心の病・むしゃくしゃして

スポンサーリンク


スポンサーリンク

ニュースでやってました。

新幹線の車内で・・・

むしゃくしゃして

突発的ではなく、計画的のようです。

警備を強化すれば、防げるものなのでしょうか?

心の闇で一件落着!?

しかし、模倣犯が出で来る可能性を否定できません。

人間誰でもむしゃくしゃするときは
あります。

ジロコはむしゃくしゃすると、家にさっさと帰って
アルコールを思いっきり飲んで寝てしまいます。

熊の冬眠状態です。

クマがムームーを着て、
グーグーいびきをかいてるシーンを思い浮かべると
実感が湧きます。

やがて眼が覚めて、あレッ何かあったんだっけです。

記憶が弱くなると悩みが消失しやすくなります。

記憶力が必要なのは受験勉強だけかもしれません。

普段の生活で、記憶力がなくなってきても悩む必要はありません。

ドラマの取調室で一週間前の昼頃どこにいたと尋問されても、昼飯食ったかどうかも記憶にないのが当たり前と
思います。

よく使われてるあの、記憶にございませんです

しかし点検商法で攻め立てられ洗脳されます。

そうは言っても、ここはどこ?私は誰?の段階に突入すれば要治療かもしれませんが、家計と協議しないと?
個人の勝手になります。

点検商法に洗脳されると悩みはどんどん膨れあがります。

テレビがねえ、ラジオがねえ、スマホがねえ、パソコンねえの生活を1か月続ければ、心の病が逃げていくかもしれません。
が効果には個人差があります。個人の感想です。

むしゃくしゃしたときの解消方法を日ごろから
訓練しておくことが、人生を何事もなく
歩んでいく秘訣と言えます。

立派な人間や金持ちになる必要はありません。

たばこの吸い殻をポイポイするのはTVドラマが見本と
なってたようですが、だれも非難してませんでした。

ところが今ではたばこが社会の敵になっています。

そこには世間の目をなにかからそらそうという
大きな陰謀をジロコだけが感じます。

ジロコはやはり心の病だ。

社会に危険を及ぼす!
強制入院だ!となったら怖いですね

他人の権利を、問答無用で踏みにじる行為は
国際社会からも非難を浴びます。

みんなやってるぜえ!では正当化できません。

推定無罪は適用されません。

被告人に懲役20年を申し渡すの世界です。

これでいいのだ!と思うと成長しないとラジオが
いってました。

ラジオもあおり運転しています。

これでいいのだと思えばむしゃくしゃしないでしょう。

ジロコは成長しきって、カメさんのようにのろのろと終着駅に向かって降下していく状態と言えます。

うさぎの最高速度は時速80kmだそうです。

それでは亀さんの最高速度は何キロでしょうと

疑問を持っても、あまりにも低速なので数値で表現しても
意味ありません。

1キロでも2キロでもどうでもいいことです。

このようにどうでもいいことで悩んでいる方多い
とジロコは推理します。

日本国は点検商法で充満しています。

怖いゾウ!病気になるゾウ!あるけなくなるゾウ!
息ができなくなるゾウ!お墓が買えないゾウ!

恐怖をみんなであおってます。

洗脳されるぜえ!

ジロコの人生に成長なんて無縁です。
現状をいかに維持するかに全力投球です。

アルコール依存症予備軍でも
多額の酒税を納税しているので
ムームージロコは社会に貢献しているといえます。

人畜無害と自負していますが、
業界などから

ジロコの記事迷惑だゾウ!記事書くのやめろ!
なんて思われているのかもしれません。

ジロコのせいで消費者庁が打消し表示に目を付けたのでしょうか?

それはさておき

事件の加害者が、ほとんど無職みたいです。

今の時代人手が足りなく困っているのに
なぜ若者の無職が多いのでしょう?

消費税上げずに、無職者を働かせれば
税収は増えると思いますが、
政治屋さんは誰も口にしません。

危ないぜえ!政治批判になってきたぜえ!

ジロコはムームーを着ていると心が落ち着きます。

先祖がハワイでフラダンスを踊っていたのかもしれません。

®ムームージロコの記事です。

むしゃくしゃの原因の一つに
人生が思い通りにならないぜえ!

ということも推定されます。

人生は生まれた時間で決まるという、宿命論をジロコは
支持していますので、思い通りの人生なんて
ありえないゾウ!

最初から無職だと、世の中の厳しさが解らない場合も
ありそうです。

あるいは、職に就いたものの、厳しさに耐えられなかったのかもしれません。

普通の人は、常に家計の心配を強要され、長時間通勤で、命がけで長時間労働しています。

残業が減れば即家計に影響が出ます。

住宅ローン払えないぜえ!どうすんだよう!

ジロコも、疲れるぜえ!きついぜえ!汚いぜえ!
やめたいぜえ!と仕方がなく仕事をしています。

貧乏人が生きていくには仕方なく仕事をしなくてはなりません。

長いか短いかわからぬ人生を、貧乏で生きていくには、相当のつらい場面も生じます。例を挙げません。

自分が好きな仕事をやりたいと言ってる人は、青い鳥症候群予備軍と言えます。

ジロコが人生は楽に楽しくいきればいいと言ってるのは
単なる希望に過ぎないのかもしれません。

それができないから苦しみが生まれるのです。

欲望が絶望に変わり、悩みや苦しみと変身します。

表題をジロコのつぶやきに変えればいいかもしれませんが、それではヒットの確率が下がります。

退職金5000万円なんて夢の夢です。

うちの会社には退職手当引当金なんて
勘定科目ないぜえ!が現状です。

毎日毎日、言われたことをセッセセッセと続けなければ
生きていけません。

いちいちむしゃくしゃしていたら終着駅が近ずきます。

無職状態が長期化すると、
我慢の場面が欠如するため
我慢ということが困難になります。

思うようにいかないとすぐにむしゃくしゃするのかもしれません。

我慢が足りず、これでいいのだの自己肯定感が不足しているのかもしれません。

スポンサーリンク

事件はマスコミのネタにはなりますが、
本当の原因は究明されるのでしょうか。

心の闇ですませりゃあいいじゃん!

それではいつまでたっても、
同様な事件はなくならないでしょう。

もしかしたら現代の社会構造のゆがみ
いわゆる、二面性の法則が、
解決のヒントになるかもしれません。

自分で心の闇を究明できなければ
誰かが究明する必要性を感じます。

だったらジロコがやればあ!

ところがジロコは心に深~い闇を抱えているのです。

ところで自国優先のアメリカでは
うつ病が社会問題になってるそうです。

国際社会でも
全世界の人口の4%がうつ病といわれていますが
日本社会ではうつ病の世論調査が行われていませんから
実際には4%を超える人々がうつ病になっていると
想像されます。

10人に一人、あるいは5人に一人がうつ病かもしれません。

日本社会も心の病対策に今まで以上に
真剣に取り組む必要を
ジロコは感じます。

お金や成績ばっかりあおり運転して

貧乏だゾウ!とか成績悪いゾウ!
等の人々には、人権がないゾウ!なんて怖い社会に
向かっていると、ジロコは感じています。

今回は普通型の記事になった感じがします。

ニュースを聞いての臨時記事でした。

カウンセリングの芝居はやらないのかよう?

ジロコは汎用カウンセラーだからこの件には歯が立たないせえ!

といえば、なんだあ、ジロコは口だけじゃんと
バカにされます。

それではやってみます。

クライエントの人物設定から行きます。
覚えやすい名前を使います。

森本君・・・23歳、農高卒、職歴なし、前科なし、
独身貧乏、運転免許なし、孤独、孤独で相談相手なし。
ないないずくしです。

®ムームージロコ・・・汎用カウンセラー

舞台はムームージロコの心理カウンセリングルームです。

森本「ここってムームー売り場ですか?」

ジロコ「どうしてそう思うのですか?」

森本「看板にムームーなんて書かれているので」

ジロコ「それは文字の一部です」

森本「ここは悩みの相談所ですか?」

ジロコ「一応そうですが、貧乏の悩みには対応していません」

森本「実は毎日毎日いらいらむしゃくしゃして、犯罪を起こしてTVに出て目立ちたいのですが」

ジロコ「それでは刑務所も怖くないですね」

森本「入居した経験がないのでわかりません」

ジロコ「それでは刑務所の暮らしを説明します」

ジロコ「敷金とか、保証金、家賃や、食費もかかりません。
所内や関係先で働いて賄います」

約一時間ほどジロコは刑務所の生活を説明します。

しかしジロコは刑務所に入ったことはありませんので念のため申し添えます。

ジロコ「念のため言っておきますが、刑務所内ではいじめが横行しているそうです。いじめで脱走者が出るくらいで
人間関係の恐怖が想像されます。刑務所に入っても人間関係の悩みから解放されることはないでしょう」

ジロコ「それでは認知行動療法を使ってみましょう!」

森本「魔法ですか?」

ジロコ「魔法ではなく自己を制御する方法を身に付けます。
あなたは職に就いたことが皆無なので、働くことの厳しさが身についていないのです」

森本「だったらどうすればいいのですか?」

ジロコ「自動思考というものがあります、自動運転車や
ジロウ思考と似たようなものです」

と90分間あれやこれやとカウンセリングが続きました。

ジロコ「今日はここまでで時間です」
続きは来週行います。」

持本「ありがとうございます。今日はいくらになりますか?」

ジロコ「90分間で15000円になります」

森本「高いぜえ!ぼったくりだぜえ!」

ジロコ「人生を失うと思えば安すぎます。刑務所に
20年もいれば、社会は劇的に変化し、刑期を終えて
めでたく出てきても、大きく変身変貌した社会に適応不可能となり
無職を強要され、再び刑務所に逆もどりです。

無期懲役と違いが判らない人生になります。

それだけでなく、民事の損害賠償も強要されます。

刑務所に入れば罪を償えるなんて甘いもんじゃ
ありません」

クライエントは納得できない表情で15000円を
支払ってムームージロコのカウンセリングルームを
出ていきました。

ジロコは家計の足しになったと満足顔です。

とりあえず書きやみます。

要点は社会に害を与えない、むしゃくしゃの
解消方法を日ごろから訓練実行することが
人生にとって必須事項で、成長なんて関係ないぜえ!

人生これでいいのだ!と日々満足することが必須です。

人生あおって急な上り坂を上ると、下りも急になります。

上ることよりも、下ることに神経を集中する必要があります。

最近では、じずめ人生が注目されています。

あおり人生は疲れるからやめよう!

人生から壁や登坂を撤去しようという意味もあります。

高速度道路の登坂には、登坂車線というものがあります。

遅い車はみんなの迷惑だから端を走れという主旨です。

ところが登坂車線を追い越し車線と勘違いしている人も
います。それを盗犯者と呼ぶそうです。

ジロコは壁に突き当たれば、乗り越えようなんて馬鹿なことはしません。

ダンゴムシは障害物をよけていきます。

ジロコも壁を避けて迂回します。

現代は壁を乗り越える必要性を感じません。

般若心経で説かれている「生きることにも、死ぬことにも意味はない」

ジロコは般若心経には意味がないと言い切ってるのですから、神の使い、あるいは神なのかもしれません???

それとも、パーソナリティ障害B群の自己愛性かもしれません。

しかしそれでは、仏界の存在意味がありません。

人生に意味が必要なら自分で考えなさいということでしょう。

ジロコのように、人生に意味がないと悟れば心の病は逃げ出します。

バカジロコ相手にしていても疲れるだけだぜえ!
ほかの人に乗り換えよう!

世の中勝つことばかりあおってる副作用が生じて
いるのかもしれません。

君はどう生きる?

おおきなおせわだぜえ!

犯罪を、やらなければそれでいいじゃん!

これも二面性の法則が適用できるかも?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA