特別枠だらけです。それが悪さをなすのです。今度はこれをしっかりと退治していかなければいけません。こんな不平等なことが行われて良いわけがありません。全て自民党の議員は韓国と裏でつながっているのです。韓国からワイロをつかまされて、黙って認めてしまうのです。
竹島は日本に返ってきません。自民党の大幹部のところに朝鮮人が来て、50億円置いていったのです。朝堂院大覚先生によると「日本は竹島の問題には黙っていてくれ」と言って、朝鮮人が50億円置いていったのです。それで自民党の議員は黙ってしまったのです。
 だから、竹島付近で漁をしていた漁師が韓国に拿捕されて殺されても自民党は韓国に抗議もしません。竹島は占領されているのだから、取り返せばよいのです。韓国に実行支配をされて、どうして日本政府は黙っているのでしょうか?
「日本は抵抗しないから、今度は尖閣列島でも盗って、住み着いてしまえばよいのだ。あいつらは、何も言ってこないよ。うるさいことを言ったら、ワイロをばらまいて黙らせればよいのだ」朝鮮人もシナ人も、このような考え方です。
この考え方を変えさせなければいけません。政治家の売国奴を追い出すのです。次はここに問題点があります。日本の社会を良くするためには、売国奴の政治家を追い出さなければいけません。

~引用終わります。

続くべええ!

書きやむべええ!

注)引用文以外は筆者の感想です。

©2019 riter-jiroco.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA