心の病・フォーカシング:フェルトセンス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。
学校の宿題がフリマに出品されている!

出品禁止だぜえ!

学校の宿題に意味がないことが世間に知れ渡ってきたようです。

ジロコも学校の宿題は意味ないぜえ!

とまえまえから唱えていました。

今後宿題代行業なんて流行るかも?

宿題無意味だぜえ!といっても、

で、

誰が儲かる?
の世界ですから、意味のないことに意味ずけが強要されます。

子供を家に帰ってまで拘束せず、

学校を離れたら自由に遊ばせればいいとジロコは考えます。

で、

どこで遊ぶの?

ゲームで遊ぶしかないじゃん!

で、

誰が儲かる。

ジロコはこんな社会うんざりだぜえ!

地球もうんざりしてるぜえ?

人類よいい加減にしろ?

台風がまた来たぜえ!

ジロコは批判ばっかりしてるゾウ!

批判に生産性は認められません。

批判は連鎖を呼び連鎖反応となります。

ところでこの国の自給率の低さには個人で対応するしか
ないでしょう。

そうはいっても、飲み食いしないでも生き続ける方法なんて発明しても
意味ないぜえ!です。

電気がなくても生き続ける方法なんて考えられません。

電力会社の人質になっていると言っても過言ではないでしょう。

ダンゴムシで発電なんて可能なのでしょうか?

発電する生物の養殖事業なんて出てくるのでしょうか?

妄想はやめましょう。

フォーカシングというとジロコは体外離脱が頭に浮かびます。

ヘミシングという様々な意識状態を体験できる?

ワープし始めました。

フォーカシングとは、心の中にあるモヤモヤしたものに焦点を合わせそれと向き合うことで心の苦しむを和らげていく心理療法です。

そうはいっても

よくわからないぜえ!です。

心の隙間がないからモヤモヤが逃げないのだぜえ!

とジロコはバカなことを言ってます。

カウンセラーの技量や、心理療法の手法に関係なく

クライエントさんの話し方から、カウンセリングの成果に進めていきます。

話し方に<言い淀み>がないか?

ところで言い淀みとは、自分の心の中を簡単に言い切らず、微妙な心の機微をフ

ラフラとフラダンスのように探っていくように語ろうとする様子だそうです。

よくわからんぜえ!

昔の心理学者が、人の気持ちは、身体の感じ として体験されることを導きだしました。

身体の感じとは、頭痛、腹痛、腰痛などと違い、

イライラして腹部に圧迫感を感じたり

不安で胸がつまるような

原因が特定できず

体感的に感じる漠然としたものです。

スポンサーリンク

この漠然とした感じをフェルトセンスと呼んでいます。

フェルトとは動物の毛で作ったふわふわとした生地です。

センスとは感覚のことで

フェルトセンス = ふわふわとした感覚?

どうでもいいぜえ!

フェルトセンスを探すことが重要な作業となります。

探し物なら、探偵さんに頼めばいいじゃん!

それではムームージロコの心理カウンセリングルームが維持できません。

ダンゴムシの居場所もなくなります?

ゴキドンや、野生のハムスターも路頭に迷います?

交替制転向反応や®交替制幸福反応を書く記事が
なくなります?

フェルトセンスを探すのは容易ではありません。

自己啓発本や成功本などを読む漁り、いつもセコセコこそこそと
動き回っている人には、 感じる ことが困難のようです。

生きる目的だとか、人間は地球より重いなんて

バカなことを言ってないで

人生を自分で終わらせることに意味はないぜえ!

と教えればいいのです。

般若心経で説いています。

ジロコは金儲けに使いません。

生きることにも死ぬことにも意味はないのです。

人は生きる以外には意味のないことはしません。

一日中、自宅と駅を行き来すればあといわれても

そんなバカなことしないぜえ!・・・意味がないからです。

一日中、自宅と駅を行き来すれば認知症が治るぜえ!

だったら、やるゾウう!

ところで駅はどこだっけ?

フェルトセンスを見つけるには、心静かで、感じるゆとりが必須です。

頑張るゾウ!課長になるぞ!市会議員になるぞ!政治屋になるぞ!

テンション目いっぱい高めて

ピンと張った糸はナイフでこすればすぐ切れます。

だらんと張った糸はナイフでこすっても切れません。

人生は常に、余裕、ゆとりを持ち

それがどうした!

これでいいのだの満足感を常持することが重要です。

TVドラマで会社をリストラされた男が、家出して犯罪にかかわる

ところで今どきリストラになったからと、家族から逃げてなんて無責任な人はいないでしょう。

ジロコよ記事に関係ないぜえ!

食料自給率が4割未満のこの国は、ぜいたくしほうだい

グルメだ メルグだ と騒いでる一方で、ダイエットだ

何やこの国?

誰も食べない小さなサバはアフリカへ輸出されてるそうです。

アフリカではどんどん輸入するぜえ!

自給率が低いこの国が輸出?

地球が、日本人よいい加減にしろ!

と怒ったら、だれにも止められないでしょう。

ジロコの妄想は尽きません。

フォーカシングはまだまだ続きます。

書きやむべえ!

そうすべえ!

©2018 saleswriter-Jiroco ムームージロコ.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA