心の病・論理療法②

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
癌に効くゾウ!認知症に効くゾウ!と言って健康食品を
売っていた会社が業務停止命令になったそうです。

儲かれば何でもあり!

この国に自己利益最優先思想がはびこらないように願う
ジロコです。

TVで食中植物の実験をしていました。

ハエトリソウにダンゴムシを食べさせていました。

ダンゴムシは虫ではありません。

ダンゴムシを食べさせるのはやめてほしいと願うジロコです。

食虫植物を遺伝子操作して、人間を食べる怪獣植物にするゾウ
なんてことが起こらないとは限りません。

この記事は台風12号が接近当日に書いています。

気象庁の会見がTV中継されています。

お昼のニュースで今夜遅くから明日未明にかけて東海地方に
上陸するそうです。

強風と大雨の心配があります。

海を埋め立て、地面をコンクリートで固め

重力を一点に集中させる建築物を建て、殺虫剤をかけまくり

農薬散布、ゴミ焼却、など地球にいいとは思えないことばかり

人間はやっていると思うジロコであります。

そうは言っても経済成長なければ社会は続かない。

だったらどうすんだよう!

地球が怒りださないよう願うしかありません。

神様よりも地球に願いを?

それでは、論理療法の続きです。

クライエントさんにイラショナルビリーフが
悩みや、苦しみの原因であることを伝えていきます。

イラショナルビリーフの代表的なものは七つあります。

列挙しますと

マイナス思考・・・良いことを無視してなんでも悪いほうに
考える

拡大解釈・過小評価・・・自分の失敗や短所を
大げさに考え、長所や成功例を過小評価する。
ジロコはいつも、自分がバカで変態で著しく性格が
傾いていると短所を大げさに考えています。
そして、ジロコに長所などないぞう!と過小評価
しています。

感情的決めつけ・・・根拠よりも感情で決めつける

ジロコが万一優秀だとしても、ジロコを見て
きもいぜえと感情で評価します。

すべき思考・・・~すべき
宿題すべき
自己啓発すべき
副業すべき
など、自分の行動を自己強制します

スポンサーリンク

逆に ~すべきでないということも考えます。
たとえが難しいですが
人に親切にすべきでないとか
他人に頼るべきではない
苦しくても弱音を吐くべきではないなど
しかし、盗撮すべきでないとか、万引きすべきで
ないなどは問題となりません。

一般化しすぎ・・・慣習化しすぎといえるかもしれません。
何か悪いことがあると、自分は何をやってもダメなんだ
と落ち込む
世間で話題になった医大の入試など、成績が良ければ
合格するとは言えません。
自分の責任には無関係で物事は決まることもあります。
その場合は、落ち込むことに意味が見出せません。

結論の飛躍・・・根拠もないのに、深読み、先読みをして
悲観的、否定的結論をだしてしまう。

先入観に似ています。
せどりで儲ければあ!といわれ
根拠もなしに、せどりは儲からないぜえ!とか
投資信託で財産形成すればあ!といわれ
根拠もないのに
投資信託は損するぜえ! などです。

極端なレッテル貼り・・・何かで失敗すると、自分に対し
極端なレッテルを貼ってしまう→→→だめ人間など

以上主要七つのイラショナルビリーフがあります

クライエントさんから、イラショナルビリーフに関係する
言葉が出れば、カウンセラーは「なぜそのように思うのか?」

「なぜそう考えたのか?」を問いかけ

その考え方が「現実的なものなのか?根拠を示せるのか?」
「物事のとらえ方が本当に正しいか?」

クライエントさんを巻き込んで検討していきます。

論理療法は、来談者中心療法と違い、あらかじめ決められたプログムに沿って、最初はカウンセラーがリード
しながら進めていきます。

聴くだけのカウンセラーさんにはできない療法です。

論理療法はやり方がほぼ決まっているので
それほど難しさはないと思われます。

ムームージロコのダンゴムシ療法なんて誰でもできるぜえ!

残念ですが、ダンゴムシ療法は世間に認知されていません。

ジロコはダンゴムシさんに、台風12号で
大きな被害が出ないよう
お願いしました。

ダンゴムシさんは、ジロコの願いを地球に伝えてくれるでしょう。

くれぐれも,ダンゴムシさんに殺虫剤を
かけないようお願いする

心理カウンセラーのムームージロコです。

 

ダンゴムシさんはジロコの祖先かもしれません?
自分に殺虫剤をかけてみればあ!

今回ハムスターは登場しませんでした。

©2018 saleswriter-Jiroco ムームージロコ.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA