心の病・子供へのカウンセリングの場

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
子供へのカウンセリングは様々な場で行われています。

カウンセリングルームで
ムームージロコのチャイルドカウンセリングルームなどで
子ども本人の悩み相談、子育てに悩む親の相談
学校の教師などからの、児童、生徒に関する相談
などをクライエントから受け、それに対応することを
仕事としています。

教育機関で、
学校などでは、スクールカウンセラーや適応指導教室の
スタッフが子供たちの悩みの助けとなっています。
スクールカウンセラーは、教職員と連携しながら
児童、生徒や保護者へのカウンセリングを行います。
問題を抱える児童、生徒に対応することは
教師にとって精神的な負担となるため
話に耳を傾けたうえで、一緒に児童、生徒への関わり方を
考えるなどの教師へのケアもスクールカウンセラ-には
求められます。

働き方改革で教師の仕事の一部を他に分担させるようなことを
考えているのでしょうか?

テストの採点などロボットを使い

ピンポ~ン!あなたは最低から3番目ですとか

ピンポ~ン!あなたが最高点です。

テストもゲーム感覚で楽しんでやりたいものです。

そうは言っても、いつも零点では?

あなたは勉強は向きませんので

野球やサッカー、ブロック積や塗装職人になればいいでしょう

点数だけで区別する社会はおかしいとジロコ仏陀は

日頃思います。

区別、差別、分別

混ぜればゴミで、わざわざ混ぜて出しています。

小児科で
小児科でも子供と親のカウンセリングを行っています。
カウンセラーは医師や看護師と綿密に連携しています。
病院によってアプローチの仕方は異なりますが、
医師が子供を診察した際の、子ども本人や親に対してカウンセリングが必要だという判断から始まることが
多いということです。
また、薬物療法も並行して行われることがあり、高度な知識が
求められます。

マッ、この辺で和菓子の恩N氏の記事を引用します。

引用~

スポンサーリンク

文在寅は魔術師である。このように言うと皆さんはビックリするでしょう。文在寅が今やっていることは、魔術をかけているのです。
これは、考えぬかれてやっていることです。まず第一番に日本と韓国を仲たがいさせます。これが文在寅の本当の願いです。何故、仲たがいさせるのかというと、文在寅は北朝鮮に身売りをしているのです。
韓国の国民の中で気が付く人も出てきます。「俺たちは北朝鮮に売られている。文在寅が、とんでもないことをやっている」と気が付かせないために、日本と韓国の仲が悪くなるようにわざとやっているのです。これが文在寅の大魔術です。
「大統領がそんなことをするはずがない」と思いますが、文在寅は日本と韓国の仲が悪くなるようにわざとやっているのです。これは慰安婦問題から始まっています。慰安婦問題も朴 槿惠の時に決着がついているのに、文在寅が言いだしたのです。「これは無かったことにしよう」と言ったのです。それで韓国人も怒ったし、日本人も怒ったのです。
第二番目に徴用工の問題を持ちだしてきたのです。この話は実に芸が細かいのです。まず大法院の判事の中に自分の子分を5人も入れたのです。それで、わかりきった判決を出したのです。それまでは、こんな話は無かったのです。訴えを起こ
しても却下されてきたのが、大法院に5人も自分の子分を入れてこのような判決を下したのです。
するとどうなるのかというと、ますます日本と韓国の仲は悪くなるのです。徴用工の話は済んだ話です。それと同時に韓国人は「日本人が憎らしい。徴用工は20万人もいるのに、日本はけしからん。判決が出ているのだから、我々には請求権がある」と思っているのです。韓国人は「国家と国民は違う」と思っているので、「日本の野郎、さっさと金を払え!」と思うのですから、これでまた仲が悪くなります。
 文在寅がやっている本当のことは、北朝鮮への身売りです。魔術をかけて、それがわからないようにしているのです。
第三番目にやったことは、レーダー照射の問題です。韓国は何と言ったのでしょうか? 最初に言ったのは、「何かの間違いだ。我々は北朝鮮の船を探していたので、たまたま自衛隊の飛行機にあたったのではないか?」という言い訳をしていたのです。
しかし、船を探して海にレーダーを飛ばしているのに、どうして空に向かってレーダー照射をするのでしょうか? そんな話は通りません。すると韓国は説明できないから困ってしまったのです。「これは大変な問題だ。何故、照射したのだ?」と聞かれると、答えられなくなってしまったのです。
するとある日突然、「そうだ、日本が悪いのだ。俺たちがレーダー照射されたのだ」と言いだしたのです。これも文在寅の頭の中に入っているのです。このようにすると、日本と韓国の仲は悪くなります。
日本が国交断絶して大使を帰国させるなどの手を打ってくると、ますます日本と韓国の仲が悪くなります。韓国人の目は全て日本に向いてしまいます。文在寅は韓国人の目を日本に向けておいて、やっていることは38度線の地雷の除去をやっているのです。
韓国軍人の粛清をやっています。右寄りの韓国の優秀な軍人を全てクビにしているのです。韓国保安局も解体してなくなってしまったのです。考えてみると、これは文在寅の魔術です韓国国民の気が付かない間に、北朝鮮にスーとすり寄っているのです。
韓国国民が日本に目を向けるように仕掛けをつくっておいて、その間に北朝鮮にどんどん財産を流して鉄道をつなげて、地雷を除去して、大砲を撤去して、韓国の軍人を減らしているのです。そのような状況をつくっているのです。
文在寅はアメリカの言うことは聞きません。アメリカには、帰ってもらいます。このようなことです。北朝鮮とアメリカは、表面上では仲良くなっていますが、韓国は変な動きをしているのです。まさに文在寅の大魔術です。
 気が付くと韓国は物家の殻になっているのです。4千万人の韓国の人口が、2千万人しかいない北朝鮮にスルーと、吸い取られてしまっているのです。日本の500分の1しかいない国に韓国は吸い込まれてしまうのです。このようなことです。
 これが韓国の戒厳令の夜につながっていくのです。文在寅は、とにかく日本と韓国を仲たがいさせているのです。「こんな馬鹿なことを言ってこないだろう」というような無理なことを言って、日本をイラつかせて、喧嘩させて喜んでいるのです。完全な左翼です。
文在寅は殺されます。韓国では戦後、2回もクーデターが起きたのですから、起きる可能性が強いのです。文在寅が軍人をクビにしているのは、それを恐れているのです。クーデターを起こしそうな奴、骨がありそうな奴、それは因縁を吹っ掛けてクビにしてしまい、韓国軍をもぬけの殻にしてしまおうという作戦です。文在寅の大魔術、“もぬけの殻”です。恐ろしいことが行われています。文在寅の正体をよく見抜いていきましょう。

~引用終わります。

融和ムードだぜえ!

だんだんと真実が見えてくるような気がします。

真理を悟った?ジロコ仏陀

そうは言っても仏教は魔術ではありません。

念じれば願いがかなう?

だったらカウンセラーなどいらんぜええ!

です。

続くべええ!

書きやむべええ!

注)引用文以外は筆者の感想です。

©2019 riter-jiroco.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA