心の病・メールでカウンセリング

スポンサーリンク


スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです
ネットで・・・

ネットは諸悪の根源か?

これも二面性の法則が適用できます。

包丁は凶器にもなりますが、日常生活には不可欠です。

狂気な人間が扱えば何でも凶器になります。

電子レンジで家を爆破することもできますが
方法を書くと懲役刑になります。

このように、二面性の法則は何にでも適用できます。

ネットを有効に使えば、カウンセリングもできます。

おっ!自然なイントロだぜえ!

今回は、ネットを使い、在宅でカウンセリングを
することを書きます。

ところがニュースが入りました。

民泊サイトで自宅が登録され、予約客が押し寄せたそうです。

原因はコンピユーターの誤りとか?

と、ある日「お待ちどうさまでした。ムームージロコ様のお宅はこちらですか?」

ジロコ「そうだぜえ!それがどうした!」

配達人「ピザ100人分お持ちしました。
77万円いただきます!」

ジロコ「注文してないぜえ!」

このようなトラブルの対策の検討を強要されます。

ますます心の病が増えます。

今後不足するのは介護職員とカウンセラーと
言えるかもしれません。

人口知能の誤りで、どんな結果が出るでしょうか?

それは出てみないとわかりません。

だったらかかわらないほうがいいかもしれません。

しかし、ネットカウンセリングも二面性の法則を消去できませんので
リスクも存在します。

ネットの闇?

怖そうですね!

それではやっと本題に入れそうです。

世間で何事も起こらなければいいですが?

残念ですが、国際社会で批判の連鎖が発生したようです。

しかしあれは売名行為かもしれませんので

一般国民は真似をしないほうがいいでしよう

例えば「ムームージロコはバカで、下品で変態だ!
ばかげた記事ばかり書いてる」

と批判を浴びたら、ジロコは「真摯な批評をありがとうございます。これからもムームージロコの記事を
ご愛読ください」とお礼をします。

あるいは気ずかなかったふりをします。

批判に批判で応酬すれば、批判の連鎖になり
むしゃくしゃしての餌食になる可能性を否定できません。

むしゃくしゃしても、一日野菜350グラムも食べられません。

思い切って本題に入ります。

仮想劇場でやってみます。

「®ムームージロコのメールカウンセリングサイト」

カウンセリング料金

*スポット都度受け

一主訴につき2000円

例えば「般若心経の意味が解らず悩んでいます?」
の相談を受けた場合は

ジロコ「どの部分が解らないのですか?」

クライエント「全体が解らないのですが?」

ジロコ「全体だと7万円の料金になりますよ!」

クライエント「どうしてそんなに高いのですか?
2000円て言ってるじゃあないですかあ!」

ジロコ「2000円はワンフレーズに対してです。

例えば、観自在菩薩のカウンセリングで

2000円です。
無眼耳鼻舌身意のカウンセリングで2000円です。

全体で10万円以上になりますが、一括カウンセリングで
30分以内にお申し込みになれば、7万円に
割引します」

クライエント「だったら、貧乏で学歴もなく、当然親も貧乏で借家で、いくらお見合いしても、7分間で終了、
いまだにひとりだぜえ!どうすんだよう!

料金いくらかかるのだよう!」

ジロコ「貧乏のカウンセリングが一つ目、学歴がないが二つ目、お見合いが三つ目で6000円になります」

ムームージロコのメールカウンセリングでは
一日3~7件くらいの相談がありますから

週三日稼働で、一か月20万円以上の収入が見込まれます。

高いぜえ!誰も頼まないゾウ!
と批判される方のために

*一か月おまかせコースもあります。

こちらの料金はカウンセリング回数制限なしで
一か月7000円でお受けしています。

スポンサーリンク

ただしジロコのような記事書き依存症ですと
応対時間が無くなるため、一か月3万文字以内に
制限しています。

もちろん追加料金で、文字数を増やすこともできます。
追加料金は10文字で1円です。

一万文字追加で1000円です。

10万文字追加で1万円です。

ただし年中無休ではありません。

朝9時~夕方4時までです。

勝手ながら土、日、祝はお休みとさせていただきます。

なおメールではよくわからんという人のために

出張カウンセリングもしています。

この場合は本人確認書類と身元保証人を要します。

安易に出張すると、終着駅に到着する可能性を否定できませんので、ご了承ください。

*出張カウンセリング料金
交通宿泊費は実費を申し受けます。

立会人を要すると判断した場合は
立会人の交通宿泊費と日当1万円いただきます。

ジロコの日当は17000円です。

カウンセリング時間は一日につき2時間以内です。

メールカウンセリングでは、相手が見えませんから
カウンセリング以外のことを企んでいる可能性を否定出来ません。

暇だからメールカウンセリングをやるかあ!
等と安易に始めれば、ネットの闇に引き込まれ
人生を失う可能性を否定できません。

大きなリスクが存在する認識が必須です。

ネットの闇は恐ろしく、深~いものです。
こわいぜえ!の世界です。

カウンセリングに関係ないことですが
人生を失うリスクを下げるために余計な
お世話をさせていただきます。

通信媒体などのきっかけで知り合った見知らぬ
人に会う前に、相手の身分の確認を要します。

運転免許証や保険証で確認します。

確認できない場合はやめたほうが身のためです。

収入の証明が必要な場合は、納税証明書か
課税証明書などの公的書類で確認することを要します。

給料明細とか、源泉徴収票、預金通帳などは
簡単に偽造できますから、信用しないことが重要です。

遠方で出会う場合は、身の回りの人に行き先を告げておいたほうが安心です。

ジロコのように、ダンゴムシやゴキドンしかいないぜえ!
という人は、玄関に行き先の張り紙をするとか、

はがきに行き先を書き、あて先を自宅として
赤い〒ポストに投函しておけば、万一行方不明者に
なった場合に、速やかに捜索ができます。

どこに埋められたか?・・・

郵便というのは相手に出すものだけではありません。
自分宛てに出していろいろ利用できます。

そうは言っても、この記事はカウンセリングについて書いてるので説明しません。
ご自分で考えてください。
転ばぬ先の杖!

用心足りてますか?
書き終わります。

重要なことを書きわすれました。
®「ムームージロコのメールで生息確認サービス」
何やそれ?
日常生活範囲外のところに行く場合に、行き先と帰還予定日を、ムームージロコにメールで通知します。

帰還したらムームージロコに、無事帰ってきたぞお!
とメールで報告します。

ジロコは、一丁上がりだぜえ!ぼろい儲けだぜえ!

万一帰還予定日から設定時間を過ぎた場合は、
帰ってきたのかよう!報告ないぜえ!
と催促のメールを送り

設定時間を過ぎても応答がない場合は
生息の危機に遭遇していると決定し
捜査機関に通報します。

「®ムームージロコのメールで生息確認サービス」
は、一案件で700円です。

高いか安いかは、個人の感想ですが、
守秘義務が強要されます。

生息が保たれると思えば安すぎるかもしれません。

今後ジロコの真似をしたビジネスが出てくると
思われますが、信頼性の高い業者を
選ぶのが最重要ポイントです。

儲かりゃなんでもありの国際社会です。

書きやみます。
書かないぜえ!書くのやめべえ!

注)記事中、世相に関する記述は個人の感想であり、事実とは一切関係ありません。
©2018    riter-jiroco.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA