心の病・パーソナリティ障害②

スポンサーリンク

スポンサーリンク


サイドビジネスで何千万円とか、何億円とか儲けるには
クラウドファンディングを使えば可能性があるといわれています。

興味があれば検索してみてください。

儲かる話を教えてやるから、金出せよう!
というのは要注意かもしれません。

いまでは働く人10人に1人がサイドビジネスをしているといわれていますが
根拠が示されず、証明もされていません。

これまで、就業規則でサイドビジネスが原則禁止されていましたが、
許可制になってくるところが増えているそうです。

だったらライバル企業に、サイドビジネスのふりをして、
スパイを送り込めるじゃん!

ジロコはばかだから、そう思います。

アイデア商品考えたらクラウドファンディングで資金を集めて
商品化して売ればいいのですが、人生終了のリスクがあります。

売れなかったら集めた金どうやって還すのか?
自転車操業方式でも、やがて終焉が来て、人生を終わります。

どうせ詐欺扱いされるんだったら、
最初から詐欺を仕掛けたほうがいいぜえ!

と、詐欺がどんどんと増殖、特殊化していきますので、
儲け話には充分注意が必要です。

退職手当引当金の期限が到来して
現金;退職手当引当金などの貸借勘定が逆転して
まとまったお金を一度にもらうと
冷静な判断ができなくなります。

通帳に記帳すると、関係者が感知できますから
安心するのは早いかもしれません。

あなたのお金は常に誰かに監視されています。

儲かることは人に教えないが原則です。

教える場合は、おしえた人から、利益を吸い上げるという
魂胆がないとは言えません。

だったらコンビニはどうなんだ?

社会的に影響が大きいので、ノーコメントです。

早く本題に入らないと!

パーソナリティ障害B群の話です。

B群は情緒や感動が過大か、過小かです。

いわゆる、何事もほどほどにできないことです。

泥棒さんも、ある程度でやめておけば人生まっとうに生きられたのです。

「まだまだつかまらんぜえ!」と世間をなめて、犯行を重ねてると
「みつけたぜええ!」となります。

ところが「そろそろやばいので、今回でやめよう!」
と、途中放棄すれば、

今まで通りの人生を続けられる可能性を否定できません。

執念や執着は人生を滅ぼす素とも言えます。

あきらめずに頑張れば夢は実現する?

引き寄せの法則を使えば貧乏から卒業できる?

だったら世の中貧乏人いなくなるぜえ!です!

いや!違うかもしれません。

成功回避動機なるものが蔓延しているのかもしれません。

ムームージロコという夢食い怪獣の影響ではなさそうです。

TVCMで枠の中に若くて美人のお嬢さんの顔がアップされます。

普通の人は

美人だぜえと思いますが

ジロコは

きもいぜえ!あるいは無感動です。

ジロコはダンゴ虫のほうがわいいと思います。

パーソナリティ障害B群は

反社会性・・・字の通り社会に反抗する行為を一度だけでなく
何回も繰り返します。

犯罪や万引きを繰り返す人はパーソナリティ障害かもしれません。
丸暴さんは職業上で犯罪を起こすことも
あるそうですが、生き残るためで、
パーソナリティ障害とは言えないそうです

映画で、万引き家族というのがありますが
パーソナリティ障害かどうかは、
映画を見てないのでわかりません。

映画の内容がわからないと、生活に困ったら
万引きして生き残ればいいなどと
ばかなジロコの考えに共感する人々が
出てこないよう願います。

しかし、映画の内容を言ってしまうと映画を見る人が
減ってしまうというリスクも考えられます。

スポンサーリンク

自動二輪車に乗って、ぶんぶん蜂のように飛びまわっている人々を見かけますが、

音量を測定してみないと、違法かどうか判定できません。

しかし一生ぶんぶんやってるわけにはいきませんから
パーソナリティ障害とは言えません。

犯罪を繰り返すには刑務所を出たり入ったりしなければ
一生犯罪を繰り返せませんから、反社会性のパーソナリティ障害に該当する人は少ないと推定されます。

境界性・・・感情が極端に不安定で、泣き出した!と思っているうちに笑いだしたり
自分なんか世の中に必要ないんだといったとたんに、世の中の人々を洗脳から
救うのだと言い出したりします。

触らぬ神にたたりなしと言えます。

演技性・・・自分がいつもスターになっていたいという性質です。
ジロコが該当します。

やはりジロコはパーソナリティ障害なのか?

交差点の真ん中でこたつに入る行為や、冷蔵庫の中に入って
目立つだろうという行為です。

一回ぽっきりやっただけではパーソナリティ障害とは判定できません。

しかしこのような行為は、社会が一斉に非難を浴びせないと
模倣犯がどんどん出てきます。

例えば・・・

やばいぜ!ジロコが例を書いたら、実行する人が出てくるので書きません。

冷蔵庫に入ってはいけないという法律や条例があるかどうかは知りませんが
厳しく非難する必要があります。

賠償を強要しなければなりません。

誤って済むなら裁判所はいりません。

前にも書いたように、日常生活で必要な演技は問題ありません。

当然本物の役者なら、演技時間中は正常です。??

ムームージロコの家の玄関ドアにつけてある
火災警報器のボタンを押すと

「正常です」と声を出します。

ジロコはそれを聞いて、正常だと思います。

もし「異常です」という声が聞こえれば、
悩まずに即座に火災警報器はゴミ箱に移動させます。

なんのこっちゃああ!

自己愛性・・・わかりやすく言えば、自分が総理大臣だとか、

観音様の生まれ変わりだとか、

水戸黄門の子孫だとか、自分がえらいゾウ!
なんて思いこんでいることです。

会社で社長に向かって「社長、俺の給料安いぜえ!誰のおかげで会社が成り立ってるのだあ!」
といえばどうなるか?
やってみないとわかりまん。

丸暴さんの親方に向かって「ジロコをなめてんのか、俺を誰だと思ってんだ!」
やってみれば、結果が想像されますが生命の安全は保証できません。

例えば「ジロコをなめてんのか、俺を誰だと思ってんだ!」と言ったら
子分が「変態のムームージロコだろ、
取り立てが7件もあるから相手にしてられないぜええ!
食べ物やるからあっちへ行けよ!」

なんて野良犬扱いされてもジロコはへこたれません。

ジロコはこれでもか、これでもかといじめられて育ってきたので、
いじめに免疫ができてるみたいです。

幼少のころから、家庭的な生活が皆無だったので、
ジロコが変人奇人の部類に仕分けされること
になったのかもしれません。

かわいそうと思うなら、お金ください。

育った環境が悪いと犯罪者になる、なんてTVでやってませんか?

もしやってたら、人種差別に該当すると感じます。

パーソナリティ障害B群の説明は終わりです。

次は残ったC郡ですが、そのうち書きます。
明日か一か月後かわかりません。

文章が長いと誤字や脱字が多くなり、訂正しているうちに
なんの文章だかわからなくなってきます。

頭の中になんでもかんでも詰め込んだら、まともな文書が書けません。
誤字脱字が多いことをご了承ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA