心の病・気分障害

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心の明かりを!ジロコのブログです。
気分障害は感情に現れます。
人は自分の思いが引き寄せられたり、くじに当たった、試験に合格した、売上げが上がったなど、うれしいときは気分ウキウキワクワクになります。

うん億円当たれば天にものぼる気持ちになります。

反対に、上司に怒られた、試験に落ちた、花子に振られた、00に逃げられたなどのいやなことがあれば気分が落ち込み、暗い深海の闇に心が沈みます。

たとえ喪黑さんに頼んだところで、心のスキマを埋めてもらうことはできません。

人生が終わったような極端な落ち込み方をする場合があることを否定できません。それは現実にニュースで報道されています。。

このような感情が生じることは、喜怒哀楽にたいする通常の人間の反応です。

例えば、レース前にはワクワクドキドキ、<スターとしました!先頭は飲兵ヒロシ号、すぐその後ろをジロコ号が追っています>観戦中もワクワクドキドキ、
決定! 1着!花子号、2着飲兵ヒロシ号、3着毛利戸茂号?。

ピンポ~ン~払戻金をお知らせします。一着5番、110円 ・・・・・

なあんだよう!ジロコ号びりケツだぜ、やはり予想の反対はウソヨだった。

何が大穴だ、財布に大穴開けてどうすんだ!財布のスキマうめてくれえ!

帰りの交通費足りんぜ、どうすんだ。

気分が落ち込み、真っ暗な表情になります。シ~ン、クラ~・・・

先日のFTNのまさかの大暴落、大金を投資していれば、落ち込むのは当然で、中には人生が終わった、と思われた方がいないことを否定はできないと思います。

まともな人間だったら、怒りが発生するときは怒ります。

例えば、母親が近所のおばさんに、(お前んちのジロコ頭がおかしいんじゃないの、道端の雑草をその場で生で食ってだぜ、先祖が山羊じゃあないの、ちゃんとご飯食べさせてるの?)

当然母親は、<余計なお世話だ!人んちのこと、ああだこうだと批判するんじゃないよ!おまえんちの花子なんかもっとひどいところを、見てしまったぞう・・・>と怒るのが普通だと思います。

気分障害が疑われる場合?

母親は、怒りを感じず、<あの子には世間の笑いものになるようなことはしないように、きつくしつけているのですが、ご忠告ありがとうございます。お宅の花子さんはしつけがよいですね・・・>なあんて、日常的に、感情が発生していない?態度がみられる場合は、気分障害の疑いを否定できません。

良い子ぶっているか、感情が発生していないか、見極めることが重要です・

怒るときは怒る、うれしいときは歓喜する、悲しいときは泣き叫ぶ、のような人間本来の感情をおさえることを、日常的にやっていれば、心の健康を保つことは難しいと思います。心の叫びに気がつくことは困難でしょう。

感情を抑える生活習慣が心の病になる原因のひとつかもしれません。

人間は何を食べているか?何を考えているか?どんな行動をしているかで、
その人の人生が決められていくといわれています。

自分の心の反応に反した行動を強いやられることが、心の病の原因の一つになっているということを否定できないでしょう。

行動には社会的に制約がありますから、あいつを殺してやると、怒っても、実行することはできません。
最近では、怒りを行動に直結させ、社会的制裁を受ける人が増加している傾向がみられます。

人間の本能がむき出しになる世界に向かっているのでしょうか?。

社会からは、感情に従って行動することを、これでもか!これでもか!と制約されています。

役職が高く、社会に多くの貢献をした方々が、女性に触っただけで失職させられたりします。

スポンサーリンク

掃除大臣であっても、痴漢をすれば辞職に追いやられます。

感情に従って行動していたら社会から排除される恐れがあるのです。

感情を抑えることはストレス要因となりますが、社会で生きていくためには、
自分の感情をコントロールすることが必須です。

このストレス要因を、ストレスと受け取らないように、訓練をしていかなければ

心の病になりやすくなります。

カラスの世界と人間の世界は違います。

ジロコがバカなこと言ってます。

<カラスはお金がなくても生きていけるのに、なぜ人間はお金がないと生きていけないの?> その答えは・・・知恵袋で質問してみたとか?

そんなアホ、世間じゃ相手にしません。当然反応はないみたいです。

自分で考えるには、
カラスは自然界で勝手に生きている。カラスの勝手。
人間は社会に生きているので勝手に生きられない。
社会に適応しないものは排除される。

当然お金がないと、社会に適応できないから生きていけません。

気分障害は躁状態うつ状態それぞれがある期間持続します。

躁状態のときは、周りの環境にかかわりなく、ウキウキワクワクしています。
プラス思考傾向が強くなり、いつも元気でペラペラとしゃべりまくります。

父が<ジロコ先週入学試験に落ちたのに、今日はずいぶんご機嫌だなあ!
良い子の法則なんてものペラペラ喋ってるよ!>

母が<最近あういう状態が続いているのどうしたのかしら?ほとんど眠ってないみたいだし>

父が<気分障害になったかも?もうちょっと様子を見よう>

逆に、うつ状態のときは、自分がみな悪いんだ、俺が悪いんだ!といってみたり
俺のせいじゃないよ、みんな世間が悪いんだ!世間が俺をいじめてるから
こんな事件をおこしたんだと、なんでも他人のせいにします。
マイナス思考傾向が強く、動きがのろくなったり、食事量が減って痩せたり
性欲も減少したりします。

父が、<ジロコ入学試験合格したのに、なんであんなに落ち込んでるのだ?>
母が<それがよくわからないの?六日間あんな状態で、朝は元気がないのに、夕方になるとまるで人が変わったみたいに元気になるときもあるのよ、ご飯もろくに食べないし5キロもやせて、ダイエットでもしているのかしら>

父が<やはり気分障害だなあ、〇△病院へ連れて行こう!。>

医師<気分障害ですね。薬物治療を始めましょう>

例えていえば気分障害は二重人格、二十面相?
ある時はお笑い芸人、落語家、チンドン屋。~~~
ある時は余命宣告、無期懲役、別れの儀式~~~意味不明で正解です。

気分障害の疑いがある場合は早期に医師の診断を受ける必要があります。

気合が入ってないとか、根性がないとかと言った精神論でかたずけ、放っておくと大変なことに。

気分障害は、年を重ねるほど発症者が増加しているといわれています。

そのためか、不調が自覚、あるいは他覚されても、更年期障害か、なんて簡単にかたずけられてしまう場合が多いそうです。

中高生の不登校やいじめも、気分障害が原因になってる場合があるかもしれません。小学生には気分障害は見られないそうです。

気分障害が疑われたら、早期に医師の受診を行けたほうが治療期間も短くて済むそうです。

心あたりの方は、手おくれにならないうちに,医師の診断を受けましょう。

余談ですが、いじめを気分障害ととらえてみれば、解決の手法が見えてくるかもしれないという個人の感想です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA