心の病・チャイルドカウンセラーの連携

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
人間は手がらを独り占めにしたがるものです。
自己利益最優先思想の影響と思われます。

ところがチャイルドカウンセラーは、子供の問題を解決するために、周囲の大人たちと連絡を取り合う
相談し合うという、連携が重要になってきます。

子供あいてだ!チョロいぜ!

なんて甘くはありません。

地方は結局「若者」を排除して自ら衰退する

いわれています。

田舎暮らしに飛びつくのも

十分な調査が必要です。

思いっきり衰退させて、無からやり直すのも一方法でしょう。

今までの経験常識、知識が頭の中にあれば
うまくいかないと言えます。

それは衰退している事実が証明されます。

よそから救世主?が来たとしても助からないでしょう。

排除の論理!崩壊する集落!その根底に何が?

外国人移民どんどん入れればいいじゃん!

なんて危険な声も聞こえてきそうです。

ジロコの風邪はよくなりません。

とりあえず無理して買い物に行きますが。ちょこっと代行してくれる業者があれ

ば便利です。

年2~3回ですから、毎月定額なんて無駄すぎます。

コンビニであれとあれとあれを買ってきてくれと頼むだけですから。手数料1000

円も払えばいいでしょう。

マッ、価格破壊競争が勃発するかもしれません。

線香を頼んだら、香取線香買ってきたぜえ!

寝込んだ時に必要なのは、緊急の食料です。

一人暮らしの高齢者が急蔵しています。

あれ、そこに高齢者が倒れていなかった?

気のせいだぜええ!

道端に横たわる高齢者の群れ。

面倒なことはごめんだぜえ!

●●●ンからメールがきました。

引用します。

内容紹介
IMFは2018年10月、主要各国政府のバランスシートを分析する報告書を公表した。同報告書によれば、日本の財政状況は、負債と資産とを差し引きした「純資産」がほぼプラスマイナスゼロだった。つまり、「日本は財政危機」というのはフェイクニュースだったのだ!
そんな矢先、10月14日に『読売新聞』が他紙に先駆けて、「安倍首相は、消費税率を来年10月1日に現行の8%から10%へ予定通り引き上げる方針を固めた」と報じた。この背景には、米中貿易戦争長期化による世界経済の悪化を含め、増税見直しの気運が財務省は、なぜそれほど増税したいのか? 安倍総理と菅官房高まる前に税率アップを確定させたい財務省の動きがあ長長官以外の与党政治家はなぜ押し並べて増税派なのか? テレ官以外の与党政治家はなぜ押し並べて増税派なのか? テレビ、新聞などで解説する文化人、はたまた財界人までもが消費増税を推進するのはどうしてなのか?
仕組まれた「増税包囲網」のカラクリを明らかにするとともに、財務省の走狗であるかのような増税亡者たちを名指しで糺

~引用終わります。

巷から増税反対の声が聞こえてきません。

引用続けます。

スポンサーリンク

出版社からのコメント
ベストセラー『日本を亡ぼす岩盤規制』(飛鳥新社)の著者、上念司氏が本書を激賞、推薦!
「私自身がリフレ派に転向するきっかけをつくった幻の名著『エコノミスト・ミシュラン』(田中秀臣ほか共著)。かねてから続編が期待されるも、十年以上、それは果たされなかった……。本書は事実上、その続編である。
アベノミクスが始まっても、その成果を認めず、緊縮と増税を煽る増税亡者どもよ、ついに年貢の納め時だ! 」
〈本書で著者が批判する方々(敬称略)〉
●池上彰 ●石破茂 ●小泉進次郎 ●岸田文雄 ●竹下亘(自民党前総務会長)●枝野幸男 ●中西宏明(経団連会長)●雨宮正佳(日銀副総裁)●清滝信宏(ノーベル経済学賞候補者)●金子勝 ●内田樹 ●藻谷浩介(『デフレの正体』著者)●小幡績(『リフレはヤバい』著者)●原真人(朝日新聞編集委員) ほか

内容(「BOOK」データベースより)
国民の生活を犠牲にしてまで彼らが増税にひた走る理由を暴露する。

著者について
上武大学ビジネス情報学部教授、経済学者。昭和36年生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。専門は日本経済思想史、日本経済論。著書に『デフレ不況』(朝日新聞出版社)、『経済論戦の読み方』(講談社現代新書)、共著に『エコノミスト・ミシュラン』(太田出版)など。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
田中/秀臣
上武大学ビジネス情報学部教授、経済学者。昭和36年生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。専門は日本経済思想史、日本経済論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

~引用終わります。

ジロコよ!脱線しすぎだぜえ!
そうは言ってもこの国はいつまでたってもよくならない

自己利益最優先思想の政治屋がのさばっている事実を国民が知り
いい加減にしろ!

声を上げる必要があります。

機は熟しつつあります。

子供の貧困をなくそう。

といってもタダでものを配っても意味が感じられません。

後ろめたさかよう!

オリンピックまでには大きな変化がみられる

そんな予感を感じます。

カウンセラーが連携を行う相手は、親や教師、専門機関の人などが考えられま

す。

その誰もが子供に対して一生懸命関わっており
役割や仕事にプライドを持っているので、
カウンセラーがのさばり出て、自分のやり方に従わせるような
関わり方をしたのでは、連携はうまくいきません。
連携する場合は

第一に連携する相手の役割

仕事・専門性に関心を持ち、理解や敬意を示すこと

第二に、自分の仕事や専門性について説明することです。

連携を行う相手と対立すると、情報交換がうまくいかず、クライエントの利益から遠ざかってしまいます。

連携する際には、必ずクライエントに事前説明をして

置きます。守秘義務の厳守はカウンセラーの必須事項です。

ぐずぐずした文章でわかりにくいいゼええ!

続べええ!

書きやむべええ1

風邪がひどくて人生終わりそうだああ!

終われば楽になるぜえ!

注)引用文以外は筆者の感想です。

©2019 riter-jiroco.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA