心の病・フォーカシングの手順(フェルトセンス②)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。
フェルトセンスなんてよくわかりませんね。

ところでアリバイ屋なるものが浮上しました。

何十年も前からあったのですが、ニュースで世間に知られるようになりました。

なんでもありの世界ですから、ジロコはそれがどうしたです。

ジロコも昔、独身者には部屋を貸せませんといわれ、

アリバイ屋を利用しました。

公的資金を借りようとしたら、税金滞納者には貸せませんといわれました。

しかし、公的書類を偽造するのは犯罪です。

ジロコはあきらめました。

そうはいっても、そこまでやらないと人生が続かない人もいると
想像されます。

本当に困ったときには誰も助けてくれない社会なのです。

退職金5000万円以上もらえる人には

貧乏人の悲惨さが理解できるわけはありません。

子供の貧困が長期にわたり話題になっていますが

誰も解決策を提言しません。

®で誰が儲かるの法則  を使えば

誰ももうからないぜえ!

当然貧乏人にも、お金持ちの苦労が解りません。

困ったときに、アリバイ屋さんはもしかしたら助けてくれるかもしれません?
が未知数です。

ジロコには関係ありません。

人生には転ばぬ先の杖が必要です。

転んだら終わりです。

七転び八起き・・・なんて過去の遺物です。

七転びは人生の終焉です。

一転びで勝手に人生を終わりにする人もいます。

転んでいないのに、転ぶのが怖くて勝手に人生を終わりにする人もいます。

マッ、個人の勝手ですが、残された人のことも考えればいいのではないかとジロコは思います。

夏休み明けは多いので注意が必要と言ってます。

何を注意するのだ?

ひとの心の中なんて簡単にはわかりません。

心理カウンセラー、行動心理士のジロコでさえわからないのに

一般国民はさらに理解が困難でしょう。

だったらどうすんだよ?

堂々巡りになるので書きません。

般若心経でも唱えればあ!です。

転ばぬために、日々慎重に行動することを強要されます。

ムームージロコの心理カウンセリングルームの収入だけでは

ジロコの生活を維持できません。

ダンゴムシや、ゴキドン、野生のハムスターは

お金を消費するだけです。

金のダンゴムシなんて出てくれば?

バカ言ってんじゃあないよと思う前に

宝くじを買ってる人は、金のダンゴムシの出現を願っているのと等しいといえます。.

そうは言ってもジロコは、

ネットで毎週宝くじを自動購入しています。

ほっとけ購入です。

勝手に口座からお金が引き出され、勝手に宝くじが買われます。

勝手に配当が振り込まれます。

今後は勝手に00なんて商売流行るかもしれません。

プラスチック廃止の動きが出てきました。

アクリル100%なんていう合成繊維も対象になってくるのでしょうか?

関連業界真っ青!なんて事態にならなければいいのですが?

で、

誰が儲かるです。

マッ昔に逆戻りすることが必須になるのでしょうか?

木や竹の自然素材が主流になり

またまた問題が発生します。

過去のつけが回ってきたのでしょうか?

スポンサーリンク

ジロコには、わかりません。

テクノロジーの進歩は人類にどのような意味があるのでしょうか?

関係ないぜえ!です。

電気自動車は災害時の電源になるぜえと、長所のアピールに躍起です。

自治体も応援です。

そうはいっても、二面性の法則が無視されています。

マッ、貧乏ジロコには電気自動車は無縁です。

点検商法を検索すると

〇〇に注意しましょうと記されてます。

〇〇ばかりに意識が残り、なんでもありのこの時代の新手の点検商法に騙されやすい、

あるいは悪質業者だけが点検商法を使っていると勘違いします。

点検商法は堂々と使われていますが、

だれも批判や苦情を言っていません。

マッ、ほとんどの国民が気ずかない点検商法もあるそうです。

®で誰が儲かるの法則  を使えば一目瞭然です。

例えば

〇〇に気を付けよう!

で、

誰が儲かる?

点検商法は正しく?使えば売上向上には効果的です。

ここにも二面性の法則が適用できます。

避難訓練も結構ですが、想定外の事態に対応できるのでしょうか?

過去の経験や、常識、知識が役に立たないと天気予報で言ってます。

本題に入ります。

ジロコの記事は、ジロコの妄想が最初に書かれているのが
特徴です。

ジロコが書くと現実化される危険を伴います。

黙っていればいいものを?

ところがジロコは普通の人間とは
違いがあるそうなので、黙っていません。

もういいぜえ!ジロコよ本題だぜえ!

フェルトセンスが見つけにくいタイプ

評論家タイプ
気のせいだ!とか時間の無駄とか
真剣に自分と向き合おうとしない。

理屈家タイプ
原因をとことんと探っていきますが、感じることに集中できず
思考の収捨がつかなくなる。

シャイなタイプ
自分の感情、感覚を表現するのに恥ずかしさを感じる。
ジロコには恥ずかしいという感情がありません。
貧乏だぜえと叫んでいますので、シャイではありません。

だシャイ?です。

この三つのタイプはフェルトセンスを見つけにくいといわれています。

どうすんだよう?

それでは、こうしたらよいそうです。

静かに安心したゆとりを持った環境を用意すること。
ムームージロコの心理カウンセリングルームのような
ダンゴムシが這いまわったり、ゴキドンや野生のハムスターが
ちょろちょろしていたのでは、きもくてカウンセリングは不可能です。

一泊数万円するホテルの一室のような環境が最適でしょう。

貧乏カウンセラーでは用意できません。

最初からカウンセリングを断ったほうが収支的に無難です。

自己利益最優先思想です。

②クライエントさんが、大きく包み込むように
、自分の心を認めてみること。

の二つが言われています。

フェルトセンスと向き合うときの態度も決められています。

長くなったので続きます。

全然進まないゾウ!

やる気が見られないべえ?

ジロコはいつも平常心だぜえ!

頑張らないぜえ!

書きやむべえ!

続くべええ!

©2018 saleswriter-Jiroco ムームージロコ.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA