心の病・行動心理:ネクタイを触る

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブロゴです。
賃貸のおとり広告なんて報道されていますが、いまだ求人のおとり広告なんて言われていません。
損害が目に見えないのかもしれません。

オリンピックのテロに武器は不要?妄想ジロコのテロの手口!

なあんて書いてみます。完全なフィクションで妄想です。

競技中です。感動第一主義で観衆が湧いています。

と、突然表示版に

緊急!緊急!東京湾沖でM9,9の巨大地震発生!

15mを超す津波がこちらに向かってきます。

直ちに非難してください。

同時にスマホにも同様な非難警告メールが一斉配信されます。

逃げ惑う人々、押しつぶされる人々の悲鳴が聞こえます。

まるでこの世の地獄です。

そうは言っても、地震はテロリストの仕掛けた偽情報だったのです。

テロに武器は必要ありません。

これは作り話ですから、観戦に行かないことを強要しているものではありません。

マッ、この程度のことは対策済と思われますが、まさか?が
暴露する社会だから、用心にこしたことはありません。

ジロコは開催期間中は近くにつかずかないことにしています。

そうは言っても、オリンピック誰も見に来ないぜえ!

なんてあり得ません。

朝5時半開催だったら?

泊まるところが無いぜえ!

の、恐れが考えられます。

バカジロコ!いい加減にしろ!

外国人3千人が加入の労組結成なんてニュースでやっていました。

最初は時給300円でもいいぜえと言っていても、同一労働同一賃金を言い出します。

政府があおってますから、すぐに実現します。

で、

原住民は、当然同一賃金になるか、会社が二重の帳簿を?用意するかです。

そうは言っても、密告制度があります。

コンコン狐の真似は不可能になるかもしれません。

体制は内部から崩壊する可能性が高いのです。

いつまでもごまかし続けるのはむずかしい時代になっていくでしょう。

時給900円として、@900X8HX25日=180000円の月収です。

年収は180000X12=216万円です。

これから税金、社保などが控除されるから、実際に使えるお金は
年180万円程度でしょう。

つまり、この国は年収200万円の世界になります。

今のうちから心得たほうがいいとジロコは言ってます。

明るい夢など見ていても、単なる夢で終わるでしょう。

どうすんだよう?

コンコン狐などに任せず、自分で考えればいいのです。

いつまでも踊らされていたのではらちがあきません。

感動第一主義だぜええ!なんて言ってないで考えればいいのです。

サバの缶詰が大量に売れたのも、踊らされた結果とジロコは推理します。

TVを使えば、ピエロを踊らさせるのは簡単かもしれません。

スキップの目安
↓ ↓ ↓
_____________
これは広告をはる目安です。

ジロコが(有)年産自動車での研修セミナーの講師を終わり退社しようとした時です、「ある上司が、部下との関係に悩んでいる、うまくいってないそうなので、様子を見てくれないか?」

専務に声をかけられました。

この場合は別料金を請求してもいいのですが、それではガメツ過ぎます。

スポンサーリンク

次回の出番を失う可能性を否定できません。

自己利益はいい加減にすることが永続の秘訣です。

ジロコは、本人たちには知られないように探偵ごっこをやることにして、階上に戻ると、偶然にも、上司と部下が話をしていました。

ムームージロコの探偵事務所なんて立ち上げたら?
誰も依頼にこないゾウ!かもしれません。

様子から、部下が発注商品を間違えたようで、返品ができない契約になっているのでもめています。

部下は注文間違えを発注先のせいにしようと必死に話しています。

77万円もの損失が発生するので、上司も責任逃れに必死です。

部下はネクタイを触りながら、グダグダしゃべっています。

さて問題です。

このしぐさの時の部下の心理を次の中から選んでください。

①グダグダいって自分の責任を逃れたい

②不快で、結果がどうなるのか不安である

③会社の損失など、従業員が補填する必要な無い是エ!
と思っている。

④こんな会社辞めてやらあと思っている。

⑤早く家にかえりたいぜえ。

正解は?

ピンポ~ン!

②です。

スポンサーリンク

 



しぐさの真意を仮定してみると

上司への報告
↓↓☟☟☟
このタイミングから
↓↓☟☟☟
①ミスしたことによってダメな奴と決められる
給料から損害の一部を引かれるかもしれない?

②報告内容が嘘っぱち
上司は、部下のしぐさからウソが感じられた場合は慎重な対応が必要といわれています。

取調室のように「お前のミスだろう!お前の責任だ!」

なんて言って、責任を押し付けたり、疑いのまなざしを向けたり、不安をあおらないようにすることが大切です。

このような場合は心理カウンセラーとして、上司が具体的にどんな悩みを抱えているかを聞きとり、いわゆる事情聴取に似ています。

その後部下とも面接し、お互いの意見を理解し合えるように橋渡しをしましょう

と、言われています。

ジロコは橋になればいいのです。

どこかの国では道のないところに橋をつくってるそうです。

見返り勘定が存在するのでしょうか?

マッ、ジロコにはこの程度の文しか書けません。

妄想文なら、限りなく書けそうです。

そうは言っても
スポンサーリンク

 


見たくないゾウ!

読みたくないゾウ!

時間の無駄だゾウ!

ゾウが多すぎるゾウ!

続きます。

書きやむべええ!

注)この記事の一部分は個人の妄想です

©2018    riter-jiroco.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA