心の病・行動心理:腕の形②

スポンサーリンク


スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。

なんやますます記事がおかしくなってきたぜえ!
®世相批判士になったのか?この出会いで人生が変わった?

ジロコの記事で人生が変わった?

またも派遣社員の事件です。

ところで遺族への説明が面倒なので、自分の勤務の前にあの世へ
行ってもらったぜえ!という事件がありました。

この国は病んでいるというか、腐っているのでしょうか?

ちゃうゾウ!

おかしいのは極一部だゾウ!突然変異だぜえ!

一般国民は正常です。

一部の業界のストレス要因の大きさをジロコは感じます。

普通の人は将来に夢も希望も必要なのでしょう。

派遣社員では将来に夢も希望も持てないかもしれません。

例えば厚生年金がもらえなければ老後破産は確実視されます。生活保護をうけるか、堀の中で保護されるしか生きる道を
選択できないと推定されます。

心静かに悠々と生きることがむずかしい心境と言えます。

非正規雇用は増加していきますから
将来に不安を抱えた方がたくさん増えてきます。

労働者を機械のように単なる労働エネルギーと考えていたら将来にしっぺ返しが来るかもしれません。

太陽光発電なんてどうなるのか?

将来に希望の持てる人生がこの国の貧乏国民には必要と感じます。

貧乏でも国会議員や政府の役職に就ける社会は永久に来ないのでしょうか?

車が必要だなんて騒いでいますが、車が必要な社会にしてきたのが真実とジロコは感じています。個人の感想です。

この国の産業の一割は車関係といわれています。

関税25%上乗せ?

それはさておき

将来に希望の持てないという実感で、心の奥底でいつもイライラ、むしゃくしゃしてるのかもしれません。

バカジロコのようにこれでいいのだと思ってる人は皆無に近いと推定されます。

この国は将来に向かって、社会に不満を抱えた人々で溢れかえるでしょう。

いわば、地雷を抱えたようなものです。

マッ貧乏人には何もできないぜえ!

国会議員なんかになれるわけないぜえ!

なっても数のチカラには勝てないぜえ!

少子化の根本原因が見えてないぜええ!

みえても知らん顔だぜえ!

しかし、超法規?

ジロコよ危険だぜえ!危険思想だぜえ!

ジロコは人生に満足しているので何も問題を起こしません。

心の病が増えた要因を推理しているだけです。

最近はオリンピックまであと何日?なんてやりません。

ジロコはオリンピックほんとにやるのかな?

ドローンもどこかへ、ドローンしました。

自動運転車の話題も聞かれません。

人口知能の話題も聞かれません。

どうしたのでしょうか?

ジロコは不安になります。

情報が消えると不安になります。

ジロコも洗脳されているのです。

ところでタイトルは何だ!

®交替制幸福反応か?
ジロコの家のダンゴムシで実験したら、交代制転向反応は見られません。

左右交互には動きません。
でたらめに動きます。

何かがダンゴムシに化けてるのかもしれません。

ジロコがでたらめのせいかもしれません。

それはさておき、腕の形から相手の感情を読み取る手法について続きを書きます。

スポンサーリンク

絶対にそうだとは言い切れませんので、あらかじめご留意ください。

やっと本題だぜえ!

腕は敵から身を守るのに重要な役目をします。

腕がなければボクシングはできないかもしれません。

その一方で縄張りを示しているといわれています。

二面性の法則が適用できるとは言い切れません。

男性でよくみられる、腰に両手を当てて、肘を張るしぐさです。

TVドラマの事件現場でよくみられます。

警備員さんもこの格好をしているときもあります。

これは俺の縄張りだゾウと威張っているのです。

権威や問題追及するゾウを表しているそうです。

社会的地位の高い方によくみられるそうで、貧乏人は警備員さんを除きこのようなしぐさはしないそうです。

お見合いの時こういうしぐさをすればいいかもしれません。

あまいぜえ!

女性の場合は手の向きが少し違うそうです。

この場合は問題追及の意識が高まってるそうです。

男女とも両腕を後ろで組む姿勢

こないでくれえ!

私が上司だぜえ!
等と、自分のほうが立場が上だぜえ!と警告しているそうです。

当然社会的地位のある人に見られるそうです。

誰にものを言ってんだあ!です。

人間皆平等であるわけありません。

だったら男女平等はおかしいぜえ!

地球より重いものないぜえ!

罪を憎んで人を憎まないなら、皆無罪だぜえ!

判決!窃盗罪に決定!しかし被告人は無罪!

ジロコは頭がおかしいぜえ?

次に腕組みです。

男女ともに寒いときは腕組みをすることが多いです。

だったら寒いだけじゃん!

それでは話が続きません。

腕を盾にして自分を守ろうとしているのです。

しかし、二面性の法則で

偉いんだゾウと威張ってるか、問題解決中や悩んでいる場合もあるそうです。

女性の場合は不快感情を表している場合もあるそうです。

お見合いの場では特に注意を要します。

寒いのか?不快なのか?

だったら聞いてみればいいじゃん?

余談ですが、ジロコが〇〇の場という言葉をよく使うのには
理由があるのです。

それは人生は舞台の上で演技をしているだけのこととジロコが
いつも感じているからです。

人生劇場です。仮面劇場とも言います。

このように腕のしぐさから本当の感情を見出すのは
解釈が難しいといえます。

なんの理由もなく

単に、楽だぜえ!と、腕組みしているのかもしれません。

だったら意味ないじゃん!

意味あるものにするには、長年の経験を要するかもしれません。

行動心理というのは誰にもあてはなるものではありません。

ダンゴムシの法則によれば七割の人々に当てはまるかもしれません。

しかしジロコの家のダンゴムシは交替制転向反応をしめしません。

®交替制幸福反応に進化したのでしょう。

今日もムームージロコの心理カウンセリングルームはダンゴムシの
憩いの場になっています。

あなたは地球をいじめていませんか?

ジロコはハムスターの餌のひまわりの種を今日も食べました。

書きやみます。
©2018 saleswriter-Jiroco ムームージロコ.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA