心の病・芸術療法の終わり方

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
おもてなしの強要が労働者の苦痛になってるそうです。
離職率が高い要因とも言えます。

ジロッペも、またどうぞお越しくださいなんて、心にもないことやめればあと言ってます。

またくればあ!

またこいよ!

安いいゼえ!まずいぜえ!

くえないぜえ!

金返せよう!

食えなきゃあ庭に埋めればいいじゃん!肥料になるぜ!

ジロッペはパインナップルが嫌いです。

そうはいっても買ってきました。

どうすんだよう!

庭に埋めて育てます。

庭をムームーが似合う環境に育てようと企んでいます。

<®ムームージロコ>をブランド名に育てようと企んでいます。

世間じゃ変態と言ってるぜえ!

妄想性障害だぜえ!

認知症だぜえ!

堂々巡りだぜえ!

政治屋さんにも、聞いてないぜえ!

という人がいましたが

言ったぜえ!

で、

決着です。

ところで

接客の心の負担を軽減するには、

軽減税率は、国民に負担がかかるだけだからやめようとジロッペは主張します。

クレカの利用を推進すれば、犯罪が激増するかもしれません。

多重債務者の再現も予想されます。

怖いゾウ、〇〇〇ゾウさん。

心に浮かんだ感情をそのまましゃべればいいのです。

裏、<表なし>です。

おもてなしとは、感じた感情をそのまましゃべることです。

ジロッペの行ってる常行の居酒屋では、気にいらない客には
二度と来るなよ!と言ってます。

当然客数はじり減になります。

そうは言っても下品?な客は激減します。

ジロッペは、お上品な客と言えます。

おどんぶり お受験 おラーメン おカレー お詐欺 お国会
お外国人、お自治会、お市役所、お高速道路、お焼酎、お新聞

なんでも、 お、 をつければ上品?

バカまるだしだぜえ!

というか、教養のなさをさらけ出すようなものです。

そうは言っても料理研究家がラジオで、おどんぶりと言ってました。

ところが、おどんぶりは料理じゃないのでどうでもいいことです。

普通の人間は、専門分野以外にまで頭は回りません。

お医者さんで、弁護士さんなんて聞いたことありません。

ところが政治屋さんは、弁護士さんだったり、会社の経営者であったり、両立しているそうです。

なんや政治屋さんて簡単な仕事じゃん?

反対や、賛成を般若心経のように唱えてればいいだけじゃん!

特に〇党の場合は、反対のみしゃべれればいいので、外国人でもできます。

自己利益最優先思想で、あっちに行ったり、こっちに行ったりで
信念とか、一貫性が見られません。

〇〇〇〇返還実現が政治屋になった理由といっていた人がいましたけど、今でも政治屋さんをやってるみたいです。

ジロッペはバカという一貫性があります。

ジロッペよ!ばかにしすぎだぜえ!

〇〇〇ゾウさんが喜ぶぜえ!

そうは言っても、ゾウさんはこの国のために、非難喝采を浴びながらも尽力していますが、誰もほめてくれません。

ジロッペはゾウさんに替われる人は現在皆無と思います。

そうは言っても、個人の感想で、感想には個人差があります。

〇〇〇ゾウさん頑張れ!なんて誰もいいません?

この国おかしいいぜえ!

バカジロコ!非難喝采なんて日本語無い是エ!

政治に口出しは危険だぜえ!

この国は外国人労働者が急増するので、言語の混乱や、思想や宗教、習慣の相違による混乱、
生活習慣病の相違、トラブルが日常茶判事と想像されます。

弁護士さんの出番が急増するかもしれません。

だったら献金増やせよう?

なんのこっちゃああ!

どこかの大統領には裏表がありません?

いつも本心です?

ところがこの国はそんなに単純ではありません。

本ねと建て前の二面性を考慮しなければならないのです。

それが原因で心の病が急増しています。

なんか、ゾウという発音が目立ちます。

急増→急ゾウ!

ジロッペ!言葉で遊ぶな!

外国人急増で

治安要員が不足で、災害救助には人手が廻りません。

どうすんだよう?

災害救助隊なるものを創ればイイのです。

〇〇庁とか〇〇省とか勝手にできますので、

勝手に災害救助省なるものを作って、

外国人を税金で雇用すればいいのです。

反対する国民は、救助しないぜえ!

と、

通告します。おとなしく従うか?

甘いぜえ!

自分の命は自分で守るしかないぜえ!

保険に入ったほうが信用できるぜえ!

と、国民が気ずき

拒否しても

国には逆らえません。

埋め立て反対と言っても、国家権力に対抗できるのでしょうか?

国家に逆らう不届き者め!

成敗するぜえ!

ところが外国人は独立国家が好きそうです?

この国から独立するぜえ!

なんてならないのでしょうか?

とうとうこの国も内戦に・・・

この国の国民が、どこの国か解らなくなったぜえ!

と言っても、

認知症のせいだぜえ!

と、

無視されます。

グダグダ言えば強制入院です。

そうは言っても収容人数には限りがあります。

限りといえば、TVで先着〇〇〇名様限りと言ってます。

それが嘘なら、措置命令が出るのでしょうか?

ジロッペは警報77条国家扇動罪で拘束されるか?

拘束の法則なんて検索しても出てきません。

この国の国民は、南海トラフとか、直下型に恐れを感じても、

外国人労働者の増加には、危機感を覚えないようです。

真実が証明されていない?世論調査によると、この国の国民は
外国人労働者受け入れに、半数が賛成だそうです。

世論調査の真実性を立証する公的機関を作る重要性を誰も言い出しません。

よその国でも同様です。

世論調査=世論誘導です。

ジロッペが総理大臣になれば、世論調査禁止法案を提案します

そうは言っても、市場調査は禁止しません。

調査する側の 思うつぼ なのです。

もし、お金が動けば?

ジロッペよ!<®妄想過多症>だぜえ!

<®妄想過多症>とは

何事にも、陰謀が企だてられていると、強く思いこみ、
真実を否定し、陰謀探しに躍起になる、推定無罪を反転したような思想に凝り固まり、世の中のことすべてを、ありのままに
受け入れられなくて、自己勝手な妄想にふける。

という症状です。

ジロッペは自覚していますから、症状は軽いといえます。

TVや新聞が言ってるのだから間違いないぜえ!

政府の言ってることだから間違いないぜえ!

Aiロボットの言うことだから間違いないぜえ!

ジロッペの行ってることは全部妄想だぜえ!

南海トラフや、直下型で脅しておけば?

スポンサーリンク

ジロッペ危険だぜえ!

個人の感想では済まなくなるぜえ!

<®妄想過多症>なんて病気無い是エ!

観察処分は、個人にも及ぶのでしょうか?

この国も外来人数最他国の法律に変わるのでしょうか?

うっ、国会中継を見たら、皆外国人?

〇党は全員外国人です。

時給300円で代理出席しているそうです。

反対っていうだけだから楽だぜえ!

で本来の政治屋さんは?

本業に励んでいます!

そして昔からの、この国の国民は?

ジロッペよ、フィクション作家になったのか?

ちゃうゾウ!

ジロッペの錯覚だぜえ!

ジロッペのバカさ加減を表現するために思いっきり書いてみました

スキップの目安
↓ ↓ ↓
_____________
芸術療法の終わり方です。

この国では生き方をあおっても、人生の終わりについては知らん顔です。

二人に一人が癌だそうですから、無関心、無感動になります。

そうは言ってもジロッペは感動第一主義には感動しません。

百歳以上が何万人?

毎年増加しているぜえ!

それがどうした?

意味あるのか?

ところが錯覚させる意味があるのです。

なんのこっちゃああ?

マッ、知らぬが仏です。

とジロッペだけが言います。

ところで、芸術療法を終えるときに、作った作品はどうすればいいのでしょうか?

ネットオークションに出せばいいじゃん!

とバカジロコは言います。

バカジロコとジロッペは同一人物です。

検索ヒットしやすいように二つの名前を使ってます。

やっぱりバカだ!

舞台設定
ムームージロコの心理カウンセリングルーム

クライエントさん
阿法さん 55歳 65歳の夫が定年退職し、家に居座ってから

そういえばいいCMがありました「亭主留守で・・・」

検索するとたくさんヒットします。

家に居座ってから、息苦しさや、イライラが募り、夫との関係もぎくしゃくして

きた・・

当然ですよ、もとは他人が何十年一緒に暮らしてれば
いい加減にしろ!という気持ちが湧きます?

だったら離婚すればああ?

それでは生活に困窮します。

ジロッペ!まじめにやれよ!

この状況を改善しようと、ムームージロコのところにカウンセリングを受けにやってきました。

ジロッペは悩みを増やすのが得意です。

心の隙間を広げます。

カウンセリングを受けたら悩みが増えた方は、ジロッペのカウンセリングを受けたのかもしれません。

ジロッペは

①悩みの原因の多くは洗脳が原因だ。

②悩んでも解決できないことは、悩むだけ無駄だ。
がジロッペの主張です。

ピンポ~ン!

ジロッペ「よくいらっしゃいました。」

阿法さん「うちの夫が、ぐちぐち、がやがや、ああでもない
こうでもない、ああだ、こうだ・・・」

愚痴放題で聞くに耐えません。

ジロッペは来談者中心療法で、4回ほどカウンセリングを行いました。

ようやく、落ち着きを取り戻したが

そんなに甘くないぜえ!

阿法さんは、これから夫とどう関わっていけばいいのか?

答が見つからず、黙秘状態になってしまった。

どうすんだよう!

そうは言っても取調室ではありません。

自由画法をやってもらいました。

3回の設定で、今日が3回目最後のシーンです。

ジロッペ「それでは阿法さん、今日で絵画療法は終わりになります。
終わりの始めなんて言われています。

新しい人生がこれから始まると思えばいいでしょう。

この紙に、今までと同様に思い浮かぶことを自由に表現してください。」

阿法さん「風景画でもいいのですか?」

ジロッペ「今心に浮かぶことなんでも表現してください」

阿法さん「なんか昔懐かい風景が頭に浮かんできましたので描いてみます」

阿法さんはセッセせっせと描き始めました。

13分後、13 minutes after、在13分钟、13 분

阿法さん「できました。これ、主人と一緒に公園を歩いている場面です。昔私はスマートでモテモテでした」

ジロッペ「そうですか」

阿法さん「主人は最初すごく優しかったのですよ」

ジロッペは、男は最初から本心をあらわさないぜ!

釣れるまでは、やさしさを強調します。

優しさの裏にある、本心を夢抜くことが重要です。

そうは言っても、恋は盲目といわれ、正常な判断ができないのが普通かもしれません。

ジロッペは、探偵さんに調査を依頼すれば、人生の失敗をある程度予防できると推測します。

ころばぬ先の杖で、数十万円?の出費は人生の安全を保つためには必要かもしれません。

相手の身元や、人柄、性格調査は必須と言えます。

何も調査しないで、ホイホイ出かけていけばネギカモになる可能性は大きいといえます。

注意一つ省略しただけで、人生が終わる可能性を否定できません。

現状を正しく認識することが重要です。

どこの馬の骨だかわからない人に、安易に近ずかないほうが無難です。

銀ギラで見栄えがいいぜえ!

と言っても、諸行無常です。

数年後、A few years later、几年后、요몇년?

あれ、家畜飼ってたかなあ?

ジロッペはそんなことばかり言ってるので、いまだに家来はダンゴ虫しかいません。

最初から冷静だと好きになれません?

ジロッペは常に平常心で、感動することもありません。

般若心経の効果で、世の中がわかりきってしまったのかもしれません。

知らぬが仏を実践できないのです。

ジロッペには心が無いのかもしれません。

ゾンビか?

実際にゾンビのように、表情が無い人々が多い事業所に
納品にいきました。実在する会社ですが社名は書けません。

従業員に表情がなく、まるで仮面をかぶっているようです。

ジロッペの推薦する仮面劇場の世界です。

就業時間中は自分の心を休ませているのかもしれません。

職場の人間関係云々もないと想像されます。

職場の人間関係改善には、就業拘束中は、こころを捨て去り
ただひたすらに、セッセせっせと業務に励めばいいのかもしれません。

今までの経験、常識、知識で問題解決を図ろうとしても歯が立たないのかもしれません。

どうやれば無表情になるのか?

しかし、この国は普段でもマスクをしている人が多すぎます。

不気味です。顔を隠して???

化粧品使わずに仮面被ってりゃあいいじゃん!

ジロッペよ!関係ない記事で字数稼ぐなよ!

そうは言っても字数が多いと広告効果が薄れます。

続べええ!

書きやむべええ!

注)記事中、世相に関する記述は個人の感想であり、事実とは一切関係ありません。

©2018    riter-jiroco.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA