心の病・芸術療法の終わり方②

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。

水道事業民営化?財政が厳しいので民営化が自治体の判断でできるようになるそうです?

儲からないことを、民間企業がやるでしょうか?

〇〇市バス運行、民間撤退なんてやってました。

民間企業はボランテェアはやらないでしょう。

かといって、多大なリスクを抱え、個人でバス運転のボランテェアなんて誰もやりません。

2種免実地試験免除の条件として、無給で運転させれば?

正式な免許がないので運転できません。

だったら

自動運転車にすれば?

購入資金が枯渇しています。

市営に戻すそうです。

何やこの国、行き当たりばったりじゃん!

公営 → 民営 → 公営 → 民営 → ???

堂々巡りです。

目先が変わったとしても、堂々巡りなのです。

諸行無常と、堂々巡りが世の中の原理?かもしれません。

人類は堂々巡りから抜けられません

と、

いうか、抜ける必要性を感じません。

堂々巡りが、安心な人生と言えます。

バカジロコ!意味わかんないぜえ?

計画性のなさというのがバカジロコでも感じます。

計画したつもりでも、堂々巡りになるので、計画の必要はないのです。

行き当たりばったりでいいのです。

人生も計画せず、行き当たりばったりと生きていれば
心の病から解放されるかもしれません。

ところが、堂々巡りから抜けるには

外国人労働者使えばいいじゃん!

移民・難民使えばいいじゃん!

時給300円で働いてもらえば、利益が出るかもしれません。

あるいは外国企業にそっくり請け負ってもらえばいいじゃん。

水道からダンゴムシが出てきたぜえ!

水道水を庭にまいたら、ひまわりの芽がでてきたぜえ!

水道水を飲んだら血圧が130になったぜえ???

国民の生命にかかわることを、外国企業に任せていいのでしょうか?

と、

TV中継で言ってました。

なんでもカンでも民営化?

入札で落札するのは、常に〇国の企業?
この国の業者は3億円以下ではやらないぜえ!

と言っても、〇国の企業は、1億円でやるぜえ!
落札チョロいぜ!

で、

天井が落ちてきたぜえ!

耐震偽装だぜえ!

床が抜けたゼえ!

水道からお湯が出できてやけどしたぜえ!

この国の発注工事や、事業はすべて〇国の企業が落札!

貧乏人に、振り込め詐欺の電話がかかってきたぜえ!

よその郵便物がポストに入ってたぜえ!

牛肉買ったのに、鶏肉はいってたぜえ!

ピンクのムームー注文したのに青色が届いたぜえ!

この国は混乱の雨嵐!

外国人労働者の失業者が大量に出たらどうなるか?

最初は時給300円で働いていても、すぐに同一労働同一賃金なんて言い出すゾウ!

ところで、同一労働、同一賃金だったら、労働者の意欲は低下します。

儲かってる会社と、儲かっていない会社では、賃金に差が出るのは当たり前です?

スポンサーリンク

人手不足の嘘っぱちから?この国は大変なことになります。

この国の国民が、10社20社と多数応募しても、採用されないそうです。

TVドラマでも言ってました。
ジロコも20社応募しましたが、うんともすんとも言ってきません。

人手ふ足で返事もできない?

応募者をバカにしています。

人手不足ではなく、採用しないだけです。

注)個人の感想です。

だったら優秀な外国人を使えばいい?

おかしいゼえ!

この国の国民は優秀ではない?

この国は外国人のためにあるのか?

政府関係者も、外国人が住みよい国にすると言ってました。

この国は神が住む国といわれています。

神の意志に逆らい勝手に国をいじくりまわせば?

これ以上の妄想は危険です。

地球が・・・

バカジロコ!いい加減にしろ!

いい加減にしろ〇〇内閣なんてヒットします。

スキップの目安
↓ ↓ ↓
_____________
芸術療法の終わり方の続きです。

阿法さん「主人は最初すごく優しかったのですよ」

ジロッペは保留にしてジロコに戻ります。

ジロコ「そうですか?」

阿法さん「主人と出会って、結婚したいと感じ、でも人って変わるのですよね」

ジロコは、変わるのではなく、本性むき出しになるだけだぜえ!
と感じます。

この場合は、諸行無常は作用していないかもしれません。

阿法さん「主人すごく優しくて、休みのたびに私の好みのところへ連れてってくれて、私も主人のために料理の修行の真似をしていました」

ジロコ「そうだったんですか」

マッ、このあたりから所業無常が入り込んでもいいでしょう。

この世の世界で変わらぬものはありません。

あったとしたらジロコの貧乏とバカさだけでしょう。

阿法さん「昔に戻ってちょっと優しくしてみようかな?

主人も大きく変貌してしまいましたけど、私が昔みたいに戻ればいいのかな?

ジロコ先生、この絵もって帰ってもいいですか?」

ジロコ「持って帰りたい理由をお聞かせ願えますか?」

阿法さん「主人に見せようと思うのです」

ジロコ「そうですか、基本的には、すべてのカウンセリングが終結するまでは、こちらで保管させていただきたいのですが」

阿法さん「そうですか、了解しました」

ジロコ「すべてのカウンセリングが終わったら持って帰って結構です。
では3回の芸術療法が無事終わりました。

阿法さんの中に、ご主人との新たな関係が見えてきたようなので
次回から来談者中心療法に戻りましょう」

阿法さん「まだ続くのですか?」

続きます。

続くべええ!

書きやむべええ!

ダンゴムシが静かに交替制転向反応をしています。

注)記事中、世相に関する記述は個人の感想であり、事実とは一切関係ありません。

©2018    riter-jiroco.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA