心の病を創る真犯人は?

スポンサーリンク


スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。

恐怖心というのは、人間の自己防衛の本能といえます。

例えばライオンがそばにいたとします。

もし恐怖心がなかったら(わっ大きいニャンコがいる!こっちおいで)なんてやったら、即座に別世界への旅立ちとなります。

恐怖心を感じれば、すぐに逃げて、今まで通りの生活を続けられます。
人間が生き延びるには、恐怖を感じる本能が必須なのです「。」

近年は自然災害が多く発生していて、00年以内に00大地震が起きる確率が
80%とか、(天気予報もなん%とやっていますが、私には意味が理解できません)温暖化で陸地が沈む、大雨で裏山が崩れる、火山の噴火が頻発して
いよいよ00山が噴火か? 自然災害に対する心配の種は尽きません。

中には金もうけのために不安をあおっているものもあるということを否定できないでしょう。

自然災害による不安が、人間の頭の中にこれでもか、これでもかとインプット
され、自分では気が付かないうちに、隠れた大きなストレス要因となっていると

いえるのではないでしょうか?

潜在意識がストレス要因を溜めまくっているといってもいいでしょう。

ではどうすればいいのか?

じたばたしたところで、人間が自然に勝てるわけはありません。
必死になって勝とうとしても、誰かの金もうけに利用されるのが関の山

あきらめればいいのです。
最悪、別世界へ飛び立てばいいのです。

日本列島の周囲を高さ30メートル(約10階建てのビルの高さ)の防波堤で覆うったら?  考えたらゾッとしませんか?

どこに行っても壁しか見えません。これって刑務所と同じか?

デモ北挑戦のミサイル除けになるかも?

そして誰かがボロ儲け?

般若心経では生きてることには意味もないし、死ぬことにも意味がないと説いています。
無駄な恐怖心は捨てて、自分のできる範囲で自然災害に備えていくことが、自然からうける恐怖心によるストレス要因を最小にすることができると思います。

これって言い換えれば、自分の心がストレス要因を作り出している?

自家発電か。

電気料金等に例えれば、基本料金の部分です。基本料金を減らすには、契約種類の変更が必要です。

基本的ストレス要因?を減らすには、ストレス要因に対するとらえ方を
変えればいいのです。

大雨、大雪、雨あられ、地震、山火事、噴火、大洪水、心配の種は尽きません。

次にベーシックなストレス要因として、超低周波振動があります。

風力発電の超低周波振動はよく知られていると思いますが、超低周波振動の威力は

最大で、建物や橋などのコンクリート造りの建物を破壊するほどの力があるそうです。

仮想の世界ですが、超低周波振動は地震発生兵器に応用されるそうです。

もちろん、風力発電はそんな大きな超低周波振動は出ませんが、小さな振動が
何十年も続けば・・・アリの一穴・・・という言葉があります。

スポンサーリンク

どういう意味かというと<blockquote>蟻の一穴(ありのいっけつ) ちょっとしたことが原因で大変なことになること。
蟻の穴から堤も崩れる(ありのあなからつつみもくずれる)(=より堤の崩れ)堅固に作った堤防も蟻が開けた小さな穴が原因となって崩れ去ることもある。ほんの僅(わず)かな油断や不注意が元で、大惨事を招くことがある。類・蟻の一穴
千里の堤も蟻の穴から(せんりのつつみもありのあなから) 些細なことでも油断していると、大きな災いを招くことがあるということ。 類・蟻の穴から堤も崩れる。(蟻に関する慣用句が沢山あります)</blockquote>Yahoo!知恵袋より引用

超低周波振動を発するものにとりかこまれている現代の生活、

冷蔵庫、エアコン、扇風機、近隣店舗の換気扇音、自動車から発生するもの、飛行物体によるもの、階上からの音、ありとあらゆるところから発生する超低周波振動が心を蝕んでいるようです。

心に病があるのは現代では正常だ?というといいすぎではないかもしれません。

まだあります、電磁波による影響については人体への影響は実証されていません。
しかし次のような家電は長時間利用で、人体に長時間電磁波を浴び続けます。

パソコン 電気こたつ 電気毛布 電気あんか 電気カーペット等。

それがどうした!影響あるのか? それは実証されていませんが

世間では、高圧送電の下ばかりでなく、近くには住むなと言われています。
心の病に何らかの関係があるのかもしれません。

これらが自分の意志に関係なく、心を蝕んでいると想像されます。

しかし、そうはいっても、電気もねえ、TVもねえ、当然送電線も、携帯基地局もない、やつ破か村の、さらの山奥のようなところで暮らせますか?

便利さに慣らされた人々には無理でしょう。
これはカードローンなどで破綻する原理に似ています(個人の感想です)。

余談ですが、<blockquote>一方、体験談を用いる広告では「個人の感想です。効果には個人差があります」といった打消し表示に気付いても、「大体の人に効果がある」と認識する人が多い。「個人の感想です。効果を保証するものではありません」という打消し表示の場合でも認識に大きな違いはなかったという。そのため、効果を得られない人が相当数存在する場合に体験談を用いた場合、景品表示法上問題となるおそれがある。</blockquote>消費者庁公表文章より一部分引用

TVでじゃんじゃんやってるコマーシャル・・・グルコサミンではなく、コラーゲンです。いやイタドリです。ちゃうぞ!当方は医薬品で認証最大・・・

あれでもか、これでもかと消費者を攻め立てます。

だったら全部買えばあ!

ひっきりなしに入ってくる情報、外国で電車が脱線したとか、ボートが空を飛んだとか、そんなこと日本に関係あるのか?

単なる放送側の時間稼ぎに使われてんじゃあないのか?

最近のTVニュースは著作権のせいか、一部の画像が消されてます。
画像が出ないTVでストレス増加?

TVが原因でストレス増加?心の休まるときがありません。
心はますます病んでいくようです。

だったらTV見なきゃいいんじゃないの?

見なければ逆に世間の動きがどうなったいるのか?心配になります。
結局情報過多の波に押しつぶされます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA