心の病・ソリューションフォーカストアプローチ抵抗

スポンサーリンク

スポンサーリンク



心に明かりを!ジロコのブログです。
受験予備校なんかやってられんぜえ!社会の変化が超高速化しているようです。

ついていけないゾウ!と思われる方も多いと想像されます。ジロコは貧乏だからスマホを持っていません。

この国の受験者とは縁を切り、留学生をあいてにしたほうが、
明るい未来が見えるそうです。

儲かりゃなんでもありです。

亡かりゃなんでもありです。

今後<お受験>という言葉が過去の遺物となるような予感がします。

奨学金が未来をつぶす?なんて言われているそうです。

奨学と聞くと、ジロコは正覚が頭にヒットします。

正覚は悟りの意味があります。

ジロコは悟ったのです。人生に意味のないことを。

この世は三つの法則でほぼ解釈できます。

①®で、誰が儲かる の法則

②®で、いくらもらった の法則

③®無い是の法則

貧乏人の子は、奨学金を借りてまで大学に行く必要があるのか?
とジロコだけが疑問に思います。

最悪家族までが巻き沿いに?

借金してまで、大学に行かないと未来が明るくないのか?

ジロコだけが疑問に思います。

年収200万円の生活で

これでいいのだと思えれば
ネギカモになる必要性を感じません。

®で、誰が儲かるの法則  を使うと

奨学金300万円借りたゼえ!

で、

誰が儲かる?

奨学金を利用して大学を卒業した人の10年後の人生なんて調べてみようとおもっても資料がありません。

検索すると、奨学金破産なんてものが目立ちます。

貧乏人の子は、貧乏の連鎖から抜けられない?

この国の性格なのでしょう。

あきら~めましょう♪ あきら~めましょう♫

なんて歌が昔ありました。

田舎で年収200万円で暮らすことも選択肢の一つにすればいい時代になったのかもしれません。

そうは言っても、一流大学を卒業して、退職金5000万円以上もらえる職に就きたい?

そうは言ってもこの国の二人に一人は癌になるそうです。

南海トラフとか直下型もあるそうです。

人生は生まれた時に決まるということの要素に

①貧乏家庭に生まれた

②お金持ち家庭に生まれた

上の①か②かが大きく関わってきます。

終戦直後の管理されていない?社会ではどさくさにまぎれて
一攫千金を得るチャンスがあったかしれませんが、管理され切った現代では

<少年よ、大したことは考えるな>が正解とジロコだけが思います。

いつでも夢~を~♫ いつでも夢~を♫

この歌が歌われていた時代は誰もが夢を持てた時代かもしれません。

今ではおいしい話はほとんど全部がネギカモです。

2億円も背合わされた人もいます。

ローンは家賃から払えるし、節税にもなる、

ローンが終われば、安定した年金収入になる?

で、

人生が先に終わったぜええ!

ジロコはこのような人々を一人でも減らすために
夢食い怪獣ムームージロコとしてこの国に誕生しました。

夢はあおらない、夢を食いまくる危険な怪獣です。

世間に夢が無くても生きていけるぜえ!
と叫び続けています。

夢をお持ちの方もジロコの記事を読めば真実がみえるかもしれません。

自己啓発本や、成功本を読んでも実行に移さないのは、実行しないのではなく、実行するとバカを見るからでしょう。

本は夢を見るために読んでるに過ぎないとジロコだけが痛感します。

その結果<夢を見るのは眠ってる間だけにしたほうがいいぜえ>というのがムームージロコの主張です

あおり社会はいい加減やめよう、年収200万円の生活で心の病を皆無にしようというのがジロコの具体的主張です。

年収1000万円だぜえ!と力んでも

税金の負担が大変だぜえ!

社会保険料の負担が大変だぜえ!

冠婚交際費の負担が大変だぜえ!

軽自動車には乗ってられんので、車の費用が大変だぜええ!

車が無いとバカにされるぜえ!

窓の下に雲がみえるぜえ?

窓から見て、雲しか見えない生活って楽しいのでしょうか?

ジロコの家には蜘蛛が這いまわってるぜえ!

貧乏人と差をつけなきゃいけないので大変だぜえ!

詐欺に狙われやすいので大変だぜえ!

もういいぜえええ!

と、

貧乏人にはない苦労の山がのしかかってくるそうです。

いつ、会社から,<50歳以上の価値を生まない社員>のバーコードを貼られるか、びくびくの毎日と想像されます。

年収1000万円もらってた人は再就職が困難と想像されます。

トイレ掃除でもやりゃあいいじゃん?

それでは住宅ローンばかりか、車のローンも払えんぜええ!

車検も受けられないぜええ。

今年の住民税払えないぜええ!

生活のレベルを上げる?ことは危険な行為と言えます。

これからは生活のレベルをどんどん落としていくことが
重要課題です。

根拠はTVCMで頻繁にやってます。

年を取ると年々減っていく・・・

年々減るのが自然現象ですから

それに逆らうのは

神にもさからう不届き者め!

となるおそれがあります。

年収200万円ならほとんど心配事がありません。

住民税非課税世帯だぜえ!

村から毎月20万円もらえるぜええ!

家賃なんて科目無い是え!

自転車だから維持費も燃料費もかからないぜえ!

健康寿命アップだぜえ!

会社は行ってるだけでいいぜえ!

野菜は近所からもらえるぜえ!

肉は山へ行って獲ってくるぜえ?

人生どう生きようと個人の勝手です。

悩みの原因の大半は他人と比較することが原因とジロコは推理します。

君はどう生きる?

大きなお世話だぜえ!

教育勅語?

就活ルールは政府がきめるぜえ?

個人の生き方まで管理するのか?

ジロコよ!グダグダ長すぎるぜえ!

スキップの目安
↓ ↓ ↓
_____________
ソリューションフォーカストアプローチの続きです。

ムームージロコの心理カウンセリングルームを使い
スタッフにはゴキドンや、野生のハムスターです。

人間いろいろ、人生いろいろですからクライエントさんすべてがカウンセリングに肯定的のわけがありません。

原発も、賛成、反対

埋め立ても、賛成、反対

改正も、賛成、反対

と、

スポンサーリンク

なんでも賛成、反対があるのが自然の道理?です。

中間というものはありません。

白か黒かに分類されます。

男性、女性、中性?

教育勅語で、子供の意志を統一?

ジロコは恐怖を覚えます。

関係ないぜえ!

カウンセリングの記事書けよう!

クライエントさんの設定

百瀬さん 中学2年生 不登校を解決するため、母親に無理やり
ムームージロコの心理カウンセリングルームに連行されました。

夏休みを過ぎたころから、

ところで夏休みを過ぎるといろいろ問題が発生するそうです。

ジロコは「夏休み廃止にすればいいじゃん!」と思いますが
誰もが口にしません。

なぜ?

マッ、深追いは危険です。

一般人は犯人を追わないほうが身のためです。

実例がありますが書きません。

®無い是の法則で、その道のプロに任せるのが一番です。

®無い是の法則使ったら非難を浴びるぜえ!
と思ったら?

一番いいのが追いかけるふりをして、途中で自己の意志につまずいて
転べばいいのです。

追いかけ~て♫ おいかけ~♪

転んだぜええ!

世間体も保たれ、人生をそのまま続けられます。

人生一度きりといわれていますので大切にしたいものです。

百瀬さんは夏休みを過ぎたころから、学校へ行かなくなりました。

卒業したと勘違いしたんじゃあないの?

バカジロコと違うゾウ!

学校へ行ってるかと思っていたら、友達と遊びまわっていたことが
判明した。

ところでよくあるのが、リストラや自己都合で、行くところがなくなった主人が、出勤するふりをして、競馬場へ通っていた。

などなど。

探偵さんと長期契約をして、毎月一回主人の在籍を調査しておいたほうが無難とジロコだけが思います。

在籍目視確認だけですから、年間3万円程度の料金ならば
希望者続出とジロコは勝手に考えます。

ムームージロコの在籍調査事務所なんてはじめれば、ダンゴムシ型
追跡ロボットを使えば、一日に無数の調査ができます。

野生のハムスター型ロボットなら、さらに速度が速まります。

そうは言っても、調査されていることが、主人に気ずかれたら?

マッ、その時は弁護士さんに相談されたほうがいいかもしれません。
心理カウンセラーでは荷が重すぎます。

過積載は社会から大きな非難を浴びています。
過積載は犯罪です。

やはりジロコはバカだゾウと世間の声が聞こえます。

百瀬さんの母親は、その後学校まで送り、学校の門をくぐるのを、

くぐるなんて文字をかくと

格子戸を~♪くぐりぬけ~♫
なんて歌が頭の中に、自動的に浮かんできます。

・・・くぐるのを見届ける日々でした。

ピンポ~ン

ジロコ「百瀬さんこんにちは、今日もめげずによく来てくれました。
おかげでジロコも順調です。お礼を言います。
百瀬さんがお困りのことで、私が役に立つと思いますか?」

百瀬さん「ダンゴムシがいっぱいいて、マッ黒な虫が飛んでいるし、ネズミみたいなものがチョロチョロしているし、ここは
拷問室なのですか、カウンセリングなんてやめてほしいのですけど」

ジロコ「そうは言っても、前払いで料金を受け取っているので、
会計処理が面倒なので、どうしますか?」

百瀬さん「そうは言ってもカウンセリングやめたいのですけど?」

ジロコ「カウンセリングをやめて、百瀬さんを救ってくれる人がいるのですか?」

百瀬さん「いそうもないけど・・・もっと他に困ってる人を助けりゃあいいじゃん!」

ジロコ「私は人助けでカウンセリングをやってるのではありません。小さな親切、大きなお世話と違って、カウンセリングによってクライエントさんの将来を変えるわけですから、大きな責任が伴います。ボランテェアとは性質が全く異なります。

そのため、人生を返してくれえなんてクレームも出ます。

待ち伏せされ・・・のリスクもあります。」

百瀬さん「そんなに責任が重いのですか?」

ジロコ「ところで、百瀬さんはいつもイライラしているイライラ感が見えますが、それって疲れるし、危険だと思わないですか?」

百瀬さん「カウンセリングやめないから、イライラが増幅してんじゃん!」

ジロコ「そうは言っても、カウンセリングを受けたら悩みが増えたなんて、ネットででてきますから、好転反応の前兆かもしれません」

百瀬さん「好転反応なんて聞いたことないのですけど、交代制転向反応と違うのですか?」

ジロコ「®交替制幸福反応というジロコ先生が考えた法則もあります」

百瀬さん「なんの話かわからなくなりました?」

ジロコ「カウンセリングがなくなったら、そのイライラはなくなるのですか?」

百瀬さん「エネルギー不滅の法則があるので、無くなりはしませんが、減ります」

ジロコ「減るだけでなくならないのですか?」

百瀬さん「なくなるわけないじゃん、母上がああでもないこうでもないといちいちうるさし、私は母上の所有物ではないし

動物園の動物ではありません。

四六時中監視され、良い子といわれる人だって、四六時中観察すればボロが出てくるのが自然の原理です。四六時中良い子は観音様とか
観自在菩薩様とか日蓮大聖人様とか、雲の上のような人だけでしょう。」

ジロコ「そうは言ってもタレントさんは動物園の動物のようなものです。理由は説明しませんが、百瀬さんもよい子のふりをすれば、八方うまくいくと思いますが?」

ここでジロコの余談が入ります。

はっぽうと聞いて、発泡スチロール業界の終焉が見えます。

カップ麺の容器は最近紙製に変わってきてます。

再利用していると、ボロボロになり水もれします。

ジロコよ!記事が終わらないぜええ!

百瀬さん「ジロコ先生、話がよくわかりません!
カウンセリングしてるのではないのですか?」

ジロコ「先生の悪い癖で、自己主張とカウンセリングがごちゃまぜになってしまいます。」

百瀬さん「先生もカンセリングを受けたほうがいいのじゃないですか?」

ジロコ「カウンセリングを受けると悩みが増え、自己喪失の危険性があります」

百瀬さん「???」

ところで記事が長すぎます。

ここで打ち切ります。

続べええ!

書きやむべええ!

©2018 saleswriter-Jiroco riter-jiroco.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA