心の病・認知療法⑨

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
TVドラマで再放送でやってました。

違法行為で大金をつかんだ女二人が、一方は成功し、

残りの一人は経営コンサルタントに

だまされて、借金まみれになり、共犯者に金をせびる物語です。

ジロコはこれを見ていて、コンサルトさんが怖いものと
世間が洗脳される可能性を感じました。

しかし、この物語も不自然です。

どのようにだまされたのかも表現する必要性を
感じます。

闇金業者も出てきます。

どこも貸してくれないからやむなくでしょう。

本当に困っている人にはお金を貸してくれないのが
世間の掟かもしれません。

このドラマでは

経営コンサルタント=怖いぜえという自動思考が作られるかもしれません。

TV番組で形成される自動思考にご注意ください。

洗脳されないぜえ!という心構えが必要なのかもしれません。

ジロコよお、ドラマだぜえ!

もしも人生~♬ ドラマ~な~ら~♪

TVドラマが自動思考に影響を与えている可能性を否定できませんから、番組選びは慎重にしましょう。

特に、お子様にはご注意ください。

ジロコよ!小さな親切、余計なお世話だぜえ!

自動思考は自然に出てくる考えで、TVの影響がないとは
証明されていません。

今年の気候は、数十年に一度の異常気候だそうです。

そうはいっても、温暖化説者には追い風で
新たな金もうけに・・・
炭素税・・・

なんのこっちゃああ!

認知療法の続きです。

まだあるのかよう~

ところで宝くじでうん億円つかんだ人の、その後の人生は
どうなっているのでしょうか?

そういう番組一向に見たことありません。

都合の悪いことは報道しないのかもしれません。

報道の自由だぜえ!

報道しないのも自由だぜえ?

国民は真実を知ることができないのでしょうか?

根拠が示されず、証明できないものは
勝手に理由ずけして・・・

ところで、年齢を重ねると体に変化があるのが当然で、
特定の成分を多量にサプリメントで摂取する必要が
あるのか?

効果が個人の感想でしか確認できないのか?

美白だぜえ!もっと白く、もっと白く、うさぎかあ?

そうは言ったら、金もうけできないゾウ!

ジロコよ!怪しげな記事に傾いているぜえ!

これはカウンセリングについて書いている記事です。

世相についての感想文ではありません。

ではホームワークに入ります。

ホームワークとは、宿題です。

宿題と聞くとジロコは学校教育に口だししたくなります。

しかし、それでは記事が終わりません。

学校の宿題は、子供にとって重荷です。

授業中だけ勉強すればいいような、学習方法を考えればいいのではないのでしょうか?

それではほかの子に点数で勝てない?

小さいころから、他人と比較、勝つことを強要され
自動思考が出来上がります。

自己利益最優先主義思考の素と言えます。

思考の素です。

の〇太!また零点なのっ!

しかし、毎回零点を取ることは不可能と考えられます。

漫画だぜえ!

漫画も自動思考の素と言えます。

ク〇〇〇し〇〇〇〇なんて漫画は自動思考にどんな影響を
与えるでしょうか?

コンビニで の〇太という生き方 なんて本見かけました。

ジロコも <ジロコという生き方>  なんて本書くかも?

だれも読まないぜえ!

買わないぜえ!

世間の笑いものだぜえ!

認知療法の続きです。

学校の勉強はともかく、認知療法にとってホームワークは
重要事項です。

重要事項の説明なんてよく聞きますが、

カウンセリングでのホームワークはどんなものか?

例によって芝居型で書きます。

クライエントさんの設定
夢食さんは、ご主人がなくなりうつ症状に悩まされ

 

ところで、夫と妻のどちらが先に行ったほうが良いのか?
考えても意味ありません。

 

ムームージロコの心理カウンセリングルームへ来られました。

ジロコが話を聞いていると

<自分一人では生きていけない>とか

<自分では何もできない>という信念が見られた
ので認知療法を始めることにしました。

ところで、余談が多すぎるぜえ!

夫婦で1セットですから、どちらかが欠けると
1セットが崩れます。

最初から一人の人は、一人で1セットですから
ゼロになるだけです。

独りぼっちを笑うななんて言われていますが
一人ボッチは強いのです。

めったに悩みません。

ジロコの悩みは貧乏だぜえ!しかありません。

話しを戻して

今日も野生のハムスターとゴキドンは見えません。

食べ物がないのでよその家に行ったのかもしれません。

前書きが長すぎるので要点へ直行します。

ジロコ「夢食さんが<何もできない>と感じた時の
利益と不利益について話合ってみましょう。

<何もできない>と感じることで得られる利益はなんでしょう?」

夢食さん「利益なんて考えられません。落ち込み、つらくなり
何もやる気が起きないし、不安感が増大します」

ジロコ「そうですね、不利益ばかりですね。
不利益を考えてどうですか?」

夢食さん「つらいし、心が深~い、海の底に沈んでいます」

スポンサーリンク

ジロコ「心の隙間が狭いせいかもしれませんが、まず
<何もできない>という考えが妥当かどうか調べていきましょう。

<何もできない>という表現ですが、夢食さんは隣の奥さんがガーデニングを楽しんでいるという話を聞き、具体的にどういうことを感じたのですか?」

夢食さん「私は植物を育てるのが苦手だし、ダンゴムシがぞろぞろ這いまわっていて、きもくて庭にでられません。

野生のハムスターもちょろちょろ、真っ黒な大きなゴキブリが
飛び回っています」

ジロコ「そうですか、ほかには何ができないと感じましたか?」

夢食さん「思いつかないし、記憶にございません」

ジロコ「その一つだけですね、できないことが一つだけ挙がりましたが、今でも何もできないと感じますか?」

夢食さん「そうは感じません。ダンゴムシが嫌いなだけかもしれません」

ジロコ「それでは、<何もできない>ではなく、<できないこともある>という表現のほうが適切だと思うのですが?」

夢食さん「はい!ジロコ先生の言う通りです」

ジロコ「それでは、ここでホームワークを
やってみましょう。

夢食さんは、自分にできることがたくさんあったり、良いところがあると気ずければどんな気分になりますか?」

夢食さん「ルンルン気分になります」

ジロコ「それでは、毎日メモ帳を持ち歩き、できたことや
自分の良いところに気ずいたことを書き込んでいってください。

これを良いところリストと呼びます」

夢食さん「メモ帳を持ち歩いてうろちょろしていたら不審者に
思われないでしょうか?」

ジロコ「???。試しに今日できたことは?」

夢食さん「ピンポ~ン!ムームージロコの心理カウンセリングルームに来られたことです。
一人で悩んでいたら、最悪の結果になっていたかもしれません」

マッ、ジロコは内心で、悩むほどの問題ではないぜえ!

ですが、だれもが避けて通れない問題と言えます。

あおり人生ばかりに注目し、人生の目標とか、夢だとか言っても、いつかは静め人生に向かうことになります。

太陽も数十億年で燃え尽きるそうです。

いつかは沈む人生です。

まっかに燃え~たあ♪太陽な~らばあ♬

ところが生まれ変わることもあるそうです。

ジロコよ関係ないぜええ!

ホームワークとは学校の宿題と違って

カウンセリングの中から自然に生じます。

それではようわからんぜえ!

読む

漫画を読むのではありません。

の〇太の出てくる漫画は避けたほうが無難です。

例えば、自分でできる認知行動療法などの本を読みます。

セッションの振り返り
メモを読む

録音したものを聞く

書く

ジロコは書くのが得意ですが、普通の人は書くのが
苦手です。

無理におしつけると

面倒だぜえ!漢字忘れたゼえ!ひらがなも忘れたゼえ!

と、拒否反応を示しますので注意が必要です。

何のためにを明確にすることが必須です。

例えば

人生の目的は=生物の目的=生き延びること

人生の目的なんて、生き延びることしかありません。

それが解らないから、周りでああだこうだといわれて
悩みが生じてくるというのがジロコの持論です。

般若心経の意味を考えて悩んでも意味ありません。

TVで何も変わらないなら、〇〇を改正する意味があるのか?
と言ってました。

なんにでも意味ずけすることは意味がないぜえ!

ということで、意味わからないぜえ!です。

生物多様性ですから、人類多様性=思考の多様性

しかし、社会という枠組みに入ることを強要されます。

ダンゴムシの交替制転向反応は7割のダンゴムシしか
示さないそうです。

後の3割は勝手に向きをかえるそうです。

人間にもそれがあてはまるのかもしれません。

話しを戻して、
思考記録表を作成します。

これには

状況

否定的な自動思考

感情を書き出して

適応的な対応を考え

その結果がどうなったかを書いていきます。

良いところリスト

ジロコは良いところがありませんから不要です。

日常生活の中で自分の良いところ

できたことなどを書き続け

思考のマイナス化を阻止します。

プラス思考になれとは言ってませんので、注意が必要です。

ホームワークは必須事項なので、重要事項があります。

重要事項の説明です。

セッション中にホームワークを始め、クライエントさんが
一人でできるように練習します。

一人になってからの挫折を防ぐためで、カウンセラーの
生活にも関わります。

ホームワークの障害を取り除く

時間がない、字が書けない、記憶がない、やる気がない

クライエントさんがいろいろやらない理由を言ってきますので
スキマ時間を利用するなどの工夫が必要です。

ホームワークを振り返る

アジェンダに取り入れ、問題解決能力の定着度合い
思考の変化などを見極めます。

クライエントさんが本気でホーム―ワークに取り組むよう
カウンセラーの手腕が試されるシーンと言えます。

認知療法はまだ続きます。

書き疲れたゼえ!これでやめべえ!

次記事にするべえ!

©2018 saleswriter-Jiroco ムームージロコ.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA