心の病・フォーカシングの手順(フェルトセンス③)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。
またまた、オーナー募集事業が破綻の兆しです。

出資者に高額の配当をするより銀行で借りればいいじゃん?

ところが銀行では

怪しい事業には金貸せないぜえ!
です。

マッ、集めたお金を配当に回せば、しばらくは
世間をだませるぜ!

ジロコのところにも出資すればあ?
とDMが来てましたが

ジロコはとっさに詐欺と感ずきました。

ジロコは過去に何回も詐欺にひっかかっています。

幸い人生にはほとんど影響がなかったと思います。

しかし、夢食い怪獣ジロコに変身した大きな原因カモ
しれません。

ジロコの企んでいるダンゴムシ養殖詐欺とどこが違う?

銀行に借りられても詐欺?が横行していますので

出資や配当話には注意が必要です。

①立地の良さ

②管理のよさ

で空室が出るのを防止できると言ってます。

そうはいっても、万一・・・

博打との違いが見えません。

貧乏ジロコのひがみだぜえ!

マッ、個人の勝手ですが

勝手に人生を終わらせないことが重要です。

地銀が撤退!

町民が不便になるぜえ?
と、

町の預金全額引き出しで対抗

で、

誰が儲かる?

<®で誰が儲かるの法則>を適用すると?

〇〇〇銀行と、〇〇〇〇銀行、〇〇〇銀行とジロコは想像します。

思うつぼだぜえ!

地銀は生き残れるのか?

何が起きても不思議でない現代

日々何事もなく生き延びるのは綱渡りです。

綱渡りの人生?

生き残れればラッキーでしょう。

生きているのが奇跡と言っても過言ではない
社会になってきました。

自分で勝手に人生を終わりにする人は?

ジロコが感知する問題ではありません。

またもや預金残高の改ざん?

〇〇信金がマネーロンダリング?

儲かりゃなんでもありです。

人口知能の採用で、女子学生の採用に陰りが見えてきたそうです。

で、

誰が儲かる?

®で誰が儲かる  の法則は真実を浮き彫りにします。

テクノロジーは人類を滅ぼすのでしょうか?

そして誰もいなくなった!

世界が自己利益優先思想に向かっていても
誰も止めることはできません。

生き延びるぜえ!問答無用だぜえ!

みんなでやれば怖くないぜえ!

スポンサーリンク

世界の終焉は近いのでしょうか?

ジロコが妄想してもわかりません。

前書きが長すぎると本文が短くなります。

いつまでたっても先に進みません。

ジロコの妄想記事が増えるだけです。

フェルトセンスにどう向きあうかが、

フォーカシングの重要ポイントです。

国語の作文でないので、、。の使い方がでたらめです。

しかし、そんなことはどうでもいいのです。

TVドラマで「ちゃんとした、一流大学を出た男性でないと、
結婚させない」

と母親が言ってました。

大学を出ていない、派遣社員とか契約社員はかやの外です。

人間皆平等なんてバカなこと言ってると、足をすくわれます。

一流大学を出ないと、退職金5000万円以上もらえる職には
つけないのかもしれません。

しかし、万一貧乏人の子が一流大学を卒業しても?

関係ないぜえ!まじめに記事書けよ!

フェルトセンスと向き合うときの態度です。

①頭で理屈や原因を探ろうとしだしたら、
体がどう感じるかを意識する

②心の中に起きてくることを無視したり、消去したり、
捻じ曲げたりせず、起きてくる事柄をそのまま受け入れる。

③どんなことでも軽んじたり、恐れたりせず
好奇心を持って取り扱う勇気を持つ。

④フェルトセンスは自分の全部でなく、自分の一部分で
あることを理解し、一部分に囚われず巻き込まれない。

 

そうはいっても、何を言ってるのか理解に苦しむところです。

フェルトセンスと向き合うときには、適度な距離をもち
全体を感じていきます。

しかし、意味がよくわかりません。

適度な距離とは

<遠すぎ>・・・遠くてよく見えない

<近すぎ>・・・近すぎて、なんか怖い

<適度>・・・全体像がよく見える

マッ、文章だけではよくわかりません。

芝居型で書けば少しはわかるかもしれません。

ムームージロコの心理カウンセリングルームでの
お芝居になります。

例によってダンゴムシや、ゴキドン、野生のハムスターが
登場するかもしれません。

交替制転向反応や®交替制幸福反応を書く場面が
ありません。

この文章は無関係が長すぎます。

長いと、堂々巡りのリスクが大きくなります。

続きます。

書きやむべえ!

そうすべえ!

©2018 saleswriter-Jiroco ムームージロコ.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA